hondana.org
本を探す

 


Scrapbox
書籍追加 | 本棚情報変更 | 名前変更/本棚削除 | ヘルプ | ランダム

(627/705)冊
Fms
自分はバカかもしれないと思ったときに読む本 (河出文庫)
自分はバカかもしれないと思ったときに読む本 (河出文庫)
著者: 竹内 薫
出版社: 河出書房新社
評価: ★★★☆
カテゴリ: 01_自己啓発
コメント:
関連本棚: SKZ
Fms
新ネットワーク思考―世界のしくみを読み解く
新ネットワーク思考―世界のしくみを読み解く
著者: アルバート・ラズロ・バラバシ
出版社: NHK出版
評価: ★★★☆
カテゴリ:
コメント: ふう。およそ1ヶ月に渡ってチンタラ読み進め、漸く「空飛ぶパンツ本」を読了。<br> 「9.11」後に発刊された本であることもあって、古さを感じさせなかった。バラバシさんによれば世の中のほとんどの複雑系ネットワークたるや、スケールフリーモデルで表されるのだそうで。<br> でもって恐るべしアルカイダなワケですが、ちょっとやそっとのハブを破壊したところで、この自己組織化されたネットワークは崩壊しないとのこと。アワワ・・・
関連本棚: sumikawa m deleted000 ishitake moa svslab ds ON 岸リトル 暇人 増井 m-use ぷー Oh!ラボ SKZ のだ muziyoshiz tnaga YomuYome KT P2P today nami ジャッキー小林 nkzw matobat_tech Psychs すぐ横 imash moriyama GRA choku Y.nabe daichi KarukuIppai honjorno inflib yasunari kengochi ksky えすあいぶい ma hajimebs lazyknight stonechild かずっち suchi たいつん ganden QP11 ktcy えぴふりゃあの本棚 てらうっち blackbird yamakei netemoNetemo smith lookwest doax Google Booksになかった本 野澤真一 Yoyou ogijun JAIST K114(MOT) eiko-a
Fms
狼の血 (光文社文庫)
狼の血 (光文社文庫)
著者: 鳴海 章
出版社: 光文社
評価: ★★★☆
カテゴリ: 09_娯楽
コメント: 『ナイトダンサー』で乱歩賞を取った鳴海センセの長編クライムストーリー。リアルでエグい描写がウリのセンセではありますが、如何せん無駄に長くて無駄にエロいお話でした。しがないサラリーマンをしている主人公、風采の上がらないキャラのはずがやたらとモテてしまう辺り、キャラ設定が何だか良く分からなかったり。最後まで読みきったらそれなりの読後感はあるんだけどね。
関連本棚: SKZ
Fms
世間のウソ (新潮新書)
世間のウソ (新潮新書)
著者: 日垣 隆
出版社: 新潮社
評価: ★★★☆
カテゴリ: 99_その他
コメント: ジャーナリスト日垣隆氏による歯に衣着せぬ問題提起のあれこれ。警察の「民事不介入の原則」って、どこにもそんな決まりやら条文やらはないんだってね。だからといって今の警察には、家庭のイザコザに首を突っ込むだけの人手もスキルも全くもって備わっちゃいないわな。<br> ちなみに遅れ馳せながら最近ファンになったばかりの野沢尚氏。氏が四年も前に自殺されていたという衝撃の事実についても、この本で知らされたのでした。まったくもって話は変わりますが、合掌。
関連本棚: dainichiro たけす sakai pants03a suchi さとほ SKZ 読んだり読まなかったり うめが読んだ本 kzk2006 umeppshot
Fms
平成関東大震災--いつか来るとは知っていたが今日来るとは思わなかった--
平成関東大震災--いつか来るとは知っていたが今日来るとは思わなかった--
著者: 福井 晴敏
出版社: 講談社
評価: ★★★☆
カテゴリ: 99_その他
コメント: 先の関東大震災が起こったのが1923年。周期的には関東一円で同規模の大地震がいつ発生してもおかしくないんですってね。主人公の42歳のフツーの営業マンが大地震に見舞われて悲劇を乗り越えようとする物語。福井さんらしからぬ明るいタッチでテンポ良く1〜2時間で読めます。でも恐いなー。私、丸の内から横浜まで歩いて帰れるかしら?木造の、大して耐震性も施されていない拙宅は、あっけなく倒壊してしまうのかしら?リアルに嫌だ(TT
関連本棚: SKZ lookwest suchi
Fms
I love you
I love you
著者: 伊坂 幸太郎, 石田 衣良, 市川 拓司, 中田 永一, 中村 航, 本多 孝好
出版社: 祥伝社
評価: ★★★☆
カテゴリ: 09_娯楽
コメント: 伊坂くんの作品は少し肩の力が入りすぎている感じがしちゃって残念。<br> 中村航の「突き抜けろ」が、心地よいタッチで気に入った。<br> 収録:「透明ポーラーベア」「魔法のボタン」「卒業写真」「百瀬、こっちをむいて」「突き抜けろ」「Sidewalk Talk」
関連本棚: kiki F さんばに リオ SKZ Heidi megabossa コジロ→ panta rhei nae リンゴ perfect.orange ちう silverrain
Fms
世界史のなかの満洲帝国 (PHP新書)
世界史のなかの満洲帝国 (PHP新書)
著者: 宮脇 淳子
出版社: PHP研究所
評価: ★★★☆
カテゴリ: 90_東アジア
コメント: 他の本棚にも存在していることが驚きw<br> あまりにも昔から世界史を語っているので、いわゆる「満州帝国」が建国される頃の時代に辿り着くまで、エライ時間を要してしまった・・・<br> 満州がどうのというよりも、あらためて中国のことを知るには良い本。
関連本棚: SKZ JIN
Fms
東京島
東京島
著者: 桐野 夏生
出版社: 新潮社
評価: ★★★☆
カテゴリ: 09_娯楽
コメント: キリノ最新作をば。無人島に流れ着いた「プチセレブな中年夫婦」やら「集団バイトから逃げ出した若者」やら「本国から島流しに遭った中国人」やらが織りなすサバイバル。登場人物をナンセンスなカタカナ渾名で表記するあたり、村上龍の世界観を彷彿とさせます。がしかしそれほど“毒”を感じられず。&無人島で唯一の女性が四十代後半という設定、いかにもキリノらしくはありますが、やっぱり萎えるなあ・・・
関連本棚: SKZ MadBoo らいさん やーみん うずまき yasudall
Fms
沈まぬ太陽〈3〉御巣鷹山篇 (新潮文庫)
沈まぬ太陽〈3〉御巣鷹山篇 (新潮文庫)
著者: 山崎 豊子
出版社: 新潮社
評価: ★★★☆
カテゴリ: 09_娯楽
コメント: 重い。。。重すぎる。。。<br> そんでもってリアル過ぎる。。。<br> 贅肉を一切取り払った、正確無比な筆致に圧倒された。<br> しかし山崎センセ、台詞に殆ど〝句点〟がないので、読んでいて息が詰まる思いですよお・・・
関連本棚: みなち axd_old SKZ whitebug simple くろまる 雑書窟 ogawaso 日々 エリマキウサギ aibo太郎 tat ロイエンタール元帥 momose
Fms
償い (幻冬舎文庫)
償い (幻冬舎文庫)
著者: 矢口 敦子
出版社: 幻冬舎
評価: ★★★☆
カテゴリ: 09_娯楽
コメント: 矢口敦子さん初体験。60万部突破!という、帯に書かれた派手なキャッチに負けて思わず手にする。時系列に沿って淡々と物語が紡がれてゆき、かつ登場人物一人ひとりへの感情移入もしやすい丁寧な人物(心理)描写に好感を覚えました。淡々としているものの、「どうなっていくんだろう?」という関心を絶えず抱かせてくれるので、飽きずに読めました。まあ幾ら信頼しているとはいえ、そこまで「路上生活者」に捜査情報を教えるか!?なんてリアリティの薄さを差し引いても、単なるミステリーではないそれなりの感動を覚えさせてくれるという点で評価に値するかと。
関連本棚: 権太の既読 scaile SKZ noa おみきち ふかふか
Fms
右脳でわかる! 会計力トレーニング
右脳でわかる! 会計力トレーニング
著者: 田中 靖浩
出版社: 日本経済新聞出版社
評価: ★★★☆
カテゴリ: 02_ビジネス
コメント: タイトルにつられて衝動買い。右脳偏重でこれまで生きてきたワタクシ、今期よりコストマネジメント担当を拝命してしまいまして。でこの本というわけです。これまで会計関連の本は何冊か読んできましたが、楽しく読めたのはこの本が初めて。まあこの一冊だけで突然財務諸表が読めるようには到底なれませんが、世の中に溢れている他社さんのB/SやらP/Lには関心を持てるようにはなれそうです。ちなみにクイズが楽しめるこの本ですが、次の頁の答えが透けて見えちゃいます。問題文の下の辺りを親指で隠すのがコツ(笑
関連本棚: ugokada SKZ tomiken_2009
Fms
TIME HACKS!
TIME HACKS!
著者: 小山 龍介
出版社: 東洋経済新報社
評価: ★★★☆
カテゴリ: 02_ビジネス
コメント: 目から鱗は落ちなかったけど、いくつかタメになる話はあった。<br> <li>見栄っ張りの本能を利用してスケジュールを埋める <li>集中力をタメるために喫茶店を利用する <li>8割仕上げ、2割は余白 <li>人生計画に年度(四半期)を入れる<br> どれも割とよく言われている話だったりするのだけどね。
関連本棚: k-miya nabeshin miya yashihara 松方さんシルクの肌触りが大好き 岸リトル dice 汗かき王子 QUon alfanist axd_old shoichipp SKZ tourmen dottj サハコ anne tetuei infy2c こんなかんじ まつのき tyamagu02 kare tetsu102 nsega kitagawa TK22 小林蔵書 atyks a.p.c-t.k@ mkouhei うめ nobuo_o
Fms
時生 (講談社文庫)
時生 (講談社文庫)
著者: 東野 圭吾
出版社: 講談社
評価: ★★★☆
カテゴリ: 09_娯楽
コメント: 東野圭吾版タイムスリップファンタジー。自分の子供が昔の自分に会いに来る、という物語の設定自体に新しさはないものの、それなりに感動的なストーリーとなっている辺りはさすが。まあちょっと「現在」と「過去」のボリュームバランスに不満が残りましたが(「過去」を語りすぎな感あり。途中でダレてしまった・・・)。まあイイお話ではあります。
関連本棚: sumikawa monma ちこ 番長のリアル文庫 ytnk 流浪人 人造人間0号 らいさん sunaoka 番長のリアル文庫の本棚 Tomo totti ヨシノカナ しぃー3 quizmaster27 コジロ→ 権太の既読 みみすけ cotona SKZ 読んだ本 noa fumiya 和Station まっちゃん ちゃそ musao3 omi
Fms
絶対、最強の恋のうた
絶対、最強の恋のうた
著者: 中村 航
出版社: 小学館
評価: ★★★☆
カテゴリ: 09_娯楽
コメント: 三十路のおっさんですが、タイトルに怯むことなく読んでみました。だって中村航の適度なポップ感のある筆致が好きだから・・・。<br> オムニバス形式の『I LOVE YOU』に収録されていた、「突き抜けろ」を中心とした全部で5編の恋愛小説集。所帯持ちの自分には最早こんな恋愛はできようがないのですがw、ああこんなウィットに富んだ会話のキャッチボールができるようになったら(できるような相手がいたら)楽しいんだろうなあと、一人遠い目をして考えてみたのでした。
関連本棚: SKZ Tambourine
Fms
魔王
魔王
著者: 伊坂 幸太郎
出版社: 講談社
評価: ★★★☆
カテゴリ: 09_娯楽
コメント: 伊坂作品としては異色作。<br> きちんとしたオチのない結末に好き嫌いは分かれるだろうと。<br> 私的にはうーん、ダメでした。
関連本棚: nob あかり Pulp Literature ci SKZ 海鳴り文庫 kmr hempy yoko2006 ?????? Geneve にしむら 東方ダイスケ 2005年10月〜2006年・しんじ perfect.orange ちう yasudall けけのけ nozz -2007
Fms
ビター・ブラッド
ビター・ブラッド
著者: 雫井 脩介
出版社: 幻冬舎
評価: ★★★☆
カテゴリ: 09_娯楽
コメント: またもや「星3.5」。これはミステリーだとかクライムノベルとして読むのではなく、「(何だかんだで)微笑ましい刑事の親子のドラマ」として読むのであれば、それなりに面白いのでしょう。本編については、ストーリーの進み方がチグハグな感じがして謎解き要素が散漫となっており。『犯人に告ぐ』のようなエンタテイメント性を求めては酷といったところです。
関連本棚: 森乃屋龍之介 SKZ nozz -2007 kimbook
Fms
夜市 (角川ホラー文庫)
夜市 (角川ホラー文庫)
著者: 恒川 光太郎
出版社: 角川グループパブリッシング
評価: ★★★☆
カテゴリ: 09_娯楽
コメント: 久しぶりにホラーを手にとってみる。日本ホラー小説大賞なるものを受賞した作品。審査員は、荒俣宏・高橋克彦・林真理子という名立たる面々だったりするワケですが。そんでもって荒俣氏に至っては、表題作を読んで思わず涙した、なんて絶賛されていたワケですが。アタシ的にはそれほどの感動は覚えることはできなくて。というか過去の受賞作を見ていたら『パラサイト・イヴ』なんて懐かしい作品も!これ、10数年前に読んだときは、それなりに感動があったんだけどなー。ということで本作『夜市』は、純粋なホラーというよりファンタジー色も強い作品でして。そんなん要らんねん!という辺りが気に入らなかったのでしょうな。
関連本棚: kods SKZ taku karasu
Fms
UFO大通り
UFO大通り
著者: 島田 荘司
出版社: 講談社
評価: ★★★☆
カテゴリ: 09_娯楽
コメント: 恥ずかしながら島田荘司初体験。表題作と「傘を折る女」の中篇二編を収録。<br> 出版は2006年と新しく、往年の島田ファン?からは「ああもうかつてのような輝きはないよね」的なレビューがamazonではチラホラと窺われた。でもまあ初体験の私自身としては、御手洗探偵?と石岡君の何ともいえない軽いトークのやりとりだとか、まあ現実的に考えたらあり得ないんだけどなるほどそんなカラクリかとビックリさせられる仕掛けがあったりと、結構楽しめました。<br> 何だか京極堂と関君だとか、古くはシャーロックホームズとワトソン君みたいな、そんなほのぼのとさせるコンビの画に、ほっこりさせられました。
関連本棚: SKZ
Fms
椿山課長の七日間 (朝日文庫)
椿山課長の七日間 (朝日文庫)
著者: 浅田 次郎
出版社: 朝日新聞社
評価: ★★★☆
カテゴリ: 09_娯楽
コメント: 死んだ人間が違う姿になって限られた時間だけ現世に帰ってくる・・・といったストーリーはよくある話ではあるものの、さすが浅田次郎に書かせると、「家族の絆」といった温かい下敷きをベースに、悲しくて、でも勇気付けられる物語に仕上がっていました。<br> 物語は主人公の中年課長の椿山氏、ヤクザの武田氏、天才小学校一年生の雄太くん、彼らのエピソードが順繰りに語られていき、飽きさせない仕立てになっています。<br> 「スピリッツアライバルセンター」なる〝冥土の役所〟に関わる記述だとか、違う姿になって生まれ変わった三人の元の姿とのギャップに悩んでいる姿だとか、そのあたりの演出が浅田氏のサービス精神が旺盛につき少しくどいかなあとは思いました。が、それを差し引いても十分に感動的な物語でした。
関連本棚: monma Mieko T.Miyashima たなかさん SKZ Shogo なって matznaga 日々 otsuyuの本棚 みみすけ みなち まこちゃんファイヤー
Fms
邪魔
邪魔
著者: 奥田 英朗
出版社: 講談社
評価: ★★★☆
カテゴリ: 09_娯楽
コメント: 奥田英朗にしては渋い。九野さんに惚れた
関連本棚: みかん(あ行〜さ行) hativs SKZ yoosee ちう messy monkey あさと
Fms