hondana.org
本を探す

 


Scrapbox
書籍追加 | 本棚情報変更 | 名前変更/本棚削除 | ヘルプ

(26/336)冊
Fms
幕末 維新の暗号(下) 群像写真はなぜ撮られ、そして抹殺されたのか (祥伝社文庫)
幕末 維新の暗号(下) 群像写真はなぜ撮られ、そして抹殺されたのか (祥伝社文庫)
著者: 加治 将一
出版社: 祥伝社
評価: A
カテゴリ:
コメント:
関連本棚: 二瓶
Fms
中国共産党 支配者たちの秘密の世界
中国共産党 支配者たちの秘密の世界
著者: リチャード・マクレガー
出版社: 草思社
評価: A
カテゴリ:
コメント: 難し
関連本棚: 二瓶 go.tekuteku
Fms
40 翼ふたたび (講談社文庫)
40 翼ふたたび (講談社文庫)
著者: 石田 衣良
出版社: 講談社
評価: A
カテゴリ:
コメント:
関連本棚: reiko510の2009 二瓶 らっしゅ
Fms
図説 戊辰戦争 (ふくろうの本/日本の歴史)
図説 戊辰戦争 (ふくろうの本/日本の歴史)
著者:
出版社: 河出書房新社
評価: A
カテゴリ:
コメント:
関連本棚: 二瓶
Fms
ダブルギアリング 連鎖破綻 (角川文庫)
ダブルギアリング 連鎖破綻 (角川文庫)
著者: 真山 仁, 香住 究
出版社: KADOKAWA/角川書店
評価: A
カテゴリ:
コメント:
関連本棚: 二瓶 nm090
Fms
世界史を動かす日本: これからの5年を迎えるために本当に知るべきこと (一般書)
世界史を動かす日本: これからの5年を迎えるために本当に知るべきこと (一般書)
著者: 原田 武夫
出版社: 徳間書店
評価: A
カテゴリ:
コメント:
関連本棚: 二瓶
Fms
あかね空 (文春文庫)
あかね空 (文春文庫)
著者: 山本 一力
出版社: 文藝春秋
評価: A
カテゴリ:
コメント: こころがあたたまる
関連本棚: takuji 二瓶 あむり
Fms
政治の急所 (文春新書)
政治の急所 (文春新書)
著者: 飯島 勲
出版社: 文藝春秋
評価: A
カテゴリ:
コメント:
関連本棚: 二瓶
Fms
小説 サブプライム 世界を破滅させた人間たち (集英社文庫)
小説 サブプライム 世界を破滅させた人間たち (集英社文庫)
著者: 落合 信彦
出版社: 集英社
評価: A
カテゴリ:
コメント:
関連本棚: 二瓶
Fms
役人に学ぶ  「闇給与」のススメ (光文社新書)
役人に学ぶ 「闇給与」のススメ (光文社新書)
著者: 大村 大次郎
出版社: 光文社
評価: A
カテゴリ:
コメント:
関連本棚: 二瓶
Fms
/%E4%BA%8C%E7%93%B6/4408534986
著者:
出版社:
評価: A
カテゴリ:
コメント:
関連本棚: 0014 二瓶
Fms
/%E4%BA%8C%E7%93%B6/4093862923
著者:
出版社:
評価: A
カテゴリ:
コメント:
関連本棚: go.tekuteku SKZ 井上裕太 oi読書倶楽部 rinhana ふかふか うけたん rage1515 二瓶
Fms
「通貨」で読み解く世界同時恐慌 (2時間で未来がわかる!)
「通貨」で読み解く世界同時恐慌 (2時間で未来がわかる!)
著者: 榊原英資
出版社: アスコム
評価: A
カテゴリ:
コメント:
関連本棚: yatagarasu 二瓶
Fms
スポーツの品格 (集英社新書)
スポーツの品格 (集英社新書)
著者: 桑田 真澄, 佐山 和夫
出版社: 集英社
評価: B+
カテゴリ:
コメント: フェアであるべきスポーツの世界に、なぜ「体罰」や「不正」といった問題が蔓延するのか。その背景には何があるのか。本書は、元選手の立場で積極的にメッセージを発信する桑田真澄と、スポーツ史研究の第一人者である佐山和夫が、スポーツをめぐる問題の根源である「勝利至上主義」について論じ合う。そして、スポーツの喜びは「勝利を目指すプロセス」にあることが、さまざまな具体例を引きながら語られる。スポーツにおける「品格」とは何なのか。新しいスポーツ観を提起する、スリリングな対話!
関連本棚: 二瓶
Fms
日本人の「正義」の話をしよう
日本人の「正義」の話をしよう
著者: 岡野雅行, 勝谷誠彦
出版社: アスコム
評価:
カテゴリ:
コメント: つまらん
関連本棚: 二瓶
Fms
グローバライズ
グローバライズ
著者: 木下 古栗
出版社: 河出書房新社
評価:
カテゴリ:
コメント: んなんでしょう、これは。 ある種の精神疾患の方との支離滅裂な会話の方がまだ分かる気がするくらい、何が言いたかったのかわかりません。 何かを暗示しているのかと、色々想像しながら読んでみますが、やはり意味不明です。 ただ、一話一話が短いので、なんとか最後まで読めてしまい、頭の中が?マークでいっぱいになりますが、不思議と次の話も読んでしまいます。 しかし、2話も読むと胸焼けがするというか、気分が悪くなるというか、混乱するというか、それ以上読むのが困難になります。 実存主義などの本を読んだ際に感じる、わけが分からない感じ(自分の知性のなさを嘆く感じ)とはまた違った質の混乱が襲ってきます。 どんな読み方をするのが、正しい姿勢なのか、ファンの方に教えて欲しいです。
関連本棚: 二瓶 go.tekuteku
Fms
警視庁情報官
警視庁情報官
著者: 濱 嘉之
出版社: 講談社
評価:
カテゴリ:
コメント:
関連本棚: SKZ 二瓶
Fms
図解とあらすじでよくわかる「古事記」入門 (知恵の森文庫)
図解とあらすじでよくわかる「古事記」入門 (知恵の森文庫)
著者: 瀧音能之
出版社: 光文社
評価:
カテゴリ:
コメント: やっぱりよくわからん、神話は。
関連本棚: 二瓶
Fms
甦る上杉慎吉 天皇主権説という名の亡霊
甦る上杉慎吉 天皇主権説という名の亡霊
著者: 原田 武夫
出版社: 講談社
評価:
カテゴリ:
コメント:
関連本棚: 二瓶
Fms
ハゲタカ(上) (講談社文庫)
ハゲタカ(上) (講談社文庫)
著者: 真山 仁
出版社: 講談社
評価:
カテゴリ:
コメント:
関連本棚: nikkoro くじら雲 二瓶
Fms