hondana.org
本を探す


本棚Wiki
書籍追加 | 本棚情報変更 | 名前変更/本棚削除 | 類似本棚 | ヘルプ

(202/59)冊
Fms
女子大生会計士の事件簿〈DX.1〉ベンチャーの王子様 (角川文庫)
Fms
女子大生会計士の事件簿〈DX.2〉騒がしい探偵や怪盗たち (角川文庫)
Fms
女子大生会計士の事件簿 Dx.3 神様のゲームセンター (角川文庫)
Fms
女子大生会計士、はじめました―藤原萌実と謎のプレジデント (角川文庫)
女子大生会計士、はじめました―藤原萌実と謎のプレジデント (角川文庫)
著者: 山田 真哉
出版社: 角川書店
評価: 4
カテゴリ: 2012
コメント: 主人公の性格・口ぶりほぼハルヒだと思う。 ヴェニスの商人事件は、ほとんど会計らしい要素がなかった。(冒険会計に関して、会計期間が言ってから帰ってくるまでという知識ぐらいだった。) 「逆粉飾の殺人」事件はついに刃傷沙汰のお話になって手に汗にぎった。 アキハバラ会計士フーガ事件は、登場人物が「春野部(はるのぶ)」と「香坂(こうさか)」、おそらく「げんしけん」というマンガの登場人物「春日部」と「香坂」から取ったのだと思う。
関連本棚: hidesuke 野澤真一
Fms
ガスワン三代
ガスワン三代
著者: 川本武彦
出版社: ダイヤモンド社
評価: 3
カテゴリ: 2012
コメント:
関連本棚: 野澤真一
Fms
若者はなぜ3年で辞めるのか? 年功序列が奪う日本の未来 (光文社新書)
Fms
4166607235
/%E9%87%8E%E6%BE%A4%E7%9C%9F%E4%B8%80/4166607235
著者:
出版社:
評価: 5
カテゴリ: 2012
コメント: 父の生命保険の更新から始まって、その後の自分に対する何社もの生命保険の勧誘があり、結局全部断ってきたんだけど、その判断が、というかその間にいろいろわからなくて頭を悩ませたことが真っ当なことだったんだと確認できた。 そして、これから会社の生命保険について考える。 ポイントは死亡保証と貯蓄を分けること。
関連本棚: 増井 kiku_hashi sanpei 野澤真一
Fms
暴力団 (新潮新書)
暴力団 (新潮新書)
著者: 溝口 敦
出版社: 新潮社
評価: 4
カテゴリ:
コメント: 半グレ集団の解説がよい。 警察による暴力団の締め付けは相当に厳しく、それ故、暴力団は消滅しそうになっているが、一方で暴力団ではない犯罪者集団ある半グレ集団とよばれる輩が増えている。
関連本棚: sanpei 野澤真一 go.tekuteku hirschkalb ogijun
Fms
人体常在菌のはなし ―美人は菌でつくられる (集英社新書)
人体常在菌のはなし ―美人は菌でつくられる (集英社新書)
著者: 青木 皐
出版社: 集英社
評価: 2
カテゴリ: 2012
コメント: 特段、驚いたりすることが書いてあるわけでもなく、しかも説教臭い部分が多々あり残念だった。
関連本棚: otto ぱるぷのほんだな 野澤真一
Fms
あらゆる領収書は経費で落とせる (中公新書ラクレ)
あらゆる領収書は経費で落とせる (中公新書ラクレ)
著者: 大村 大次郎
出版社: 中央公論新社
評価: 3
カテゴリ: 2012
コメント: この手の本は何冊か読んでるので、目新しい情報はあまりなかったが、白色申告と青色申告の違いとかわかったよ(うっすらと)!
関連本棚: sanpei 増井 野澤真一
Fms
腹だけ痩せる技術 (メディアファクトリー新書)
腹だけ痩せる技術 (メディアファクトリー新書)
著者: 植森美緒
出版社: メディアファクトリー
評価: 4
カテゴリ: 2012
コメント: 腹だけ痩せるよう頑張っています。とりあえず、腹を引っ込ませてキープするとそれなりに疲れて次の日筋肉痛になるのが新鮮だった。
関連本棚: 野澤真一
Fms
池上彰の「ニュース、そこからですか!?」 (文春新書 850)
池上彰の「ニュース、そこからですか!?」 (文春新書 850)
著者: 池上 彰
出版社: 文藝春秋
評価: 4
カテゴリ: 2012
コメント: 書名通り、「そこから?!」と思わずつっこみたくなるようなレベルからニュースを解説してくれて、しかし最後には「そこから」説明してもらってよかったとふむふむ納得できる本。
関連本棚: 野澤真一 本と自分とコーヒー
Fms
USAカニバケツ: 超大国の三面記事的真実 (ちくま文庫)
USAカニバケツ: 超大国の三面記事的真実 (ちくま文庫)
著者: 町山 智浩
出版社: 筑摩書房
評価: 3
カテゴリ: 2012
コメント: 町山節炸裂で気持ちいいが、読み進めていくと、食傷状態になっている。人名と場所を変えただけで似たような構造の話がわんさかでてくる。
関連本棚: 野澤真一
Fms
新装版 バンダルの塔 (講談社文庫)
新装版 バンダルの塔 (講談社文庫)
著者: 高杉 良
出版社: 講談社
評価: 5
カテゴリ: 2012
コメント: 自分が生まれた頃(1982)の話。30年も前なのに、その古さが全く感じられない。当時もいまと同じようにグローバルな環境で働いていた人たちがいたのかと驚く。 イランに液化石油ガスプラントを作ろうとするけど、イラン革命で頓挫するまでの話。ジャパニーズウェイとイラニアンウェイの葛藤。日本は当時の方がグローバルだったんじゃないか、少なくともグローバルに攻めて行く気概はあの頃の方が強かったんじゃないかと思わずにはいられない。
関連本棚: 野澤真一 二瓶
Fms
Googleの脳みそ―変革者たちの思考回路
Googleの脳みそ―変革者たちの思考回路
著者: 三宅 伸吾
出版社: 日本経済新聞出版社
評価: 5
カテゴリ: 2012
コメント: この本はタイトルこそ「Google」という単語が入ってますが、 Googleのことを論じた本ではなく、日本の法に関して論じた本です。 Googleに関しては、第一章でYouTubeが著作権に抵触するリスクを持っていたり、 Google Mapのストリートビュー機能も肖像権の侵害の可能性があり、 それでもリスクを忌避せずサービスを公開し、 訴訟を起こされもしたが違法な動画は即時に削除するなどの対応をすることで 合法と判断された事例を挙げ、 新しい技術によって既存の権利が制限されることはあると論じている。 本のタイトルにGoogleと入れたのは、 法律上グレーであっても、リスクをきちんと認識したうえで、 世界にとって必要とされるサービスを信念を持って提供するプレイヤーの 代表例としてGoogleをとりあげたからだと思う。 少しでもリスクがあると決して手を出さない日本のほとんどの企業とは逆だ。 この本は豊富な事件・裁判例をもとにさまざまなことを考えさせてくれる。 ・日教組対プリンスホテル事件 ・一人一票の格差問題 ・郵便料金不正事件の村木さんのえん罪事件 ・村上ファンド事件 ・原発事故による東京電力の破綻処理問題 ・日本航空(JAL)の破綻処理問題 ・GMの再建問題 ・役員報酬開示ルール どれも興味深い内容で、それぞれの事柄に関して メディアの報道を眺めていただけではわからなかったことが多くあり、 それぞれの事柄に関して以前よりも立体的な視点を得ることができた。 一人一票の格差問題で、2009年8月の衆院選挙で最大2.3倍の一票の格差があり、 それを裁判所が黙認しているような状態になっている。 裁判所は、一応「一票の格差は違憲な状態」と述べつつも、 「選挙のやり直しは混乱が起こるからそこまではしなくていい」という判決になっている。 一票の価値を厳密に等しく揃えるのは確かに難しそうだから、 ある程度の格差は許容しなければならないとは思うが、 果たしてどの程度まで許容できるのかという根拠はなさそうだ。 だけど、2倍以上の格差は問題なのではないかと思うし、 参院選に至っては5倍を超える。 なので、もっと裁判所は強権を発動すべきだと思う。 個人的にすごく驚きだったのは、米国のニュージャージー州で1983年に起こった 一票の格差の判決で、 このときの一票の格差 1.007倍 に対して連邦最高裁の違憲判決がでて、 そのときの選挙は無効になり、 最終的に裁判所が決めた区割りをもとに再選挙になったという事件だ。 日本は参院の5倍以上の格差でも黙認状態なのに、 米国では1.007倍の格差で選挙が無効になり再選挙になっている。 このあたりの憲法に対する忠実さの追求の姿勢は見習うべきだと思う。 JALの破綻処理に関しては、なんとなく報道を見聞きした程度で あまり理解していなかったのだが、この本では内閣の動きや 再生支援寄稿の動きなどについて時間を追って書いており、 JALの破綻処理のどういう点が問題でどう処理されていったのかということが 詳細に書かれており、その分読むのに骨が折れたが、 かなり理解できたように思う。 最後の章で10の解毒剤として、日本の閉塞感を打破するための方策が 述べられている。 その中のどれも賛成だが、特に下記のものは自分がこれまで思ったことと近い。 ・整理解雇の規制緩和 ・フェアユース制度の導入 ・ネット選挙の解禁 「整理解雇の規制緩和」は硬直化した労働環境の緩和になるだろう。 新卒一括採用問題や正規社員と非正規社員の格差などの諸々の問題は それぞれが個別の問題ではなく、日本の労働関係の法律や 戦後の高度経済成長を通して培われた雇用慣習により、 労働市場の流動性が極端に低下していることに起因している。 労働市場の流動性を取り戻すためのひとつの方策として、 整理解雇の規制緩和は適したカンフル剤になると思う。 「フェアユース制度の導入」は、日本の著作権制度の見直しである。 いまの著作権制度は過剰に著作者を保護しすぎていて、 利用者の利便性を著しく書いていると思う。 消費者保護が過剰で、過度に生産者に責任を追わせている製造業に関してとは 逆の状況になっている。 デジタル技術やインターネットによって、それまで想定されていた 著作権の概念は完全に時代遅れになっているのだから、 早急に著作権制度の見直しを行ってほしい。 「ネット選挙の解禁」に関しては、それを禁止していることは もう言語道断と言わざるを得ない。 インターネットを選挙活動に使えないのは日本ぐらいだ、と筆者も述べている。 そのあたりの記述のところで、面白いと思ったことがあったのだが、 それは、不特定多数へのメールの送信は「文書図画の頒布」にあたり禁止されているが、 音声は「文書図画」ではないため、音声を電子メールで送信することは構わないそうだ。 もしネット選挙が解禁されないのなら、 次回の選挙でこの手法を使うのはどうだろうか? ネットで選挙は戦える! 「ネット街頭演説」解禁はできなかったが、秘策あり(2) | 社会・政治 | 投資・経済・ビジネスの東洋経済オンライン 日本では、法律に抵触するようなことをやったら、即 悪と判断されてしまい、 ただそれだけで忌避の対象となってしまうことに違和感を感じている。 確かに、法治国家においては、悪法も法なりという姿勢が大事かもしれないが、 数学においては、前提となる条件が間違っている場合は、 その後のどんな推論も正しくなってしまうのと同じで、 悪い法律でも長いものには巻かれろ方式で従い続けるのは、 人を不自由にし、国家的な損失を招いていると思う。 すくなくとも悪法に対しては敏感に反応し、NOと声をあげることが大事だし、 場合によってはその法にたいして挑戦的な態度で臨むことも必要なのでは ないかと思う。 以前はうまく機能していた法律も時間の経過とともにそぐわなくなったり、 新しい技術がうまれて革新が起こるときの足枷になったりもするということを 肝に銘じておくべきだ。 法は国民を守るためのもので、既得権者を守る者のためでない。 また、競争や効率化を阻害するのではなく、 そういうものをうまく引き出すインセンティブとなるような仕組みとして 法律を生み出し・改変していくべきだと思う。 そういうことを考えさせてくれるよい本でした。
関連本棚: 野澤真一
Fms
あんぽん 孫正義伝
あんぽん 孫正義伝
著者: 佐野 眞一
出版社: 小学館
評価: 5
カテゴリ: 2012
コメント: 濃密。孫さんのとても濃い生い立ち、とても濃い血縁。
関連本棚: 岸リトル 野澤真一 nobuo_o ogijun
Fms
電子マネー革命─キャッシュレス社会の現実と希望 (講談社現代新書)
電子マネー革命─キャッシュレス社会の現実と希望 (講談社現代新書)
著者: 伊藤 亜紀
出版社: 講談社
評価:
カテゴリ:
コメント:
関連本棚: 野澤真一 かもしか
Fms
3年で辞めた若者はどこへ行ったのか―アウトサイダーの時代 (ちくま新書)
3年で辞めた若者はどこへ行ったのか―アウトサイダーの時代 (ちくま新書)
著者: 城 繁幸
出版社: 筑摩書房
評価: 3
カテゴリ:
コメント: 城繁幸さんの論議はほぼブログで読んで知っているのだが、書籍では読んだことないなと思い改めて読んでみた。城さんの議論をブログで読んでる人には目新しい情報はないが、アウトサイダーな生き方をしている人、しようとしている人には勇気が得られる本ではないかと。
関連本棚: tomo_ya anne nagataka atyks kitashi ヴィヴァアチェ KyongSaRi ogijun 野澤真一 kotaro
Fms
節税が分かれば、会社は簡単に潰れない (光文社新書)
節税が分かれば、会社は簡単に潰れない (光文社新書)
著者: 出口秀樹
出版社: 光文社
評価: 3
カテゴリ:
コメント: 会社法・法人税関係で同時期に3冊似たような本買って読んだ3冊目。
関連本棚: 野澤真一
Fms
出世するなら会社法 (光文社新書 524)
出世するなら会社法 (光文社新書 524)
著者: 佐藤孝幸
出版社: 光文社
評価: 3
カテゴリ:
コメント: 会社法・法人税に関することなど、同時期に3冊買って読んだうちの2冊目。
関連本棚: 野澤真一
Fms
Fms