hondana.org
本を探す

 


Scrapbox
書籍追加 | 本棚情報変更 | 名前変更/本棚削除 | ヘルプ

Fms

将棋の子 (講談社文庫)

大崎 善生
講談社
ISBN: 4062737388  紀伊國屋, Amazon, WebCat
カテゴリ 将棋 ノンフィクション
評  価
コメント
ほっちょ : 将棋棋士になりきれずに脱落する人間の方が断然多いわけで、彼らはしかし、大事な青春期を何の実用性もない将棋にかけたがため、なかなか社会復帰できない。主人公の1人、成田君のその後の人生、例えばパチンコ屋で勤めるが、年齢がある程度上になると店側が客と組んでわざと因縁をつけて辞めさせられる、といった記述がまた心をうつ。 関係ないが著者のダカーポ上の日記は割と好きだ。
proro : 奨励会,そこは全国から将棋の神童が集まるプロ棋士への登竜門.しかしほとんどの神童はこの狭き門を抜けることなく,別の道を探すことになる.将棋雑誌の名物編集長だった著者が書く,将棋の子たちの人生.
oi読書倶楽部 : 白内○:森谷君おすすめの「聖の青春」とあわせて読むと、より面白いです。 ふかわ△:奨励会の人たちがあまりにピュアで不器用で、もっとうまく生きたらいいよーと思いつつも、それくらい追い込まないとだめなんだろうなと思いながら読んだ。一つの道を究めるということの深遠さ厳しさの一面が強く伝わってくる。 もりや○:プロローグの中座のエピソードが印象的。結果は結果でしかないが、「もしも」をどうしても考えてしまう。運命が一局で決まる、その一局は一手で決まる。小さな判断が人生を変えてしまうのだな…
他の本棚 たるらん, なつみ, ほっちょ, kanapon, おまさ, 可楽まんだら草紙, proro, yusasa, natsukichan0724, いらない本, nozz -2007, oi読書倶楽部, ogijun

最終更新 : 2005-10-22 09:56:26 +0900
カテゴリ
評  価
コメント

Fms