hondana.org
本を探す

 


Scrapbox
書籍追加 | 本棚情報変更 | 名前変更/本棚削除 | ヘルプ

Fms

マネー・ボール 奇跡のチームをつくった男

マイケル・ルイス
ランダムハウス講談社
ISBN: 4270000120  紀伊國屋, Amazon, WebCat
カテゴリ 野球 ビジネス
評  価
コメント
みつを : 数字はあてにならないが、あてにもなる。
LED : 4章まで読んだ。
  • 1、2章のビリー・ビーンのメジャー時代の話はあんまり面白くない
  • 3章はちゃんと球団経営の話になってておもしろい。
  • 4章はデータ分析的な手法が長い間野球界に受け入れられなかったのが興味深い。ビル・ジェイムズが77年に野球抄1977を発表してからアスレチックスが2002年に活躍するまで25年!
    なんとなく読みにくいのはコロコロと主人公が入れ替わるのと、ビで始まる登場人物が多いかららしい。そこら辺り一端整理して読んでみることにする。
    http://d.hatena.ne.jp/umedamochio/20050806/p4
  • べ_deleted000 :  オビのアオリをそのまま書き写せば「貧乏球団アスレチックスは,なぜ勝ち続けるのか? 小説ではぜったい書けない男たちの熱いドラマ。」
     アスレチックスというのはサンフランシスコの対岸,オークランドに本拠地を置くメジャーリーグのチームだ。日本人選手もおらず,「A's」という略称を見てニッポンの阿呆な国会議員が「アメリカはすごいな,エイズにかかったヒトのプロ野球チームがあるのか」と言った(知らないヒトは信じないかもしれないが実話です。次から真面目に選挙に行く気になりましたか?)時以来日本の新聞などでメインの話題になったことはない(と思う)。
     が,このアスレチックス,ここ数年の成績は抜群。本書に寄れば「ニューヨーク・ヤンキーズの1/3以下の年俸総額の選手達を使って,ニューヨーク・ヤンキーズ並みの成績を上げ続けている」。まさに奇蹟のチームなのである。これは,その「奇蹟」を可能にした元二流メジャーリーガーのジェネラル・マネージャー,ビリー・ビーンの哲学と思想(というほど形而上的なモンでもないが)を追ったドキュメンタリー。「野球」を徹底的に科学し,文字通りの意味での「勝利の方程式」を作り上げた男の物語である。
     オレの読後感を正直に吐露すると「横浜ベイスターズの関係者はみんなこれを読め,他のチームのヤツはお願いだから読まないでくれ」ということになる。あ,あと一言だけ,1998年我らがベイスターズの優勝監督・権堂さんが「送りバントというのはわざわざ敵にアウトを献上するという世にも馬鹿馬鹿しい作戦だ」と言っていたのはデータ的にも圧倒的に正しかったのだ。まだ遅くない,ダイちゃん,権堂さんの采配を思い出そう!
    てらうっち : 文庫判
    他の本棚 みつを, らいさん, 松方さんシルクの肌触りが大好き, hengsu, , kubo, はぶあきひろ, てらうっち, bgnori

    最終更新 : 2005-09-23 22:22:15 +0900
    カテゴリ
    評  価
    コメント

    Fms