hondana.org
本を探す


本棚Wiki
書籍追加 | 本棚情報変更 | 名前変更/本棚削除 | 類似本棚 | ヘルプ

Fms

わたしを離さないで (ハヤカワepi文庫)

カズオ・イシグロ
早川書房
ISBN: 4151200517  bookweb, Amazon, WebCat, 新書マップ, SafariBooks
カテゴリ
評  価
コメント
0014 : 私なりに、この風変わりな恋愛小説を考えてみた。 最初、所謂「三角関係」をモチーフにした主要人物が考えられたのだと想像できる。でも、普通の一生を遂げる人間たちの物語ではなく、何らかの制約の中で生きる子どもたち、青年たちを描こうということになったのだと思う。 そこで、映画絡みで来日した作者が、福岡伸一氏とテレビで対談していたが、彼は、2度この小説の執筆を断念している、というエピソードが披露されていた。それが、有名なクローン羊「ドリー」の誕生を知ったことによって、大枠が決定され、日の目をみることになった、という説明がなされていた。 確かに、その時点で、クローン人間たちの物語を書く、という発想に至り、作者が求めていた制約、記憶の問題に繋がる環境設定が可能になったと言われていた。しかし、それだけで、この物語が形成されたとは、とても思えない。 何を問題にしているかというと、比較すると、全然違った毛色の作品にもかかわらず、このクローンたちというのは、驚くほど、『アンドロイドは、電気羊の夢をみるか?』。そう、フィリップ・K・ディックの代表作であり、リドリー・スコット監督、ハリソン・フォード主演で映画化され『ブレードランナー』では、「レプリカント」と名づけられた人造人間たちにうりふたつ、であることがわかる。 但し、レプリ達の寿命は僅か「4年」であり、遥かに短い。また、レプリ達は、人間以外の動物が絶滅した2019年の世界で、異星の開拓にこき使われ、反乱を起こす。そして、地球をめざすのだが、その動機は、4年の寿命を延ばして欲しい、ということ。そして、それが叶わないと分かった時、レプリのリーダー格であったバディは、造物主たるタイレル社長の殺害に及ぶ。 その暴力性と親殺しに当たる設定は、決定的に異なっているが、それ以外、感情や情緒の問題も含め、人間とクローン、レプリの相違点というのは、かなり似通っている。恐らくは、映画好きな作者が、SF作品の原作ではなく、映画の方をよく知っていて、参考にしたのではないかと思う。 ただ、それにしても、この「せつない」物語は、泣けるものだと思う。
reiko510の2011 : ここのところ、近未来の子供たちを描く小説をよく手に取っているかも。 これは早めにネタバレはしているものの、そこは作者の意図がそこだけに ないということで、色々な読み方ができる小説かも。 映画化で文庫化から2年後の入手でした。
akizo_mickey : 同好の同僚に秀逸と言われ、これまでの読書傾向とは全く異なるものの読んでみました。意外に面白く苦もなく読めました。映画も見てみたいな。 【追記】レンタルでDVD見ました。原作の答え合わせか解説本を映像で見るようでした。主人公キャシーの女優さんが儚げでイメージにぴったり。面白かった。
他の本棚 アサノ, babie, yuckydaruma, 0014, reiko510の2011, おおいしさん, moko, gm333, hirschkalb, ogijun, 増井, 大学時代に読むべき一冊

最終更新 : 2013-09-15 15:14:22 UTC

Fms