hondana.org
本を探す


本棚Wiki
書籍追加 | 本棚情報変更 | 名前変更/本棚削除 | 類似本棚 | ヘルプ

(242/242)冊
Fms
黎明に起つ
黎明に起つ
著者: 伊東 潤
出版社: NHK出版
評価:
カテゴリ:
コメント: 図書館本。「三浦一族を倒せば、東国の民のために楽土を築けるのか。道寸という男に共感を抱くがゆえに、宗瑞は、道寸と戦うという矛盾を力ずくで押さえねばならなかった。」「『討つ者も討たるる者もかわらけよ、くだけて後はもとのつちくれ』その瞬間、源平の昔から連綿と続いた武士の世は終わりを告げた。(足軽雑兵の修羅の世が到来)。」 最後の三浦一族の扱いは良かったですが、人物描写が中途半端でキャラがたってなく、出来事の羅列の説明口調が目立ちました。楽しみにしていましたが、読み物としては残念ながら司馬遼太郎の「箱根の坂」に遠く及びませんね。2017-020
関連本棚: akizo_mickey ヤッちゃんの部屋
Fms
4809414280
/akizo_mickey/4809414280
著者:
出版社:
評価:
カテゴリ:
コメント: 【日本の神様と楽しく生きる】以前、「日本の大和言葉を美しく話す」を読みましたがそのシリーズ。さらって読めて、日常やしきたり、習わし、言語に、神様はたくさんかかわっているんだと再認識できます。いろんな神社にしっかり予備知識をもっていきたくなりますね。神社検定には手は出ませんが。 2017-019
関連本棚: akizo_mickey
Fms
鬼平犯科帳 3 (文春文庫 い 4-3)
著者: 池波 正太郎
出版社: 文藝春秋
評価:
カテゴリ:
コメント: 読み始めたら止まらないですね。懐かしくも新しい発見もあり。けど、気付いたらもう4月だ。そろそろ勉強しなくては。 2017-018
関連本棚: wac taizo akizo_mickey riverside
Fms
鬼平犯科帳 2 (文春文庫 い 4-2)
著者: 池波 正太郎
出版社: 文藝春秋
評価:
カテゴリ:
コメント: ちょっと手持ちが空いたので本棚の奥から取り出しましたが、やはり面白い。何度読んでもいいものはいいな。 2017-017
関連本棚: akizo_mickey bigyokuma taizo reiko510
Fms
しゃばけ漫画 佐助の巻 (新潮文庫 は 37-49)
しゃばけ漫画 佐助の巻 (新潮文庫 は 37-49)
著者:
出版社: 新潮社
評価:
カテゴリ:
コメント: 手持ち本を会社に置いて帰ってしまって差し込みです。LINEスタンプも使っている柴田ゆうさんの絵のイメージが強いので、他の漫画家さんのはちょっと違和感ありでした。でも仁吉の巻の高橋留美子さんは見てみたいかな。 2017-015
関連本棚: reiko510の2016 akizo_mickey
Fms
ビブリア古書堂の事件手帖7 ~栞子さんと果てない舞台~ (メディアワークス文庫)
ビブリア古書堂の事件手帖7 ~栞子さんと果てない舞台~ (メディアワークス文庫)
著者: 三上 延
出版社: KADOKAWA
評価:
カテゴリ:
コメント: 楽しみで楽しみで、発売当日の9時にまだお店に並んでないのを出してもらって購入したにもかかわらず、図書館本やっつけなくてはならないこともあって、ビブリア好きの仲間二人に先に読んでもらって今頃読了。 ようやく読んだ最終巻は、このシリーズが大好きな理由を改めて認識させる素敵な内容でした。 「この人が古書について語り、俺がその話を聞く。」「こうして本を読む彼女を眺めていたい。」 2017-014
関連本棚: akizo_mickey reiko510の2016
Fms
4101200211
/akizo_mickey/4101200211
著者:
出版社:
評価:
カテゴリ:
コメント: 「なんだこれゃ」森見さんの帯の通りですね。関西人でもあそこまではうまく言えない、ああ言えばこういうテンポの良いシャレなのか冗談なのか本気なのかわからない会話の数々。それに本だって子供を作るという百八ページと百九ページの間にぐいぐいと差し込まれる栞ひものなんとも言えないエロティズム。このままどこに持っていくのかと思ったら、予想を超えた3代にわたる読書を通じた家族の歴史、堂々たる大河ドラマというか叙情詩でした。 ミキの左手の人差し指は輿次郎の著書「幼形成熟としての民主主義」に挟まれており、想像を逞しくすれば、輿次郎の温かい懐に指を差しいれているかのように見えなくもなかった。本と人を想う気持ちとの関係・繋がりをこれがすべて表していますね。またゆっくり読み直すために手元に持ちたい一冊になりました。最近そういうのが多いですが。2017-013
関連本棚: reiko510の2016 akizo_mickey
Fms
天子蒙塵 第二巻
天子蒙塵 第二巻
著者: 浅田 次郎
出版社: 講談社
評価:
カテゴリ:
コメント: 一巻目は珍妃の井戸形式で、ネチネチと溥儀とふたりの妃のなんとも夢も希望もない時代に翻弄される姿の描写に終始して、懐かしい登場人物に再会する喜びはあっても実はイマイチでした。なので、二巻目もおんなじトーンで展開するのかと不安でしたが二巻目は一変です。張作霖と長城を共に越えた英雄たちが、時代が変わってそれぞれの道を進みながらも、誰もが変わらぬ熱い想いと誇りを持ってその変化に立ち向かいます。すごく面白かった〜。中原の虹を読み返したくなりました。早く続きも読みたい。 2017-012
関連本棚: akizo_mickey
Fms
あきない世傳 金と銀〈3〉奔流篇 (時代小説文庫)
あきない世傳 金と銀〈3〉奔流篇 (時代小説文庫)
著者: 髙田 郁
出版社: 角川春樹事務所
評価:
カテゴリ:
コメント: 毎度の最後に事件がおこって次巻の方向性を示唆させる終わり方と内容は、読後に見たamazonのレビューでは主に女性に好意的に受けとめられていましたが、男の私にはどうも素直に読めませんでした。 高田さんの作品は女主人公が困難を克服していく姿に勇気づけられる、元気をもらえると高田さんファンの女性から伺った記憶がありますが、本書では男があまりにも身勝手で情けなくて期待通りにダメダメで、、、。まあ、しょうがないか。あっさり読み終えたのは面白かったからだし、なんだかんだ言っても次が気になるし、、、。 2017-011
関連本棚: akizo_mickey
Fms
鬼平犯科帳 1 (文春文庫 い 4-1)
著者: 池波 正太郎
出版社: 文藝春秋
評価:
カテゴリ:
コメント: 誕生50周年で、ドラマのFINAL、アニメの開始といろいろ話題でホントに久しぶりに手に取りました。なんどもなんども読み返しましたが、やっぱり面白い。第一巻にこんなに印象に残っている盗賊が出てきたのはびっくり。やはり繰り返し読みも一巻がいちばん多く読んでいるからかな?ついつい次に手がでそうだけど課題図書がたまってきたので次はまた今度。本所深川歩きも計画しなくては。 2017-010
関連本棚: wac akizo_mickey 射手座 reiko510
Fms
4062201941
/akizo_mickey/4062201941
著者:
出版社:
評価:
カテゴリ:
コメント: 待望の続編、忘れた頃に図書館本がきました。 予想に反して珍妃の井戸と似た感じのインタビューと回想という形態をとりますが、懐かしい登場人物が続々出てきて連続性がとても嬉しいです。玲玲も登場! 西太后や満州の溥儀のドキュメンタリーをこのところよくテレビで観ましたので、舞台のイメージがとてもよく頭に浮かびました。面白かった〜。中国も改めて行きたくなりました。 2017-009
関連本棚: akizo_mickey
Fms
ダック・コール (ハヤカワ文庫JA)
ダック・コール (ハヤカワ文庫JA)
著者: 稲見 一良
出版社: 早川書房
評価:
カテゴリ:
コメント: オーデュボンと併せて薦められた鳥モノ!?。まったく知らない作者をまったく先入観なく読みましたが、一話一話に魅せられ読んでいてゾクゾクしました。面白かったというと浅い感じですが、すごく心に残りました。オーデュボンの画集が欲しくなってきてamazon調べましたが適当なものはないのですかね、残念。2017-008
関連本棚: tkmr ゆげ akizo_mickey libido yho QP11
Fms
オーデュボンの祈り (新潮文庫)
オーデュボンの祈り (新潮文庫)
著者: 伊坂 幸太郎
出版社: 新潮社
評価:
カテゴリ:
コメント: 2013年9月以来の伊坂さん(バイバイ、ブラックバード)、「初読が好みでないとあと続かないパターンになりそう。」でまさしく続いていませんでしたが、本読み仲間から課題図書に薦められ、とても楽しく読ませていただきました。 リョコウバトが重要な要素となりますが、繁殖力が弱いとWiKIで読みましたので、つがいだけだといずれにしてもそのうち再度絶滅では?と現実的に読んでしまうのは悪い癖です。 2017-007
関連本棚: R子の本棚 hashimoto tkmr 知紗 らいさん ヌマシタ NT ともも takuji 歌舞伎好きの精神科医 あーこ 夢幻燈本舗別店書庫 SKZ crystal arica messe kmr ゆうこ くうたん yoru ゆきぐも jinc akizo_mickey JIN さき よっちん cafe souterrain 長門 みみすけ とむの棚 amo 箕崎 トモナリ evu エリマキウサギ 2005年10月〜2006年・しんじ solo sandersonia えりたん*修行中 makie yasudall こゆ unbobo さくビ 月二海 よーこ scaile Mi けけのけ nozz -2007 reiko510の2009 キズキ wkt cacco kitashi 依倉アサ 彩花 りりぃ Lorelei Machic Lisa ピロコ oi読書倶楽部 ふかふか 今まで
Fms
あきない世傳金と銀〈2〉早瀬篇 (ハルキ文庫)
あきない世傳金と銀〈2〉早瀬篇 (ハルキ文庫)
著者: 高田 郁
出版社: 角川春樹事務所
評価:
カテゴリ:
コメント: 前巻のどうにも身も蓋もない不幸と悲劇の連鎖から、なんともスッキリしない読後感で続きをどうしようか多少躊躇しましたが、とっても面白い展開になってきました!あっというまに読み終わりです。 新たな環境変化(不幸も)や人間関係や人となりの認識があって、想像できる方向になんとなく納まります。その流れが前巻と違ってとても心地よい。 またもやラストに次巻に向けた方向性が示唆というよりはっきり書かれます。読者の多くがきっと期待する方向だけど、きっと一筋縄ではいかないのだろうな。続きが早く読みたいです。それにつけても「阿呆ぼん」には、つける薬が無い。 2017-006
関連本棚: akizo_mickey
Fms
4758439818
/akizo_mickey/4758439818
著者:
出版社:
評価:
カテゴリ:
コメント: サイン本です。読むのが漏れているうちに続巻が本屋さんに並び始めてしまいましたが、 ようやく手にとりました。 みをつくし同様に、 女性が強く生きることがテーマなのだと思いますが、 とにかく身も蓋もないくらいどうしようもなく不幸と困難が湧いて出ます 。数えで7つ~13くらいの主人公が描かれているのですが、 彼女がとにかく健気で素直で聡明で、 なんかすごく現実離れしていて違和感ありありです。 文章はとても読みやすくあっという間に読み終わったのですが、 まったく救いようのない最終章に、次巻以降の容易に想像できる展開が暗示されます。えーっ、本当にそうなるの…、読後感はすっきりしません。 アマゾンでは私と同様な感想をお持ちの方もいて賛否両論のようですが、禁断でのぞいてしまった次巻のレビューは良いようでしたので、 次も買って読んでみます。2017-005
関連本棚: akizo_mickey ヴィヴァアチェ
Fms
大江戸科学捜査 八丁堀のおゆう 千両富くじ根津の夢 (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)
大江戸科学捜査 八丁堀のおゆう 千両富くじ根津の夢 (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)
著者: 山本 巧次
出版社: 宝島社
評価:
カテゴリ:
コメント: 面白かった! これまでは、設定や人物描写を楽しんできましたが、シリーズ3作目にしてミステリーとして初めて満足できるストーリー展開でした。変な無理やこじつけが少なくて、無理などんでん返しではなく読み解くうちにこうでないかと想像したのが、いい意味で、おおっ、こうきたかって感じで。早く次が読みたいな。 2017-004
関連本棚: akizo_mickey
Fms
超高速!参勤交代 リターンズ (講談社文庫)
超高速!参勤交代 リターンズ (講談社文庫)
著者: 土橋 章宏
出版社: 講談社
評価:
カテゴリ:
コメント: 本書も「ぼく明日」をSFとして矛盾を気にして読んではいけない、「大江戸科学捜査」をミステリーとして読んではいけないと同様に、時代小説として時代の雰囲気を知るとか情緒を感じるとか歴史に想いを馳せるとかしちゃいけない、純粋な娯楽ものでした。スーパーマンだらけだとか、その立場の人間がそれはないだろうとか、珍しく全く気になりませんでした。楽しかった! 2017-003
関連本棚: reiko510の2016 akizo_mickey
Fms
ぼくは明日、昨日のきみとデートする (宝島社文庫)
ぼくは明日、昨日のきみとデートする (宝島社文庫)
著者: 七月 隆文
出版社: 宝島社
評価:
カテゴリ:
コメント: 「たんぽぽ娘」以来のタイムトラベル、ボーイ・ミーツ・ガールでした。機内映画で「君の名は。」は見ましたが。 本読み仲間に薦められて読みましたが、恥ずかしながら年末に京都へ帰省して叡電に乗るまで、京都が舞台であることですら理解しておりませんでした。 お薦め人から「「引っかかるところ」があるので語りたい」と聞かされていて、それがなんだったのかを考えながら読んでしまいましたので、読解力を試験されているようで怖かったのですが。。。。 まぁ、突っ込みどころ満載ですね。映画も見たくなりました。ヒロインはちょっとイメージ違いますが。 2017-002
関連本棚: akizo_mickey bugbug .SHO
Fms
大江戸科学捜査 八丁堀のおゆう 両国橋の御落胤 (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)
大江戸科学捜査 八丁堀のおゆう 両国橋の御落胤 (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)
著者: 山本 巧次
出版社: 宝島社
評価:
カテゴリ:
コメント: 続けての2作目は、ミステリーのお話としては1作目よりも無理が少ないかな という印象ですが、同じご落胤ミステリーだった佐藤雅美さんの半次シリーズ 「揚羽の蝶」と比較してしまうとお話の構想力といった観点ではまだまだかなって感じです。 なので、ストーリーというより設定とキャラの面白みを中心に楽しませてもらいました。 1作目の最後の最後の「ええっ」についても、最後の最後に触れるだけで進展が ほとんどないのは、もっと引っ張るぞという勿体付けですかね。 アマゾンやブックメーターでは、私は気に入った設定や人物描写に賛否両論のようですが、続きが楽しみです。 2017-001
関連本棚: akizo_mickey
Fms
大江戸科学捜査 八丁堀のおゆう (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)
大江戸科学捜査 八丁堀のおゆう (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)
著者: 山本 巧次
出版社: 宝島社
評価:
カテゴリ:
コメント: 本読み仲間のオススメをお借りして久しぶりの読書。設定と人物描写が絶妙!表紙絵のショートカットな主人公もイメージ通りでいい感じ。実際はアラサーだけど江戸では二十歳過ぎで通用するってのが笑える。ミステリー自体はあまり得意でないので同じような感想が多いけど、本作もちょっとどんでん返しだらけでお話し作り過ぎの印象。さらにはラストのえっ、、、、、、、。けど、とっても面白かった。続きもお借りしてるので、今年のラストと来年のスタートはこのシリーズで決定!今年は前半いいペースだったけど、結局100冊に届かず。 2016-079
関連本棚: akizo_mickey
Fms
Fms