hondana.org
本を探す


本棚Wiki
書籍追加 | 本棚情報変更 | 名前変更/本棚削除 | 類似本棚 | ヘルプ

Fms

蜩ノ記 (祥伝社文庫)

葉室 麟
祥伝社
ISBN: 4396338902  bookweb, Amazon, WebCat, 新書マップ, SafariBooks
カテゴリ
評  価
コメント
reiko510の2013 : 理不尽を甘受しているように見える主人公と、監視の立場から 気持ちが変わって入れ込んでいく語り手(という意味では、 ある種のビルドゥングスか)を描いた、直木賞受賞作。 何度か書いたけど、最後に持っていくところがありきで書かれて いる気がしてしまい、素直になれないのはひねくれた性格のせいか。
akizo_mickey : 決して大どんでん返しのハッピーエンドはないだろうと予想がついて、読み終えるのが惜しいことと、きっとこうなるとの結末を先送りしたいとの気持ちが重なり、最後のほうはペースが落ちて、ようやく今日のお弁当で読み終わりました。映画化されるんですね。薫はお気に入りの堀北真希さんのようで、ぜひ見てみたい。秋谷が役所広司はいまいちだけど。「縁として結ばれるとは、生きていくうえの支えとなること。」とても素敵な文章でした。 2014-003 【映画鑑賞】テレビ放映をビデオして観ました。原作と同じところでグッと来た。「美しい景色を目にすると、自らと縁のある人もこの景色を眺めているのではないか、そう想うだけで心が和む。生きていく支えとはそのようなもの。」堀北真希さん最高でした。役所広司も悪くなかった、失礼しました。
Mikan Akashita : 映画を観てから読んだせいか、終始、蜩の声が効果的に頭の中を流れていた。 貧しい民を導く藩主たる人のあり方を説いて、自らの不幸を嘆くことなく清廉に生き抜いた武士の生涯。 悪辣な人間より人格者が多く登場するせいか、読後感が良い。
他の本棚 reiko510の2013, Mikan Akashita

最終更新 : 2015-12-27 13:06:03 UTC

Fms