hondana.org
本を探す

 


Scrapbox
書籍追加 | 本棚情報変更 | 名前変更/本棚削除 | ヘルプ

(26/331)冊
Fms
転職に向いている人 転職してはいけない人
転職に向いている人 転職してはいけない人
著者: 黒田 真行
出版社: 日本経済新聞出版社
評価: B
カテゴリ:
コメント:
関連本棚: 二瓶
Fms
図解入門業界研究最新派遣業界の動向とカラクリがよ~くわかる本[第4版] (How-nual図解入門業界研究)
図解入門業界研究最新派遣業界の動向とカラクリがよ~くわかる本[第4版] (How-nual図解入門業界研究)
著者: 土岐 優美
出版社: 秀和システム
評価: B
カテゴリ:
コメント:
関連本棚: 二瓶
Fms
/%E4%BA%8C%E7%93%B6/4062883147
著者:
出版社:
評価: C
カテゴリ:
コメント:
関連本棚: 二瓶
Fms
失われたミカドの秘紋 エルサレムからヤマトへ 「漢字」がすべてを語りだす!
失われたミカドの秘紋 エルサレムからヤマトへ 「漢字」がすべてを語りだす!
著者: 加治 将一
出版社: 祥伝社
評価: A
カテゴリ:
コメント:
関連本棚: 二瓶
Fms
/%E4%BA%8C%E7%93%B6/4826500653
著者:
出版社:
評価: B
カテゴリ:
コメント:
関連本棚: 二瓶
Fms
龍馬の黒幕 明治維新と英国諜報部、そしてフリーメーソン (祥伝社文庫)
龍馬の黒幕 明治維新と英国諜報部、そしてフリーメーソン (祥伝社文庫)
著者: 加治 将一
出版社: 祥伝社
評価: A
カテゴリ:
コメント:
関連本棚: 二瓶
Fms
幕末 維新の暗号(下) 群像写真はなぜ撮られ、そして抹殺されたのか (祥伝社文庫)
幕末 維新の暗号(下) 群像写真はなぜ撮られ、そして抹殺されたのか (祥伝社文庫)
著者: 加治 将一
出版社: 祥伝社
評価: A
カテゴリ:
コメント:
関連本棚: 二瓶
Fms
/%E4%BA%8C%E7%93%B6/4396336659
著者:
出版社:
評価:
カテゴリ:
コメント:
関連本棚: 二瓶
Fms
幕末 戦慄の絆――和宮と有栖川宮熾仁、そして出口王仁三郎
幕末 戦慄の絆――和宮と有栖川宮熾仁、そして出口王仁三郎
著者: 加治 将一
出版社: 祥伝社
評価: A
カテゴリ:
コメント:
関連本棚: 二瓶
Fms
教団X
教団X
著者: 中村 文則
出版社: 集英社
評価: A
カテゴリ:
コメント:
関連本棚: 二瓶
Fms
若きサムライのために (文春文庫)
Fms
グローバライズ
グローバライズ
著者: 木下 古栗
出版社: 河出書房新社
評価:
カテゴリ:
コメント: んなんでしょう、これは。 ある種の精神疾患の方との支離滅裂な会話の方がまだ分かる気がするくらい、何が言いたかったのかわかりません。 何かを暗示しているのかと、色々想像しながら読んでみますが、やはり意味不明です。 ただ、一話一話が短いので、なんとか最後まで読めてしまい、頭の中が?マークでいっぱいになりますが、不思議と次の話も読んでしまいます。 しかし、2話も読むと胸焼けがするというか、気分が悪くなるというか、混乱するというか、それ以上読むのが困難になります。 実存主義などの本を読んだ際に感じる、わけが分からない感じ(自分の知性のなさを嘆く感じ)とはまた違った質の混乱が襲ってきます。 どんな読み方をするのが、正しい姿勢なのか、ファンの方に教えて欲しいです。
関連本棚: 二瓶 go.tekuteku
Fms
古田式・ワンランク上のプロ野球観戦術 (朝日新書)
古田式・ワンランク上のプロ野球観戦術 (朝日新書)
著者: 古田敦也
出版社: 朝日新聞出版
評価:
カテゴリ:
コメント: ●良いピッチャーかどうかは「バント処理」を観ればわかる ●カウントの有利不利の法則 ●斎藤雅樹、三浦大輔、上原浩治、ダルビッシュ、マー君が「一流」の理由 ●ボールを悠然と見逃せるかどうかにバッターのレベルが出る ●ファウルを「危ない」と見るか「良し」と見るか ●落合博満との対戦で悟った「プロの仕事」 ●イチローと青木宣親はポテンヒットを「あえて」打つ ●私を首位打者にしてくれた「球を読む」技術 ●捕手が対戦相手を「見る」ことでわかること ●バッターが必ずする「ある動作」の速度で好不調がわかる ●日本人内野手全員がメジャーで「二塁手」になってしまう理由 ●名監督とは? ●監督の仕事は「やりくり」 ●監督が「打順」を変える理由……などなど。
関連本棚: 二瓶
Fms
スポーツの品格 (集英社新書)
スポーツの品格 (集英社新書)
著者: 桑田 真澄, 佐山 和夫
出版社: 集英社
評価: B+
カテゴリ:
コメント: フェアであるべきスポーツの世界に、なぜ「体罰」や「不正」といった問題が蔓延するのか。その背景には何があるのか。本書は、元選手の立場で積極的にメッセージを発信する桑田真澄と、スポーツ史研究の第一人者である佐山和夫が、スポーツをめぐる問題の根源である「勝利至上主義」について論じ合う。そして、スポーツの喜びは「勝利を目指すプロセス」にあることが、さまざまな具体例を引きながら語られる。スポーツにおける「品格」とは何なのか。新しいスポーツ観を提起する、スリリングな対話!
関連本棚: 二瓶
Fms
心を整える。 勝利をたぐり寄せるための56の習慣 (幻冬舎文庫)
心を整える。 勝利をたぐり寄せるための56の習慣 (幻冬舎文庫)
著者: 長谷部 誠
出版社: 幻冬舎
評価: B
カテゴリ:
コメント: 『心は鍛えるものではなく、整えるものだ。いかなる時も安定した心を備えることが、 常に力と結果を出せる秘訣だ。自分自身に打ち勝てない人間が、ピッチで勝てるわけがない。』 日本代表キャプテンとして、チームを勝利へ導いた男の実践的メンタルコントロール術。
関連本棚: 二瓶
Fms
ようこそ、わが家へ (小学館文庫)
ようこそ、わが家へ (小学館文庫)
著者: 池井戸 潤
出版社: 小学館
評価: B+
カテゴリ:
コメント: 真面目なだけが取り柄の会社員・倉田太一は、ある夏の日、駅のホームで割り込み男を注意した。すると、その日から倉田家に対する嫌がらせが相次ぐようになる。花壇は踏み荒らされ、郵便ポストには瀕死のネコが投げ込まれた。さらに、車は傷つけられ、部屋からは盗聴器まで見つかった。執拗に続く攻撃から穏やかな日常を取り戻すべく、一家はストーカーとの対決を決意する。一方、出向先のナカノ電子部品でも、倉田は営業部長に不正の疑惑を抱いたことから窮地へと追い込まれていく。直木賞作家が“身近に潜む恐怖"を描く文庫オリジナル長編。
関連本棚: 二瓶 reiko510の2013 T.Miyashima
Fms
開成高校野球部の「弱くても勝つ」方法 (SB新書)
開成高校野球部の「弱くても勝つ」方法 (SB新書)
著者: 山岡 淳一郎
出版社: SBクリエイティブ
評価:
カテゴリ:
コメント: 強いところに勝つにはHighRisk HiReturnを狙う。打ち勝つ。
関連本棚: 二瓶
Fms
疾風ロンド (実業之日本社文庫)
疾風ロンド (実業之日本社文庫)
著者: 東野 圭吾
出版社: 実業之日本社
評価:
カテゴリ:
コメント: スキー場の話
関連本棚: 二瓶 reiko510の2016 melito ヤッちゃんの部屋 kojiad. .SHO nm090
Fms
〈新版〉ユダヤ5000年の教え (小学館新書 と 6-1)
〈新版〉ユダヤ5000年の教え (小学館新書 と 6-1)
著者: マービン トケイヤー
出版社: 小学館
評価:
カテゴリ:
コメント:
関連本棚: 二瓶
Fms
僕がグーグルで成長できた理由(わけ) 挑戦し続ける現場で学んだ大切なルール
僕がグーグルで成長できた理由(わけ) 挑戦し続ける現場で学んだ大切なルール
著者: 上阪 徹
出版社: 日本経済新聞出版社
評価: B
カテゴリ:
コメント:
関連本棚: 二瓶
Fms