hondana.org
本を探す

 


Scrapbox
書籍追加 | 本棚情報変更 | 名前変更/本棚削除 | ヘルプ

Fms

球形の季節 (新潮文庫)

恩田 陸
新潮社
ISBN: 4101234124  紀伊國屋, Amazon, WebCat
カテゴリ
評  価
コメント
素光 : 恩田陸は今まで「六番目の小夜子」「puzzle」しか読んだ事がなかったのだけど、友人の1人が好きで何冊か所持しているらしいので、この機会に手当たり次第に借りて読んでみる事にした。この作品は「六番目の小夜子」の後に発表した第2作だそうで、これまたファンタジー大賞(第何回?)の最終候補にまで残ったそうである。

東北の小さな町に4つある高校で、いっせいに広がった奇妙な噂。各高校の生徒が参加する「地歴研」が噂の発信源を突き止めようと各高生徒達にアンケートを実施し追跡調査を行うその最中、噂は現実となり、そして固唾を飲んで成り行きを見守る生徒達の前にまた新たな噂が広まる。「六番目の小夜子」が1つの学校の中で独立した「噂」の物語なら、この「球形の季節」は複数の学校にまたがり1つの町の中で独立した「噂」の物語である。写実的な描写と曖昧な描写が混在していて戸惑ったり、登場人物達がはっきりとは個性的でない為に途中で混同しかけたり等、親切なエンターテインメント作品とは言い難いが、「六番目の小夜子」同様思春期の少年少女達の心情や回想を鮮やかに描き出している点と、幾つものお呪いが醸し出す空想めいた紛れもない現実的雰囲気、それらを広く受け入れる町「谷津」の得体の知れない懐深さが、不思議な魅力であると感じた。

舞台となる町「谷津」は閉鎖的な田舎町でありながら、しかしそこに住む人々には田舎特有の悪意的な排他性が感じられない。登場人物達が子供ばかりだからか、田舎ではあるが昔から貧乏な町ではなかった為の余裕なのか、それとも「もう1つの谷津」の存在が彼等を他の田舎町の人々と違った超然さを与えているのか。「フィクションだから」と言い切ってしまえばそれで終わるけれど。
sweetest deads : 初期の恩田陸作品を今思い返すと、やはり学生だった空気感がリアルだなあと思います。思わず金平糖を買いに行ってしまいました。
他の本棚 うにのとげ, Ayan, あき, ぐうたら大学生, knyacki_j, みいみ, 海鳴り文庫, 素光, taku, hana*, inuko, くうたん, JIN, nozom, とむの棚, feri, sweetest deads, かまどうま, 准エコノミスト・今福, maoutokagura, ogijun, Kuramode

最終更新 : 2006-01-02 16:36:51 +0900
カテゴリ
評  価
コメント

Fms