hondana.org
本を探す


本棚Wiki
書籍追加 | 本棚情報変更 | 名前変更/本棚削除 | 類似本棚 | ヘルプ

Fms

バックアップ

      [
{
  "comment" : "手違いとか偶然とかが重なって、今、自宅に、腐るほど酢がある(って、酢は腐らないけど)。米酢みたいなやつは、らっきょを漬けるなどすれば大量消費できるのだが、もろみ酢だのフルーツ系だのはどうすればよいのか。<br>\r\nと悩んでいるところに酢レシピの本を見つけてしまったもので、思わず衝動買い。<br>\r\n全体的にちょっとオサレすぎる感じで、すぐに作ろうと思える料理は少なめ。こういうのって、気力があるときでないと作れないよねぇ。<br>\r\n酢を標榜しているわりには、酢メインの料理が少ない(隠し味的な使い方が多い)感じなので、うちにある大量の酢をどうすればよいのかという悩みは結局解決しないのであった。<br>\r\n<br>\r\n#余談だが、夏の酢料理といえば[[http:\/\/www.mbs.jp\/puipui\/kitchen\/recipe\/04_0823.html これ]]おすすめ。私はいつもエビを入れずに作る。",
  "publisher" : "春日出版",
  "score" : "",
  "title" : "酢ッキリレシピ―さっぱり酢ッキリ健康レシピ100品! (春日お料理BOOK)",
  "authors" : "Mizuka",
  "date" : "2009-07-07 18:46:48 UTC",
  "isbn" : "4863211651",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "景文館書店",
  "score" : "",
  "title" : "吉田知子選集III そら",
  "authors" : "吉田 知子",
  "date" : "2017-07-17 12:32:17 UTC",
  "isbn" : "4907105029",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "食わず嫌いしていたのだが、ひょんなきっかけから「読んでみるか」と手に取ってみたところ……あれまぁ、すンごく面白いじゃないの。食わず嫌いしていたせいで、人生ほんのちょっと損した気がするぞ。<br>\nなぜ食わず嫌いしていたのかと言えば、この作品が語られるときに必ず「ハードSF」という冠がついていたからである。似非理系な私にとって、物理や化学の素養が前提となるような書籍はハードルが高い。なんとなく「ハードSF」というと「小林泰三の本当の面白さは計算しなきゃ分からないんだぜ」みたいな上流階級の方々が嗜んでいらっしゃるものという先入観があったのだ(おっと、小林氏のファンの方に他意はございません)。<br>\nでもこれは、本当にハードSFで本当に面白かった。エピローグの最後の1行を読んだときには、小松左京『果しなき流れの果に』の2つのエピローグを読み終えたときと同じ快感がからだを駆け巡った。<br>\nしかし、踊る人形や黄金虫が好きだった子供時代を持つ私としては、言語の解読という視点からもうちょっと攻めてほしかった。いくら資料が豊富に発見されたからといっても、えらくうまく翻訳できすぎじゃないの、という気が。",
  "publisher" : "東京創元社",
  "score" : "",
  "title" : "星を継ぐもの (創元SF文庫)",
  "authors" : "ジェイムズ・P・ホーガン",
  "date" : "2007-05-08 14:22:28 UTC",
  "isbn" : "448866301X",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "ハードSFとしても読めるし、未来を知ってしまった時に人はどう動くかというテーマの群像劇としても面白い。<br>\r\nところでこの本、『フレームシフト』とタイトルが脳内でかぶってしまいがち……『[[Leiko:4150110530]]』みたいにちゃんと邦題をつけてほしいなぁ。<br>\r\n[Thu Jun 09 21:20:33 +0900 2005]<br>\r\n<br>\r\n2009-11-11 追記。<br>\r\nアメリカでテレビドラマ化されているらしい。竹内結子も出演しているようだ。",
  "publisher" : "早川書房",
  "score" : "",
  "title" : "フラッシュフォワード (ハヤカワ文庫SF)",
  "authors" : "ロバート・J. ソウヤー",
  "date" : "2009-11-11 13:32:19 UTC",
  "isbn" : "4150113424",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "愛という名の哀しいエネルギーの物語。<br>\n薄井作品を読むのは久しぶりだったのだけれど、相変わらずの作風ですなぁ。",
  "publisher" : "小学館",
  "score" : "",
  "title" : "イエティの伝言 (小学館文庫)",
  "authors" : "薄井 ゆうじ",
  "date" : "2006-07-21 22:24:19 UTC",
  "isbn" : "4094056912",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "これはこれでよくできた本なのだけれど、今から読む人にはもうちょっと新しい本をおすすめしたい。経済用語なんて水物ですから。",
  "publisher" : "日本経済新聞社",
  "score" : "",
  "title" : "基本用語からはじめる日本経済 (日経ビジネス人文庫)",
  "authors" : "",
  "date" : "2005-06-10 06:36:27 UTC",
  "isbn" : "4532190843",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "確かに面白いことは面白い。しかし、ラストが急ぎ過ぎていること(○○で全てを説明するってどうよ←ネタバレにつき伏せ字)や、主人公たちの問題解決の姿勢(子供のためという言い訳は聞き飽きた)には、かなり疑問が残る。<br>\n「色男、金と力はなかりけり」とはよく言ったもので、金も権力もある色女と色男なんてロクなモンじゃない。この物語は、金と権力があるから成立しているのであって、それがなければ、ただの無計画かつ強運の怪獣が暴れているだけである。ジャスミンは軍人として、ケリーは海賊としてはそれぞれ素晴らしい才能を持っているのだろうが、その才能がこの舞台では「金と権力とに彩られた横暴」にしか見えない。<br>\n文体が独特で、私にはどうにもうまい文章とは思えないのだが、とりあえず文意は読めるからよしとしよう。<br>\nついでに、この作品がSFか否かという件に関してだが、SFでいいんじゃないかな。考証はかなり怪しいし、いわゆるSFを読んできた人が書いた本にも思えないけれど、気負わず読めるスペオペとしては悪くないんじゃないかと。",
  "publisher" : "中央公論新社",
  "score" : "",
  "title" : "スカーレット・ウィザード〈1〉 (C・NOVELSファンタジア)",
  "authors" : "茅田 砂胡",
  "date" : "2005-07-26 05:58:51 UTC",
  "isbn" : "4125006008",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "いわゆる“テロ”の前に買ってちまちま読んでいたのだけれど、テロが起こってからいきなり平積みにされていましたねぇ。基本がしっかりしており、手頃な厚さと価格ながら押さえるべきポイントを外していない本なので、書かれたのはテロ前ですが、テロ後も意義の変わらない本です。<br>\nアラビアンナイトの世界ではない、テロ国家というネガティブなイメージでもない、現代のイスラムの現実を知るための本。",
  "publisher" : "集英社",
  "score" : "",
  "title" : "現代イスラムの潮流 (集英社新書)",
  "authors" : "宮田 律",
  "date" : "2005-06-12 19:02:26 UTC",
  "isbn" : "4087200965",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "ホラーというより、SFと冒険活劇を足して2で割ってミステリを振り掛けたような小説。特に、ラストはまんまハリウッド活劇である。ストーリーの合間に挿入される「血と戦いの夢」は秀逸。<br>\n舞台となるルーマニアについては、東欧の現代史をちょこっと頭に入れて読むべし。",
  "publisher" : "角川書店",
  "score" : "",
  "title" : "夜の子供たち〈上〉 (角川文庫)",
  "authors" : "ダン シモンズ",
  "date" : "2005-06-12 19:04:54 UTC",
  "isbn" : "4042711022",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "これにて休刊とのこと。<br>\n残念ですが、ともあれ、皆さまお疲れ様でした。またどこかで会えることを願いつつ。",
  "publisher" : "ビレッジプレス",
  "score" : "",
  "title" : "雲遊天下 (41)",
  "authors" : "",
  "date" : "2006-04-04 22:51:56 UTC",
  "isbn" : "4894921022",
  "categories" : "雑誌やムックみたいなもの"
},
{
  "comment" : "無駄のない構成、紡がれる言葉の一つ一つ、何もかもが美しく、そしてピュア。<br>\nところで、この作品は映画化されているのだが、映画の鷺沢君の配役を見て「私の高尾ちゃんを返してぇ」と叫びたくなったのは私だけではあるまい。いや、鷺沢君以外のキャストも相当アレなのだが、とりあえず私は高尾ちゃんが眼鏡無し&ロンゲというのはもはや犯罪だと思う。",
  "publisher" : "小学館",
  "score" : "",
  "title" : "ラヴァーズ・キス (小学館文庫)",
  "authors" : "吉田 秋生",
  "date" : "2005-06-12 19:03:12 UTC",
  "isbn" : "4091911838",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "装画は吉田秋生。",
  "publisher" : "新潮社",
  "score" : "",
  "title" : "イエスタディ・ワンス・モア (新潮文庫)",
  "authors" : "小林 信彦",
  "date" : "2005-08-23 04:53:44 UTC",
  "isbn" : "4101158266",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "この手の情報誌はたくさん出ているのだけれど、私の好みには「[[http:\/\/www.lmaga.jp\/meetsnew\/ Meets]]」が合っているようです。この本は、その雑誌の増刊というかムックにあたります。<br>\n行きたい店が見つかっても、行く機会はあまりないんだけどね。食事だけならともかく、終電を気にすると「軽く食ってから他の店へハシゴ」ってのはなかなか難しいし。この手の本をパラパラ眺めて夢を膨らませてるだけってのが現状です。",
  "publisher" : "京阪神エルマガジン社",
  "score" : "",
  "title" : "大阪本―今この街は“店ヂカラ”で、こんなことになっている。 (エルマガmook)",
  "authors" : "",
  "date" : "2005-06-13 13:52:50 UTC",
  "isbn" : "4874352111",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "内戦の起こっている日本で高校生が戦う、という話。と書くとまるでバトルロワイアルの二番煎じのようだが、ちょっと違う印象がある。<br>\r\n舞台設定も、人物造型も、ストーリーも、どれをとっても「もう一声」欲しい。全部どこか中途半端なので、読後は「で、続きは?」と言いたくなる。高校生が戦う相手は、大学生が蜂起した反政府の武装組織なのだが、そのあたりの描写が非常にお粗末。しかしテーマ自体はごく単純な話なので、意外にもサラッと読める。まぁ、コバルトだしな……。<br>\r\nこの作者、やたら「こなれた」文章を書くなぁと思っていたら、本業は新聞記者・学生時代は弁論部らしい。淡々とした文章は職業柄ということか。あんまりうまい文章じゃないけどなー。<br>\r\n<br>\r\n↑以上「Mon Jun 13 02:28:42 +0900 2005」の更新。<br>\r\n<br>\r\nふと気が付くと、[[http:\/\/www.miyazakitakeshi.jp\/ なんと政治家になっていた]]。",
  "publisher" : "集英社",
  "score" : "",
  "title" : "放課後戦役 (コバルト文庫)",
  "authors" : "鷲田 旌刀",
  "date" : "2010-10-26 02:34:33 UTC",
  "isbn" : "4086000865",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "授業「生態学」の教科書だった。",
  "publisher" : "朝倉書店",
  "score" : "",
  "title" : "生態工学",
  "authors" : "",
  "date" : "2005-06-09 21:30:46 UTC",
  "isbn" : "4254180101",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "まず、喧嘩両成敗というものが日本にしか存在しないと言って良いものだということにびっくり。確かに、あらためて考えてみれば奇妙な仕組みだ。<br>\n結構重い内容もあるわりには軽く読める。中世日本のどたばたぶりがよく書かれていて面白い。",
  "publisher" : "講談社",
  "score" : "",
  "title" : "喧嘩両成敗の誕生 (講談社選書メチエ)",
  "authors" : "清水 克行",
  "date" : "2006-07-14 19:52:53 UTC",
  "isbn" : "4062583534",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "くだらねー。すっげぇくだらねー。<br>\nストーリー自体もくだらねーし、そもそも主人公のネーミングからしてウケを狙ってるとしか思えん。科学的な側面の解説は、はっきり言ってドラえもんのひみつ道具レベルだしさ。<br>\nでも、大沢在昌の書く「なんちゃってSF」って、くだらねーけど妙に好きと言うか憎めないんだよな。面白いとかオススメとかとは違うレベルなんだけど、何だかんだ言って結構読んでる気がするぞ。\n",
  "publisher" : "講談社",
  "score" : "",
  "title" : "ウォ-ムハ-ト・コ-ルドボディ (講談社文庫)",
  "authors" : "大沢 在昌",
  "date" : "2005-06-09 21:32:18 UTC",
  "isbn" : "4061857142",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "忘れかけていた知識が彼方からよみがえってくる感覚が実に痛快。理科って、分野によってはすっかりご無沙汰してるからなぁ。この本に書かれてあることって基本の基本だと思うんですが、最近の検定教科書ってこの本よりはるかに薄っぺらいってことだよね……大丈夫かそんな教育で。まぁ、東西南北も分からんような小学生が量産されてる時代だからな。<br>\n読みかけでストップしてるうちに第2版が出てしまった……第1版とどのあたりが違うのかは、見比べていないので不明。<br>\n<br>\n↑と書いてふと思ったのだが、中学生を過ぎてからまだ10年たっていない自分の世代の場合、どうなんだろう。私個人は、学校で得た知識よりも本などで得た知識の方が多かったため、授業がどうだったかあまり覚えていない。中学理科関連で覚えていることといえば、選択科目で選んだ理科のことくらい(割れないシャボン玉を目指して、あやしい液体の調合に格闘していた……)。<br>\n高校では理科や社会が選択式だったのだけれど、それを聞いた母が「私の時は文系でも理科全部やらされた。もちろん物理も化学も」と驚いていたので、分野や時限はやっぱり減っているのだろうなぁ。<br>\nちなみに、私の学年は1989年の指導要領改訂で打ち出された「新しい学力観」による教育を受けた最初の世代だ。それに関係あるとは思わないし思いたくもないが、14歳と17歳の時に事件を起こしまくって世の中を震撼させた世代であるということも小声で付け加えておく。",
  "publisher" : "文一総合出版",
  "score" : "",
  "title" : "新しい科学の教科書 1―現代人のための中学理科",
  "authors" : "検定外中学校理科教科書をつくる会, 左巻 健男",
  "date" : "2005-06-13 13:55:57 UTC",
  "isbn" : "4829900660",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "「十七歳!」だの「太陽と番った海」だの「おお、歳月よ、あこがれよ」だの、今でも折りに触れてふと口をついて出ることがある。購入時期は中也の詩集の約半年後。<br>\n堀口大学の訳は必ずしも原詩に忠実ではなく、詩情を生かすために意訳をしている部分も見受けられる。しかし、歳月やあこがれはたしかに素晴らしい意訳だが、養命酒ってのはどうよ……(母が飲んでいたこともあり、養命酒と聞くとあの赤い箱と独特の香りが目の前に現れるのです……とほほ)。",
  "publisher" : "新潮社",
  "score" : "",
  "title" : "ランボー詩集 (新潮文庫)",
  "authors" : "ランボー",
  "date" : "2006-05-27 04:52:32 UTC",
  "isbn" : "4102176012",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "薄井ゆうじの作品を知ったのは、この作品がNHK-FMの「青春アドベンチャー」でラジオドラマ化(脚本はじんのひろあき)されたのを聴いたことから。今でもこの作品がいちばん好きだ。<br>\n薄井ゆうじの小説には、いつも独特の静謐さがある。この作品に流れる静謐さは、その「青の時間」というテーマと相まって、一際美しい。<br>\n[[http:\/\/www.jali.or.jp\/juku\/home\/ くじら塾]]で、[[http:\/\/www.jali.or.jp\/juku\/home\/05\/matsu.htm ラジオドラマ化されたときの演出さんのお話]]がちょこっと読めます。",
  "publisher" : "角川春樹事務所",
  "score" : "",
  "title" : "青の時間 (ハルキ文庫)",
  "authors" : "薄井 ゆうじ",
  "date" : "2005-08-04 05:35:04 UTC",
  "isbn" : "4894568160",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "本を愛する全ての人へ。<br>\nそういえば昔、図書館の本がまだ図書カードで管理されていた頃、カードを入れるポケットが見返しに貼り付けられていたものですが、あのポケットには時々、クリスチーナの遺言(本を読む前には手を洗いましょうとか)が印刷されているものがありましたよね。今は大抵バーコード管理されているため、ポケットはなくなってしまいましたが、じゃあ最近の子供たちはどこで本の扱いを学ぶんでしょうか。学んでないから、本屋の本も図書館の本も扱いが荒いのか……。<br>\nちなみに私の場合、ページを折ったり指にツバをつけてめくってはいけません、というお約束は守っておりますが、本を読む前には手を洗いましょうってのは特別大切な本or汚してはいけない借り物の場合にしか守っておりませぬ。ちゃんと洗っていれば、よく触る部分の汚れも防げるのでしょうが、なかなか……。",
  "publisher" : "早川書房",
  "score" : "",
  "title" : "ダイホンヤ",
  "authors" : "とり みき, 田北 鑑生",
  "date" : "2006-07-14 18:46:31 UTC",
  "isbn" : "4152084294",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "講談社",
  "score" : "",
  "title" : "カレンダー (講談社文庫)",
  "authors" : "ひこ田中",
  "date" : "2005-06-09 19:15:40 UTC",
  "isbn" : "4062634260",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "大学の授業で使ったり、資料にしたり、純粋に面白がって読んだり、気が付けばこの本とは色んなお付き合いをしているなぁ。漢字の羅列は分からんが、読み下し文なら意味がある程度分かるくらい。<br>\nバイタリティを感じるから、日本書紀より古事記の方が好き。",
  "publisher" : "岩波書店",
  "score" : "",
  "title" : "古事記 (岩波文庫)",
  "authors" : "倉野 憲司",
  "date" : "2005-06-13 02:29:24 UTC",
  "isbn" : "4003000110",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "正直、ちょっと難しかったです。でも、難しいからこそ、じっくりゆっくり読むことができる。そんな空気感がとても幸福だと思える一冊でした。",
  "publisher" : "講談社",
  "score" : "",
  "title" : "黄色い本 (アフタヌーンKCデラックス (1488))",
  "authors" : "高野 文子",
  "date" : "2006-07-14 18:58:38 UTC",
  "isbn" : "4063344886",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "文様の素材集は他にも持っているのだが、よく使うのはこれ。",
  "publisher" : "毎日コミュニケーションズ",
  "score" : "",
  "title" : "素材Book 日本の文様",
  "authors" : "",
  "date" : "2006-05-24 01:28:21 UTC",
  "isbn" : "4839915547",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "特集:思考法と、発想法。<br>\n『[[Leiko:4484032058]]』の誌上ワークショップもあり。",
  "publisher" : "東洋経済新報社",
  "score" : "",
  "title" : "Think! 2004年冬号[No.8]",
  "authors" : "加藤 昌治, 西山 茂, 野中 郁次郎, 菅野 宏, 炭谷 俊樹, 山﨑 康司",
  "date" : "2005-08-04 05:41:54 UTC",
  "isbn" : "4492830073",
  "categories" : "雑誌やムックみたいなもの"
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "平凡社",
  "score" : "",
  "title" : "「父の娘」たち (平凡社ライブラリー)",
  "authors" : "矢川 澄子",
  "date" : "2007-08-18 22:31:14 UTC",
  "isbn" : "4582765793",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "児童書時代の方が良かったなぁ……。<br>\n頼むから、このまま量産キャラクター小説作家になってしまわないことを祈る。もうなってしまっているという淡い予感を封じ込めながら、切に祈る。",
  "publisher" : "講談社",
  "score" : "",
  "title" : "少年名探偵 虹北恭助の冒険 (講談社ノベルス)",
  "authors" : "はやみね かおる",
  "date" : "2006-07-18 19:39:47 UTC",
  "isbn" : "4061821385",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "どういう話かと申しますと、作者曰く「けむけむ大作戦」だそうで。ハイ、つまりけむけむな人たちがわらわら出てきて大作戦する話です。<br>\n『[[http:\/\/www.hondana.org\/Leiko\/4125006008.html スカーレット・ウィザード]]』の時も思ったのですが、茅田砂胡ってどうしてこんなにクライマックスの展開を急ぐんでしょう。ラスト5分の1だか6分の1くらいにいきなり話の進み方が早くなる気がします。勢いで読ませるためでしょうか。そうだとしても私にとってはちょっと早すぎ。スピード感があるといえばいいのかもしれないけれど。<br>\n世界観やキャラクターはなかなか良いです。特に「ごちゃまぜ」という設定がなかなかよく効いているのではないかと。あと、お姫さまはこれくらいやんちゃでちょうどよろしい(笑)。",
  "publisher" : "角川書店",
  "score" : "",
  "title" : "レディ・ガンナーの冒険 (角川スニーカー文庫)",
  "authors" : "茅田 砂胡",
  "date" : "2005-06-10 09:51:48 UTC",
  "isbn" : "404423101X",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "なぎら健壱はやっぱりいいねェ。<br>\n焼酎で色々やってみる巻頭特集はすごいぞ。<br>\nしかし皆さん、やっぱり高額納税者ね……。<br>\n<br>\n上の行、訂正です。酒と煙草にまみれた知人いわく「高額納税者」ではなく「高額<b>間接<\/b>納税者」だそうです。なるほど、納得。<br>\n<br>\nこの号、[[http:\/\/www.saketsuma.com\/ 編集部]]の在庫はなくなっているそうなので、近くの本屋に残っていたぶんを大人買いしてきました(と言っても2冊ですが)。なぎら好きの知り合いなどに配る予定〜。",
  "publisher" : "酒とつまみ編集部",
  "score" : "",
  "title" : "酒とつまみ (第7号)",
  "authors" : "",
  "date" : "2006-04-13 15:29:49 UTC",
  "isbn" : "4903143066",
  "categories" : "雑誌やムックみたいなもの"
},
{
  "comment" : "つくりおきに特化した本というよりは、堅実な日常のお惣菜本。見なくても作れるようなものも多いのだが、あらためて作り方を見てみれば「あぁ、これを作るときにはあれも入れればいいのね」「この状態にしておけば、ああいうふうにもこういうふうにも使えるのか」と気付き、勉強になる。副菜だけでなく、メインにも使えるようなものも結構載っている。<br>\n和・洋・中のジャンルごとに、さらに野菜・肉・魚など主材料別に分けて掲載されている。材料から逆引きできる索引もあり。全体の半分以上が和食。<br>\n電子レンジを使う料理がほとんど載っていない。また、洋食以外はオーブンを使う料理もほとんど載っていない。揚げ物がほとんど載っていない。つまり、包丁とまな板と鍋とコンロさえあればできる料理がほとんど。また、入手が難しい材料が使われている料理がほとんど載っていないので、洒落た食料品店などない田舎でも大丈夫。",
  "publisher" : "婦人之友社",
  "score" : "",
  "title" : "常備菜―つくりおきのおかずと展開料理 (わたしの保存食)",
  "authors" : "",
  "date" : "2007-11-27 18:27:33 UTC",
  "isbn" : "4829204206",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "冷食捜査官シリーズは必読!<br>\nこんなにギャグなのになんでこんなにかっこいいんだ!(個人的には書店管理官より好きかも)",
  "publisher" : "徳間書店",
  "score" : "",
  "title" : "犬家の一族 (少年キャプテンコミックススペシャル)",
  "authors" : "とり みき",
  "date" : "2005-06-12 17:01:01 UTC",
  "isbn" : "4198330816",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "元が新聞連載なので、浅く広い。深くはない。<br>\nモノと社会の関わりを、その起源まで遡って解説している。タイトルに「20世紀」と冠されているとおり、まさしく20世紀という時代がいかに形作られてきたかの概観。",
  "publisher" : "晶文社",
  "score" : "",
  "title" : "20世紀をつくった日用品―ゼム・クリップからプレハブまで",
  "authors" : "柏木 博",
  "date" : "2005-06-12 17:00:24 UTC",
  "isbn" : "4794963726",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "<b>ラジオドラマ再放送<\/b><br>\r\nNHK-FM 青春アドベンチャー<br>\r\n9月12日(月)~9月16日(金) 22:45~23:00(1-5回)<br>\r\n9月19日(月)~9月23日(金) 22:45~23:00(6-10回)<br>\r\n<br>\r\n宮崎駿のスチームパンク成分を濃くした感じ。脳内映像がスムーズに流れる。ストーリーは王道。テンポがいい。<br>\r\nと聞いてウズウズする人は必読。<br>\r\nと聞いてちょっと気になった人は暇なら読む価値あり。<br>\r\nと聞いて何をいまさらと思った人は読まなくてもどうってことない。<br>\r\n<br>\r\n但し、魅力的な登場人物がたくさん登場するのだが、そのほとんどが死ぬ。そんなに殺さなくてもいいのにと思うくらい死ぬ。作者の筆致は容赦ない。だから、キャラクター主眼で小説を読む人にはおすすめできない。<br>\r\nさらに、この本で言うところの「工学ギルド」の端っこに生息している私としては、後半の展開にはちょいと不満。なんだか工学士がえらくマッドな集団として書かれているんだけど、理系の人間にだって倫理はあるんだぞー。<br>\r\nシリーズ開幕編らしいが、続編はまだ日本では刊行されていない。早く出して〜。<br>\r\nところで些細なことなんだが、116ページの中央下あたり「片手を顔で隠した」は「顔を片手で隠した」じゃないのかなぁ。他にもいくつか、誤訳っぽいところや明らかな誤植があった。まぁ初版だから仕方ないか。<br>\r\n#余談だが、私の場合、アナ・ファン姐さんの脳内イメージはエボシ御前@もののけ姫だったりする。。<br>\r\n<br>\r\n<b>祝・星雲賞受賞!<\/b><br>\r\n実は私も投票した。自分が投票した作品が賞取るのって嬉しいね。<br>\r\nで、受賞のおかげというわけではないのかもしれないが、2007年12月に[[http:\/\/www.hondana.org\/Leiko\/4488723020 続編の邦訳]]が刊行!",
  "publisher" : "東京創元社",
  "score" : "",
  "title" : "移動都市 (創元SF文庫)",
  "authors" : "フィリップ・リーヴ",
  "date" : "2011-08-19 01:10:02 UTC",
  "isbn" : "4488723012",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "丁寧な取材と洞察力。森達也はいつも面白い仕事をしてくれるので注目しています。「手紙」も「竹田の子守唄」も「イムジン河」もCD音源の入手が可能な現在、曲の後ろに何があるのかをあらためて考えるために必読な本です。<br>\n『[[Leiko:4759200231]]』と並べて読めば、さらに興味深いと思われます。",
  "publisher" : "解放出版社",
  "score" : "",
  "title" : "放送禁止歌",
  "authors" : "森 達也",
  "date" : "2005-08-22 23:32:54 UTC",
  "isbn" : "4759254102",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "こんな痛快な人物がいたのだなぁ。<br>\nルブランがルパンのライバルとして書いたカリオストロ伯爵婦人、そしてルパン三世の映画「カリオストロの城」——そんな二次創作や三次創作も良いけれど、本家カリオストロ伯爵の人生は創作より奇なり。特に、錬金術師などという言葉に無条件にわくわくしてしまう方、必読です。<br>\nオトコマエの山師を書くのが実にうまい種村氏。早すぎる死が惜しまれてなりません。哀悼の意を。",
  "publisher" : "河出書房新社",
  "score" : "",
  "title" : "山師カリオストロの大冒険―種村季弘コレクション (河出文庫)",
  "authors" : "種村 季弘",
  "date" : "2005-08-23 09:45:08 UTC",
  "isbn" : "4309405584",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "ネタ自体には問題なくついていけるし、ツボな話も多いのだが、身にはつまされないなぁ。私自身が「ジャンル小説読み」ではないからかな。<br>\nしかしこのラストのオチはなんなんだー。ブログで続いているその後の様子では、帰るコールなんかしちゃってるし。うっきゃあ。",
  "publisher" : "早川書房",
  "score" : "",
  "title" : "今日の早川さん",
  "authors" : "coco",
  "date" : "2007-12-21 00:49:32 UTC",
  "isbn" : "4152088559",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "「一種のラブレターのようなもの」なのだと生前にご本人が仰っていたというが、これは「ようなもの」などではなく、ほんとうの意味でのラブレターなのだと思う。",
  "publisher" : "花神社",
  "score" : "",
  "title" : "歳月",
  "authors" : "茨木 のり子",
  "date" : "2007-08-02 03:57:45 UTC",
  "isbn" : "476021867X",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "しかしこりゃひどいタイトルだな。編集さんがつけたのかな。<br>\n神戸の彼が事件を起こしたとき、あの声明文に深い共感を感じたことを今でも覚えている(当時私は誕生日を過ぎて15歳になっていたが)。あの共感が何に起因するものだったか、内田樹の回想と意見を聞いて、ようやく分かった。それだけでも本書を読んだ価値はあったと思う。<br>\n内田樹と名越康文は、その後もちょくちょく対談などしているようだ。是非とも続刊求む。",
  "publisher" : "新潮社",
  "score" : "",
  "title" : "14歳の子を持つ親たちへ (新潮新書)",
  "authors" : "内田 樹, 名越 康文",
  "date" : "2008-02-04 08:42:22 UTC",
  "isbn" : "4106101122",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "『[[Leiko:4048526707]]』との併読がおすすめ。",
  "publisher" : "角川書店",
  "score" : "",
  "title" : "ゆうきまさみのはてしない物語 (ニュータイプ100%コミックス)",
  "authors" : "ゆうき まさみ",
  "date" : "2005-08-06 14:48:14 UTC",
  "isbn" : "4048527622",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "『[[Leiko:4834763692]]』では物足りなくなったので、少々手ごたえのありそうな(でも頑張れば確実にできそうな)この本を購入。<br>\nレース編みの本には「モデルハウスみたいなリビングにさりげなく置かれた作品……」というような雰囲気でごまかされた写真が載っていることが多いのだが、この本は表紙のとおり「暗くシンプルな背景にまっすぐ置かれた全体図」の写真が基本になっている。まるで雪の結晶写真のよう。完成形のかたちそのものがよく分かるので、編みたいものを選ぶとき・編むとき・仕上げをするとき、すべての段階で非常に参考になる。<br>\nパイナップル編みが少ないのがちょっと残念だったので、今度はパイナップル編みだけの本を買うことにしよう(という言い訳で、編む速度をはるかに超えて本を買ってしまうのだ)。",
  "publisher" : "日本ヴォーグ社",
  "score" : "",
  "title" : "美しいレース編みドイリー (レースベストセレクトBOOK)",
  "authors" : "",
  "date" : "2007-06-20 18:17:28 UTC",
  "isbn" : "4529043525",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "ロボットの現状を織り交ぜながら、やがて来るであろう「ロボットの居る世界」に向けて、ロボットのありかたを考えていくための本。ロボットと人との関わり方について考えるきっかけになる。<br>\n技術面よりも、ロボットを生み出す「ひと」に焦点があてられている。紹介されるロボットは、興味のある人なら聞いたことのあるであろうものがほとんどだが、アイボやアシモくらいしか知らない普通の人には刺激的かもしれない。<br>\nロボットデザインに七彩が関わっているとは知らなかったので驚いた。<br>\n一般向けの本のせいか、ちょっと薄っぺらいのがマイナス。",
  "publisher" : "中央公論新社",
  "score" : "",
  "title" : "ロボットだって恋をする (中公新書ラクレ)",
  "authors" : "築地 達郎, 京都経済新聞社取材班",
  "date" : "2005-06-12 17:09:10 UTC",
  "isbn" : "412150013X",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "素直に面白かったです。「文系」の人にもおすすめ。<br>\nで、一応データマイニング周辺に暮らしている私としては、社会調査というほど規模の大きいものではないがそれに似たような類の調査を行うこともしばしばあるのだが、ウソになりうるデータを作ってしまうことがないわけではないというのが現状。分かってやっていることもあれば気付かずにやっていることもあり、結構頭が痛い。逆説的だけど、どんなウソでももっともらしくでっちあげられるくらい解析手法を使いこなせるようにならにゃね。",
  "publisher" : "文藝春秋",
  "score" : "",
  "title" : "「社会調査」のウソ―リサーチ・リテラシーのすすめ (文春新書)",
  "authors" : "谷岡 一郎",
  "date" : "2006-08-07 16:35:55 UTC",
  "isbn" : "4166601105",
  "categories" : "本棚.orgを見て買ってしまった本"
},
{
  "comment" : "現在は、この単行本発刊後に発表されたエッセイ等も含めた上で文庫化されています。文庫版は『[[http:\/\/www.amazon.co.jp\/o\/ASIN\/4150307938\/ ミステリオーソ]]』『[[http:\/\/www.amazon.co.jp\/o\/ASIN\/4150307946\/ ハードボイルド]]』の2分冊。<br>\nところで2005年6月現在、Amazonでその文庫版の「<b>同じテーマ<\/b>の商品を探す」と、ふくやまけいこと吾妻ひでおが……。<br>\n<br>\n2005年8月4日追記。現在、小林泰三の『海を見る人』まで登場。超ハードSFでっせ……。<br>\nみんないったいどういう買い方をしているのだ。<br>\n<br>\n2006年9月追記。上記の<b>すごい<\/b>結果は消えているようです。現在は、予測の範囲内の書籍(チャンドラーとか)が、類似商品として挙げられているようです。",
  "publisher" : "早川書房",
  "score" : "",
  "title" : "ミステリオーソ―映画とジャズと小説と",
  "authors" : "原 りょう",
  "date" : "2006-09-04 11:58:08 UTC",
  "isbn" : "4152079282",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "話の主軸がもはやSFではないので、1作目にわくわくした人が読んで楽しめるものではなくなっている気がする。まぁ、私の目的としては、コリエルの謎を解くためだけに読んだので、SFであろうがなかろうがどうでもいいといえばどうでもよかったんだけど←コリエルの正体には正直がっくりしたが。<br>\nしかし、しかしだ。ハントが面食いできれいなおねえちゃんが大好きというのは前作までで充分分かってはいたのだが、なんやねんこの展開は。第1章の最初(9〜10ページ目)には、思わず読むのを中断して天を仰いでしまった。それ以外にも色々となぁ……人間模様は書かなくていいよ、センスオブワンダーを書いておくれよ、と懇願したくなる。<br>\nところで余談ですが、ソビエト代表がソブロスキンでスウェーデン代表がスヴェレンセンって、このネーミングは手抜きですかそれともギャグですか。",
  "publisher" : "東京創元社",
  "score" : "",
  "title" : "巨人たちの星 (創元SF文庫 (663-3))",
  "authors" : "ジェイムズ・P・ホーガン",
  "date" : "2007-06-19 17:25:49 UTC",
  "isbn" : "4488663036",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "すこし小さなお友達のために、キャロル自身が書き直した『ふしぎの国のアリス』絵本版。<br>\nオリジナルに比べて端折っている部分が多いので、あのシーンが入ってない!このシーンが短い!という不満が出てしまう人も多いでしょうね。ただ、チェシャ猫の登場シーンについては、絵と文と装丁がとてもうまく用いられていると思います。",
  "publisher" : "新書館",
  "score" : "",
  "title" : "子供部屋のアリス",
  "authors" : "ルイス・キャロル, ジョン・テニエル, 高橋 康也, 高橋 迪, Lewis Carroll, John Tenniel",
  "date" : "2005-06-11 06:38:11 UTC",
  "isbn" : "4403030254",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "アフリカから伝わる話もあればアメリカで生まれた話もあるが、どの話も「奴隷」という歴史の立場が深く影響している。しかし暗いわけではなく、むしろどこかあっけらかんとした展開が多いのが印象的。黒人霊歌の陽気なメロディと同じく、その明るさにやりきれなさを感じることも。物語そのものはどれも面白く、純粋に楽しめる。",
  "publisher" : "福音館書店",
  "score" : "",
  "title" : "人間だって空を飛べる―アメリカ黒人民話集 (福音館文庫 昔話)",
  "authors" : "ヴァージニア ハミルトン",
  "date" : "2005-06-14 23:29:43 UTC",
  "isbn" : "4834018245",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "早川書房",
  "score" : "",
  "title" : "なぜ人はエイリアンに誘拐されたと思うのか (ハヤカワ文庫NF)",
  "authors" : "スーザン・A. クランシー",
  "date" : "2007-04-06 16:43:13 UTC",
  "isbn" : "4150503133",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "ビオシティ",
  "score" : "",
  "title" : "「新しい」生態学―生きられる環境づくりの基礎",
  "authors" : "高橋 正征",
  "date" : "2005-06-10 06:46:53 UTC",
  "isbn" : "4797211091",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "古びていないという言葉は絶対失礼だよなと思いつつ、ついつい言ってしまう。この作品は古びていない。コンピュータの描写でようやく「あぁ、そういえば60年代の作品だった」と思えるくらい。<br>\n衝撃と感動のラストという言葉は絶対使い古されてるよなと思いつつ、ついつい言ってしまう。この作品のラストは衝撃と感動で胸がいっぱいになる。<br>\n序盤から中盤にかけての淡々としたタッチが良い。私はいわゆる破滅SFが好きなのだが、隕石どーんとか異星人ばーんとかいう派手な終末は苦手だ。世界の終わりというものはもっと静かにやってくるべきだ。そうして、気がつけば日常生活がひとつまたひとつ成り立たなくなり、いつか誰も知らない「その日」を迎えるのだ。という持論のストライクゾーンどんぴしゃり+それだけじゃ終わらん衝撃たっぷり。ついつい言ってしまおう。名作だ。",
  "publisher" : "角川書店",
  "score" : "",
  "title" : "復活の日 (角川文庫 緑 308-9)",
  "authors" : "小松 左京",
  "date" : "2005-06-11 06:42:48 UTC",
  "isbn" : "4041308097",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "思い当たることがちらほらあるなぁ。脳味噌は毎日ばんばん使っている自信があるんだけど、昔っから(コンピュータを使うようになる前から)フリーズ癖があるのは確か。5歳の時から軽い吃音があるのも関係してるのかもしれないけど。<br>\n症例のパターンとその具体的な対処方法が書かれているのだが、フリーズの自覚のある人が自己診断で使ってしまうのは危険だと思う。本文でも注意喚起されているが、ボケ症状なのか鬱症状なのか判断が難しい例(ボケと鬱とでは原因も対処法も異なる)や、ハード的な障害でボケ症状が出ている例(脳腫瘍など)のように、専門医でなければ分からないであろう事柄もあるからだ。<br>\n脳の「使い方」を意識するきっかけとしては、非常に面白い。",
  "publisher" : "日本放送出版協会",
  "score" : "",
  "title" : "フリーズする脳―思考が止まる、言葉に詰まる (生活人新書)",
  "authors" : "築山 節",
  "date" : "2007-02-28 17:55:09 UTC",
  "isbn" : "4140881631",
  "categories" : "本棚.orgを見て買ってしまった本"
},
{
  "comment" : "シンプルで単純で誰でもできる考具ばかりなので、発想ハウツー本を探している人にはとりあえずこれを勧めることにしている。普段から無意識にやっていたことばかりだったので、私個人にはそれほど新鮮なものはなかったけれど。<br>\nシンプルで単純で誰でもできる=簡単に誰でも素敵なアイデアが思い付ける、というわけではありませんよ当然。でも、手法としてはかなり有効なものが紹介されていると思う。<br>\nたまたまゼミの後輩に貸したら、ゼミ内の一部で静かなブームになってる模様。",
  "publisher" : "阪急コミュニケーションズ",
  "score" : "",
  "title" : "考具 ―考えるための道具、持っていますか?",
  "authors" : "加藤 昌治",
  "date" : "2005-06-11 06:43:37 UTC",
  "isbn" : "4484032058",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "ついにロシア語の辞書を購入。意味もなくページを繰ったり、あやしげな発音で例文を読み上げては、ひとりでニマニマしている。<br>\n辞書としては薄いが、日常使いには充分な語数だし、例文も多い。和露インデックスも付いている。今のところは満足しているが、これで物足りなくなったら博友社かコンサイスのを買うつもり。<br>\n本文の和文かな・カナに、ちょっと変わった書体が使われている。これは何というフォントなのだろう。やや長体で、どことなく映画の字幕の書体に似ている。可愛らしくも上品な印象の書体なので、辞書全体が柔らかい雰囲気に見えて、とても素敵。",
  "publisher" : "白水社",
  "score" : "",
  "title" : "パスポート初級露和辞典",
  "authors" : "",
  "date" : "2007-09-20 00:39:03 UTC",
  "isbn" : "4560000662",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "映画の監督自身によるノベライズ。<br>\nこの本だけ読んではイケマセン。先に必ず映画を観ましょう。色々と突っ込みどころもある映画ですが、そういう邪心は封印して、純粋な気持ちに立ち返って観ましょう。SF少年だったあの日を思い出し、半泣きになりながらテトラを応援してしまうことうけあい。",
  "publisher" : "メディアファクトリー",
  "score" : "",
  "title" : "ジュブナイル―MFジュブナイル文庫 (MF文庫)",
  "authors" : "山崎 貴",
  "date" : "2005-08-05 08:48:31 UTC",
  "isbn" : "4840100977",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "元ネタを知らない作品でも面白い。元ネタを知っていても、ひねりすぎているため、元ネタなんかどうでもよくなっていたりする。そうやってさんざん爆笑したのち、「ソングマスター」の最後のコマでは、胸が熱くなった。<br>\n装幀はもちろん祖父江慎。相変わらず、ちょっとヒートアップし過ぎの造本が素敵。",
  "publisher" : "早川書房",
  "score" : "",
  "title" : "SF大将",
  "authors" : "とり みき, S-Fマガジン編集部",
  "date" : "2005-06-13 13:58:34 UTC",
  "isbn" : "4152081015",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "フェンダーのアンプ買いました。",
  "publisher" : "学習研究社",
  "score" : "",
  "title" : "大人の科学マガジン Vol.17 ( テルミン ) (Gakken Mook)",
  "authors" : "大人の科学マガジン編集部",
  "date" : "2008-02-06 04:51:49 UTC",
  "isbn" : "4056048746",
  "categories" : "雑誌やムックみたいなもの"
},
{
  "comment" : "これが子供向けの本なのか。さすが理論社、思いきったことをするね。<br>\nちょっと話を広げ過ぎているきらいはあるけれど、自分が世界をどう見ているか、その見方を再考するきっかけになると思う。<br>\n児童書だけれど、大人にこそ、是非。",
  "publisher" : "理論社",
  "score" : "",
  "title" : "いのちの食べかた (よりみちパン!セ)",
  "authors" : "森 達也",
  "date" : "2006-07-14 18:49:22 UTC",
  "isbn" : "465207803X",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "タイトルどおり「基本のキホン」である。広く、そこそこ深い。ここしばらくの環境問題の動向をひととおり知ることができる。個人的には「なぜアメリカは環境に無関心なのか」が非常に興味深かった。",
  "publisher" : "日本経済新聞社",
  "score" : "",
  "title" : "地球の限界とつきあう法 - 基本のキホン (日経ビジネス人文庫―基本のキホン)",
  "authors" : "三橋 規宏",
  "date" : "2005-06-11 06:45:20 UTC",
  "isbn" : "4532190134",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "10代から20代前半というのは、それより上の世代から見れば大した違いのないように見える年代だが、そのまっただなかにいる者にとっては1年の差が非常に大きい年代だという。そんな話を思い出しました。<br>\n個性を煽られる一方で、均質であることも求められているという気もします。",
  "publisher" : "岩波書店",
  "score" : "",
  "title" : "「個性」を煽られる子どもたち―親密圏の変容を考える (岩波ブックレット)",
  "authors" : "土井 隆義",
  "date" : "2005-08-08 13:18:59 UTC",
  "isbn" : "4000093339",
  "categories" : "本棚.orgを見て買ってしまった本"
},
{
  "comment" : "香山リカの発言は「で?」と言いたくなるものが多いのも事実だが、時々とても核心をついている気がする(そういうわけでSFマガジンの連載は結構マメにチェックしてしまう……)。<br>\nこの本も、短絡さが目立つところもあるが、主題は非常に興味深かった。<br>\n私はワールドカップが気持ち悪かった。もともとサッカーにはあまり興味がないのだが、口が割けてもそんなことを言えないムードがあった。オリンピックとはまた違う奇妙な高揚感に居心地の悪さを感じた。日の丸や君が代に関する最近の動向(特に都教委やスポーツ界)は、気持ち悪いを通り越して悲しくなってくる。愛国心と言う言葉に対してのアプローチ方法が、たった1つしか許されていない気がする。国への愛着の持ち方が人によって異なることが、どうしていけないことなのだろう。<br>\n社会情勢の切り口としては面白い本。まぁサイキンノワカモノとしては、ちょいと鼻につく記述もありましたがね。",
  "publisher" : "中央公論新社",
  "score" : "",
  "title" : "ぷちナショナリズム症候群―若者たちのニッポン主義 (中公新書ラクレ)",
  "authors" : "香山 リカ",
  "date" : "2005-06-12 17:03:48 UTC",
  "isbn" : "4121500628",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "いかにも新人賞の受賞作らしい、うまくまとまった作品だと思う。少し書き込み不足のところもあるが、勢いがあって一気に読める。フィリピンや香港など、アジアをうまく取り入れているのも新鮮。<br>\nバーチャル世界の設定が妙に安っぽいのは、そこはそれ、1997年に出版されたっちゅーことで。",
  "publisher" : "講談社",
  "score" : "",
  "title" : "電脳のイヴ (講談社X文庫―ホワイトハート)",
  "authors" : "町井 登志夫",
  "date" : "2005-06-10 06:44:41 UTC",
  "isbn" : "4062553007",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "『[[Leiko:4199050418]]』と対の本。対で読もうと思って購入したものの、特に好きな傾向の作者も作品もなく、私としては『[[Leiko:4199050418]]』の方が面白かった。まぁこのあたりは好みの問題だと思う。",
  "publisher" : "徳間書店",
  "score" : "",
  "title" : "NOVEL21 少年の時間―text.BLUE (徳間デュアル文庫)",
  "authors" : "",
  "date" : "2005-09-06 22:32:43 UTC",
  "isbn" : "4199050345",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "たぶん、微熱というコトバの、いちばんかっこいい使い方。",
  "publisher" : "新潮社",
  "score" : "",
  "title" : "微熱少年",
  "authors" : "松本 隆",
  "date" : "2005-06-11 06:46:18 UTC",
  "isbn" : "4103605014",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "本書の技を実践しようと思ったら、照明機材と三脚が必ずと言っていいほど必要です。逆に言えば、照明機材と三脚さえ用意すれば、廉価なデジタルカメラでもワンランク上の写真を撮ることができるようにまとめられています。<br>\nただ、照明の当て方については、もう少し突っ込んだ解説が欲しかったところ。",
  "publisher" : "翔泳社",
  "score" : "",
  "title" : "標準デジカメ撮影講座",
  "authors" : "久門 易",
  "date" : "2006-05-23 23:53:35 UTC",
  "isbn" : "4798104612",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "穴の空いてる本です♪",
  "publisher" : "青山出版社",
  "score" : "",
  "title" : "水玉の幻想",
  "authors" : "沼田 元気",
  "date" : "2005-09-06 22:48:22 UTC",
  "isbn" : "4899980280",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "人文系でもインテリでもないけれど、面白く読めた。<br>\n「経済」には元々興味を持っていたけれど「経済学」は全く知らなかったので、非常に刺激的だった。ケインズはどうしてえらい人なのか、マルクスのどこが良くなかったのか、そんな素朴な疑問を考えるきっかけになった本。<br>\nどうでもいいけど、シンジくんとミサトさんがカラカサとお味噌を作っているってのは、やはりツッコミポイントか。ここでスイカを栽培しているリョウジさんが交易に参加したら経済はどのように動くのか、是非とも稲葉氏に解説していただきたい(笑)。",
  "publisher" : "東洋経済新報社",
  "score" : "",
  "title" : "経済学という教養",
  "authors" : "稲葉 振一郎",
  "date" : "2005-06-13 13:59:06 UTC",
  "isbn" : "4492394230",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "彼女の年齢を追い越してからこの本を読んだことだけが悔やまれる。",
  "publisher" : "新潮社",
  "score" : "",
  "title" : "二十歳の原点 (新潮文庫)",
  "authors" : "高野 悦子",
  "date" : "2005-06-10 06:43:18 UTC",
  "isbn" : "4101183015",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "「メディアデザイン演習」のティーチングアシスタントのため、Flash修行中。めざせアクションスクリプター。",
  "publisher" : "技術評論社",
  "score" : "",
  "title" : "速習Webテクニック FLASH8 ActionScript 実例サンプル47 (Quick master of web technique)",
  "authors" : "狩野 祐東",
  "date" : "2006-11-15 06:16:30 UTC",
  "isbn" : "4774126403",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "第二外国語で学んだフランス語の教科書。<br>\nフランス語とドイツ語と英会話(通常の英語の授業とは別)の3つから選べたのだけれど、とりあえす英会話を脳内却下したあと、仏語と独語で悩む=頭の中で澁澤龍彦と種村季弘がせめぎあう(笑)→中高生の時に影響を受けまくった澁澤に軍配が上がる(笑)という経緯で履修。<br>\n1年間のみの履修だったので、今となってはほとんど覚えていない。挨拶や自己紹介と、いくつか簡単な例文が記憶に引っ掛かっているだけ。でも、一つだけとても印象深いことがある。最後の授業で、それまで明るく楽しい授業をして下さっていた先生が急に真面目な顔になって、哲学について語り始めたこと。その時教えていただいた「Je pense donc je suis」という一文は、たぶん一生忘れないフランス語だと思う。<br>\nそうそう、男子はもれなくムッシュー・女子はもれなくマドモアゼルと呼ばれるのが、とてもくすぐったいけど高貴な気分になれる授業だったなぁ。",
  "publisher" : "駿河台出版社",
  "score" : "",
  "title" : "東京-パリ初飛行 新",
  "authors" : "",
  "date" : "2005-06-10 09:19:02 UTC",
  "isbn" : "4411010801",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "横山キャラクターの基本(ばけもん周辺、マッドサイエンティスト、うだつの上がらんヒーロー)を網羅。[[http:\/\/www.hondana.org\/Leiko\/415208135X.html ルンナ姫]]にも引き継がれているススム君も登場。",
  "publisher" : "早川書房",
  "score" : "",
  "title" : "マンスリー・プラネット (ハヤカワ文庫 JA (650))",
  "authors" : "横山 えいじ",
  "date" : "2006-05-08 21:23:42 UTC",
  "isbn" : "4150306508",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "下手な抄訳本を読むくらいならこの漫画を読みなさい。少女漫画な絵柄に臆している方は損をしています。<br>\n作者が本当によく勉強しながら描いている漫画だと思います。漫画向けにアレンジされている部分でも、無理や違和感を感じません。原作の小さなエピソードも略されず描かれていることが多く、思わずにやりとさせてくれます。<br>\n現在、文庫化されたものが刊行されている模様。書き下ろし漫画も収録されているようなので、入手しようかと画策中。",
  "publisher" : "角川書店",
  "score" : "",
  "title" : "八犬伝 (1) (ニュータイプ100%コミックス)",
  "authors" : "碧也 ぴんく",
  "date" : "2005-06-12 17:05:34 UTC",
  "isbn" : "4048522892",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "現代書館",
  "score" : "",
  "title" : "外国語の水曜日―学習法としての言語学入門",
  "authors" : "黒田 龍之助",
  "date" : "2007-08-20 02:37:52 UTC",
  "isbn" : "4768467849",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "私が男なら絶対に、最後まで読まずして旅立っていたであろう。バックパックにこの本を放り込んで、飯も宿も行き当たりばったりの旅へ。\n<br>\n最後の最後(文庫版では第6巻)は、あっけないどんでん返し。それくらい先に気付けよというか、筆者の行き当たりばったり具合がよく表れているというか。しかし、こんな旅の幕切れはこれくらいあっけなくて丁度良かったのかもしれないね。",
  "publisher" : "新潮社",
  "score" : "",
  "title" : "深夜特急〈1〉香港・マカオ (新潮文庫)",
  "authors" : "沢木 耕太郎",
  "date" : "2006-05-18 09:52:53 UTC",
  "isbn" : "4101235058",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "本当は昔図書館で読んだ『オタカラウォーズ』の方が私好みなんですが、持ってないので。<br>\nこの『バイバイスクール』も、最初は図書館でハードカバーで読みました。私が持っているのは青い鳥文庫版。",
  "publisher" : "講談社",
  "score" : "",
  "title" : "バイバイ スクール 学校の七不思議事件 (講談社青い鳥文庫)",
  "authors" : "はやみね かおる",
  "date" : "2006-07-14 18:56:32 UTC",
  "isbn" : "4061484400",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "中学まではそこそこ数学の好きな生徒だったのだが、高校に入って何故か大の苦手教科になってしまった(理由不明。自分でも落ち込む成績の撃沈ぶりであった)。進路決定の際には気が狂って理転するも、大学に入ってもやはり苦手のまんま(いや、むしろ苦手っぷりに拍車がかかっている)。<br>\nでも、数学という学問そのものは嫌いじゃない。むしろ好きかも。<br>\n小学生のとき、教育テレビの秋山仁の夏休み番組(中島啓江がアシスタントだった年)で見た[[http:\/\/homepage1.nifty.com\/toretate\/takada01.html 高田の定理]]の美しさが忘れられなかったり、大学の線形代数で教わった、行列を用いた加法定理の証明方法に感動したり。そういう気持ちは忘れていない(はず)。エレガントな解答を考えるどころか、エレガントを投げ捨ててなりふり構わず解くことさえできないレベルでも、エレガントな解答に感じ入ることができる時もある。問題自体のエレガントさにびっくりすることもある。<br>\n考えればもっともっと楽しいのだろうが、見ているだけでも結構楽しい本。問題編と解答編が分かれて掲載されているので、考えて楽しみたい人は30ページ以降を封印しましょう。",
  "publisher" : "日本評論社",
  "score" : "",
  "title" : "エレガントな解答をもとむ selections",
  "authors" : "",
  "date" : "2005-06-12 17:06:07 UTC",
  "isbn" : "4535783292",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "梶尾真治のお家芸、タイムトラベルラブロマンスの短編集。SFでしか書けない至高の物語です。<br>\n現在は、さらに1編を加えた増補版が出版されています。",
  "publisher" : "朝日ソノラマ",
  "score" : "",
  "title" : "クロノス・ジョウンターの伝説 (ソノラマ文庫ネクスト)",
  "authors" : "梶尾 真治",
  "date" : "2005-08-04 08:30:49 UTC",
  "isbn" : "4257173416",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "当時の雑誌に取り上げられた様子も掲載されているのだが、フォークリポートで特集されたことが載ってないのは何故だろ。やっぱりどうしても風街以後の話になっちゃいがちなのね。",
  "publisher" : "シンコーミュージック",
  "score" : "",
  "title" : "ムック はっぴいえんどBOOK (シンコー・ミュージック・ムック)",
  "authors" : "木村ユタカ",
  "date" : "2005-06-12 17:06:53 UTC",
  "isbn" : "4401618610",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "うーん……私にはイマイチだった。同時購入した『[[Leiko:4484032058]]』の方がずっと面白かったなぁ。<br>\nまぁイマイチだった根拠は、文体が苦手とか、構成が気に食わんとか、そもそもおち氏の企画した事例が私の感性にヒットしなかったとかいう理由なので、そのあたりをクリアできれば面白く読めるのではないかという気もしますが。",
  "publisher" : "NHK出版",
  "score" : "",
  "title" : "企画の教科書 おちまさとプロデュース",
  "authors" : "",
  "date" : "2005-08-04 08:29:28 UTC",
  "isbn" : "4140807822",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "現実を見据えるという能力に、非常に長けた著者である。この本は一貫して「プロ」であり「仕事」であるからこその視点から書かれている。この著者の経験のもとでないと書けないものだと思う。<br>\n評判もよく、なかなか売れているようだ。もっと売れてほしい本である。いや、売れるだけじゃダメで、もっともっと幅広く読まれてほしい。",
  "publisher" : "講談社",
  "score" : "",
  "title" : "武装解除  -紛争屋が見た世界 (講談社現代新書)",
  "authors" : "伊勢崎 賢治",
  "date" : "2006-06-08 00:41:34 UTC",
  "isbn" : "4061497677",
  "categories" : "本棚.orgを見て買ってしまった本"
},
{
  "comment" : "類書は色々あるし、どのような本が必要かは人によって異なるだろう。だが、この本のタイトルの「いちばんわかりやすい」というのは、単なる惹句ではないと思う。確かに分かりやすい。説明も丁寧だし、図解と写真が使い分けられているのも良い。<br>\n縫う作業だけでなく、地直しや補正のやりかたにも触れられている。",
  "publisher" : "成美堂出版",
  "score" : "",
  "title" : "いちばんわかりやすいソーイングの基礎BOOK",
  "authors" : "栗田 佐穂子",
  "date" : "2007-01-29 02:13:17 UTC",
  "isbn" : "4415025064",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "「オヤジ」から「ヤング」に向けた提言のようなモノという体裁なのだが、こんなものを読んで「へぇ〜」なんて納得してる「ヤング」がいたら気持ち悪くってしょうがねぇや。<br>\nユル〜い生き方になりたくてなれない「ヤング以上オヤジ未満」が気の向くままにパラリとページをめくったならば、明日もうっとりしながら暮らせるヒントになるかもしれません。",
  "publisher" : "理論社",
  "score" : "",
  "title" : "オヤジ国憲法でいこう! (よりみちパン!セ)",
  "authors" : "しりあがり 寿, 祖父江 慎",
  "date" : "2006-03-11 23:39:35 UTC",
  "isbn" : "4652078137",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "ベンツなんて金持ちorヤのつく人の車だよね、あんな高級車に縁はないわ。多少なりとも抱いていたそんな偏見が、この本で払拭された。<br>\n安全性や環境重視の姿勢は、さすが欧州だと思わせる。単行本が刊行されてから既に10年が経過しているため、データも古くなっているし、今では常識のことが華々しく書き立てられているのかもしれないが、10年前にこれだけの姿勢を確立していたという事実にはひたすら驚きである。高級車がなぜ高級なのか、ブランドや見映えだけでない答えを知ることができて面白い。<br>\nところで、そんな私のお気に入りベンツは、たまに見かける大型トラック。ひときわ大きなスリーポインテッドスターが神々しく輝き、無条件にかっこいい。",
  "publisher" : "日本経済新聞社",
  "score" : "",
  "title" : "メルセデス・ベンツに乗るということ (日経ビジネス人文庫)",
  "authors" : "学 赤池, 年展 金谷",
  "date" : "2005-08-04 12:31:42 UTC",
  "isbn" : "4532190266",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "ゼミで使っている本。基本的な多変量解析の手法について、それを導く手順・考え方が、丁寧に説明されています。質的・量的、外的基準の有無など、どのようなデータにもひととおり、これ1冊で対応できます。<br>\n「パソコンで学ぶ」と冠されていますが、この本で手法を学ぶ段階ではコンピュータは無くてもOK(ゼミでもオール手書きで勉強しました)。ただ、実際に解析をおこなう時は人手じゃできないような計算ばかりなので(何十個・何百個も数字の並ぶ行列なんか手計算でできるかー!)当然コンピュータ必須。",
  "publisher" : "筑波出版会",
  "score" : "",
  "title" : "パソコンで学ぶ多変量解析の考え方",
  "authors" : "井上 勝雄",
  "date" : "2005-06-12 17:08:29 UTC",
  "isbn" : "4924753319",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "授業「システムプログラム」の教科書だった。この本も分かりやすかったし、授業も面白かった。",
  "publisher" : "サイエンス社",
  "score" : "",
  "title" : "オペレーティングシステムの基礎 (ライブラリ新情報工学の基礎 (5))",
  "authors" : "大久保 英嗣",
  "date" : "2005-06-12 17:08:05 UTC",
  "isbn" : "4781908608",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "ご存命にして、日本SF界の最長老。初めて「電脳」という言葉を使った方。この本は、その今日泊亜蘭の評伝。残念ながら一般に知られているとは言い難い作家であるゆえ、非常に意義のある本。<br>\nとにかく格好いい。そして天才だ。SF作家にして言語学者、とにかく一つ一つのエピソードが凄すぎる。こんな人は後にも先にもいないかもしれない。江戸っ子っぷりもこれまた素晴らしい。<br>\n問題は、この本で今日泊亜蘭に興味を持っても、今日泊作品が非常に入手困難だということ(とりあえず『光の塔』と『まぼろし綺譚』は購入可能のようです)。ソノラマから出ていたのも出せとまでは言いません、せめて早川から出ていたものだけでもひととおり[[http:\/\/www.fukkan.com\/group\/?no=2197 復刊]]を……。",
  "publisher" : "青蛙房",
  "score" : "",
  "title" : "評伝・SFの先駆者今日泊亜蘭―“韜晦して現さず”の生涯",
  "authors" : "峯島 正行",
  "date" : "2005-06-12 17:12:23 UTC",
  "isbn" : "4790503763",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "疾走する先走り少年! 無駄に男前な若旦那! 巨大化する藁人形! 舶来陰陽師は鳥居を消し、開かずの間の主はカップ麺を食うか!?!?<br>\n前作『[[Leiko:4198301778]]』に比べると冗長だが、充分楽しめる。しかしA子のボケっぷりが足りないのはちょいと残念。",
  "publisher" : "角川書店",
  "score" : "",
  "title" : "新・土曜ワイド殺人事件―京都藁人形殺人事件 (ドラゴンコミックス)",
  "authors" : "とり みき, ゆうき まさみ",
  "date" : "2006-03-16 15:12:37 UTC",
  "isbn" : "4049262444",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "理論社",
  "score" : "",
  "title" : "世界を信じるためのメソッド―ぼくらの時代のメディア・リテラシー (よりみちパン!セ)",
  "authors" : "森 達也",
  "date" : "2007-12-28 16:30:20 UTC",
  "isbn" : "4652078218",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "アリスしか知らない人は損をしていると思う。でもディズニーやら何やらのアリスがアリスだと思っている人は、ここまでは手を出さないが吉。<br>\nナンセンスって、気持ちいいよ。",
  "publisher" : "筑摩書房",
  "score" : "",
  "title" : "シルヴィーとブルーノ (ちくま文庫)",
  "authors" : "ルイス・キャロル",
  "date" : "2005-08-04 12:33:15 UTC",
  "isbn" : "4480021396",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "100年前の人たちが想像した「2000年」の姿。<br>\nその懐かしい「未来」の世界に、今我々がいないということが、ちょっぴり淋しい。私の予定ではそろそろ車が空を飛んでいるはずだったのに、と感傷に浸りつつ、100年後の人たちに向けて我々はどのような夢を見るのだろうと、ふと思う。",
  "publisher" : "新潮社",
  "score" : "",
  "title" : "彼らが夢見た2000年",
  "authors" : "アンドリュー ワット, 長山 靖生",
  "date" : "2005-06-12 17:09:42 UTC",
  "isbn" : "4105391011",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "ワイヤーワークというとシンプルなものをよく見かけるが、この本に掲載されているものはどれも、ちょっとしたアクセントが効いている。あれこれと応用が利きそう。",
  "publisher" : "河出書房新社",
  "score" : "",
  "title" : "ビーズ&ワイヤースタイル ジュエリーからインテリア雑貨まで。作り方付き35作品",
  "authors" : "余合 ナオミ",
  "date" : "2006-05-23 23:46:00 UTC",
  "isbn" : "4309280439",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "ランダムウォークでこの本を見つけたのはほんの偶然で、購入したのも気紛れだった。鈴木いづみの名前くらいは知っていたが、それ以上の興味があったわけではない。<br>\n書かれた当初はSFだったんだろうが、今これが発表されるなら文芸誌だろうなという気がする。私にとってはひどく同時代性を感じさせられる小説群だが、私の時代感覚が狂っているせいか、鈴木いづみが帯のアオリどおり「現代を先取り」していたせいか、それは分からない。<br>\nこの世界、男性読者はどう読んでいるのか気になる。たぶん、女性とはとらえ方が違うのではないかなという気がする。勘だけど。",
  "publisher" : "文遊社",
  "score" : "",
  "title" : "鈴木いづみプレミアム・コレクション",
  "authors" : "鈴木 いづみ",
  "date" : "2007-05-29 05:24:33 UTC",
  "isbn" : "4892570486",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "いつか子供ができたなら、いちばん最初に触れさせてあげたいと思える絵本の一つ。",
  "publisher" : "童心社",
  "score" : "",
  "title" : "いないいないばあ (松谷みよ子あかちゃんの本)",
  "authors" : "松谷 みよ子",
  "date" : "2005-08-04 12:32:15 UTC",
  "isbn" : "4494001015",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "ホスピス「野の花診療所」で生きて死んだ人々のエピソードを積み重ねながら、死について考えていく本。<br>\nストーリー仕立てになっているのだが、特に物語調にしなくても良かったのではないかなぁ。著者のエッセイなどはもともととても読みやすいので、あらためて子供向けを意識した書き方でなくても良いと思う。",
  "publisher" : "理論社",
  "score" : "",
  "title" : "死ぬのは、こわい? (よりみちパン!セ)",
  "authors" : "徳永 進",
  "date" : "2006-03-13 00:26:55 UTC",
  "isbn" : "4652078196",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "早川書房",
  "score" : "",
  "title" : "カメレオンは大海を渡る―サイエンス・コラム110 (ハヤカワ文庫NF)",
  "authors" : "橋元 淳一郎",
  "date" : "2007-04-06 16:44:58 UTC",
  "isbn" : "4150502765",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "ロルカを知ったのは、星新一ショートショートコンテストの最優秀賞だった「海」という作品から。この詩集を買ったら「海」で引用されているのと同じ翻訳だったので嬉しかった。<br>\n作品中に出てくる色の扱いがとても印象的。真紅の塔、緑の鏡、黒い子馬……スペインならではの感性だと思う。情熱的な詩が多いが、その合間に見え隠れする感傷めいた描写の雰囲気も良い。<br>\nそういえば『[[http:\/\/www.hondana.org\/Leiko\/488625263X.html アンリ・ミショー詩集]]』と同じ訳者。本来は仏文畑の方のようです。",
  "publisher" : "土曜美術社出版販売",
  "score" : "",
  "title" : "ロルカ詩集 (世界現代詩文庫)",
  "authors" : "ガルシーア ロルカ",
  "date" : "2005-08-04 08:30:14 UTC",
  "isbn" : "4812006287",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "絵柄も内容もあまり私の好きなタイプの漫画ではないはずなのに、繊細かつ大胆なセリフまわし・描き込まれたコマの迫力に、とにかく圧倒されっぱなしでした。凄い漫画家だなぁ。早逝が惜しまれます。",
  "publisher" : "白泉社",
  "score" : "",
  "title" : "三原順傑作選 (’70s) (白泉社文庫)",
  "authors" : "三原 順",
  "date" : "2005-06-13 14:00:27 UTC",
  "isbn" : "4592883764",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "日本放送出版協会",
  "score" : "",
  "title" : "今日はこの米!―コシヒカリの子孫たち (生活人新書)",
  "authors" : "西島 豊造",
  "date" : "2007-02-12 00:39:41 UTC",
  "isbn" : "4140881712",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "『世界SF全集』の月報に掲載されたエッセイから抜粋編集されたもの(全105篇中、34篇を収録)。執筆者の半数近くが鬼籍に入っているという事実に、時代の流れを感じる。<br>\n世界SF全集は、高校生の時に県立図書館の片隅で読んだ。薄暗い書架、ほのかに黴くさいページ。月報は表紙の裏のところに留めてあった。<br>\n全集自体は古書店で見つかっても、月報まで揃えるのはやや難しいと思われる。このような企画本が実現したこと自体は素晴らしいが、どうせなら全部収録して欲しかった。また、当時の世相などを絡めた注釈なり解説なりがあれば、SF史の文献としても貴重なものになったのでは。",
  "publisher" : "早川書房",
  "score" : "",
  "title" : "日本SF・幼年期の終り―「世界SF全集」月報より",
  "authors" : "早川書房編集部",
  "date" : "2007-09-19 15:10:47 UTC",
  "isbn" : "4152088478",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "この本を読み終わったのは、シドニー五輪の開幕のちょっと前だった。たまたま家族がNHKを見ている横でこの本を読んでおり、感動のクライマックスに心が盛り上がっていたその時。NHKの五輪テーマソングが発表され、テレビから流れてきた……ZARDの「Get U're Dream」という曲。歌の概要は「君の瞳に星が輝いて、希望を抱いて遠くに行き、夢を叶える」というもの。驚いた。そのまんま『星虫』のテーマソングと言ってもおかしくなかったから。<br>\nというシンクロニティを体験して以来、この本を再読するたびに「Get U're Dream」が頭に流れるようになってしまった。",
  "publisher" : "朝日ソノラマ",
  "score" : "",
  "title" : "星虫 (ソノラマ文庫)",
  "authors" : "岩本 隆雄",
  "date" : "2005-08-04 05:30:26 UTC",
  "isbn" : "4257769076",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "集英社",
  "score" : "",
  "title" : "時間はどこで生まれるのか (集英社新書)",
  "authors" : "橋元 淳一郎",
  "date" : "2007-02-24 16:02:08 UTC",
  "isbn" : "4087203735",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "また美少年か!また天才か!<br>\n他にも「またか!」「またか!」という展開ばかり。でもやっぱり巧いなぁ、しっかり読ませる構成はさすが。ただ、全巻読み終えて思ったのだが、もうちょっと長くても良かったかもしれない。話を引っ張るということではなくて、密度という点で。<br>\n『イヴの眠り』というのが続編らしいのだが、評判を聞く限りではいまいちそそられないので、読んでいない。",
  "publisher" : "小学館",
  "score" : "",
  "title" : "YASHA (1) (小学館文庫)",
  "authors" : "吉田 秋生",
  "date" : "2007-01-29 02:36:59 UTC",
  "isbn" : "4091917011",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "「メディアデザイン演習」のティーチングアシスタントのため、Flash修行中。",
  "publisher" : "技術評論社",
  "score" : "",
  "title" : "速習Webデザイン FLASH 8 (速習Webデザインシリーズ)",
  "authors" : "境 祐司",
  "date" : "2006-11-15 06:13:25 UTC",
  "isbn" : "4774126470",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "やなぎみわのインタビュー目当てで購入。心斎橋ランダムウォークにて。",
  "publisher" : "ステュディオ・パラボリカ",
  "score" : "",
  "title" : "yaso―特集+ドール",
  "authors" : "",
  "date" : "2007-05-28 00:31:04 UTC",
  "isbn" : "4990086880",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "恐竜ガリレオ少年の物語。大好きな大好きな作品。<br>\n手に汗握ります。興奮します。わくわくします。途中で「アフサン〜〜〜〜(涙)」と叫びたくなるシーンがいくつかあります(実際叫んでしまった)。ラストは泣きます。そして、読み終えて数日間は「ハハット・ダン」なんて口走ってしまうくらい洗脳されます。<br>\nあまりに気に入ったので布教しようと人に貸したら、コーヒーこぼされて返ってきました。嗚呼かわいそうなアフサン。ちなみにコーヒーこぼされた本は、別の人に貸しました。そしたら戻ってきませんでした。嗚呼かわいがってもらえていれば良いのだが。そういうわけで、我が家にあるのは2冊目なのです。<br>\nしかし、このシリーズの続編はいつ邦訳されるんだぁ〜〜。邦訳刊行を待つより、原書を読む根性を身に付けた方が早いかも……とさえ思えてしまうぞ。他のソウヤーの作品は次々に邦訳されているのに。アフサンも、評判がいいから再版されたはずなのに。ハッ、もしかして、マニア受けはするが一般に売れてないから続編が出せないとか?(そうでないことを祈る)\n",
  "publisher" : "早川書房",
  "score" : "",
  "title" : "占星師アフサンの遠見鏡 (ハヤカワ文庫SF)",
  "authors" : "ロバート・J. ソウヤー",
  "date" : "2005-06-09 21:20:08 UTC",
  "isbn" : "4150110530",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "何度読んでも面白い。ただでさえ普段からギャグのテンションが高いとり氏とゆうき氏、二人揃ってパワーアップしすぎ(笑)。細かいネタも山のように仕込まれているので、コマの隅まで舐めるように読むと、毎回必ず新たな発見がある。",
  "publisher" : "徳間書店",
  "score" : "",
  "title" : "土曜ワイド殺人事件 (少年キャプテンコミックススペシャル)",
  "authors" : "とり みき, ゆうき まさみ",
  "date" : "2005-08-04 12:41:00 UTC",
  "isbn" : "4198301778",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "『[[Leiko:4845610140]]』の方が知られているようだが、私にはこちらの方が良かった。それっぽいコード進行のやり方が、ちょっとだけ分かるようになった。<br>\nコードの押さえ方を延々練習するようなものは少なく、4小節程度でも曲っぽく仕上がっているものが多い。いくつか組み合わせるだけでアドリブ曲が仕上がりそうなほどなので、CDのサンプル音源を聴くだけでも楽しい。また、ピアノの音だけではなくドラムが入っているため、リズムが取りやすいのも良い。",
  "publisher" : "自由現代社",
  "score" : "",
  "title" : "CD付 コードから始めるジャズピアノ入門 菊地雅臣編著",
  "authors" : "",
  "date" : "2007-01-31 22:08:52 UTC",
  "isbn" : "4798213446",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "異形コレクションシリーズ。1冊1テーマで、毎回2,30人の作家が競作する、ホラー短編コレクション。<br>\n収録作家に惹かれて1冊、古本屋で見かけて何となくまた1冊、なんてことを繰り返し、全部ではないけれど結構な冊数を持っている気が。読んだことのある中で一番好きな巻は、9巻目の『グランドホテル』です。",
  "publisher" : "廣済堂出版",
  "score" : "",
  "title" : "ラヴ・フリーク (広済堂文庫―異形コレクション)",
  "authors" : "井上 雅彦",
  "date" : "2005-08-04 12:32:46 UTC",
  "isbn" : "4331606295",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "佐久間公復活!とか言って騒ぐのがセオリーらしいが、若い頃の佐久間公を知らないので何とも言えない。私の場合、外身も中身も若い男より、いい感じに年を食っている男の方がポイントが高いので、若い頃を冷静に振り返る佐久間公というあたりがなかなかツボ。<br>\n家出少女かセイルオフか、どちらかに焦点を絞った方が良かったのではないかという気もするが、全体的にはまぁまとまっている。本の厚さのわりにサラッと読めるのではないだろうか。",
  "publisher" : "講談社",
  "score" : "",
  "title" : "雪蛍 (講談社ノベルス)",
  "authors" : "大沢 在昌",
  "date" : "2005-08-04 05:29:48 UTC",
  "isbn" : "4061820087",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "あの姉弟が出てきますし、あの人が旅行代理店をやったりなんかもしているのですが、あの世界の手触りとは違った感触の物語です。<br>\n主人公に魅力を感じられず、他の登場人物も特に強烈なわけでもなく、正直に言えば少々退屈な本でした。タイトルになっているにも関わらず、りんご畑も特別列車もいまいち印象に残らないのも残念(『霧のむこうのふしぎな町』におけるピエロの傘の存在と比較するまでもなく……)。",
  "publisher" : "講談社",
  "score" : "",
  "title" : "りんご畑の特別列車 (講談社青い鳥文庫)",
  "authors" : "柏葉 幸子",
  "date" : "2006-05-08 21:38:32 UTC",
  "isbn" : "4061485040",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "SFかと思って読んだら全然SFじゃなかったので拍子抜け。<br>\n出てくる人たちがあまりにいい人ばかり。ラストもあっさり。うーむ、こんな展開なら、頑張って逃げなくっても良かったんじゃない?<br>\n半村良は謎めいたべっぴんさんが好きだということを改めて再確認しました(苦笑)。",
  "publisher" : "角川春樹事務所",
  "score" : "",
  "title" : "魔女伝説 (ハルキ文庫)",
  "authors" : "半村 良",
  "date" : "2006-03-30 16:06:58 UTC",
  "isbn" : "4894564181",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "興味深い内容だがなかなか難しい。腰を据えて読書中。",
  "publisher" : "平凡社",
  "score" : "",
  "title" : "日本の音―世界のなかの日本音楽 (平凡社ライブラリー)",
  "authors" : "小泉 文夫",
  "date" : "2007-08-19 21:39:35 UTC",
  "isbn" : "4582760716",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "十二国記よりこちらの方が面白いし完成度も高いと勝手に思い込んでいます。このシリーズをきっかけとして小野作品を色々読みましたが、このシリーズが一番凄いと思うし一番好き。シリーズ全編を通しての謎解き・キャラクター造形には圧倒されます。<br>\nティーンズハート最終巻となる[[http:\/\/www.amazon.co.jp\/exec\/obidos\/ASIN\/406198697X\/ 『悪霊だってヘイキ! (下)』]]に添えられている参考文献リストも興味深いです。<br>\n本棚登録するにあたって初めてAmazon該当ページを見たのですが、ユーズド価格の高騰ぶりにびっくり……。",
  "publisher" : "講談社",
  "score" : "",
  "title" : "悪霊がいっぱい!? (講談社X文庫―ティーンズハート)",
  "authors" : "小野 不由美",
  "date" : "2005-08-04 05:29:11 UTC",
  "isbn" : "406190311X",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "[[http:\/\/www.asahi-net.or.jp\/~aq4j-hsn\/diva.html DiVa]](ご子息である谷川賢作さん率いるバンド)のコンサートに行ったとき購入。サイン入り。<br>\nこのコンサート、俊太郎氏がゲストで出るというので「詩をいくつか読むくらいかな」と思っていたら、途中で出てきて以来そのままずーっとステージに出ずっぱりで、息子とその仲間を完全に食ってしまっていた。あれはDiVaじゃなくて、谷川俊太郎と愉快なバックバンドの間違いだったんじゃなかろうか。恐るべし谷川俊太郎(笑)。",
  "publisher" : "青土社",
  "score" : "",
  "title" : "よしなしうた",
  "authors" : "谷川 俊太郎",
  "date" : "2005-06-12 17:10:41 UTC",
  "isbn" : "4791751299",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "特集:島うた。<br>\n奄美島唄にも触れられていて興味深い。",
  "publisher" : "青土社",
  "score" : "",
  "title" : "ユリイカ2002年8月号 特集=島うた",
  "authors" : "",
  "date" : "2005-08-07 04:44:24 UTC",
  "isbn" : "4791700929",
  "categories" : "雑誌やムックみたいなもの"
},
{
  "comment" : "日本の「もの作り」についての新聞連載をまとめた本。元が新聞連載なので、一つ一つの会社についての話は短くまとめられているのですが、取り上げられているトピックの量が多いので、内容が薄いとは感じません。現場の話を直に聞いているという点では、なかなか読みがいがあります。",
  "publisher" : "日本経済新聞社",
  "score" : "",
  "title" : "技人(わざびと)ニッポン―もの作りは「元気」も創る (日経ビジネス人文庫)",
  "authors" : "",
  "date" : "2005-08-05 08:47:28 UTC",
  "isbn" : "4532190673",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "ゼミ内のPerl勉強会のテキストに使う予定。だったのだが、結局勉強会はお流れに。<br>\n説明も構成も分かりやすく、入門書としてはかなりの良書(9日目と10日目の内容はいらないかなという気もするが)。後輩や同級生に長いこと貸しっぱなしだったが、最近は自分でよく使っている。",
  "publisher" : "翔泳社",
  "score" : "",
  "title" : "10日でおぼえる Perl\/CGI 入門教室 第2版 (10日でおぼえるシリーズ)",
  "authors" : "高橋 大吾",
  "date" : "2007-08-19 22:40:50 UTC",
  "isbn" : "4798109703",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "水彩画を書こうと思って買ったまま放置してしまっている水貼りテープが、これで消費できる、かもしれない。",
  "publisher" : "文化出版局",
  "score" : "",
  "title" : "暮らしの中の布箱づくり―広岡ちはるのカルトナージュ",
  "authors" : "広岡 ちはる",
  "date" : "2006-06-08 00:22:54 UTC",
  "isbn" : "4579208684",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "宮崎さん、楽しそうですねぇ。私もこんなの大好きです。もはや大物になりすぎて、こんな素敵な雑想を繰り広げることもなかなか難しくなっていらっしゃるかもしれませんが、また飛行艇乗りのお話を聞かせていただきたいものです。<br>\nスタジオジブリの映画で何が好き、と聞かれて迷わず「豚!豚!紅の豚!」と叫んでしまう人は必読。<br>\nいやはや、勢い余ってAFVなんか作りたくなる本ですなぁ(しかしAFVは塗装が面倒でねぇ……納得いくまでドライブラシする気力と体力を蓄えてからでないと)。",
  "publisher" : "大日本絵画",
  "score" : "",
  "title" : "宮崎駿の雑想ノート",
  "authors" : "宮崎 駿",
  "date" : "2005-08-23 04:23:39 UTC",
  "isbn" : "4499226775",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "SFマガジンが誇る息抜き漫画。第38回日本SF大会「やねこん」星雲賞コミック部門受賞作。<br>\nギャグ短編でありながら、登場人物のキャラクターの立ちっぷりが素晴らしい。そしてさすが[[http:\/\/www004.upp.so-net.ne.jp\/anny\/planet9.htm ばけもん周辺専門]]の絵師、よく分からん宇宙人を描かせたら宇宙一←褒め言葉。",
  "publisher" : "早川書房",
  "score" : "",
  "title" : "ルンナ姫放浪記",
  "authors" : "横山 えいじ",
  "date" : "2005-06-12 17:11:14 UTC",
  "isbn" : "415208135X",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "手持ちの実物のISBNは「4-88625-167-6」なのですが、このコードでは該当商品が見つからないので、違うコードだけど同じ本ということで。なぜか『世界現代詩文庫 2 (2)』というタイトルになってしまうのですが(まぁたしかに世界現代詩文庫の2巻目なので間違いではない)、手持ちの実物の表紙にでかでか書かれているタイトルは、どう見ても『アンリ・ミショー詩集』です。<br>\n「トンネルの中の歩み」や「突堤」あたりが好き。\n",
  "publisher" : "土曜美術社出版販売",
  "score" : "",
  "title" : "世界現代詩文庫 2",
  "authors" : "アンリ・ミショー",
  "date" : "2005-06-10 06:39:31 UTC",
  "isbn" : "488625263X",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "きっかけ本としてはいいんじゃないかな。ドイリーだけではなく小物などの編み図もあり、バラエティに富んでいる。デザインが少々野暮ったいものが多い気がするが、実際に編んでみたら意外に良かったものもあり、難しいところ。<br>\n大きめのも含めて結構編んだが、それほど凝った作品も掲載されていないため、だんだん物足りなくなってきた。というわけで『[[Leiko:4529043525]]』に移行中。",
  "publisher" : "ブティック社",
  "score" : "",
  "title" : "30グラム以内でできるレース編み (プチブティックシリーズ (No.369))",
  "authors" : "",
  "date" : "2007-05-29 13:31:07 UTC",
  "isbn" : "4834763692",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "カーニバルの空気に包まれた幻想。一気読みしてしまった。好き嫌いの分かれる作品だろうが、私にとっては忘れられない小説の一つ。",
  "publisher" : "早川書房",
  "score" : "",
  "title" : "夢みる宝石 (ハヤカワ文庫 SF 365)",
  "authors" : "シオドア・スタージョン",
  "date" : "2005-06-15 00:03:23 UTC",
  "isbn" : "4150103658",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "大津センセの名を知ったのは、その昔、NHKのラジオ英語講座のテキストの巻末にあった連載から。英語のテキストだというのに英語の話はほとんどなくて、日本語の文法の話がえんえん続くという異様な連載だったので、今でも強烈に覚えている。連載の中心となっていたのが「連濁」に関する話題で、おかげで私は今でも「なわばしご」という単語に妙に反応してしまうわけだ。<br>\nこの本は、英語の学習者が疑問に思いそうなこと、あるいは見過ごしていそうなことがQとして提起され、それに対するAが例文を交えて解説される形式。それぞれのトピックは短いが、分量以上にためになる。例文にはほとんど訳がつけられていないが、一瞥して意味を取れるような単純な文がほとんどなので、身構えずに読めるのが嬉しい。<br>\n帯には中高生に向けた惹句があるが、副題の「恥ずかしくてずっと聞けなかったこと」からしても、中高生というよりは、ある程度の英語学習経験があり“ちょっとした疑問”が積み重なったような人の方が面白く読めると思う。タイムマシンとカメラで時制を説明する下りなど、実に鮮やか。<br>\nなお、上記の英語講座の連載エッセイは『探検!ことばの世界』(ひつじ書房)にまとめられているらしい。",
  "publisher" : "日本放送出版協会",
  "score" : "",
  "title" : "英文法の疑問―恥ずかしくてずっと聞けなかったこと (生活人新書)",
  "authors" : "大津 由紀雄",
  "date" : "2007-02-01 06:32:46 UTC",
  "isbn" : "4140881194",
  "categories" : "本棚.orgを見て買ってしまった本"
},
{
  "comment" : "塗料の乗せ方が気になるものもありますので、少し工夫が必要ですね。油性マーカーでぐりぐり塗るだけでは、子供のおもちゃに見えてしまいます。<br>\n卵パックの花もとても綺麗ですが、ストローで作る海老が特に素敵。",
  "publisher" : "日本ヴォーグ社",
  "score" : "",
  "title" : "キッチンから生まれたプラスチックの宝もの (Heart warming life series)",
  "authors" : "当銀 美奈子",
  "date" : "2007-07-10 18:03:45 UTC",
  "isbn" : "4529038262",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "この詩集からは、古い港町の気配が感じられることがある。そこには、ちょっとツンとした少女に恋をした感受性の高い少年が住んでいて、拾った猫の世話をしている。町の広場では、遠いところから来た得体の知れないサーカス団が、今夜も公演を打っている。こどもたちは無邪気な顔で残酷な歌を歌う。演劇や小説にも才能を発揮した作者だからか、一つの世界のあれこれを切り取ってそれぞれを詩にしたような、そんな雰囲気だ。<br>\nどうしてか、勝手に曲が浮かんで歌ってしまう詩がいくつかある。特に「ぼくの作ったマザーグース」や「悪魔の動揺」の中には、個人的な定番メロディがついてしまっているものがちらほら……(音楽は素人なのでただの自己満足)。<br>\nAmazonに画像がないのが残念だが、表紙の林静一の絵がこれまた素晴らしい。と思っていたのだが、新装版が発刊され、鈴木成一デザイン室による外国人の着物姿のお姉さんがあしらわれたものに変わってしまった。うむむ。",
  "publisher" : "角川書店",
  "score" : "",
  "title" : "寺山修司少女詩集 (角川文庫)",
  "authors" : "寺山 修司",
  "date" : "2005-06-15 00:12:45 UTC",
  "isbn" : "4041315174",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "星虫三部作のラスト。<br>\n岩本隆雄が凄いなと思うのは、話の広がり方が半端じゃなく深く高いということ。深い話を書く作家はたくさんいるけど、高い話ってのはなかなか貴重かもしれませぬぞ。<br>\nそうそう、実はね、新潮文庫版も持ってるんですよ。でね、このソノラマ版とイラストを見比べてみると、何とも言えない気分におそわれるんですよ。正直、新潮版の山田ミネコの年輝は……………(以下、長い沈黙)。",
  "publisher" : "朝日ソノラマ",
  "score" : "",
  "title" : "イーシャの舟 (ソノラマ文庫)",
  "authors" : "岩本 隆雄",
  "date" : "2005-06-15 00:06:00 UTC",
  "isbn" : "425776919X",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "高校1年生の終わりだか2年生の始め頃まで、自分は外国語大学のアラビア語学科に進学するんだと信じていた。どうしてアラビア語なのかというと、ジクリト・ホイク『砂漠の宝』を読んで、マグリブに憧れたから。実際はトチ狂って理転してしまったのだが、別にアラビア語をあきらめたわけではない。語学とデザインとを比べると、語学は独学可能だがデザインは無理ではないかと思ったからだ。私は、アラビア語がペラペラになりたいわけでも、コーランを読破したいわけでもないのだから。<br>\nそういうわけで、この本を買ったり、NHKのアラビア語講座をたま〜に聞いたり、カメよりもカタツムリよりも盆正月の渋滞よりもノロノロなペースでかじっておりますアラビア語。と言っても、挨拶すら覚束ないヘタレっぷり。アラビア文字もマトモに書けない現状なので、いじめないで下さい(笑)。<br>\n肝心の本の内容についてですが、英語でいうなら中学校前半程度かな。単語がとてもたくさん並んでいるので、見ているだけでも面白いです(並び順はバラバラなので辞書や単語帳の代わりにはならないと思う)。装丁がお洒落なので、気負わずに手に取れるのもポイント。<br>\nどうやら[[http:\/\/www.amazon.co.jp\/exec\/obidos\/ASIN\/4560005362\/ 改訂版]]も出ているようです。",
  "publisher" : "白水社",
  "score" : "",
  "title" : "アラビア語の入門 (<CD+テキスト>)",
  "authors" : "本田 孝一",
  "date" : "2005-08-05 08:46:52 UTC",
  "isbn" : "4560005621",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "柄編みを取り込んだ製図ができるような腕などあるわけがなく、馬鹿の一つ覚えのようにひたすらパターンをつなげてショールを編むくらいしかできません。しかしながら、そのままでも見栄えのいいデザインが多いため、それなりのものに仕上がります。いや、仕上がっていると思います。いやいや、仕上がっていると思いたい。",
  "publisher" : "日本ヴォーグ社",
  "score" : "",
  "title" : "かぎ針編みパターンブック300",
  "authors" : "",
  "date" : "2007-02-21 16:03:43 UTC",
  "isbn" : "4529041751",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "陽気な不条理ファンタジー。最近、福音館文庫から復刊されたようです。<br>\nある日突然街から花が消えた。さくらちゃんの誕生祝いのために花を探す少年トンカチは、犬のサヨナラとはぐれてしまう。サヨナラを追って森の向こうに迷い込んだトンカチが出会ったのは、花を集めるくしゃみの将軍をはじめとする、あねもね館の住人たち。<br>\nこれでもかこれでもかとナンセンスな世界が繰り広げられていきます。ですます調で綴られる独特の文体も好き。<br>\n夫婦共作の本なのだけれど、このご夫婦が離婚なさっていたと知ったときはショックだったなぁ……。",
  "publisher" : "講談社",
  "score" : "",
  "title" : "トンカチと花将軍 (講談社文庫)",
  "authors" : "舟崎 克彦, 舟崎 靖子",
  "date" : "2005-08-04 05:31:14 UTC",
  "isbn" : "4061838032",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "本当は福音館書店の「あやとりいととり」シリーズが欲しかったのだが、書店に見当たらなかった+取り寄せている暇はなかったので、とりあえず並んでいる本を比較して選んだのがこれ。<br>\n昔はすいすいできたはずなのだが、今となっては……精進精進。",
  "publisher" : "主婦と生活社",
  "score" : "",
  "title" : "たのしいあやとり全集―長短2本のひも付きで今すぐに遊べる!",
  "authors" : "",
  "date" : "2006-05-24 03:59:19 UTC",
  "isbn" : "4391124785",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "世界遺産の影響で熊野古道と高野山ばかりクローズアップされている今日この頃ですが、とりあえずそこのアナタ、この本をめくってみませんか。あ、ついでにBGMは[[http:\/\/www.first-take.co.jp\/takeoff\/index_yhoo.htm 「Yhoo! You're! Yhoo!」]]でよろしく。<br>\nどうにも垢抜けないユル〜い空気のただようファンキーでディープな和歌山という国が、一流のクリエーターによってギュッと濃縮された一冊です。元は、東京で繰り広げられた和歌山県観光キャンペーンで用いられたビジュアルなので、広告作品集としても秀逸。",
  "publisher" : "リトルモア",
  "score" : "",
  "title" : "紀ノ国屋本左衛門",
  "authors" : "藤井 保",
  "date" : "2006-07-21 15:20:15 UTC",
  "isbn" : "4898150012",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "『[[Leiko:4140801727]]』の図版を愛でながら読むと、さらに愛おしい。",
  "publisher" : "早川書房",
  "score" : "",
  "title" : "ワンダフル・ライフ―バージェス頁岩と生物進化の物語 (ハヤカワ文庫NF)",
  "authors" : "スティーヴン・ジェイ グールド",
  "date" : "2005-08-04 05:31:53 UTC",
  "isbn" : "4150502366",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "小さい本だがよくできた本だと思う。<br>\nアラビアの文字が「ミミズののたくったような」なら、タイの文字は「崩した音符が並んだような」というか「フリンジの付いたルーン文字」というか、不思議な文字だがなかなかキュート。<br>\n表音文字なので、ローマ字感覚でとっかかることができる。この本1冊を真面目にやれば、喋れないし意味も分からないけど読むだけなら読めるようになるだろう。ちなみに私は真面目にやってないのでまだ読めぬまま。精進精進。",
  "publisher" : "白水社",
  "score" : "",
  "title" : "タイ語のかたち (<CD+テキスト>)",
  "authors" : "山田 均",
  "date" : "2005-08-04 08:33:58 UTC",
  "isbn" : "4560005656",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "新聞の書評で見て即購入。<br>\n正直、大仏さまのおでこにあるポッチはほくろだとばかり思っていたワタクシですので、目からウロコの連続でした。<br>\n「仏像たちにもソシキがある!」「仏像にもやわらかいのとカタイのがいる!」「仏像もやせたり太ったりする!」「仏像の中には何かがある!」という4つの観点から、まさに仏像の「ひみつ」が分かる本です。<br>\nほんのちょっと「見方」が分かるだけで、こんなに面白いなんて。ディープな仏像ファンからするとどうなのかは分かりませんが、初心者には本当におすすめです。今まで興味がなかった人も、この本を片手に仏閣巡りしたくなることうけあい。",
  "publisher" : "朝日出版社",
  "score" : "",
  "title" : "仏像のひみつ",
  "authors" : "山本 勉",
  "date" : "2006-06-30 22:53:37 UTC",
  "isbn" : "4255003637",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "『[[Leiko:4198330816]]』と収録作がかぶっている(かぶっている作品数は少ないのだが、重複作品が長編なのでページ数で考えると結構かぶりが激しい)のが惜しいが、初期の短編が読めるのは嬉しい。大原まり子の原作の漫画化「銀河ネットワークで歌を歌ったクジラ」が素晴らしい。",
  "publisher" : "筑摩書房",
  "score" : "",
  "title" : "クレープを二度食えば―自選短篇集 (ちくま文庫)",
  "authors" : "とり みき",
  "date" : "2005-08-04 05:45:13 UTC",
  "isbn" : "4480035753",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "私、聴く人です。演る人ではありません。多少なら楽譜読めますが、楽器は何も弾けません。大昔にオルガン教室に2年だけ通っていましたが、そんなものは弾けるうちには入りません。<br>\nでもちょっとした巡り合わせで、鍵盤さん(旧式のポータトーン)がうちにやってきました。今は毎晩添い寝しております(置く場所が布団の横しかないから)。<br>\nで、多少は遊んであげないと鍵盤さんも悲しかろうと、この本を買って随分立つのですが、未だに何も弾けません。あ、でも1個だけ弾けるようになったのがあるなぁ>ドミナントモーションとツーファイブに合わせてドレミファを弾くやつ。<br>\nまぁ、弾けないなりにも本を見ながら和音を押さえるくらいでも、面白いっちゃ面白いんだけど。今は楽譜通りにアベマリア練習中。",
  "publisher" : "リットーミュージック",
  "score" : "",
  "title" : "ムック なんちゃってジャズピアノ CD付 (リットーミュージック・ムック―キーボード・マガジン)",
  "authors" : "斉藤 修",
  "date" : "2007-01-22 00:12:17 UTC",
  "isbn" : "4845610140",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "授業「画像処理」の教科書だった。基本的なことが1冊にまとめられている。当然、行列演算の知識は必須だが、基礎的な知識だけでも結構サクサク読める。",
  "publisher" : "オーム社",
  "score" : "",
  "title" : "コンピュータ画像処理",
  "authors" : "田村 秀行",
  "date" : "2005-08-04 05:33:08 UTC",
  "isbn" : "4274132641",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "超科学とかいうから『[[Leiko:4073047639]]』に関係してるのかと思ったら全然違うじゃんかよー。<br>\nもっと派手な陰謀論に満ちたストーリーにできそうなのに、妙に狭い範囲に落ち着いてしまっていて面白くない。世界設定も中途半端だし、個性的&魅力的なキャラクターもいない。特に主役勢の設定があまりにつまらなくて萎える。悪役のはじけっぷりも足りない。<br>\n続巻も出ているようですが読んでません。私にとっては、REIの再読をする方が楽しいわ……。",
  "publisher" : "メディアワークス",
  "score" : "",
  "title" : "プロット・ディレクター (電撃文庫)",
  "authors" : "中里 融司",
  "date" : "2007-03-19 21:48:40 UTC",
  "isbn" : "4840226105",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "[[http:\/\/www.ishinha.com\/ 維新派]]の「さかしま」を室生まで観に行ったとき、鞄にこの本が入っていて、帰りの電車の中でパラパラ読んでいた。小説の内容とは全く関係ないのだが、何となくそんなことをよく覚えている。維新派初観劇で、生まれて初めての単独県外脱出で、何もかもに興奮していて、今から思い返すと緑背なんか読んでる場合じゃないよと思えるのだが、ちょこっと大事な思い出だったりする。不思議。",
  "publisher" : "角川書店",
  "score" : "",
  "title" : "継ぐのは誰か? (角川文庫 緑 308-13)",
  "authors" : "小松 左京",
  "date" : "2005-06-11 07:10:32 UTC",
  "isbn" : "4041308135",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "見ての通り、ウチの学科の先生方が勢揃いして作った本。出版されたのは私が入学する前なので、今はいらっしゃらない先生・研究内容が微妙に移り変わっている先生も。<br>\n幅広いと言えば聞こえはいいが、節操がないとも見えると言ったら怒られるかな。分野を自ら狭めることなく学際付近でたゆたう学生生活を求めて進路を決めたワタクシにとっては、なかなか居心地の良いところでありますが。",
  "publisher" : "日本規格協会",
  "score" : "",
  "title" : "デザイン情報学入門",
  "authors" : "和歌山大学システム工学部デザイン情報学科",
  "date" : "2005-06-11 07:06:18 UTC",
  "isbn" : "4542701344",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "「シム・フースイ」シリーズ。コンピュータを操るハイテク風水師とメンヘルくさい霊能少女が、微妙なパートナーシップによって色んな化け物と戦うホラー(と書くと何かとんでもない話だな)。<br>\n実は設定がこっそり『[[http:\/\/www.hondana.org\/Leiko\/4041690013.html 帝都物語]]』とつながっていたりも。",
  "publisher" : "角川書店",
  "score" : "",
  "title" : "ワタシnoイエ (角川ホラー文庫―シム・フースイ)",
  "authors" : "荒俣 宏",
  "date" : "2005-06-11 07:08:17 UTC",
  "isbn" : "4041690188",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "様々なキーワードを色彩にからめたエッセイ集。時々色彩から脱線するのもまた一興。浅く広くという感じなので、雑学ネタとして暇つぶしに読むのがいいかも。",
  "publisher" : "平凡社",
  "score" : "",
  "title" : "色彩のヒント (平凡社新書)",
  "authors" : "柏木 博",
  "date" : "2005-08-04 12:39:48 UTC",
  "isbn" : "4582850499",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "はっぴいえんど以後。フォークとニューミュージックのはざま。あんな人やこんな人がどこでどういうふうに何をどうやってあの時代の音楽を作っていたのか……あの時代の関係者たちへの膨大なインタビューによって再構築・再現してみせたムック。明らかな誤り以外の細かな記憶違いに関しては、無理に整合させずに収録されている。時代の勢いが生のまま伝わってきて面白い。表紙に、中に登場する主な人名が列記してあるが、それを見てピピッと来た人は必読。",
  "publisher" : "音楽出版社",
  "score" : "",
  "title" : "風都市伝説―1970年代の街とロックの記憶から (CDジャーナルムック)",
  "authors" : "北中 正和, あがた 森魚",
  "date" : "2005-06-11 07:07:15 UTC",
  "isbn" : "490034088X",
  "categories" : "雑誌やムックみたいなもの"
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "そしえて",
  "score" : "",
  "title" : "満員の木―遠ざかる明日へ・わが戦慄の叫び (ROOTS MUSIC叢書)",
  "authors" : "西岡 たかし, 田名網 敬一",
  "date" : "2007-05-27 16:13:29 UTC",
  "isbn" : "4881699520",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "キー・ホイ・クァンが可愛いのよ。写真集まで持ってるよ……。<br>\nとまぁ、それだけの理由。",
  "publisher" : "早川書房",
  "score" : "",
  "title" : "インディ・ジョーンズ―魔宮の伝説 (ハヤカワ文庫 SF 559)",
  "authors" : "ジェイムズ・カーン",
  "date" : "2005-06-10 09:14:24 UTC",
  "isbn" : "4150105596",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "副題に「防災マニュアル」とあるが、こういう備えをした方がいいよというようなマニュアル本ではない。地震が起こって被災して避難生活を送る、それが一体どういうものなのか、実際の被災者の声をひたすら淡々とまとめている本である。<br>\nただ、阪神大震災のみについてまとめられた本なので、地域や季節が違えばまた事情も異なるということを理解し、充分に想像力を鍛える必要があるだろう。例えば、近年の北陸や中越の地震で分かったように、雪国の場合は事情が異なるケースが多々ある。阪神大震災は冬だったので寒さをしのぐ必要があったが、真夏の場合は感染症などの二次被害の方が重大だろう。道路整備が不十分な田舎の場合、まともに物資がゆきとどくまで時間がかかってしまわないか、等々。",
  "publisher" : "木楽舎",
  "score" : "",
  "title" : "地震イツモノート―阪神・淡路大震災の被災者167人にきいたキモチの防災マニュアル",
  "authors" : "",
  "date" : "2007-11-14 04:35:46 UTC",
  "isbn" : "4907818920",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "Dover Publications",
  "score" : "",
  "title" : "Decorative Ironwork Designs CD-ROM and Book (Dover Electronic Clip Art)",
  "authors" : "Dover, Clip Art",
  "date" : "2007-05-29 01:55:38 UTC",
  "isbn" : "0486995828",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "アウトサイダー・アートとは、正規の美術教育を受けていない作者による作品の総称で、精神病患者や知的障害者、幻視家などによる作品を指すことが多い。正規の美術教育を受けていないというのは、技法を学ぶ過程も含めて既成の美術の枠組みに組み入れられない手法を取っているということであり、いわゆる我流の日曜画家のような存在とは根本的に異なることを示す。<br>\nこの本は、現在最も書店で入手しやすく、なおかつ一般読者向けに書かれたアウトサイダー・アート入門書といえる。ともすれば誤解や好奇の目で見られがちなアウトサイダー・アートを、豊富な事例を通じて幅広く解説している。<br>\nカラー図版が少ないのが残念。美術手帖2003年2月号(美術出版社)の巻頭特集などを参照すると良いかもしれない。",
  "publisher" : "光文社",
  "score" : "",
  "title" : "アウトサイダー・アート (光文社新書)",
  "authors" : "服部 正",
  "date" : "2005-06-10 09:16:28 UTC",
  "isbn" : "4334032141",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "19世紀のロンドンから戦禍のビルマヘと旅立ったピアノ調律師の物語。<br>\n私は楽器に疎い。音楽をやっている友人知人は星の数ほどいるのに、私自身は驚くほど何にもできない。だから、ピアノのこともよく分からないのだけれど、とあるきっかけで知り合った調律師さんのおかげで、ピアノという楽器自体の美しさを知った。あらためて考えてみると、ピアノという楽器は、実に複雑で繊細で美しい。無駄のない、完璧な、それでいて狂いやすい危うさを持つその美しさは、例えばからくり時計の機構を見たときの印象に、少し似ている。楽器であるという以前に、ピアノはあくまでもピアノとして美しい、そんな気がする。<br>\nこの本は、ピアノという楽器でなければ成立し得ない物語だと思う。特に、その狂いやすい危うさが持つ美しさが、戦渦の迫るシャン地方に残るゆったりとした空気、そこにピアノを運ばせた軍医、知的で少しコケティッシュな一面もある神秘的な女性、そしてそれらが織り成す運命に巻き込まれてゆく主人公の調律師ドレークの内面、全てをまとめあげる役割を果たしている。<br>\nところで、調律師である主人公のドレークは、先述の私の知人の調律師に、驚く程よく似ている。調律師というものはすべからくこのような性格ではなかろうか、と錯覚してしまいそうなほどに。そのせいで、鮮やかすぎる感情移入をしてしまった。あらゆる凄まじい局面をくぐり抜けてきたピアノを前にしても、全くたじろがず、ただ調律という作業に没頭するドレーク。私の知人だって、きっとそうするだろうと思わせる。ピアノそのものを愛する様も、そっくりだ。それが彼ら調律師の流儀なのだろうか、性分なのだろうか。いずれにせよ、ドレークという人物の印象が、読後に強く残った。<br>\n<br>\n余談。<br>\nこの本を読み終えて、一息ついて、そのへんに積んであった本の山から、何気なく『雲遊天下』33号を手に取った。適当にページを開けると……ビルマ・シャン州紀行(by.森下ヒバリ)が。……シ、シンクロニティ!?",
  "publisher" : "角川書店",
  "score" : "",
  "title" : "調律師の恋",
  "authors" : "ダニエル=フィリップ・メイソン",
  "date" : "2005-06-10 09:10:55 UTC",
  "isbn" : "404897209X",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "納得するところもあるし、ちょっと強引じゃないかと思うところもある。デザインの見方の切り口としては非常に面白い。<br>\nそういえば以前、栄久庵憲司がテレビに出ていた時、たしか学生か誰かの作品を見て「うん、幕の内弁当だよ〜」と一人で納得していたのが妙に印象深い。",
  "publisher" : "朝日新聞社",
  "score" : "",
  "title" : "幕の内弁当の美学―日本的発想の原点 (朝日文庫)",
  "authors" : "栄久庵 憲司",
  "date" : "2005-06-10 08:44:49 UTC",
  "isbn" : "402264222X",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "「“ことば”とはこんなに軽やかでファンキーで繊細でエキサイティングなものだ」という事実の、素敵な見本。<br>\n口に出して読むべし。小さい時に覚えたら、たぶん一生忘れない。",
  "publisher" : "福音館書店",
  "score" : "",
  "title" : "ことばあそびうた (日本傑作絵本シリーズ)",
  "authors" : "谷川 俊太郎",
  "date" : "2006-05-27 00:12:02 UTC",
  "isbn" : "4834004015",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "岩波書店",
  "score" : "",
  "title" : "伝奇集 (岩波文庫)",
  "authors" : "J.L. ボルヘス",
  "date" : "2005-06-09 19:28:12 UTC",
  "isbn" : "4003279212",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "これ1冊でひととおり、過不足のない内容。漢方と冠されてはいるが、薬の詳しい話があるわけではなく、漢方的な見方で健康をトータルプロデュースするといった趣。薬膳レシピはどれも簡単かつ美味。",
  "publisher" : "オレンジページ",
  "score" : "",
  "title" : "漢方養生法―今日から自分でできる! (オレンジページムック)",
  "authors" : "",
  "date" : "2005-06-11 07:09:59 UTC",
  "isbn" : "4873032660",
  "categories" : "雑誌やムックみたいなもの"
},
{
  "comment" : "ともすればただのファンタジー設定集になってしまいそうなタイトルですが、何せボルヘスですのでただでは終わりません。",
  "publisher" : "晶文社",
  "score" : "",
  "title" : "幻獣辞典",
  "authors" : "ホルヘ・ルイス・ボルヘス, マルガリータ・ゲレロ",
  "date" : "2005-08-07 04:49:02 UTC",
  "isbn" : "4794922868",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "岩波書店",
  "score" : "",
  "title" : "『忘れられた日本人』を読む (岩波セミナーブックス)",
  "authors" : "網野 善彦",
  "date" : "2006-11-14 12:48:24 UTC",
  "isbn" : "4000266101",
  "categories" : "本棚.orgを見て買ってしまった本"
},
{
  "comment" : "[[http:\/\/pitecan.com\/Bookshelf\/Leiko\/4938598582.html 時限刊行だった「劇の宇宙」]]が、大阪現代演劇祭の開始とともに復刊されたもの。<br>\n書店で注文するときは「ビレッジプレス発売の劇の宇宙」と頼むべし。",
  "publisher" : "大阪都市協会",
  "score" : "",
  "title" : "季刊劇の宇宙 (No.12(2003春号〈復刊号〉))",
  "authors" : "",
  "date" : "2005-08-06 14:46:45 UTC",
  "isbn" : "4894920387",
  "categories" : "雑誌やムックみたいなもの"
},
{
  "comment" : "ラヴ&ピースだけじゃだめなんてことは、もうみんな薄々気がついていて「じゃあ何言っても無駄なのかい、じゃあどうしたらいいのさ、じゃあもうどうでもいいや」ってな思考回路に陥って、どこそこの戦闘で何人死んだなんていう報道もどうでもよくなっちゃってる人、けっこう多いんじゃないかな。この本は、そんな思考停止状態の人に、もう一度世界を冷静に考え直す糸口をくれる本だ。<br>\n藤原帰一は、冷静でシニカルなリアリストだけれども、道理に合わないことには理論的に怒ることのできる、とてもオトナな人である。そして、あの渋谷陽一に「ラヴ&ピースだけじゃだめ」と言わせた凄い人である。語り口は平易・言っている内容もシンプルであるがこそ、この人はめちゃめちゃ頭のいい人なんだと思わせられる。一時期、イラク問題でテレビに出ずっぱりだったが、どんな論客を相手にしても、偏らない視点を貫き通す姿勢がとてつもなく格好良かった。<br>\nこの本は、対談形式で綴られるため、非常に軽快で読みやすい。現代史に疎くても、国際政治学を知らなくても、安心して藤原氏についてゆけば良い。また、優れた対談の常として、インタビュアーも素晴らしい。読者の疑問を全て代弁して、藤原氏からどんどん言葉を引き出していく渋谷陽一。国際政治を本格的に学んだ経験があり、藤原氏と対当に会話し、深く掘り下げた本質に迫っていく鈴木あかね。この二人がインタビュアーであるということが、この本の重要な特徴の一つだと思う。<br>\nところで、この本の帯にも写真が入っているとおり、藤原氏はとってもハンサムなお方である。先日、藤原氏の新刊『平和のリアリズム』の広告が新聞に掲載されていたが、狭いスペースなのにやはり写真入りだった。これって、テレビで有名だからじゃなくて、フォトジェニックだからじゃなかろうかと勘ぐってしまうのだが、さて真実は如何に。",
  "publisher" : "ロッキング・オン",
  "score" : "",
  "title" : "「正しい戦争」は本当にあるのか",
  "authors" : "藤原 帰一",
  "date" : "2005-08-04 05:43:17 UTC",
  "isbn" : "4860520319",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "まぁアタシだってそれなりにオンナノコというわけで。<br>\nポイントメイクに関するテクニックが充実している。悩みや理想に基づいた構成なので、非常に分かりやすい。ただ、ポイント主体なので「化粧知識ゼロ、まず何から塗ればいいの!?」なんていう人にはおすすめしない。化粧はする時より落とす時の方が重要なはずだが、クレンジングの話がほとんど書かれていないのもマイナス。<br>\n2002年の本だが、流行一直線というわけではないので、テクニック的にはまだ使える本。しかし紹介されているアイテムには廃番になっているものが多いので、商品紹介としてはほとんど使えない。化粧品の商品サイクルってやっぱり早いよねぇ。FSPなんかブランドごとなくなっちゃったもんな〜。",
  "publisher" : "オレンジページ",
  "score" : "",
  "title" : "メイクの基本―なりたい顔に今すぐなれる! (オレンジページムック)",
  "authors" : "",
  "date" : "2006-03-26 14:26:49 UTC",
  "isbn" : "487303180X",
  "categories" : "雑誌やムックみたいなもの"
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "河出書房新社",
  "score" : "",
  "title" : "ユルスナールの靴 (河出文庫)",
  "authors" : "須賀 敦子",
  "date" : "2007-04-25 15:19:36 UTC",
  "isbn" : "4309405525",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "アンティーク着物コレクターとしても有名なマリンバ奏者、通崎さんのエッセイ集。<br>\n銘仙の着物に羽織を着て、頭はボブカットに帽子、自転車に乗って街を駆け抜ける、行き先が商店街の映画館だったらもう最高。そんなちょいと大正デモクラシーなスタイルにほんのり憧れていた私。ところがところが、そんな私の憧れがそのまんま立体化されたような人がいることを雑誌で知った。それが通崎睦美さん。<br>\nこの本は主に、大山崎山荘美術館で開催された彼女の展覧会の話が中心。須田剋太や小磯良平との意外なつながりも取り上げられていて面白い。<br>\n書店でなかなか見つけられなかったのでギブアップして店員さんに聞いたら、茶道コーナーを探されてしまった……出版社は淡交社ですが、茶道には関係ございませんのであしからず。お探しの方は女性エッセイコーナーをお覗き下さいませ。",
  "publisher" : "淡交社",
  "score" : "",
  "title" : "通崎好み",
  "authors" : "通崎 睦美",
  "date" : "2005-06-12 17:19:06 UTC",
  "isbn" : "4473031780",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "忘れもしない。それは、とある夏の日のこと。<br>\n私は、本屋でもらってきた角川書店の夏のフェアの宣伝冊子(夏の100冊とかいうアレ)を眺めていた。その時の冊子の構成は、本の書き出しの一文が書影の横に添えられているという、なかなか凝ったものであった。その書き出しの文を流し読みしていた私の目に、<b>なんか凄いもの<\/b>が飛び込んできた。<br>\n<b>トタンがセンベイ食べて<\/b><br>\nそりゃぁもう、凄い衝撃だった。もちろん中也の名前は知っていた。汚れつちまった悲しみにくらいなら読んだこともあったと思う。でも、こんなに凄い詩を書く人だなんて思ってもみなかった。だってトタンだよ、センベイだよ、トタンがセンベイ食べるんだよ!? ダダなんて知らなかった(シュールレアリスムならちょっとは知ってた)。何かの比喩かどうかなんてどうでも良かった。でもその衝撃はよく覚えている。<br>\n購入して読んで、今度は言葉の美しさに衝撃を受けた。ハイカラなセンスにも陶酔した。気に入った詩は、口に出して何度も読んだ。<br>\n当時私は13歳。青春の入り口で中也に出会って、たぶん人生の何かが変わった気がする。<br>\n後年、未刊詩篇がより多く収録されている岩波文庫版も入手した。しかし詩の記憶というのは繊細なもので、どんな紙質でどんな書体でどの連でページが変わったかなんていうことまで影響してくる。そういうわけで、私がどうしてもこだわってしまうのは、この河上徹太郎編の角川文庫版なのであった(現在は佐々木幹郎編の二分冊に変わっている)。\n",
  "publisher" : "角川書店",
  "score" : "",
  "title" : "中原中也詩集 (角川文庫)",
  "authors" : "中原 中也, 河上 徹太郎",
  "date" : "2005-08-04 05:13:28 UTC",
  "isbn" : "4041171016",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "硬質さに憧れる。ダンディでスマートでちょっとストイックな、一言でいうと「かっこいい」コピーの数々。媚びない言葉の力強さを感じる。<br>\n私の世代ではリアルタイムで知らない時代の広告もあるが、コピー自体が慣用句のように生き残っていることで、非常に「身近」に感じる作品となっていることに驚く。",
  "publisher" : "六耀社",
  "score" : "",
  "title" : "秋山晶の仕事と周辺 (Artist,Designer and Director SCAN)",
  "authors" : "秋山 晶",
  "date" : "2005-08-04 05:43:54 UTC",
  "isbn" : "4897373131",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "どこも大変ですな。<br>\nサーヤ嬢の嫁入り費用の試算はかなり当たってましたね、すごいすごい。",
  "publisher" : "新潮社",
  "score" : "",
  "title" : "天皇家の財布 (新潮新書)",
  "authors" : "森 暢平",
  "date" : "2005-08-07 05:14:20 UTC",
  "isbn" : "4106100185",
  "categories" : "本棚.orgを見て買ってしまった本"
},
{
  "comment" : "谷甲州が血迷ったとしか思えない官能SF近未来小説。男性から性転換した高級娼婦エリコが、地球と月を股にかけて活躍する。SF設定的には全くハードではない。むしろ軽すぎるくらい。そこまでする必要はないじゃないかとツッコミを入れたくなるくらいのセックスシーンの嵐。ここまで即物的に連発されると、はっきり言ってどうでもよくなってくる(そういう意味でこれは「官能小説」ではない)。<br>\nアクション中心+お色気OKの近未来ライトノベルや、大沢在昌のSFちっくな設定の作品群あたりがお好きな方は、きっと楽しく読めると思う。ハードな谷甲州作品がどうも性に合わんかった人にも是非。",
  "publisher" : "早川書房",
  "score" : "",
  "title" : "エリコ (上) (ハヤカワ文庫 JA (686))",
  "authors" : "谷 甲州",
  "date" : "2005-06-13 04:08:43 UTC",
  "isbn" : "4150306869",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "早川書房",
  "score" : "",
  "title" : "川の名前 (ハヤカワ文庫JA)",
  "authors" : "川端 裕人",
  "date" : "2007-05-24 21:21:01 UTC",
  "isbn" : "4150308535",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "キューバは凄い、と以前から耳にしてはいたのだけれど、なるほどこれは凄い。<br>\n♪食うモンねぇ、資源もねぇ、他の国からの支援もねぇ♪ってな状況に陥ったキューバ。かと言って♪オラこんな国いやだ〜♪と出ていく先もないわけで。そこでキューバが目指したものは、循環型自給自足国家の構築だった。<br>\n街を耕し自転車に乗る生活に転換したといっても、キューバが「田舎」や「発展途上」になってしまったわけではない。これはまぎれもない「都市」である。それが何よりも凄いと思う。現実は何もかもが理想的にいっているわけではないだろうが、それでもキューバに行ってこの世界を見てみたいと思わせられる。<br>\nところで、今の日本の食料自給率その他「自国の中だけで生きていく力」は、第二次大戦中の状況より悪いらしい。今もしも輸入がストップしたら、大戦中の暮らしより貧しい生活となるのである。キューバは社会主義の国であるため「食うモンねぇ!→みんなで都市を耕せ!→自給自足で無事に生活」という軌跡を何とか描けたようだが、個個人が勝手に生きている今の日本では一億総倒れでファイナルアンサーかな。江戸時代のような価値観が生き残っていれば、何とか幸せに暮らせるのだろうけど。",
  "publisher" : "築地書館",
  "score" : "",
  "title" : "200万都市が有機野菜で自給できるわけ―都市農業大国キューバ・リポート",
  "authors" : "吉田 太郎",
  "date" : "2006-07-14 19:01:13 UTC",
  "isbn" : "4806712493",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "姜尚中については以前から、激しい面もあるけれど冷静で頭のいい人だなと思っていた。ハンサムというのもポイントが高かった(笑)。ところがこの本を読んで驚いた。あの冷静さはどこに行ったのだろう。あの姜尚中がここまで感傷的な文章を書くということだけを取っても、在日であるということにどれだけの重みを抱えているかをうかがえる。在日であることを如実に表す自分の顔立ちが嫌いだったということにも、問題の深さを知った。<br>\nこの本はあくまでも自伝なので、在日の歴史や現状を詳しく知りたい人は、別の本を選ぶ方がいいだろう。テレビで姜尚中のハンサムさに惚れている人は、巻頭カラーグラビア必見(大笑)。\n",
  "publisher" : "講談社",
  "score" : "",
  "title" : "在日",
  "authors" : "姜 尚中",
  "date" : "2005-08-04 05:15:52 UTC",
  "isbn" : "4062123223",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "ラジオで知ったのだが、滋賀県伊香郡にある「つるや」というパン屋さんに、たくわんのマヨネーズ和えをコッペパンにサンドした「サラダパン」という商品があるらしい。わォ、それって本屋のナータの昼食じゃないの!<br>\n※サラダパンはこの本が由来の商品ではありません。",
  "publisher" : "講談社",
  "score" : "",
  "title" : "霧のむこうのふしぎな町 (講談社文庫 か 13-1)",
  "authors" : "柏葉 幸子",
  "date" : "2006-03-09 16:00:43 UTC",
  "isbn" : "4061380877",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "梶尾真治作品が目当て。ちなみに、クロノス・ジョウンターのシリーズの外伝にあたる「朋恵の夢想時間」である。",
  "publisher" : "徳間書店",
  "score" : "",
  "title" : "NOVEL21 少女の空間 (徳間デュアル文庫)",
  "authors" : "",
  "date" : "2005-08-22 20:43:51 UTC",
  "isbn" : "4199050418",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "ラストの展開がね、どうも苦手な展開なのです。でも、それ以外は好みどんぴしゃりで、とても面白かった。<br>\n女性が書いているからか、美少女ロボットものにありがちな、男性視点の微妙なゆがみぐあいは感じられない。かと言ってフェミくさいわけでもなく、純粋に「SF」として堪能できる本。<br>\n同じ著者・訳者による『緑の少女』も読みたいと思っているのだけれど、未入手。",
  "publisher" : "早川書房",
  "score" : "",
  "title" : "ヴァーチャル・ガール (ハヤカワ文庫SF)",
  "authors" : "エイミー・トムスン",
  "date" : "2005-06-12 19:12:22 UTC",
  "isbn" : "4150110794",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "タイトルのとおり、珍姓奇名を集めた本。日本人の名字はとにかく種類豊富だとよく言われますが、それをあらためて実感できます。<br>\n実は、私の本名もどちらかというと珍しい名字に入る方なのだが、読み方は単純で間違えようがないので、珍姓奇名とは言いがたい。ただ、親戚以外で同じ名字の人に直接会った経験はないし、親戚でも少数派の名字である。しかも私はひとりっこ長女で、同じ名字の親戚ではおそらく最年少。運良く御縁があった暁には、できれば別姓希望なんだけど、いつになったら法律できるんだよぅ。別姓じゃなくても婿を取ればいいじゃないかというような単純な話じゃないんだよぅ。<br>\nあ、ちょっと話がずれてしまった。無理やり本論に戻すと、少子化でひとりっこが増えてきた現代、結婚による希少姓の消失というのは珍しくないと推測され、この本に掲載されているような珍姓にも消えつつあるものが結構多いんじゃないかと思うわけであります。",
  "publisher" : "早川書房",
  "score" : "",
  "title" : "珍姓奇名 (ハヤカワ文庫NF)",
  "authors" : "佐久間 英",
  "date" : "2006-03-25 17:04:08 UTC",
  "isbn" : "415050072X",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "辞書はでかくて重くて厚いものに限る!(断言!)<br>\nしかし厚すぎて分冊されてしまうのも私の美意識に反してしまうため、これくらいのボリュームがちょうどいい感じ。今は亡き[[http:\/\/www.tesclub.co.jp\/ TESクラブ]]のキズあり返品本セールで買ったため、めちゃめちゃお安く入手。箱に少し擦った跡があるだけの美本だったため(書店に普通に並んでる本の方がキズが多いかも)かなりお得な買い物でした。\n",
  "publisher" : "大修館書店",
  "score" : "",
  "title" : "大漢語林",
  "authors" : "鎌田 正, 米山 寅太郎",
  "date" : "2005-08-04 05:17:14 UTC",
  "isbn" : "4469031542",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "光文社",
  "score" : "",
  "title" : "お金は銀行に預けるな   金融リテラシーの基本と実践 (光文社新書)",
  "authors" : "勝間 和代",
  "date" : "2007-12-28 16:35:09 UTC",
  "isbn" : "433403425X",
  "categories" : "本棚.orgを見て買ってしまった本"
},
{
  "comment" : "ここ数年、経済に興味を持っているのだが、この本は本当にエキサイティング。主張自体はシンプルだが、非常に応用の効く考え方だ。地域通貨の力で諸問題が解決するとは安直に思えないのだけれど、現在の経済の仕組みを変えていく試みとしては無視できない手法だと思う。<br>\n副題には「根源からお金を問うこと」とある。貨幣経済などというこ難しい概念ではなく「お金」という誰もが日常で用いるシンプルな言葉だ。経済の諸問題を遠ざけることなく身近なものとしてとらえることの重要さを端的に示している副題である。<br>\n親も祖父母も借金が大嫌い、クレジットカードはほとんど使わず、ローンを組むことも嫌う家庭で育ってきた私にとって、この本の主張は納得のいくものであった。しかし例えば「適正生産・適正消費ということに関心がない」などと考えているらしいアメリカ人に、この本はどう思われるのだろうか(←カギカッコ内は『[[Leiko:4532190134]]』からの引用)。エンデの思想は、そういう意味でも非常にヨーロッパ的な考え方であると感じた。",
  "publisher" : "日本放送出版協会",
  "score" : "",
  "title" : "エンデの遺言―「根源からお金を問うこと」",
  "authors" : "河邑 厚徳, グループ現代",
  "date" : "2005-06-12 19:13:57 UTC",
  "isbn" : "4140804963",
  "categories" : "本棚.orgを見て買ってしまった本"
},
{
  "comment" : "澁澤龍彦の小説の中で一番好き。解説は倉橋由美子。<br>\n文章の硬質さはもはやダイヤモンドを越えていると思った。",
  "publisher" : "福武書店",
  "score" : "",
  "title" : "犬狼都市(キュノポリス) (福武文庫)",
  "authors" : "澁澤 龍彦",
  "date" : "2005-08-04 08:33:19 UTC",
  "isbn" : "4828830200",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "赤羽末吉の絵がとにかく素晴らしい。<br>\n日本の昔話(桃太郎に限らず)って、細部を忘れていることが結構多いので、昔読んだ絵本を読み返すと、新たな発見があって新鮮。\n",
  "publisher" : "福音館書店",
  "score" : "",
  "title" : "ももたろう (日本傑作絵本シリーズ)",
  "authors" : "まつい ただし",
  "date" : "2005-08-04 05:16:33 UTC",
  "isbn" : "4834000397",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "InDesign習得の必要性に迫られた。DTPの専門ソフトを触るのは初めてだったので、ソフト付属のマニュアルだけでは理解が追いつかず、ゼミ室にたまたま置いてあったマニュアル本を借りてきてみた。ところが、あまりにその本が分かりづらかったため、評価が高いと噂で聞いた本書を購入。確かに、ゼミ室の本とは雲泥の差で、非常に分かりやすい。載っている内容は同じなのに、編集の差が激しい。<br>\nInDesign、無理やり使っているという感も否めないが、今では結構お気に入りのソフトである。",
  "publisher" : "毎日コミュニケーションズ",
  "score" : "",
  "title" : "Adobe InDesign2.0マスターブックfor Mac OS X & Windows",
  "authors" : "新世代出版研究所",
  "date" : "2005-08-04 12:34:24 UTC",
  "isbn" : "4839909938",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "刺し子入門本。手堅くまとまっていて初心者にはおすすめ。<br>\n掲載されているのは伝統文様ばかり。決まったパターンで面を埋めるものが中心で、散らし文様は載っていません。糸や布の色あわせがポップだったり、文様の入れ方が可愛らしくアレンジされていたりして、純和風というよりは若い人向けのデザインが中心。\n麻の葉や分銅つなぎなど、有名どころの文様は網羅されていますが、青海波が載っていなかったのがちょっと惜しいところ。\n",
  "publisher" : "雄鷄社",
  "score" : "",
  "title" : "小さな刺し子―カンタンに作れる雑貨&袋もの (きっかけ本)",
  "authors" : "",
  "date" : "2006-10-02 10:00:39 UTC",
  "isbn" : "4277490530",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "人のいない都会。見たことがないはずなのに、ここに写された風景を知っているような気がする。<br>\n正月を狙って撮影された写真が多く、日頃は賑やかなはずの繁華街の両脇に日の丸が静かに並んでいる様子には、何とも言えない不思議な空気がある。<br>\n合成でもCGでもないからこそ、緊張感のある写真集。<br>\n<br>\n[[http:\/\/www.fujitv.co.jp\/jp\/b_hp\/winemail\/story\/winemail_88.html 作者によると]]、コンビニも正月には休んでいた時代であったからこそ撮れた作品群らしい。今はもう、ここに写された東京はどこにもないのだろう。最近は、百貨店の初売りも元日からだったりするものね。",
  "publisher" : "リトルモア",
  "score" : "",
  "title" : "TOKYO NOBODY―中野正貴写真集",
  "authors" : "中野 正貴",
  "date" : "2006-01-09 20:38:40 UTC",
  "isbn" : "4898150314",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "こういうものを使いこなすスキルがないくせに買ってしまった。DTPとか写植とか、興味はあるけど知識はゼロ。でも、知識がないなりに「ぶらさがり周辺が何か変!」ってなことになった時、たまに使ってみて、なんちゃってデザイナーな気分に浸る。邪道。<br>\nちなみに、私の使っているInDesignのバージョンは2.0.2なので、この本を見ているとバージョンCSの高機能さには実に憧れる……(2.0.2すら使えてないのにCSに憧れてどうする、と思わずセルフツッコミ)。",
  "publisher" : "ワークスコーポレーション",
  "score" : "",
  "title" : "Adobe InDesign「文字組み」徹底攻略ガイド (DTPWORLD books)",
  "authors" : "大橋 幸二",
  "date" : "2005-06-12 19:15:39 UTC",
  "isbn" : "4948759546",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "眺めている分には面白いのだが、何故かこのシリーズを読んでいると「ガムや使い捨てカメラやリカちゃん人形が、ベルトコンベアでガーガー流されながら大量生産・大量消費・大量廃棄されていく様子」が思い浮かんでしまい、ちょっと気持ち悪くなるのはどうしてかしらん。本の作り自体が、優れた「工業製品」ならではのオーラをまとっているからかな。",
  "publisher" : "美術出版社",
  "score" : "",
  "title" : "デザインの解剖〈1〉ロッテ・キシリトールガム (デザインの解剖 1)",
  "authors" : "佐藤 卓",
  "date" : "2005-06-13 04:14:29 UTC",
  "isbn" : "4568502365",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "早川書房",
  "score" : "",
  "title" : "ゴールデン・フリース (ハヤカワ文庫SF)",
  "authors" : "ロバート・J. ソウヤー",
  "date" : "2007-04-06 16:41:23 UTC",
  "isbn" : "4150109915",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "『[[Leiko:4898150314]]』の中野正貴による、香港を舞台にした写真集。<br>\n『TOKYO NOBODY』で繰り広げられた「人が消えた都会」の写真はこの中にも受け継がれており、日本よりもどぎついネオンやキッチュな看板の雰囲気と相まって、独特の猥雑さを醸し出している。そこには『TOKYO NOBODY』が持っていた静謐さは無く、人間の残滓を強烈に感じる。人が消えた風景を写すということが、これほどまでに都市の性格を際立たせるのかと驚く。<br>\n人物を写した写真も織り交ぜられているが、彼らの瞳がとても印象的だ。風景に残っていたのは、あぁ、この視線の残滓だったんだ、そう思わせる。",
  "publisher" : "リトルモア",
  "score" : "",
  "title" : "SHADOWS―中野正貴写真集",
  "authors" : "中野 正貴",
  "date" : "2005-08-04 08:27:17 UTC",
  "isbn" : "4898150799",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "分かるところもあるし分からんところもある、理解できるが解せない部分もある。<br>\n私にとってはそれほどカウンターパンチな本にはならなかった。",
  "publisher" : "アスキー",
  "score" : "",
  "title" : "デザイナーは喧嘩師であれ―四句分別デザイン特論 (MAC POWER BOOKS)",
  "authors" : "川崎 和男",
  "date" : "2005-08-04 08:22:51 UTC",
  "isbn" : "4756130895",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "上っ面の“沖縄病”罹患者の物語に終わっていないことに好感が持てる。淡々とした文体も内容に合っている。どれを取っても読みごたえのある6編が収められているが、やはり衝撃なのは「たぼ美の話」だ。<br>\n昔、テーマに沿った素人を50人集めてトークを繰り広げる番組(司会は上岡龍太郎)があった。たぼ美は、ミスターレディがテーマの時の常連で、美人ではないがお茶目で可愛らしい人だった。明るくはしゃぐ姿が印象深く、番組が終わってからも“沖縄のたぼ美”のことは何となく覚えていた。そんなたぼ美の抱えていたものの重さが、この本には書かれている。ゲイとしてのたぼ美ではなく、一人の沖縄の青年である“彼”として知り合った作者だからこそ書けたものだろう。孤独死したというたぼ美に、哀悼の意を。",
  "publisher" : "ソニーマガジンズ",
  "score" : "",
  "title" : "沖縄ストーリーズ (ヴィレッジブックス+)",
  "authors" : "砂守 勝巳",
  "date" : "2006-11-27 14:08:21 UTC",
  "isbn" : "478972736X",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "よくぞここまで。<br>\n是非『[[Leiko:4759254102]]』と併読を。",
  "publisher" : "解放出版社",
  "score" : "",
  "title" : "竹田の子守唄―名曲に隠された真実",
  "authors" : "藤田 正",
  "date" : "2005-08-22 23:32:16 UTC",
  "isbn" : "4759200231",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "[[http:\/\/www.mebic.com\/seminer_info\/seminer_info.shtml?y=2004&m=12&d=11 著者のワークショップ]]に参加してきました(2004年12月11〜12日@Mebic扇町)。<br>\n参加申し込みをしたはいいけれど、たまたま開催を知ってそのまま勢いで申し込んでしまっただけに、実は西村氏のことは何も知らない状態。というわけで、予習というか偵察というか、この本を斜め読みしてワークショップに臨んだわけです。<br>\n本を読んだだけでは「これって綺麗事だよね」で終わっていたかもしれません。実際に西村氏のお話を聞き、初めてお会いする人ばかりの中で自分の目や手や頭をいっぱいいっぱいに動かしたおかげで、自分なりの昇華に至れたと思います。あらゆるものに向き合い、あらゆることを考える時間を過ごしたことで、自分が張っているアンテナの数が確実に増えた2日間でした。<br>\nこの本が綺麗な面しか書いていないというのは事実なのだけれど、それを綺麗事として切り捨ててしまわない読み方ができれば、この本は自分自身との向き合い方を再考する良いきっかけになるのではないでしょうか。\n<li>へー、ワークショップがあったんですか! 参加してみたいもんです。\n「綺麗事」という言葉はすごく当たってると思うのですが、\nそれを西村氏が実践できてるところが偉いと思います。\nちなみに西村さんはこのページ見たらしいですよ!\n(増井)<\/li>\n<li>ぐいぐい引っ張られるのではなく、参加者が自然に引き込まれていくのが心地よいワークショップでした(すごいリーダーシップ+ファシリテート能力!)。大阪での開催だったのですが、関西全域はもちろん、関東からの参加者も何人かいらっしゃいましたよ。西村氏が講師となるワークショップは不定期におこなわれているようですので、機会があれば増井さんも是非どうぞ。西村氏がご覧になったとはびっくり!(Leiko)<\/li>",
  "publisher" : "晶文社",
  "score" : "",
  "title" : "自分の仕事をつくる",
  "authors" : "西村 佳哲",
  "date" : "2005-11-02 16:56:54 UTC",
  "isbn" : "4794965850",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "恒例の集団的押し掛けインタビューは、井筒和幸監督。",
  "publisher" : "酒とつまみ編集部",
  "score" : "",
  "title" : "酒とつまみ (第8号(2006年春夏号))",
  "authors" : "",
  "date" : "2006-06-28 14:06:36 UTC",
  "isbn" : "4903143082",
  "categories" : "雑誌やムックみたいなもの"
},
{
  "comment" : "妊婦の妊婦による妊婦のための妊婦ミステリ。妊婦の人もそうでない人も、もちろん男性も、軽快に読める短編集。",
  "publisher" : "早川書房",
  "score" : "",
  "title" : "バルーン・タウンの殺人 (ハヤカワ文庫 JA (401))",
  "authors" : "松尾 由美",
  "date" : "2005-08-07 05:15:42 UTC",
  "isbn" : "4150304017",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "大阪演劇祭に合わせて3年間という時限付きで発刊された季刊誌。関西の小劇場演劇シーンを伝えてくれる貴重な媒体。<br>\n現在、[[http:\/\/pitecan.com\/Bookshelf\/Leiko\/4894920387.html 大阪現代演劇祭の開始とともに復刊されています]]。",
  "publisher" : "繁昌花形本舗",
  "score" : "",
  "title" : "季刊劇の宇宙 (No.1(1998・秋号))",
  "authors" : "繁昌花形本舗株式会社",
  "date" : "2005-08-06 14:46:09 UTC",
  "isbn" : "4938598582",
  "categories" : "雑誌やムックみたいなもの"
},
{
  "comment" : "『[[Leiko:4529043525]]』の購入時に「パイナップル編みが少ないのがちょっと残念だった」と書きました。少なかったのには訳があったのね、つまりこの本のための布石だったのね! というわけで、前の本のドイリーをまだ2種類しか編んでいないにもかかわらず買ってしまいました。<br>\n今回もバラエティに富んだ40点の編図。正円ではないかたちのドイリーが多いのが面白いなぁ(でも正円じゃないやつって大抵、糸をつけたり切ったりする工程が多いから面倒なのよね)。<br>\n中の写真では気にならないのだけれど、並べて表紙になったときの色調がなんかヘンなのが気になる……。",
  "publisher" : "日本ヴォーグ社",
  "score" : "",
  "title" : "パイナップルのレース編みドイリー (レースベストセレクトBOOK)",
  "authors" : "",
  "date" : "2008-02-02 21:34:46 UTC",
  "isbn" : "452904470X",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "早川書房",
  "score" : "",
  "title" : "シュレディンガーの猫は元気か―サイエンス・コラム175 (ハヤカワ・ノンフィクション文庫)",
  "authors" : "橋元 淳一郎",
  "date" : "2007-04-06 16:45:15 UTC",
  "isbn" : "4150501793",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "小説としてはご都合主義な部分もあるが、まぁ無視可能。ミステリ部分ははっきり言ってどうでもいい。この本の白眉はロケット関連の記述である。ロケットの歴史や実験モデルの制作過程、それらそのものがエンターテイメントの中軸を担っている。ミサイルの話にからめてロケットの持つ負の側面を丁寧に書いているのも興味深い。<br>\nもっと軽い文体にして、サブカルっぽい装丁で「ロケットの作り方」みたいなタイトルつけて、非日常実用講座シリーズ(ライオンの飼い方とか)の隣に並べておいても大丈夫かもしれない、とも思ってみたりして。いや、冗談ですが。",
  "publisher" : "文藝春秋",
  "score" : "",
  "title" : "夏のロケット (文春文庫)",
  "authors" : "川端 裕人",
  "date" : "2005-06-13 04:04:20 UTC",
  "isbn" : "4167662019",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "4組のグラフィックデザイナーへのインタビューを主とした、デザイナーのお仕事拝見ブック。<br>\n祖父江慎はやっぱり最高。読書が好きな人はたくさんいるだろうけれど、「本」というものそのものの存在をこんなにも愛している人はちょっといないんじゃないかと思う。",
  "publisher" : "平凡社",
  "score" : "",
  "title" : "グラフィック・デザイナーの仕事",
  "authors" : "グルーヴィジョンズ, 祖父江 慎, クラフト・エヴィング商會, 角田 純一, 藤崎 圭一郎",
  "date" : "2006-07-14 18:53:46 UTC",
  "isbn" : "4582831516",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "全部この本のせいだ。私がSFに傾倒したのも、SFマガジンを読むようになったのも、何もかもこの本のせいだ。もともと確かにSFめいた話は好きだったけれど、泥沼だか奈落の底だか知らないが落ちるところまで落ちてしまったのは、みんなこの本のせいだ。中学生の時、<b>何も知らずにたまたま<\/b>この本を買ってしまい、<b>なんかよく分かんない、よく分かんないけどすごいよ<\/b>と雄叫びをあげながら読了し……えぇ、それからはまっさかさまでしたわ。<br>\nという話を知人にしたら「普通、幼年期の終りなんか一番最初に読んでハマるか? 普通は“何これ分かんない”でそれっきりだと思うんだが……いや、でも、運命の出会いってそういうものかもしれんな」と妙に納得された。確かにそういうものかもしれない、と、自分でも思う……。",
  "publisher" : "早川書房",
  "score" : "",
  "title" : "幼年期の終り (ハヤカワ文庫 SF (341))",
  "authors" : "アーサー・C・クラーク",
  "date" : "2005-06-13 04:05:23 UTC",
  "isbn" : "4150103410",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "松本隆の20年分の文章が今ここに。高野文子の装画もお洒落。",
  "publisher" : "東京書籍",
  "score" : "",
  "title" : "成層圏紳士",
  "authors" : "松本 隆",
  "date" : "2005-08-04 05:18:16 UTC",
  "isbn" : "4487796520",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "姫城玲……表の顔は美術業界に名を馳せる青年実業家、裏の顔は進み過ぎた超科学を封印する狂科学ハンター。女性には優しく狂科学には冷徹に、そしてお饅頭など甘いもの大好きという絶妙な設定。<br>\n著者は歴史小説や架空戦記でも活躍しているが、そのせいか、ライトノベルにしては文章が硬いというか仰々しいというか、独特な文体。私はちょっと慣れるのに時間がかかった。丁寧に書き込まれており、ものすごい情報量。",
  "publisher" : "メディアワークス",
  "score" : "",
  "title" : "狂科学ハンターREI (電撃文庫)",
  "authors" : "中里 融司",
  "date" : "2005-06-10 09:17:36 UTC",
  "isbn" : "4073047639",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "ワタクシ、南方熊楠が研究の拠点として暮らし、その生涯を終えた土地の生まれ育ちでございます。熊楠は郷土の偉人扱いされておりまして、記念館や研究会があったり、小学校の社会の時間にその生涯を学んだり、なぜかNTTの壁画になってたり、いたるところでその名を耳にして育ってまいりました。熊楠が実は地元生まれじゃないってことは既に忘れ去られがちです(笑)。<br>\nそんなわけで、この本に描かれている若き日の話は、地元が出てこないということもあり、非常に新鮮に読むことができました。熊楠の話としてだけでなく、日本の近代史の新しい切り口として読んでも面白い本です。どこまで事実かフィクションか分からないのもまた一興。未完(しかも続きが出る見込みがない)というのが惜しまれます。<br>\nところで、熊楠の顔立ちはなかなか端正。若い頃は美男子だし、老いてからも眼光鋭く格好良い。国際的にも知られていることだし、いつかお札の顔にならないかと楽しみにしているのですが、どうでしょう財務省さん。少なくとも、今度の新札の借金大王さんたちよりは適役だと思われるのですが。それとも逮捕歴あるからやっぱりダメ?(笑)",
  "publisher" : "新潮社",
  "score" : "",
  "title" : "クマグスのミナカテラ (新潮文庫)",
  "authors" : "内田 春菊, 山村 基毅",
  "date" : "2006-12-20 00:35:16 UTC",
  "isbn" : "410145213X",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "正統派エロ本。<br>\nそれでいて、おんなのこの繊細さや残酷さや、自分自身でも制御できない感情のうつりかわりや、そんなあれこれが実に軽やかに書かれている、ある意味では青春小説。<br>\n老人コレクター(男性)からの注文で書かれた小説だというが、現代日本の殿方が読んで面白いものかどうかは正直分からない。",
  "publisher" : "新潮社",
  "score" : "",
  "title" : "小鳥たち (新潮文庫)",
  "authors" : "アナイス ニン",
  "date" : "2007-08-19 13:08:05 UTC",
  "isbn" : "4102159215",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "雑誌「デザインの現場」の特集記事を数号分合わせて書籍化したもの。元になった特集の掲載号の一部も持っているが、その分から判断するに、あんまり手は加わっていない様子。<br>\n祖父江慎がたくさん出ていて嬉しい。",
  "publisher" : "美術出版社",
  "score" : "",
  "title" : "本づくり大全―文字・レイアウト・造本・紙 (新デザインガイド)",
  "authors" : "デザインの現場編集部",
  "date" : "2005-06-11 07:12:18 UTC",
  "isbn" : "4568502071",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "講談社",
  "score" : "",
  "title" : "はじめての言語学 (講談社現代新書)",
  "authors" : "黒田 龍之助",
  "date" : "2006-07-21 22:18:24 UTC",
  "isbn" : "4061497014",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "Dover Publications",
  "score" : "",
  "title" : "Traditional Floral Designs CD-ROM and Book (Dover Electronic Clip Art)",
  "authors" : "Dover, Clip Art",
  "date" : "2007-05-29 01:55:54 UTC",
  "isbn" : "0486995763",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "大学の研究に使う本を買いに行ったつもりが、この本をかかえて帰ってきてしまいました。<br>\n部屋とその窓から見える風景が集められた写真集。実にシュールレアリスムなレアリスムである。世の中には、うんこビルを横目に寝起きしている人もいれば、モザイクのように分割されたスクランブル交差点を覗き込んでいる人もいるのだ。日常は、それを日常としない者の目から見ると、こんなにも不可思議なものだということを見せつけられる。<br>",
  "publisher" : "河出書房新社",
  "score" : "",
  "title" : "東京窓景",
  "authors" : "中野 正貴",
  "date" : "2006-07-21 22:23:27 UTC",
  "isbn" : "4309267912",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "小さな変形版の本。中にはやかんの写真。ひたすらやかんの写真。そしてそのやかんを収集したオッサン2人による真面目なやかん談義が巻末にちょろっと。ジュンク堂の新古本バーゲンセールにて半額以下で釣り上げてきたものだが、こりゃ定価で買わなかったのが申し訳ないほどの当たり本。<br>\n写真にデデンと写っているやかんたちは、どれも風格さえ漂っている。オサレなやかんも正統派のやかんも変わり種のやかんも、みんな「私がやかんです」と言わんばかりに主張している。これってきっと、やかんだからできること。鍋やフライパンには、この安定感は出せまい。やかん素晴らしや。",
  "publisher" : "ロコモーションパブリッシング",
  "score" : "",
  "title" : "やかんの本",
  "authors" : "麻布やかん組合",
  "date" : "2007-09-20 04:07:45 UTC",
  "isbn" : "486212027X",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "材料も道具も揃ってないので見てるだけ。でも、ベースのお酒やアルコール度数などをある程度覚えておくと、夜遊び(笑)の時に便利。<br>\nちなみに、カクテルベースでは、カンパリとかジンみたいな「どことなく薬くさいお酒」が好き。最近はラムにも手を出しつつ。",
  "publisher" : "池田書店",
  "score" : "",
  "title" : "カクテル・ハンドブック",
  "authors" : "",
  "date" : "2005-06-11 07:17:17 UTC",
  "isbn" : "4262120074",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "早川書房",
  "score" : "",
  "title" : "スタープレックス (ハヤカワ文庫SF)",
  "authors" : "ロバート・J. ソウヤー",
  "date" : "2007-09-07 12:54:42 UTC",
  "isbn" : "4150112576",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "実用料理本。つくりおきの本やホームフリージングの本をやたらに買うより、この本1冊の方がきっと一生役に立つ。洒落っけゼロの地味な本だし、情報の掲載の仕方もいまいち整理されていないが、それでも絶対役に立つ。<br>\n副題に「まとめづくりと手早い料理で夕食用意が30分」とあるが、この本はスピード料理の本ではない。むしろ、それなりの手間をかけて丁寧に料理するための本である。相応の準備と段取りさえあればそれが30分で可能になる、というだけの話だ。<br>\n最近、週の半分は人のためにゴハンを作っているので、この本の内容の素晴らしさが身にしみているところ。でもやっぱり肉1kgは一気に買う勇気無いなぁ(笑)。",
  "publisher" : "婦人之友社",
  "score" : "",
  "title" : "魔法使いの台所―まとめづくりと手早い料理で夕食用意が30分",
  "authors" : "",
  "date" : "2007-09-21 17:23:38 UTC",
  "isbn" : "4829201304",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "修士論文の方向性が、どうやらアクセスログ絡みのウンヌンになりそうなので、一通りの基礎知識を付けるために購入。当たり前のことしか書いていないような気もするが、アクセスログ解析について書かれた書籍自体がほとんど存在しない現状では、参照して損はない本だと思う。<br>\n※アクセスログ解析のノウハウがあまり出回らないのって、やっぱりそれでお商売している人が多いせいかしらん……?",
  "publisher" : "翔泳社",
  "score" : "",
  "title" : "アクセスログ解析の教科書",
  "authors" : "(有) いなかどっとコム, 石井 研二",
  "date" : "2006-07-18 02:07:42 UTC",
  "isbn" : "4798107360",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "各小説自体は悪くはないのだが、良くも悪くも内輪受けと思えてしまうのは気のせいか。確かにバカ本なんだけど、SFをなんにも知らない人が読んでもちっとも面白くない本だと思う。",
  "publisher" : "廣済堂出版",
  "score" : "",
  "title" : "SFバカ本 (白菜篇プラス) (広済堂文庫)",
  "authors" : "岬 兄悟, 大原 まり子",
  "date" : "2005-06-11 07:13:06 UTC",
  "isbn" : "4331607178",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "やなぎみわは、初期の頃から大好きな現代美術作家で、昔はよく財布をひっくり返しながら美術手帖を買ったものだった(善良なティーンにとっては1600円は大金)。<br>\n両態具有の老少女たちのおとぎ話。テント姿の砂女という概念が魅力的。これは展覧会を観に行きたかったなぁ、後悔。",
  "publisher" : "青幻舎",
  "score" : "",
  "title" : "Fairly Tale 老少女綺譚",
  "authors" : "やなぎ みわ",
  "date" : "2007-08-19 13:34:07 UTC",
  "isbn" : "4861520983",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "算数は、面白くて、美しくて、奥深くて、難しくて、とてもとてもデリケートでエレガントな学問なのだなぁ。中学校くらいまで数学と算数の2本立てのカリキュラムにしてみても面白いんじゃないかしら、と思わず妄想。",
  "publisher" : "日本評論社",
  "score" : "",
  "title" : "入門 算数学",
  "authors" : "黒木 哲徳",
  "date" : "2005-06-11 07:13:46 UTC",
  "isbn" : "4535783489",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "初めて読んだソウヤーの本。これを皮切りにハマった。<br>\nタイムマシン&恐竜という王道が、独創性たっぷりに書かれている。ストーリーの組み立ての無駄の無さには驚いた。一見関係なさそうな挿話も、最後におさまるべきところにピタッとはまるので、爽快とさえ言える。翻訳も良いので、非常に読みやすい。<br>\nあまり厚くないこともあって、ソウヤー入門にオススメ。恐竜の肉の味を知りたい人にも、もちろんオススメ。レッツサバイバルin中生代!",
  "publisher" : "早川書房",
  "score" : "",
  "title" : "さよならダイノサウルス (ハヤカワ文庫SF)",
  "authors" : "ロバート・J. ソウヤー",
  "date" : "2005-06-11 07:18:04 UTC",
  "isbn" : "4150111642",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "右翼の中の人も大変ですねー。無知な若手を教育するのは骨が折れるでしょうなぁ。ところでこの人たちってどれくらい稼いでるんでしょうね。何せ「速い、確実、高い」がモットーだそうですから。私としては、眺めている分には興味深いけれど、できることなら関わり合いになるのはご遠慮申し上げたいかと。<br>\nところでこの本、文章が下手すぎるので、著者紹介で「天才作家」などと持ち上げるのはやめて下さい……。",
  "publisher" : "イースト・プレス",
  "score" : "",
  "title" : "我々の業界―右翼は総合アウトローサービス業だ",
  "authors" : "武 寛",
  "date" : "2005-06-11 07:14:32 UTC",
  "isbn" : "4872574990",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "『算法少女』というのはそもそも江戸時代の数学書で、町医者の父と娘の共著によるものらしい。この本は、その数学書からインスピレーションを得たフィクションである(一部に実在の人物が登場するが、物語自体は完全な創作)。実際には本名すら分からないらしい『算法少女』著者の父娘に、名前や設定を与えて、このような物語に仕立てたという着想が面白い。<br>\n話の中にいくつか出てくる幾何の問題については、数学的な解説が欲しかった。<br>\nしかしまぁ、ちくま学芸文庫だから仕方ないとは思うが、こんな薄い文庫本が900円ってのはどうもねぇ……。",
  "publisher" : "筑摩書房",
  "score" : "",
  "title" : "算法少女 (ちくま学芸文庫)",
  "authors" : "遠藤 寛子",
  "date" : "2007-09-21 06:34:27 UTC",
  "isbn" : "4480090134",
  "categories" : "本棚.orgを見て買ってしまった本"
},
{
  "comment" : "カンブリア大爆発から、両生類が生まれる頃まで。<br>\nアノマロカリス再現ロボット(ちゃんと泳ぐ)は、是非とも生で見てみたい。",
  "publisher" : "日本放送出版協会",
  "score" : "",
  "title" : "進化の不思議な大爆発 魚たちの上陸作戦 (生命40億年はるかな旅)",
  "authors" : "NHK取材班",
  "date" : "2006-10-17 20:23:57 UTC",
  "isbn" : "4140801727",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "2001年度版から毎年刊行されている、年度別ベストSFガイド。これを読めば前年のSF出版状況と旬の書籍が分かる。水玉螢之丞による表紙が素晴らしい(元ネタにされている作品がいくつ分かるかで最近のSF度がチェック可能??)。ところで、やっぱり略称は「エスよみ」なのか?(笑)<br>\n毎年買ってたけど、今年(2004年)だけ買いそびれてる。今から注文しようかなぁ。<br>\n<br>\n↑以上が[2004\/9\/3 01:55:59]の更新。<br>\n結局、2004年版も9月11日に購入。表紙が水玉さんじゃないのは泣くところだが(持病のメニエールもかなりお悪い時期があったようだし、SFM本誌の連載も最近縮小されてるし、心配です)大森望の「エスエフ大陸の国勢調査」は大笑い。いやー、ランキングだけなら[[http:\/\/mystery.parfait.ne.jp\/wiki\/pukiwiki.php?SF%A4%AC%C6%C9%A4%DF%A4%BF%A4%A4%A1%AA 書評Wiki]]でチェック済みだったんだけど、この国勢調査のために2004年版を買う価値は充分にありましたよ(笑)。<br>\n<br>\n↑以上が[2004\/9\/13 06:46:01]の更新。<br>\n2005年版の感想。<br>\n・私にとっては特にめぼしい特集はなかった<br>\n・最近あまり本誌を読んでいないのでランクインしている本が全然知らん本ばっかり<br>\n・表紙はやっぱり水玉さん希望(涙)<br>\nここ数年すっかり「SFファン」から「元SFファン」になってしまった。最近は戯れにハインラインなんか読んで「やっぱりえぇのぅ」と空遠くを見つめる懐古的ダメSF者の域に達してしまっているからなぁ……。という私の現状を考慮しても、やっぱり2005年版の特集はイマイチだと思うし、表紙は水玉さんカムバーックだと思うのですよ。去年の国勢調査なみに勢いと笑いのある特集希望!<br>\n<br>\n↑以上が[2005\/6\/12 19:08:17]の更新。<br>\n2006年版は、書店で見たものの結局購入には至らず。\n",
  "publisher" : "早川書房",
  "score" : "",
  "title" : "SFが読みたい!〈2001年版〉発表!ベストSF2000 国内篇・海外篇",
  "authors" : "",
  "date" : "2007-08-02 13:58:48 UTC",
  "isbn" : "4152083336",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "初期も初期の作品集。未完作品多し。[[http:\/\/www.gainax.co.jp\/special\/tsuruta\/mail2.html 134ページまでが独学期間]]なのだそうで。\n",
  "publisher" : "講談社",
  "score" : "",
  "title" : "SF名物―鶴田謙二初期作品集 (KCデラックス)",
  "authors" : "鶴田 謙二",
  "date" : "2005-08-04 05:20:10 UTC",
  "isbn" : "4063198464",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "総特集:日本語。石川九楊責任編集。",
  "publisher" : "青土社",
  "score" : "",
  "title" : "ユリイカ2003年4月臨時増刊号 総特集=日本語",
  "authors" : "",
  "date" : "2005-08-22 19:59:59 UTC",
  "isbn" : "4791701046",
  "categories" : "雑誌やムックみたいなもの"
},
{
  "comment" : "「タイトルがネタばれのような気がするが、ソウヤーのことだから簡単に帰着はしないだろうと期待しておく」と読む前には言っていたわけなのですが、全然ネタばれじゃなかった……。<br>\nそれにしても今回は煮え切らない展開が少なくない。<br>\nあれだけカトリックの信仰にこだわっていたメアリが、デザイナーベビーを造ることに何の疑問も抱かないってのはどうよ。遺伝学者だからそのあたりの技術に抵抗がないのかもしれないが、出生前診断以上にデリケートな問題だと思うんだけどなぁ。まぁ、この巻でのメアリは、見ているこっちがびっくりするぐらいにネアンデルタールの世界にどっぷり適応していくわけで、タイトルのハイブリッドというのはある意味メアリのことだと言えなくもない。<br>\nソウヤーの作品は無意味に人が死なないので好きだったのだが、今回は終盤で「こんな展開じゃ無念だ」と思える人物の死が待っている。これはさすがに悲しすぎる。<br>\nで、ラストのオチは……。(しばし沈黙しつつ、)ソウヤーの「広げた風呂敷は全部丸め込んで畳んでみせる」という技は健在だと分かったので良かった。ただ、無宗教と無神論は違うものだし、一神教と多神教だって大きな違いがある。神と呼ばれるものが必ずしも超越した存在とは限らない。そこを考え出すとキリがないのは分かってはいるが、この話は北米大陸が舞台だからこそ成立した話なのだろうということは確かだ。\n",
  "publisher" : "早川書房",
  "score" : "",
  "title" : "ハイブリッド―新種 (ハヤカワ文庫SF)",
  "authors" : "ロバート・J. ソウヤー",
  "date" : "2006-11-20 17:14:11 UTC",
  "isbn" : "4150115354",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "私が持っているのは「デザインの現場」の増刊号なのだが、現在は書籍化されている。書籍版を立ち読みしてみたが、増刊号とは微妙に作りが違うところがあり、ちょっとやられたという感じ。<br>\nタイトルのとおり、紙に関する百科事典という趣。紙の文化誌、現代生活と紙、情報・資料と、3つの切り口から充実した記事を読むことができる。個人的には、書籍の本文用紙に用いられるような紙の話を、もう少し詳しく聞きたかった。<br>\n『[[Leiko:4568502071]]』と併せて読めばなお良し。",
  "publisher" : "美術出版社",
  "score" : "",
  "title" : "紙の大百科 (新デザインガイド)",
  "authors" : "",
  "date" : "2005-06-13 02:30:39 UTC",
  "isbn" : "4568502276",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "授業「ヒューマンインタフェース」の教科書だった。<br>\n著者=授業の担当教官は、私の所属する研究室と相部屋してる研究室の教授——だったのだが、うちの研究室がお引越ししてしまったので、現在は壁を隔てて隣の部屋の研究室の教授。",
  "publisher" : "森北出版",
  "score" : "",
  "title" : "ヒューマンデザインテクノロジー入門―新しい論理的なデザイン、製品開発方法",
  "authors" : "山岡 俊樹",
  "date" : "2005-06-11 06:48:21 UTC",
  "isbn" : "4627955111",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "放送を見られなかったので購入。ちょうど大学生協で平積みにされていたので、全5巻を揃えてしまった。<br>\n内容は、浅めのところをウロウロしている気がするが、一般向け書籍にそこまで深さは求めていないため、これくらいで充分楽しめる。番組で使われたCGの作成過程の話は、蛇足な気がするが。<br>\n装丁はなかなか凝っていて、両面印刷されたカバーが秀逸(書影中央の薄いマンモスさんは、カバー裏面に印刷されたものが透けて見えている、というオサレな仕掛け)。",
  "publisher" : "日本放送出版協会",
  "score" : "",
  "title" : "NHKスペシャル 日本人はるかな旅〈1〉マンモスハンター、シベリアからの旅立ち",
  "authors" : "",
  "date" : "2005-06-11 06:49:22 UTC",
  "isbn" : "4140806230",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "特集:表現力を鍛える!-人を動かすプレゼンの技術<br>\nプレゼンテーションがいかにテクニカルな作業であるかを再認識させられる。",
  "publisher":null,"score" : "",
  "title":null,"authors" : "",
  "date" : "2005-08-04 08:28:44 UTC",
  "isbn" : "4492830138",
  "categories" : "雑誌やムックみたいなもの"
},
{
  "comment" : "[[http:\/\/blog.anilir.net\/?eid=280633 著者が大学に講演しにいらっしゃった]]ので、記念に購入。<br>\n講演会場で購入したので、扉にサインをいただく機会を得た。少しお話させていただいたものの「いやー、私もクラーク好きなんですよ、ははは」と笑ってごまかしただけで終わってしまった……せめてお礼言うとき「テシェッケレデリム」(←私の知っている唯一のトルコ語)って言ったら良かったな。<br>\n<br>\nクラークとかシェフィールドとか小松左京の世界だと思っていた宇宙エレベータ。SFファンの脳裏に建設され続けてきたこの夢の建造物が、ついに現実になるかもしれないという。著者はそのプロジェクトに関わるトルコ人だ。<br>\n『宇宙エレベーター』と冠されてはいるが、それそのものの話は多くない。むしろ、最先端科学のトピックにからめて著者のものの見方をかいま見るための本だと言える。科学書とまではいかないまでもポピュラーサイエンスと呼ばれる分野の書籍を読み慣れている人は、多少物足りなさも感じるかもしれないが、いわゆる科学啓蒙書とは違う書かれ方の本なので、割り切って読むのが吉だろう。比較的簡単な漢字にもルビがふられているので、本の好きな子なら小学生でもすらすら読めると思う。<br>\n著者の視点は、こう言っては失礼かもしれないが、驚くほど素直だ。この本で書かれている世界はいつも美しく、未来はいつも明るい。もちろんただの楽天家ではなく、とても強い心の持ち主なのだろうと思う。どのページからもその強さが伝わってくる。科学に携わる人がこういう人だというのは心強い。<br>\n<br>\n--<br>\nなお余談だが、宇宙エレベータについてもっと知りたいなら、裳華房ポピュラーサイエンスシリーズ『[[http:\/\/www.amazon.co.jp\/gp\/product\/4785386657 軌道エレベータ—宇宙へ架ける橋]]』をおすすめする……と言おうと思ったら、現在品切れなのね。[[https:\/\/www.shokabo.co.jp\/fukkan\/fukkan.html 復刊リクエスト]]しなきゃ……。<br>\n<br>\nさらに余談だが、06年11月1日現在、この書籍のAmazon該当ページの「この商品を買った人はこんな商品も買っています」がトンデモ本に埋め尽くされているのは何故……。\n<li>本当だ。面白いけど困ったもんですね... (増井)\n<li>な、なんだってー。竹内文書という一言がトンデモ本を呼んでいたのか!(違)(Leiko)",
  "publisher" : "大和書房",
  "score" : "",
  "title" : "宇宙エレベーター",
  "authors" : "アニリール・セルカン",
  "date" : "2006-11-12 22:14:21 UTC",
  "isbn" : "4479391398",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "今春から「ひとりぐらし一年生」となる友人への卒業祝い。料理本というリクエストにつき、本屋にて厳選。",
  "publisher" : "家の光協会",
  "score" : "",
  "title" : "ひと目でコツがわかる お料理基本帳",
  "authors" : "爲後 善光",
  "date" : "2007-03-24 23:15:46 UTC",
  "isbn" : "4259561677",
  "categories" : "非表示"
},
{
  "comment" : "大好きな絵本。<br>\n翻訳も素敵で、ちょっとそっけないくらいの日本語が心地よいのです。内容に関しては、あんまり深読みして読まない方がいいと思います。",
  "publisher" : "至光社",
  "score" : "",
  "title" : "あおくんときいろちゃん (至光社国際版絵本)",
  "authors" : "レオ・レオーニ",
  "date" : "2005-08-23 10:10:04 UTC",
  "isbn" : "4783400008",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "あー、なるほど。[[http:\/\/www.hondana.org\/Leiko\/4150115001.html ソウヤーはこれをやりたかったんだなぁ]]と納得。<br>\nハントとダンチェッカーが仲良しこよしになっているのが微笑ましい。完全にコールドウェルの思う壺だなぁ。<br>\n前作よりも御都合主義が鼻につくのが残念。そのせいか、ハント博士にナンパされたイヴォンヌ嬢はその後どうなったんだろうか、などという関係ないことばかり気になる今日この頃。",
  "publisher" : "東京創元社",
  "score" : "",
  "title" : "ガニメデの優しい巨人 (創元SF文庫)",
  "authors" : "ジェイムズ・P・ホーガン",
  "date" : "2007-05-29 03:57:51 UTC",
  "isbn" : "4488663028",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "SFマガジンで菅浩江が取り上げていたのを見て、なんだか急に読みたくなり購入。火星年代記以来ほぼ10年ぶりのブラッドベリだが、当時の読後感がそのままよみがえってくる小説ばかりでほっとした。いつ帰っても変わらずそこにある故郷という感じ。<br>\n<br>\nただ、新装版で購入したのだが、旧版の表紙の方が好きだなぁ。中島梓のミーハー全開の解説も、作品のイメージにそぐわないし。<br>\n……古本屋で旧版探そ。",
  "publisher" : "早川書房",
  "score" : "",
  "title" : "太陽の黄金の林檎 (ハヤカワ文庫NV)",
  "authors" : "レイ ブラッドベリ",
  "date" : "2007-10-03 02:57:28 UTC",
  "isbn" : "4150411077",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "[[http:\/\/horror.g.hatena.ne.jp\/COCO\/20071013\/ これ]]を読んで買ってしまった。黒猫や黄金虫くらいは読んでいるが、そういえばポオの詩は未読だったので。<br>\n活字(しかも旧字体)で刷られた本文に高揚しつつ、詩よりもまず、はしがき(訳者の前書き)にびっくり。\n<li>ポオってアメリカ人だったのか(なぜか勝手にイギリス人かフランス人だと思い込んでいた。なんでだろ)<\/li>\n<li>ポオってロリコンだったのか(27歳の時に13だか14だかの娘さんと結婚ってどーゆーことですか)<\/li>\n肝心の詩の方は、暗いけれどもあまりねちっこくないので読みやすい。青臭くもないので、ハタチを過ぎても読める詩だと思う。ところどころ、いかにも「寂しさを抱えた人が酒と薬に浸っている情景」が感じられるのは、少し痛々しい。<br>\n[[http:\/\/horror.g.hatena.ne.jp\/COCO\/20061016\/p1 ところで岩波さん]]、この詩集は税抜200円台(税込300円きっかり)でしたわよ。実家にあるマクベスはいくらだったっけかな。<br>\nなお、購入したものはAmazonの書影と異なり、崎原操による植物の線画があしらわれた装丁である。",
  "publisher" : "新潮社",
  "score" : "",
  "title" : "ポー詩集 (新潮文庫)",
  "authors" : "エドガー・アラン ポー",
  "date" : "2007-10-17 03:21:53 UTC",
  "isbn" : "410202803X",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "赤川次郎はあのいかにも量産作家な文章やストーリーがどうにも苦手だったりするのだけれど、このシリーズは面白い。よくある「そっくりな双子ネタ」なのだけれど、キャラクターがなかなか個性的で、ストーリーもほどよいドキドキ感+ほどよい安心感。<br>\n脇役だが、セレナーデが得意なテノールの美声のヤクザの大岡さんが好き(笑)。\n",
  "publisher" : "集英社",
  "score" : "",
  "title" : "ウェディングドレスはお待ちかね",
  "authors" : "赤川 次郎",
  "date" : "2005-08-04 05:20:47 UTC",
  "isbn" : "408772560X",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "毎週楽しみにしていた新聞連載の単行本。あの家の窓も、この通りを歩く人も、その街角に佇む人影も、みんなみんなトリックアート。おいしそうなケーキも、宙に浮かぶ陶器の壺も、みんなみんなトリックアート。靴型やコーラ瓶型の電話機などは、本当に欲しくなってしまう。<br>\nこの本の装丁自体も福田氏のトリックアート作品になっているという、お茶目な仕掛け。",
  "publisher" : "毎日新聞社",
  "score" : "",
  "title" : "福田繁雄のトリックアート・トリップ",
  "authors" : "福田 繁雄",
  "date" : "2006-11-24 12:12:14 UTC",
  "isbn" : "4620314595",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "見ているだけでも楽しいです。カタログ的要素が強いので、写真だけではどう遊ぶのか分からんおもちゃもたまにありますが。<br>\n大学の課題で積み木を作ったことがあるので(何の製品でも良かったのだが、うちのグループはおもちゃをテーマにした)子供にも大人にも面白く・シンプルで・色々な遊び方の可能性があるおもちゃを作る難しさを身にしみて実感しているだけに、このような本を見ていると溜め息つきっぱなし&興奮しっぱなしになってしまいます。<br>\n<li>(null)「[[http:\/\/pitecan.com\/Bookshelf\/null\/edit.cgi?isbn=4946483500 naef design - ネフのおもちゃ]]」もいいですよ。\n<li>[[Leiko: Leiko]] おぉ、情報ありがとうございます。柏木博も好きなので、是非とも探してみたいと思います。ネフの積み木は、基尺の計算がものすごく緻密で憧れます。\n",
  "publisher" : "中央公論新社",
  "score" : "",
  "title" : "世界のおもちゃ100選",
  "authors" : "トライプラス",
  "date" : "2005-08-04 05:24:03 UTC",
  "isbn" : "4120033708",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "SFマガジン連載中から欠かさず読んでおりました。他の恩田作品とは一線を画するカル〜いノリが新鮮です。設定の小ネタはなかなかブラック。<br>\n私は大好きな作品なのですが、苦手な人は苦手だろうなぁ……他の恩田作品は好きだけどこれはダメ、っていう人もいそうな作品のような気がします。",
  "publisher" : "早川書房",
  "score" : "",
  "title" : "ロミオとロミオは永遠に (ハヤカワSFシリーズ Jコレクション)",
  "authors" : "恩田 陸",
  "date" : "2005-06-13 02:36:50 UTC",
  "isbn" : "4152084375",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "その昔。私は夏休みの宿題に、この本の読書感想文を書いた。もちろん、抽象的すぎてよく分からん部分やお姉ちゃんとほげほげしている部分は全部テキトーにごまかして、僕の心情がどうのこうのと何やらウケが良さそうなところだけ並べ立て、口当たりの良さげな感想文に仕上げた。困ったことにその狙いは当たりすぎてしまい、校内選考を通り県の選考を通り、全国コンクールまでいってしまった。……選考委員たち、絶対この本を知らないと見た。<br>\nとまぁ、そういう経緯のおかげで私にとってはかなり思い出深い本ですが、よいこのみんなは都合のいいところだけ並べ立てて感想文をでっちあげることはやめましょう(苦笑)。<br>\n短いながらも薄井テイストに満ちているので、薄井ゆうじ入門におすすめ。",
  "publisher" : "講談社",
  "score" : "",
  "title" : "竜宮の乙姫の元結いの切りはずし (講談社文庫)",
  "authors" : "薄井 ゆうじ",
  "date" : "2006-07-21 22:25:42 UTC",
  "isbn" : "4062633531",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "特集:ブックデザイン批判。<br>\n巻頭対談:戸田ツトム+鈴木一誌。",
  "publisher" : "青土社",
  "score" : "",
  "title" : "ユリイカ2003年9月号 特集=ブックデザイン批判",
  "authors" : "",
  "date" : "2005-08-23 04:28:41 UTC",
  "isbn" : "4791701097",
  "categories" : "雑誌やムックみたいなもの"
},
{
  "comment" : "ジャケ買い。美術手帖で見て好きだった作品が表紙だったもので。<br>\nハウスは結構好きだが詳しくはないので、知識が足りなくてちょっとついていけないところもあった。<br>\nしかしこれ、最近の本だと思っていたら、もう10年以上前の本なのね……。",
  "publisher" : "河出書房新社",
  "score" : "",
  "title" : "シミュレーショニズム―ハウス・ミュージックと盗用芸術 (河出文庫)",
  "authors" : "椹木 野衣",
  "date" : "2005-09-24 08:26:43 UTC",
  "isbn" : "4309404286",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "ちょいと気恥ずかしいのだが正直に言うと、この本に収録されている「時尼に関する覚え書」は、私が生まれて初めて読みながら泣いてしまった小説だ。<br>\nだーだー泣いているところに挿絵が横山えいじってのはフクザツだが、まぁしょうがないわな……。",
  "publisher" : "早川書房",
  "score" : "",
  "title" : "恐竜ラウレンティスの幻視 (ハヤカワ文庫JA)",
  "authors" : "梶尾 真治",
  "date" : "2005-06-11 07:20:01 UTC",
  "isbn" : "4150303584",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "アニメを見ていないせいかよく分からないことも多かったが、鶴田謙二ファンなのでストーリーがどうのこうのはあんまり関係なかったりして。この絵とこのテンポの漫画が読めるだけで充分でございます。<br>\nオマケがたくさんついているのが嬉しい。めんこは開封しておりません。\n",
  "publisher" : "講談社",
  "score" : "",
  "title" : "まんがアベノ橋魔法・商店街―アベノの街に祈りを込めて (アフタヌーンKCデラックス)",
  "authors" : "GAINAX",
  "date" : "2005-08-04 05:23:27 UTC",
  "isbn" : "4063345181",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "新聞で著者が取り上げられたときから注目していたが、待望の書籍化。非常に興味深い内容であると同時に、あと10年遅かったら完全に忘れられてしまっていたであろう力を再発見できたこと自体が素晴らしい。<br>\n実は毎月練習中。",
  "publisher" : "宝島社",
  "score" : "",
  "title" : "昔の女性はできていた―忘れられている女性の身体に“在る”力",
  "authors" : "三砂 ちづる",
  "date" : "2005-06-14 23:59:59 UTC",
  "isbn" : "4796641386",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "第41回宣伝会議賞の作品(一次審査通過以上)が、完全公開されている。読んでるだけで面白い。でも厚すぎて読みにくい。小さくて厚い、積み木みたいな本です。",
  "publisher" : "宣伝会議",
  "score" : "",
  "title" : "SKAT.3―SENDENKAIGI AWARD TEXTコピーとハッピーは近い。",
  "authors" : "",
  "date" : "2005-06-14 23:46:23 UTC",
  "isbn" : "4883351068",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "高校の現代文の教科書で読んだのだが、何となく再読したくて購入。切り口はやっぱり面白いと再認識したが、感動や新鮮さは昔読んだ時より薄れたかも。文章はさすが谷崎、流れるような美しさ。<br>\n外国人に受けそうな気がするなぁと思っていたら、やはり英語でも出版されているらしい。",
  "publisher" : "中央公論社",
  "score" : "",
  "title" : "陰翳礼讃 (中公文庫)",
  "authors" : "谷崎 潤一郎",
  "date" : "2005-06-11 07:21:25 UTC",
  "isbn" : "4122024137",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "中国のSFに関してはおそらく唯一にして最も詳解されている本。某SFマガジンでは、たまに非英語圏SFとしてロシアや中国の小説が特集されることがあるが、そういうところから科幻小説に興味を持った人は必読。<br>\n確かに、古代中国から伝えられている物語にはSFテイストを持つ作品が少なくないが、近現代に書かれたものとなると日本ではほとんど知られていないのが惜しい。スローペースでもいいから、作品が紹介される機会が途切れないことを願う。",
  "publisher" : "大修館書店",
  "score" : "",
  "title" : "中国科学幻想文学館〈上〉 (あじあブックス)",
  "authors" : "武田 雅哉, 林 久之",
  "date" : "2005-06-11 07:22:02 UTC",
  "isbn" : "4469231762",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "ストイックすぎないダンディさに満ちた、そしてユーモアも兼ね備えた、とてもとても格好いい詩人でした。立ち姿のなんとも美しい方でした。哀悼の意を。",
  "publisher" : "思潮社",
  "score" : "",
  "title" : "田村隆一 (現代詩読本・特装版)",
  "authors" : "",
  "date" : "2005-09-06 22:27:58 UTC",
  "isbn" : "4783718539",
  "categories" : "雑誌やムックみたいなもの"
},
{
  "comment" : "イラストレーターのハナコさんとサラリーマンのイチロー君の同棲カップルが繰り広げる日常を描いたほのぼの脱力漫画。ブランド物やスポーツの扱いはバブルの時代を彷佛とさせるが、ハナコさんとイチロー君のほどよい関係はちっとも古びていない。",
  "publisher" : "筑摩書房",
  "score" : "",
  "title" : "ハナコ月記 (ちくま文庫)",
  "authors" : "吉田 秋生",
  "date" : "2005-06-11 07:22:50 UTC",
  "isbn" : "4480032126",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "昔「たくさんのふしぎ」という雑誌で、この本が子供向けに書き直されたものを読んだ。不思議な感動だった。大人になってから、本家であるこの新書を読んだのだけれど、あらためて面白かった。<br>\n生物学とは違うのだが、趣味の関係で天文関係の人と会う機会が多くある。そのような人と話をしていると、時間や距離の感覚が狂うことがしょっちゅうだ。「100光年? うわー、近いね〜」「1000万年前かぁ、意外と最近なのね」……100光年先なんて、一生かかったって行けやしない。1000万年前って確かに地学的には新生代だけど、その頃生きていた生物は今では化石だ。でも、それを近いと感じたり遠いと感じたりできる気持ちは、きっと「宇宙の時間」に根ざしているのだろうなと思う。<br>\n生物学という範疇に留まらず、ものの見方が変わる。",
  "publisher" : "中央公論社",
  "score" : "",
  "title" : "ゾウの時間 ネズミの時間―サイズの生物学 (中公新書)",
  "authors" : "本川 達雄",
  "date" : "2005-07-07 20:54:08 UTC",
  "isbn" : "4121010876",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "キレイな部屋で仕事してる人が多いなぁ。外部の人との打ち合わせ場所にも使うとか、資料や書類をなくすと笑い事じゃ済まないからとか、取材のために片付けましたとか、色々事情はあるんだろうが、個人的にはこういうキレイさにはあまり魅力を感じない。かと言って、都築響一の『TOKYO STYLE』みたいなものも微妙に私のストライクゾーンをはずしてるんだけど。<br>\nもっと、生命力に溢れた仕事場が見たい。クリエーターの仕事場と銘打つからには、何かがクリエイトされる場所であるという実感が欲しい。いわゆるセレクトショップに並んでそうな椅子とか、ちょっと風変わりでカワイイ輸入雑貨とか、とりあえず置いてみましたな雰囲気が漂う観葉植物とか、そんなものはもうたくさんだ。<br>\nところで、たとえば『大阪の仕事場』があるとしたら、どんなふうだろう。人の仕事場を見る機会がほとんどないのでよく分からないが、この本に漂うどうしようもない「東京感」は、大阪にも札幌にも名古屋にも仙台にも博多にも那覇にも漂っているものなのだろうか、それともいないものなのか。それが知りたい。",
  "publisher" : "ギャップ出版",
  "score" : "",
  "title" : "東京の仕事場",
  "authors" : "木内 昇",
  "date" : "2005-06-14 14:06:58 UTC",
  "isbn" : "4901594583",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "日本放送出版協会",
  "score" : "",
  "title" : "崩食と放食―NHK日本人の食生活調査から (生活人新書)",
  "authors" : "",
  "date" : "2007-03-19 22:12:16 UTC",
  "isbn" : "4140882050",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "授業「デジタル信号処理」の教科書だった。<br>\nきっとそんなに難しい授業ではなかったのだろうなという気もするのだが、残念ながら私の理解能力の範囲は超えていた。単位も落とした……………。<br>\nフーリエ変換でどんな曲線もsinとcosにできちゃう話なんかは、聞いてるぶんにはとてもエキサイティングなのだが。",
  "publisher" : "昭晃堂",
  "score" : "",
  "title" : "ディジタル信号処理",
  "authors" : "貴家 仁志",
  "date" : "2005-06-10 08:59:45 UTC",
  "isbn" : "4785611944",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "쏎꓃꒿듩꓇냺췑꒹ꓫ꓈ꆢ꒿꓀꓎욫꒷꒤뿍꓋꓊꓃꓆꒷ꓞ꒦꒳꓈꓇꒷ꓧ꒦ꆣ꒢꒯ꓞ꓇ꓢ릵꒨ꓡ꓋ꆢ뿍삸꓎맡뿉컁꓈꒷꓆쮵ꓩ꓋꓉꒦꒾ꆣ",
  "publisher" : "角川書店",
  "score" : "",
  "title" : "悪魔の辞典 (角川文庫)",
  "authors" : "アンブローズ ビアス",
  "date" : "2005-06-11 07:25:55 UTC",
  "isbn" : "4042364012",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "えーと、これは小説……?<br>\n近未来のビジネス展望はともかく、どうでもいいライフスタイル描写がうっとうしい。着眼点は悪くないのだから、もうちょっと面白い本に出来そうなのにねぇ。2010年の未来予測の本を2003年に出版する根性にも驚き。まぁそれを2005年に買った私がいるわけだが……。<br>\n2010年に「7年前の人はこんなことを考えてたのかぁ、へぇ〜」と笑い飛ばすためのネタとしてどうぞ。ちなみに文体が小説の文章ではないため、ストーリーを読むのは力技ですぞ。<br>\n<br>\n参考<br>\n[[http:\/\/www.seikatsusoken.jp\/futuretimeline\/index.php 博報堂の未来年表]]<br>\n[[http:\/\/www.nri.co.jp\/publicity\/2010\/nenpyou.html 野村総研の未来年表]]",
  "publisher" : "阪急コミュニケーションズ",
  "score" : "",
  "title" : "亜州未来図2010―4つのシナリオ (博報堂フォーサイトブックス)",
  "authors" : "博報堂フォーサイトチーム",
  "date" : "2006-11-16 20:20:50 UTC",
  "isbn" : "448403221X",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "特集:はっぴいえんど。",
  "publisher" : "青土社",
  "score" : "",
  "title" : "ユリイカ2004年9月号 特集=はっぴいえんど 35年目の夏なんです",
  "authors" : "",
  "date" : "2005-08-23 10:10:57 UTC",
  "isbn" : "4791701232",
  "categories" : "雑誌やムックみたいなもの"
},
{
  "comment" : "心がゾクゾクではなくてザワザワする短編集。ネタはどれもブラックなのだが、そのブラックがほんの少しセピアがかって感じられるのが心地よい。あかんたれでどうにもしょぼいがなぜか憎めないオッサンがよく登場するが、その人物造形は何となくらも氏本人を想起させる。しかしほんと、人間模様というものをよく見ている人だなぁ。サラサラ書いていそうに見える小説かもしれないけれど、なかなかそんなに簡単に書けるタイプのものじゃないよ。<br>\nもっとこんな世界を見せてほしかったのに、頭打って死んじゃうなんて、らものバカバカバカ。",
  "publisher" : "講談社",
  "score" : "",
  "title" : "白いメリ-さん (講談社文庫)",
  "authors" : "中島 らも",
  "date" : "2005-08-23 03:21:16 UTC",
  "isbn" : "4062635771",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "大和証券のCSRの一環で、学生・教育関係者の先着500名に無料配布されたものを入手成功。申し込みから一週間弱で到着、さすが迅速。<br>\nなんかもう、気持ち悪いくらいリアル。日本の高校生が学ぶ公民科目は原理中心で、ややもすれば理想論に傾きがちだが、これはとにかく現実と実践の連続である。<br>\n特に、社会のいわゆる「負の側面」と言われがちな様々な現象が、経済がどのように動くことでおこっているのかということについて、淡々と説明されている。人の「勝ち負け」の激しい国ならではの構成だと感じた。そんでもって、まぁこの本で学ぶ層というのはおそらく「勝ち組」寄りの家柄の子供たちなわけで……と考えると、かの国にまつわる不可思議なあれこれが納得できるようなできないような。<br>\n本物の教科書の翻訳なので、文字組や全体構成は実に教科書チック。各節の終わりには、用語解説をせよといった論説問題まで設けられている。自分で読むというより、誰か詳しい人に講義してもらいながら読みたい気分。<br>\n経済用語辞典としても使えそう。",
  "publisher" : "WAVE出版",
  "score" : "",
  "title" : "アメリカの高校生が学ぶ経済学 原理から実践へ",
  "authors" : "ゲーリーE.クレイトン, 大和総研教育事業部",
  "date" : "2006-06-08 00:15:59 UTC",
  "isbn" : "4872902343",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "たくさんのふしぎ『分類ごっこ』が大好きだった子供は、やがて大きくなり、気がつけば大学院でデータクラスタリング絡みの研究に手を付けていたのでした。って、そりゃ私のことである。色んな分け方を見つけることを面白いと感じる性格は、小さい時から変わっていないみたい。分けるのが楽しいんじゃなくて、分け方を見つけるのが楽しいの(でも自分自身は、いつも分けられない道ばかり歩いてるんだけど)。<br>\nこの本には、その「色んな分け方」にまつわるあれこれが書かれている。そんなわけでとても面白かった。こんな面白い本は久しぶりなのでとても嬉しい。「分ける」ことを人とのコミュニケーションに生かすという展開はやや蛇足に感じたが、異分野の人たちと議論を持つ機会の多い私にとっては、著者の主張自体はどれも納得させられるものだった。<br>\n私の生まれた年に初版が出された本だが、古さは全く感じない。おすすめ。",
  "publisher" : "講談社",
  "score" : "",
  "title" : "「分ける」こと「わかる」こと (講談社学術文庫)",
  "authors" : "坂本 賢三",
  "date" : "2007-01-22 02:43:47 UTC",
  "isbn" : "4061597671",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "魂の存在とくれば、いかがわしい精神世界の話に行ってしまうと思いきや、脳を完全にスキャンして複製したAIの話になり、ハードSFかと思いきや、そのAIが殺人をおかすというミステリになり……とにかくこれでもかこれでもかとアイディアが詰め込まれていきますが、決して読者を混乱させることのない見事なストーリーテリングを堪能できます。<br>\nソウヤーの作品群の特徴として、主人公のごく個人的な環境(主に家族のこと)が次第にストーリー本筋に深く関わっていく、というパターンがありますが、この作品でも主人公夫婦の関係が非常に重要なポイントとなっています。<br>\nSFファンにもミステリファンにもおすすめ。",
  "publisher" : "早川書房",
  "score" : "",
  "title" : "ターミナル・エクスペリメント (ハヤカワSF)",
  "authors" : "ロバート・J. ソウヤー",
  "date" : "2006-07-14 18:51:38 UTC",
  "isbn" : "4150111928",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "小学生の時だったか中学生の時だったか、フリマで全巻一気買いして、風邪引いた時に布団の中なんかで、ちびちび読んだ。最初は辰宮洋一郎が主人公だと思って読んでいたら、全然違う方向になっちゃって、なんかよく分からんまま読了した記憶が。<br>\nで、高校の時に何故か再燃して、まわりの知人を巻き込んで土師金鳳に萌えまくった……(誤解されるとアレなので注記しておきますが、私はやまなしおちなしいみなしの世界を受け付けられない人です、念のため)。<br>\n昭和が64年で終わってしまった今となってはあんまりゾクゾクできない部分もありますが、裏歴史とか架空戦記のノリで読めばよいのではないかな。<br>\n読了挫折した人も多い本だと思いますが、土師金鳳が登場してからはある意味コメディなので、途中を省いて最後あたりだけ読んでゲフゲフ笑うのもよいのではないかと……。<br>\nそういえば映画も漫画も見ていないけど、まぁいいや。",
  "publisher" : "角川書店",
  "score" : "",
  "title" : "帝都物語〈1 神霊篇〉 (角川文庫)",
  "authors" : "荒俣 宏",
  "date" : "2005-06-11 06:55:03 UTC",
  "isbn" : "4041690013",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "家が動くかどうかはどうでもいいです。どんでんがえしは別のところにあるのです。<br>\nいやー、その「どんでんがえし」には騙されました。伏線なんて考えながら読んでないしなー。トリックとしては古典的なんですけどねー(歌野作品のトリックは古典的なものを上手に使ったものが多いみたいですね)。",
  "publisher" : "講談社",
  "score" : "",
  "title" : "動く家の殺人 (講談社ノベルス)",
  "authors" : "歌野 晶午",
  "date" : "2005-06-14 14:03:24 UTC",
  "isbn" : "4061814214",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "質問文を見て、軽やかな人なのだなぁと思う。そして、軽やかなだけではなく、人間くささの見つめ方が独特な人なのだなぁと思う。それはつまり、谷川氏の書く詩から受ける印象と同じだ。一見抽象的な質問でありながら、回答やそこから繰り広げられる話に、それぞれの回答者の性格や生い立ちがびっくりするほど表れているのも、とても興味深い。<br>\nところで“谷川俊太郎の33の質問”でググってみたら「私も答えてみました」と称して自分の回答を並べているサイトが結構多いのだが、この本の醍醐味は、谷川俊太郎と回答者との対談部分にあるのであって、いわゆる100の質問系な使い方がされていることには抵抗を感じる。一人で答えて満足してるのを見ても、あんまり面白くないんだよね……一人で公開することが前提の100の質問ならともかく。",
  "publisher" : "筑摩書房",
  "score" : "",
  "title" : "谷川俊太郎の33の質問 (ちくま文庫)",
  "authors" : "谷川 俊太郎",
  "date" : "2008-02-06 10:56:31 UTC",
  "isbn" : "448002042X",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "秋山氏の著作は全て同じ時間軸上で繰り広げられているが、単品でも楽しめる。この短編集には、ペリペティアのようなドタバタ風味とは作風の異なる、読後感の良い佳品が並ぶ。",
  "publisher" : "朝日ソノラマ",
  "score" : "",
  "title" : "天象儀の星 (ソノラマ文庫)",
  "authors" : "秋山 完",
  "date" : "2005-06-14 23:44:52 UTC",
  "isbn" : "4257769025",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "ニュートリノ観測所から始まる物語。どうせならスーパーカミオカンデを舞台にしてくれれば……という日本人のぼやきは置いておくとして(笑)。<br>\n丁寧に取材された最新の科学と、全ての事象が無駄なく絡み合うプロット。ソウヤーならではの作風です。展開と構成の巧みさは、ご都合主義だとかツッこむ間もないほど。そんなにうまくいくわけないじゃんと斜に構えずに、素直におもしれぇなぁと楽しむが吉でしょう。<br>\n前半、ソウヤーらしい伏線がいくつか張られています。おそらくソウヤー作品を読んだことのある方なら「これが伏線だな」と気付くでしょうが、もちろん物語が進むにつれて、期待に違わぬ収束を見せてくれます。<br>\n<br>\nところで、このシリーズは無事に3部作全巻が邦訳されているわけですが、<b>恐竜ダーウィン少年と恐竜フロイト博士はまだですか。<\/b>",
  "publisher" : "早川書房",
  "score" : "",
  "title" : "ホミニッド-原人 (ハヤカワ文庫SF)",
  "authors" : "ロバート・J. ソウヤー",
  "date" : "2006-11-06 13:52:38 UTC",
  "isbn" : "4150115001",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "本を切り抜いてそのまま作れるようになっていますが、別紙に写したもので作る方が、失敗してもOKだし、好みの紙で作れるので、良いと思います。まぁ、写す作業は下手をすると組み立てる作業より面倒なんですが。<br>\n折り紙建築は、大学で創作課題が出たことがありますし、知人の誕生日プレゼントに作ったりもするんですが、なかなか難しいんですよね。色々と紙をこねくりまわしてきて思ったことは「完成型が美しいものは型紙も美しい」←これに尽きるのではないかと。実際この本は、作らずに型紙だけ眺めていても惚れ惚れします。\n",
  "publisher" : "彰国社",
  "score" : "",
  "title" : "折り紙建築型紙集―オリガミック・アーキテクチャー パターン・ブック",
  "authors" : "茶谷 正洋",
  "date" : "2005-08-04 05:25:43 UTC",
  "isbn" : "4395270123",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "装幀は祖父江慎。ブラボー。",
  "publisher" : "ぶんか社",
  "score" : "",
  "title" : "人達 (Bunkasha comics)",
  "authors" : "とり みき",
  "date" : "2005-08-22 22:25:45 UTC",
  "isbn" : "4821194449",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "柏葉幸子の作品のキャラクターは基本的にマトモな人がゼロといってよいのですが、この本もご多分に漏れず。ヒポクラテスの素敵なひねくれっぷりは必見。<br>\n私が、ケイトウという言葉を聞くと今でも、もの悲しさのような切なさのような懐かしさのような不思議な感覚を感じるのは、たぶんこの本のせい。低気圧が近付いてくると関節がしくしくうずくのは……この本のせいじゃなくて、私の体にガタが来ているだけかしらん(苦笑)。",
  "publisher" : "講談社",
  "score" : "",
  "title" : "地下室からのふしぎな旅 (講談社文庫)",
  "authors" : "柏葉 幸子",
  "date" : "2005-08-23 03:41:00 UTC",
  "isbn" : "4061833588",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "パーツの一部がディップアートで作られたアクセサリーをいくつか持っているのですが、カジュアルに使えてなかなか重宝しております。自分でもやってみたいと思っているものの、材料など色々と投資が必要なので、現時点ではこの冊子を眺めているのみ。",
  "publisher" : "雄鶏社",
  "score" : "",
  "title" : "ディップアートで作るアクセサリー (きっかけ本)",
  "authors" : "",
  "date" : "2006-03-12 00:27:32 UTC",
  "isbn" : "4277490158",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "石風社",
  "score" : "",
  "title" : "こんな風に過ぎて行くのなら",
  "authors" : "浅川 マキ",
  "date" : "2007-05-27 16:13:39 UTC",
  "isbn" : "4883440982",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "もともと蒸し器はけっこう使う。蒸籠じゃなくて簡易蒸し器だけど。電子レンジなるものを持っていないので、豚まん(not肉まん)を蒸かすのも、かぼちゃなんかのつけあわせを作るのも、全部蒸し器。<br>\nこの本のレシピはどれも洒落ていて、材料を揃えるのが難しそうなものもあったりするのだが、蒸気に包まれた食材を眺めるシアワセ(そう、眼鏡が曇るのも含めてシアワセなんだよね)に満ちていて「そうだ、何か、蒸そう」という気分にさせてくれる。<br>\nとりあえず、おいもさん程度から始めてみよう。<br>\n<br>\n↑以上【2006\/1\/5 23:08:59】の更新。<br>\n蒸籠買いました! と言っても、100円ショップで売ってる点心用(直径15cmくらい)ですが。でもねでもね、簡易蒸し器では得られない極上のシアワセ感が、そりゃあもう湯気と一緒にもわもわと浮かび上がるのです。<br>\n1日3食スチームフードだぜってなくらい、もう何でもかんでも蒸しまくってます。ビバ蒸籠!<br>\n#もう1個買って2段にして使おうかと画策中。<br>\n<br>\n↑以上【2006\/3\/5 21:41:21】の更新。<br>\nその後、蒸籠を買い増しました。2段が実現。<br>\nでもそういえば、そのへんのものを単に蒸すだけで満足してしまって、この本のレシピは何も試していない気がするぞ……。",
  "publisher" : "柴田書店",
  "score" : "",
  "title" : "スチームフード",
  "authors" : "長尾 智子, 福田 里香",
  "date" : "2006-07-14 20:04:24 UTC",
  "isbn" : "4388059196",
  "categories" : "本棚.orgを見て買ってしまった本"
},
{
  "comment" : "買い物袋の製図が知りたかったので。<br>\n手縫いでちくちく気長にやってます。",
  "publisher" : "ブティック社",
  "score" : "",
  "title" : "ナチュラル素材で作る布こもの―リネンとコットン、そしてウールを少し使って作る雑貨感覚の布こもの集 (レディブティックシリーズ―ソーイング (2366))",
  "authors" : "",
  "date" : "2006-01-05 23:19:51 UTC",
  "isbn" : "4834723666",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "世界を渡る素敵な工学者になるには、言語と宗教と哲学についての造詣が必要である。と、よその大学から集中講義しにいらっしゃったセンセイに聞いた。<br>\nで、世界を渡る素敵な工学者になる予定はないのだけれど、感化されやすくて道草大好きなアタシは今、この本を読んでいるわけである。<br>\n<br>\n哲学——それは、近いところまでは何度も来たけれど、一所懸命見て見ぬふりをしてきた分野。だって、ここに手を出したが最後、なんだかよくはわからないのだけれどとんでもないことになってしまいそうな気がしていたのだ。<br>\nそういえばデリダの訃報を聞いたとき、避けてたけどそろそろ手を出すかぁと一瞬思ったりもしたっけ。そのときはそれっきりだったのだけれど、何故か今回は「おぉ、今が手を出すときだ」と目覚めてしまった。<br>\nしかし哲学と言ってもよく分からん。分野や学派はおろか、どんな人がいるのかも分からない。そこで哲学史の本を選んだ。この本は最近出たばかりだし、ネットサーフィンした限りでは評判も非常にいい。<br>\n<br>\nそんなわけで読み始めてみたものの、内容が難しいとかいう以前の段階でつまづいてしまった。アナクシマンドロスがアルケーとしたものはアペイロンである、とか言われても、正直言ってどれが人名かすら判別できないのよ。自慢じゃないけどアタクシ、ずぶの素人ですもの。<br>\n最初は格闘(それもかなり劣勢)していたが、巻末の索引と年表を駆使し、メモを取りながら読むことで、少しは読み進められるようになってきた。と言っても、1回本を開くたびに見開き2ページ読むのがやっとだが(ページをめくる前に一息入れないと身が持たない)。<br>\n<br>\n今のところ分かったこと。<br>\n哲学ってのは想像以上に理系な学問だということ(何で哲学科って文学部にあるんだろう)。<br>\n何となく、哲学というのは考えても考えても答えが出ないことを延々と考えている、というイメージがあったのだが、どうもそういうわけではないようだということ。<br>\nどうも西洋哲学の世界には「神」というものがどーんとのしかかっているらしいということ。特にキリスト教ののしかかりっぷりは凄そうだ。<br>\n<br>\nずっと予感していたとおり、なんだかよくはわからないのだけれどとんでもないことになってしまった。でも哲学って面白い、だからとりあえず良かった。<br>\nなお、もうすぐ近代以降編が出るらしい。乗ってしまった舟なので、続巻もおつきあいするつもりだ。<br>\n<br>\n以上が[2006\/9\/18 02:18:51]の更新。<br>\nその後、[[http:\/\/www.hondana.org\/Leiko\/4004310083.html 続刊]]買いました。",
  "publisher" : "岩波書店",
  "score" : "",
  "title" : "西洋哲学史―古代から中世へ (岩波新書)",
  "authors" : "熊野 純彦",
  "date" : "2006-10-02 10:03:05 UTC",
  "isbn" : "4004310075",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "面白い題材だとは思うのだが、とにかく書き方が偉そーなのが鼻につく。著者の自慢話としか思えない挿話が随所に出てくるのもうっとうしい。しかも人の文章を引用しすぎ。<br>\nとにかく日本仏教の現在のあり方への批判ばかりで、ブータン仏教のことは全然分からなかった。これでは、ブータン仏教から見た日本仏教ではなく、著者の目から見た日本仏教である(特に前半部にその傾向が顕著)。<br>\n偉そーな文体を改めて、自慢話は全部削除して、引用は最低限におさめて、ブータン仏教についてもきちんと解説された改訂版が読みたい。",
  "publisher" : "NHK出版",
  "score" : "",
  "title" : "ブータン仏教から見た日本仏教    NHKブックス",
  "authors" : "今枝 由郎",
  "date" : "2006-05-15 23:40:59 UTC",
  "isbn" : "4140910321",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "わかりやすいです。表題に偽り無し。<br>\n初心者を脱した人も、持っていて損はないと思います。教本というより辞書といえる本。",
  "publisher" : "文化出版局",
  "score" : "",
  "title" : "わかりやすいかぎ針編みの基礎とコツ",
  "authors" : "小瀬 千枝",
  "date" : "2006-08-03 23:24:46 UTC",
  "isbn" : "4579108175",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "河出書房新社",
  "score" : "",
  "title" : "フィネガンズ・ウェイク 1 (河出文庫)",
  "authors" : "ジェイムズ・ジョイス",
  "date" : "2007-02-28 00:09:28 UTC",
  "isbn" : "4309462340",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "大学生協で衝動買い。",
  "publisher" : "紀伊國屋書店",
  "score" : "",
  "title" : "あったかもしれない日本―幻の都市建築史",
  "authors" : "橋爪 紳也",
  "date" : "2005-11-18 05:07:18 UTC",
  "isbn" : "4314009985",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "面白いことは面白いが、期待したより面白かったかと言われるとちょっぴり期待外れ……。<br>\n特に絵が、悪い意味で「CGっぽい」のが気になる。この絵のおかげで、本全体が妙に嘘臭く安っぽい作りに見えてしまうのは気のせいだろうか。考証や裏付けについても「もう一声」という感じ。<br>\nいわば「設定資料集」だと割り切って、ビジュアルを楽しむだけならいいかもしれない。しかしそれ以上の何かを求めているなら、地球の長い午後系のSF小説にでも手を出した方が充実した時間を過ごせる気がする。",
  "publisher" : "ダイヤモンド社",
  "score" : "",
  "title" : "フューチャー・イズ・ワイルド",
  "authors" : "ドゥーガル・ディクソン, ジョン・アダムス, 松井 孝典, 土屋 晶子",
  "date" : "2005-08-22 20:29:45 UTC",
  "isbn" : "4478860459",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "岩成達也の詩は、現代詩手帖で読んで惚れ込んだ。詩集で読むのははじめて。",
  "publisher" : "書肆山田",
  "score" : "",
  "title" : "(ひかり)、……擦過。",
  "authors" : "岩成 達也",
  "date" : "2006-11-17 13:06:39 UTC",
  "isbn" : "4879955744",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "シャトルの窓から見える風景、トイレの仕方も食事の取り方も、はたまた宇宙飛行士の給料まで、宇宙飛行士についてのあらゆる疑問を解消できます。『[[Leiko:4150502323]]』と合わせてどうぞ。",
  "publisher" : "早川書房",
  "score" : "",
  "title" : "宇宙からオーロラは見えるの?―宇宙飛行士が答える380の質問 (ハヤカワ文庫NF)",
  "authors" : "R.マイク ミュレイン",
  "date" : "2005-08-21 04:04:29 UTC",
  "isbn" : "4150502536",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "特集:藤森照信 建築快楽主義。<br>\n藤森さんってヤクザな人(←褒め言葉)だなぁ。中沢新一との対談が特に素敵。",
  "publisher" : "青土社",
  "score" : "",
  "title" : "ユリイカ2004年11月号 特集=藤森照信 建築快楽主義",
  "authors" : "",
  "date" : "2005-08-04 12:37:13 UTC",
  "isbn" : "4791701267",
  "categories" : "雑誌やムックみたいなもの"
},
{
  "comment" : "三行一連の短い詩が並ぶ。<br>\n現代詩手帖の谷川俊太郎特集でこの形式の作品を目にしてから、まとめて刊行されることを楽しみにしていた。こうして刊行されて読んでみると、あらためてその言葉に引き込まれる。<br>\n英訳も収録されているが、文法や単語の発音の違いによって生まれる印象の差異が面白い。驚くことは、辞書がいらないことだ。単語力の無さには自信(?)があるつもりの私であるが、ほとんどすらすらと読める。そこで初めて気付く、元の日本語の平易さに。なにか宇宙の果てを見てきたような、なにかたった今まで深海に佇んでいたような、そんな空気が、こんなにも平易な日本語で綴られていたことに驚く。",
  "publisher" : "思潮社",
  "score" : "",
  "title" : "minimal",
  "authors" : "谷川 俊太郎",
  "date" : "2005-06-14 23:44:01 UTC",
  "isbn" : "4783713235",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "土曜美術社出版販売",
  "score" : "",
  "title" : "現代中国少数民族詩集 (新・世界現代詩文庫)",
  "authors" : "",
  "date" : "2007-12-26 14:54:43 UTC",
  "isbn" : "481201347X",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "インテリの猥談。皆さま非常に真剣で、素直に面白い一冊に仕上がっている。<br>\n「マルキ・ド・サドは順列組み合わせ」という指摘には大納得(笑)。",
  "publisher" : "文藝春秋",
  "score" : "",
  "title" : "オン・セックス―鹿島茂対話集 (文春文庫)",
  "authors" : "鹿島 茂",
  "date" : "2007-11-14 02:57:11 UTC",
  "isbn" : "4167590050",
  "categories" : "本棚.orgを見て買ってしまった本"
},
{
  "comment" : "優れた作品だと思う。既に何度も読んだし、これからも折に触れて手に取ることになる本だろう。<br>\nでも何かが引っ掛かる。引っ掛かるのだが、その理由が分からない。と首をひねっていたところ、Amazonカスタマーレビューにある「好ましい被害者」と題されたレビューを読んで、やっと腑に落ちた。私の感じた違和感のようなものは、そのレビュアー氏の主張におそらく概ねイコールである。",
  "publisher" : "双葉社",
  "score" : "",
  "title" : "夕凪の街桜の国 (アクションコミックス)",
  "authors" : "こうの 史代",
  "date" : "2005-07-07 11:22:38 UTC",
  "isbn" : "4575297445",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "八犬伝の原文。古文と言っても江戸時代の文章だからそれほど難しくありません。このテンポの良さは抄訳本では味わえないので、原文にチャレンジする価値はありますよ。口に出して読むとなお良し。芳流閣のシーンなんか暗記するほど読んだもんなぁ。<br>\n1巻の最初はひたすら房総の歴史だのお殿さまの身の上だの白龍がどうのこうのだのという話が続くので、犬士を出せやコラァと思ったら適当に飛ばしちゃいましょう。そもそも完結まで28年かかって細切れで出版された本なので、途中から読んでもそれなりに大丈夫です(テキトーに抄訳本を1冊読んでおくと、話のつながりも分かるし)。<br>\n波瀾万丈のストーリー、古典文学なのにキャラクター小説。とにもかくにも王道娯楽小説です。",
  "publisher":null,"score" : "",
  "title":null,"authors" : "",
  "date" : "2005-07-07 11:32:41 UTC",
  "isbn" : "4003022416",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "江戸川乱歩と萩原朔太郎という豪華キャストで送るミステリ。入り組んだ構造だけれども破綻していなくて素晴らしい。<br>\n私の地元が舞台なので時折ツッコミ入れつつ(笑)。",
  "publisher" : "光文社",
  "score" : "",
  "title" : "死体を買う男 (光文社文庫)",
  "authors" : "歌野 晶午",
  "date" : "2005-08-04 12:39:03 UTC",
  "isbn" : "4334720048",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "矢川澄子の遺作。<br>\n読了して思い返してみれば、少女を過ぎてからのアナイスについてもう少し詳しければ、違う読み方ができたかなと思う。予備知識としてはせいぜい、ヘンリー・ミラーと関係があったという程度しか知らなかったので。",
  "publisher" : "河出書房新社",
  "score" : "",
  "title" : "アナイス・ニンの少女時代",
  "authors" : "矢川 澄子",
  "date" : "2005-08-23 04:02:21 UTC",
  "isbn" : "4309014658",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "2・3級を1冊でカバーできるので、おトクだと思って購入。実際、この本で勉強するだけで、無事に3級(2002年秋期)2級(2004年春期)にそれぞれ一発で合格できたのだが、本自体の出来にはちょいと疑問。<br>\n色彩の本だというのに本文は2色刷り。カラーの口絵もあるにはあるが、必要最低限という感じ。色名を覚えるためのカラーチャートも別刷りで、そのチャートを本文の解説ページに切り貼りせねばならない(1cm×1cmほどのカラーチップを何十枚も切り貼り……)。おまけに、切ってから気付いたのだが、チャートにあるのに本文に解説がない色が結構あった。<br>\n時々誤植があったりもするし、それがよりによって問題の解答の番号だったことも。<br>\nまぁ、チャートを切り貼りしているうちに色名をあらかた覚えることができたし(やはり手を使うというのは重要っスね)誤植に気付けたということは自分の知識が高まっている証拠とも考えられる。と、無理して褒めるのもアホらしいのだが、もう合格したからどうでもいいや……。<br>\n現在は、試験内容が一部改定されているので、検定対策としてはもう役に立たない本だと思われます。",
  "publisher" : "ナツメ社",
  "score" : "",
  "title" : "ひとりで学べる色彩検定2級・3級試験",
  "authors" : "岩井 ますみ",
  "date" : "2006-11-12 22:12:35 UTC",
  "isbn" : "4816332294",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "女性の詩人はどちらかというと苦手なのだが、多田智満子や左川ちかあたりは好きだ。女性の紡ぐ硬質な言葉が好きということか。",
  "publisher" : "書肆山田",
  "score" : "",
  "title" : "川のほとりに",
  "authors" : "多田 智満子",
  "date" : "2007-09-13 22:27:56 UTC",
  "isbn" : "4879954322",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "昔、この本の単行本版を図書館で借りて読んで、思わず新約聖書をひっぱりだしてヨハネの黙示録を一気読みした記憶が……。ストーリーやキャラクターより、イナゴの大群が何より心に残ってしまった本。<br>\n古本屋で文庫版を発見したので、懐かしくて衝動買い。でもまだ再読してません。イナゴ……。",
  "publisher" : "ベネッセコーポレーション",
  "score" : "",
  "title" : "ふしぎをのせたアリエル号 (福武文庫)",
  "authors" : "リチャード ケネディ",
  "date" : "2005-06-14 23:32:28 UTC",
  "isbn" : "4828857575",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "超能力者という生き方。真実かトリックか・信じるか信じないか、といったことはここではどうでもいい。<br>\n清田氏の両親の話が非常に興味深かった。\n",
  "publisher" : "角川書店",
  "score" : "",
  "title" : "職業欄はエスパー (角川文庫)",
  "authors" : "森 達也",
  "date" : "2005-08-04 05:22:42 UTC",
  "isbn" : "4043625022",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "恐竜の世界に響く金色の電話のベルという、センス・オブ・ワンダーに満ち溢れたオープニングから、後半の階梯の描写まで、とにかく圧倒される。通読して、それからエピローグ(その2)を思い返して、号泣。まさに名作。<br>\nSFマガジンの500号記念での国内作品オールタイムベスト1位。",
  "publisher" : "角川書店",
  "score" : "",
  "title" : "果しなき流れの果に (角川文庫 緑 308-6)",
  "authors" : "小松 左京",
  "date" : "2005-06-13 02:31:23 UTC",
  "isbn" : "4041308062",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "鬼外カルテシリーズ。<br>\n福内鬼外といえば、江戸時代の<b>あの<\/b>有名人なわけで、その彼が一応主人公なのだが、別に時代物というわけではなく、あくまでも現代物で、何なんだと聞かれれば、まぁファンタジーのお話と答えておきましょう。<br>\nこのシリーズ、『Shiranami〜白波〜』までは所有、『さとり宿の主人』と『マチビト』は立ち読み済み、それ以降はご無沙汰しております。",
  "publisher" : "新書館",
  "score" : "",
  "title" : "水中童子 ─ 鬼外カルテ (1) (ウィングス・コミックス)",
  "authors" : "碧也 ぴんく",
  "date" : "2005-06-14 23:40:35 UTC",
  "isbn" : "4403613837",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "(1)簡単な編み方でできる<br>\n(2)「いかにも手編み」なデザインじゃない<br>\n(3)基本の形が編めれば色々なバリエーションが展開できる<br>\n張り切って妙に凝ったものを作るよりは、このくらいのシンプルなものの方が編みやすいし着回しやすいのでは。小物からスーツまで載っていますが、格別難しそうなものはありません。あとは予算と根気があればいいだけ〜。<br>\n<br>\nただいま、生成りコットンのスラブ糸でプルオーバー編んでます。",
  "publisher" : "実業之日本社",
  "score" : "",
  "title" : "はじめての手作り かぎ針編みのセーターと小もの 旬アイテムがやさしく編める!",
  "authors" : "",
  "date" : "2006-09-17 21:53:34 UTC",
  "isbn" : "440840330X",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "子供向けだが大人でも読みごたえがある、ということで、企画的には理論社の「よりみちパン!セ」と似たようなシリーズ。<br>\n食のタブーがある宗教の話を聞くたびに、そういうめんどくさいところに生まれなくて良かったと思っていた。しかし、食べてはいけない・食べられないというのは、そういうめんどくさいものだけではなく、もっと生活や文化に根ざした話なのだということがよく分かった。肉もどきの食材を食べるベジタリアンと、それを文化的に必要としないベジタリアンの違いの話など、非常に興味深い。<br>\n私自身は、鯨も海豚もウツボも食べ物だと思っているが、どうやらそれらを食べるなんてとんでもないと思う人の方が多そうだ。逆に、成長した昆虫のように外骨格(特に足の部分)が歯の間でシガシガしそうな奴は、できればご遠慮したいかな(ハチノコなど芋虫系なら食べてみたい)。<br>\nとても面白く読めたのだが、若干取材が甘いのが気になった。特に、Wikipediaからの引用はやめたほうがいいと思うけど。",
  "publisher" : "白水社",
  "score" : "",
  "title" : "食べてはいけない! (地球のカタチ)",
  "authors" : "森枝 卓士",
  "date" : "2008-02-05 19:06:01 UTC",
  "isbn" : "4560031746",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "『[[Leiko:4048527622]]』との併読がおすすめ。",
  "publisher" : "角川書店",
  "score" : "",
  "title" : "とり・みきのしりとり物語",
  "authors" : "とり みき",
  "date" : "2005-08-06 14:47:43 UTC",
  "isbn" : "4048526707",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "カリグラフィーによる枠線や飾り物の画像が166種類含まれている素材集。ビットマップ系の複数の形式で収録されている(ベクトルデータが欲しいときは、Illustratorのライブトレース機能でごにょごにょやればなんとかなる)。",
  "publisher" : "Dover Publications",
  "score" : "",
  "title" : "Calligraphic Ornaments CD-ROM and Book (Dover Electronic Clip Art)",
  "authors" : "Dover, Clip Art",
  "date" : "2007-09-07 19:09:37 UTC",
  "isbn" : "0486999394",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "トムよ、たしかにへスターはかなりやりすぎなところもあるのだが、お前に甲斐性がないのがそもそもの原因なのだよ……。しかしぶったまげたな、あんたらやることしっかりやってたのね(笑)。<br>\nアナ姐さんがぁぁぁぁと叫びたくなるシーンはあったものの、前作よりは人が死なないのでご安心を。エキストラは山のように死ぬし、主要登場人物にも死ぬキャラクターはいるが、前回よりははるかにマシ(笑)。<br>\n『移動都市』は単独で楽しめる作品だったが、今作はちょっと伏線張りまくりの終わり方だった。続編に期待したい。続編となる\"Infernal Devices\"は16年後なのだそうで、ってことはトムとヘスターはいい大人になってるわけで、ってことはきっと×××が主役級で登場するんだろう。楽しみだ。",
  "publisher" : "東京創元社",
  "score" : "",
  "title" : "掠奪都市の黄金 (創元SF文庫)",
  "authors" : "フィリップ リーヴ",
  "date" : "2008-03-26 16:59:42 UTC",
  "isbn" : "4488723020",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "記念すべき初の自費オライリー。<br>\nここのところPerl(not CGI)と格闘している。最初はWWW上に転がってるチュートリアルでなんとかしていたものの、だんだん鬱陶しくなり、結局このリャマ本に頼ることに。インターネットの情報はあっちのサイトとこっちのサイトで記述が食い違ったりなんかもするんで、誰が書いたか分からんものを参考にするのはマズいと思ったのも購入動機の一つ。<br>\nしかしまぁ、やはり紙ベースの参考書の使いやすいことといったら。お財布が寂しい時期だったのではあるが、無理してでも買って良かった。ていうか、お財布が寂しくないもっと早い時期に買っておくんだった。CGIの本はたくさんあるが、そうじゃないPerlの本って少ない。需要がないのか書く人がいないのか謎だなぁと思っていたのだが、なんてことはない、このリャマ本さえあれば充分だったからではないかしら(笑)。<br>\n#しかしやはり、ちょいと凝ったことをしようとすると、この本の内容では足りなくなってくるのであった。",
  "publisher" : "オライリージャパン",
  "score" : "",
  "title" : "初めてのPerl",
  "authors" : "ランダル・L. シュワルツ, トム フェニックス",
  "date" : "2008-02-01 03:12:28 UTC",
  "isbn" : "4873111269",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "エッセイの内容は面白いのだが、もうちょっとビジュアル的に「ニッポンのサイズ」がつかめた方が良いのではないかなぁ。寄藤文平がサイゾーに描いたあのイラストみたいなのが添えられていてほしかったところ。※本書のイラストは寄藤氏ではありませぬ、念のため。",
  "publisher" : "淡交社",
  "score" : "",
  "title" : "ニッポンのサイズ―身体ではかる尺貫法",
  "authors" : "石川 英輔",
  "date" : "2006-08-03 23:03:58 UTC",
  "isbn" : "4473019993",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "鳩は必ず双子とか、熊がベビーシッターを雇うとか、イルカには同性愛があるとか、気負わず読める一発ネタが満載。既に知っている話も多かったが、暇つぶしにはぴったり。<br>\nちなみに、ミュージシャンのさねよしいさ子さんは著者の実の娘さん。",
  "publisher" : "新紀元社",
  "score" : "",
  "title" : "おもしろ動物学者実吉達郎の動物解体新書",
  "authors" : "実吉 達郎",
  "date" : "2005-06-13 02:33:17 UTC",
  "isbn" : "4775302914",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "ギャグのふりやファンタジーのふりはしているが、これはれっきとしたSFである。そうでなければこんな時間や空間の使い方ができるものか。<br>\n蛍光ピンクの装丁がやたらまぶしい本なのでした。",
  "publisher" : "双葉社",
  "score" : "",
  "title" : "しゃりばり (アクションコミックス)",
  "authors" : "とり みき",
  "date" : "2005-06-13 02:33:51 UTC",
  "isbn" : "4575932574",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "歌垣の話など、非常に興味深い話が多かった。",
  "publisher" : "大修館書店",
  "score" : "",
  "title" : "ヤマト少数民族文化論 (あじあブックス)",
  "authors" : "工藤 隆",
  "date" : "2005-08-07 05:12:53 UTC",
  "isbn" : "4469231525",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "ラジオドラマ化されている。松重豊の低音ボイスが良かったなぁ。<br>\n[[http:\/\/www.jali.or.jp\/juku\/home\/ くじら塾]]で、[[http:\/\/www.jali.or.jp\/juku\/home\/05\/matsu.htm ラジオドラマ化されたときの演出さんのお話]]がちょこっと読めます。",
  "publisher" : "講談社",
  "score" : "",
  "title" : "星の感触 (講談社文庫)",
  "authors" : "薄井 ゆうじ",
  "date" : "2005-06-14 23:41:53 UTC",
  "isbn" : "4062634600",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "やっと……やっと、単行本化!!!(発行予告アナウンスから半年待たされた本なもんで)<br>\nあとは冷食捜査官の続きが読めれば思い残すことは多分ない(笑)。",
  "publisher" : "講談社",
  "score" : "",
  "title" : "猫田一金五郎の冒険 (MEPHISTO COMICS)",
  "authors" : "とり みき",
  "date" : "2005-07-07 11:29:20 UTC",
  "isbn" : "4063645150",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "急ぎの課題や仕事の時には便利。色相にせよトーンにせよ、いざ考えるとなるとどうしてもワンパターンになってしまいがちだが、その表現の幅を手軽に広げることができるので。<br>\nでも、なるべくこのようなサンプルには頼らず、日頃から頭の中にストックしているイメージの中から最適なものを選ぶように心掛けている。この本は、既に数種の色を組み合わせたものが提示されている見本帳のため、その組み合わせから逸脱するのが難しい。",
  "publisher" : "講談社",
  "score" : "",
  "title" : "配色イメージブック",
  "authors" : "",
  "date" : "2005-08-07 04:46:33 UTC",
  "isbn" : "4062014688",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "中央公論新社",
  "score" : "",
  "title" : "肉食の思想―ヨーロッパ精神の再発見 (中公新書 (92))",
  "authors" : "鯖田 豊之",
  "date" : "2007-12-26 13:15:20 UTC",
  "isbn" : "4121000927",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "授業「微積分」の教科書。<br>\nどんどん解きながら学ぶための、捨てどころのない良書です。理論の解説は少なめで、演習中心の構成。そのため、演習問題の解答解説が総ページの実に半分を占めています。そのくせ、解答中の式変形が思いっきり端折られてたりなんかして、困ることも多々あるのですが。私の持っている版では、ところどころ誤植があったりもするし。",
  "publisher" : "サイエンス社",
  "score" : "",
  "title" : "演習と応用 微分積分 (新・演習数学ライブラリ)",
  "authors" : "寺田 文行, 坂田 ヒロシ",
  "date" : "2005-06-14 23:59:14 UTC",
  "isbn" : "4781909477",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "最近、ハンガリーの音楽をよく聴く。響きの綺麗な言葉だなぁと惹かれるのだが、発音がよく分からないところがあって、曲名すら読めない。というわけでCD付きの入門書を購入。<br>\n説明も分かりやすく、例文も過不足無く、CDの収録音声も良く、かなり満足。但し、カタカナでふられている発音はあまり当てにしない方が吉(母音の種類が多く、カタカナとはかなり違う印象)。98ページのアルファベット一覧の音声がないのが不満といえば不満。単語での発音とは別に、一音ずつちゃんと聞きたいんだけどなぁ。<br>\n当初の発音の疑問は解消し、好きな曲の曲名も読めるようになったので、とりあえずめでたし。<br>\nなお、『CDブック語学王ハンガリー語』の改題本だとのこと。",
  "publisher" : "三修社",
  "score" : "",
  "title" : "ゼロから話せるハンガリー語―会話中心",
  "authors" : "岡本 真理",
  "date" : "2007-09-15 00:17:14 UTC",
  "isbn" : "4384054548",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "男心は男でなけりゃ……これの元ネタってやっぱり古賀メロディの「人生劇場」なのかしらん。",
  "publisher" : "講談社",
  "score" : "",
  "title" : "Spirit of Wonder (モーニングKCDX (845))",
  "authors" : "鶴田 謙二",
  "date" : "2005-06-13 02:34:48 UTC",
  "isbn" : "4063198456",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "授業「ヒューマンインタフェースデザイン」の教科書というか参考書だった。道具をわざと使いにくくデザインする事例の話で、この本が取り上げられたと記憶している。<br>\n授業の講師は[[http:\/\/www.softdevice.co.jp\/ Soft Device]]の高橋社長だったのだけれど、とにかく刺激的な授業が印象的。自分が成長した授業だったと思う。\n<li> ([[増井:478850362X 増井]]) わざとといううわけじゃなくて、考えが足りなくて変なデザインになってるのが多いということだと思います。\n<li> ([[Leiko: Leiko]]) コメントありがとうございます。わざと使いにくくするというのは、ピストルの安全装置や隠し金庫の開け方のように、危険の回避や安全性の向上のために一定の難しさを操作に与えるということです。他にも、RPGのゲームは簡単ではつまらないので適度に使いにくくなければいけないという指摘は、目から鱗でした。考えた上であえて使いにくさをデザインする場合、どのように「使いにくく」すれば良いかを考慮するのは、非常に難しかったです(一歩間違えると「使えない」デザインになってしまうので)。\n<li> ([[増井:478850362X 増井]]) なるほど。そちらの方により感心されたということでしたか。\n私はどうしてもRPGみたいな面倒なことをやってられないのですが、そういう考え方も大事ですね!\n<li> ([[Leiko: Leiko]]) 私もRPGが面倒くさくてダメな人なので、その面倒くささに意味があるという指摘がなかなか刺激的だったのです。ところでこの本棚システムでも、書籍を消去しようとすると「本当に消去しますか?」という確認画面が出るあたり、使いにくさのデザインの実践ですね。\n<li> ([[増井:478850362X 増井]]) ぎくり。すぐ消せるのだがすぐ回復もできる、という方が正しいのでしょうが、つい一般的な方法を採用してしまいました...\n<li> ([[Leiko: Leiko]]) いえ、データ消去時に確認ダイアログを出すというのは、本の中でノーマン自身が「正しい使いにくさ」として例にあげていますので、そういう意味で申し上げたのです。びびらせてしまってすみません〜。すぐ回復ができるというのはデザインとしてどうなんでしょう、面白い命題だと思います。Win等では、ごみ箱に入れただけのファイルは回復できますが、ごみ箱を空にすると回復が難しくなりますよね。本棚システムでも、消去ボタンを1回押しただけなら回復可能で、確認画面でも押すと回復不可能という方式なので、正当な気もします。しかし、Wiki方式なので他人に消される可能性もあるというところが、普通のごみ箱とは違うポイントでしょうか。",
  "publisher" : "新曜社",
  "score" : "",
  "title" : "誰のためのデザイン?―認知科学者のデザイン原論 (新曜社認知科学選書)",
  "authors" : "ドナルド・A. ノーマン, D.A. ノーマン",
  "date" : "2005-06-10 09:20:57 UTC",
  "isbn" : "478850362X",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "別にダイエットをしたいのではなく、『[[Leiko:4796641386]]』の補遺として購入。<br>\nモジモジだのコゾコゾだの呟き続けるのはかなりアホらしいが、体力はほとんどいらないし、ほわぁんとした気分になれて何だか気持ちいい。ついでに痩せれば儲け物だ。<br>\nずっと続けられるかどうかが問題なんですけどね(苦笑)。",
  "publisher" : "マキノ出版",
  "score" : "",
  "title" : "美しくやせる「ゆるダイエット」―CDに合わせて気持ちよく体をゆらすだけ! (ビタミン文庫)",
  "authors" : "高岡 英夫",
  "date" : "2005-06-15 00:00:45 UTC",
  "isbn" : "4837670237",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "伝記集としても科学史としても充実している。田中角栄と理研の関係などは全く知らなかったので非常に興味深かった。",
  "publisher" : "日本経済新聞社",
  "score" : "",
  "title" : "「科学者の楽園」をつくった男―大河内正敏と理化学研究所 (日経ビジネス人文庫)",
  "authors" : "宮田 親平",
  "date" : "2005-06-15 00:01:52 UTC",
  "isbn" : "4532190622",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "「僕は五月に誕生した」と書いた寺山修司は、ほんとうは十二月の生まれ。五月に焦がれた彼は五月に死んだ。その遺体はきっと、初夏の痛みに彩られた「完全な死体」だったのだろう。",
  "publisher" : "思潮社",
  "score" : "",
  "title" : "われに五月を―寺山修司作品集",
  "authors" : "寺山 修司",
  "date" : "2005-09-06 22:33:06 UTC",
  "isbn" : "4783704422",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "著者自らが、自宅で鳥の羽をむしった経験談が興味深かった。「獲物」と「死体」と「食肉」の境目は、一体どこにあるのだろう。<br>\nこの本と似た題材を扱ったものに『私の牛がハンバーガーになるまで』という本がある。その本のラストの展開は、私にとっては非常に居心地の悪いものであった。しかしこの『世界屠畜紀行』は、共感しつつ考えを深めることができた。こりゃ私もいずれ鳥類か哺乳類をつぶしてみなきゃならんなぁ。",
  "publisher" : "解放出版社",
  "score" : "",
  "title" : "世界屠畜紀行",
  "authors" : "内澤 旬子",
  "date" : "2008-03-22 01:24:49 UTC",
  "isbn" : "4759251332",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "この本が出ていたという事自体、寡聞にして存じませんでした。本屋に走って無事に入手。<br>\n大切に読み進めています。",
  "publisher" : "筑摩書房",
  "score" : "",
  "title" : "いづくへか",
  "authors" : "矢川 澄子",
  "date" : "2005-06-13 02:35:25 UTC",
  "isbn" : "4480814515",
  "categories" : "本棚.orgを見て買ってしまった本"
},
{
  "comment" : "いい意味で「薄井ゆうじらしからぬ」作品。天使猫とか巨人とか草魚とか手品師とかの世界を期待してはいけない。近未来とか管理都市とか怒れる若者とかの世界である。ライトノベルSFとして考えるとなかなか真っ当な路線の物語だ。<br>\nNHK-FMでラジオドラマ化されている。そのドラマが結構キャッチーに仕上がっていたので、OVAやゲームを狙ってメディアミックスできそうだと思った。<br>\n『[[Leiko:4152084375]]』と比べ読みしても面白いかも。",
  "publisher" : "双葉社",
  "score" : "",
  "title" : "狩人たち (双葉文庫)",
  "authors" : "薄井 ゆうじ",
  "date" : "2005-06-13 02:38:43 UTC",
  "isbn" : "4575507628",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "早川書房",
  "score" : "",
  "title" : "愚か者死すべし (ハヤカワ文庫 JA ハ 4-7)",
  "authors" : "原 りょう",
  "date" : "2007-12-28 16:30:32 UTC",
  "isbn" : "4150309124",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "妊婦さんがトイレの掃除を丁寧にすると、トイレの神様「ゴフジョ」が可愛い赤ちゃんを授けてくれる。という話がこの本に出てきて、昔は「へー、そうなのかぁ」くらいにしか思っていなかったのだけれど、最近あながち迷信でもないと知りました。トイレ掃除を一所懸命にすると、狭いところで立ったり座ったり中腰になったりせねばならないので、骨盤底筋が鍛えられ、安産につながるのだそうです。ゴフジョの部屋に飾ってあった絵の中の可愛い赤ちゃんたちは、みんな安産だったんだろうなぁ。\n",
  "publisher" : "講談社",
  "score" : "",
  "title" : "天井うらのふしぎな友だち (講談社文庫)",
  "authors" : "柏葉 幸子",
  "date" : "2005-07-07 11:27:01 UTC",
  "isbn" : "4061842765",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "森達也があちらこちらに書いてきたものに、書き下ろしや未発表原稿を加えてまとめられた本。内容は森節全開といった感じで、まとめて読めるのはとても嬉しい。あまり長くない文章が中心なのでサクサク読めるが、広くて深い。<br>\n裏表紙側の帯に、是枝裕和・斉藤美奈子・重松清という謎の人選による推薦文が載っているのだが、その文中での森氏の呼び方が三者三様で非常に面白い。微妙な立ち位置の違いが見えるような気が……ってのは考え過ぎかな。<br>\n<li>是枝氏→森達也<\/li>\n<li>斉藤氏→モリタツ<\/li>\n<li>重松氏→森達也さん<\/li>\nしかし斉藤美奈子よ、あと1文字なんだからフツーに呼んでやれよ(笑)。<br>\n帯のコピーはダサいが、装丁自体はいい感じ。本文の文字組も綺麗。",
  "publisher" : "角川書店",
  "score" : "",
  "title" : "世界が完全に思考停止する前に",
  "authors" : "森 達也",
  "date" : "2005-06-12 17:15:58 UTC",
  "isbn" : "4048839004",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "さすが尾辻克彦=赤瀬川原平氏が選者だというだけあって、広告というものの存在自体が壮大な[[http:\/\/www.st.rim.or.jp\/~tokyo\/thomalink\/ トマソン]]に思えてくる。<br>\n新聞の三行広告に掲載された尋ね人に注目した「タカシ 心配するな、すぐ帰れ 父」が秀逸。",
  "publisher" : "福武書店",
  "score" : "",
  "title" : "不思議の国の広告 (福武文庫)",
  "authors" : "尾辻 克彦",
  "date" : "2005-06-12 17:16:28 UTC",
  "isbn" : "4828832661",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "かなり昔に買ったのに、実は最後まで読めていない本。読んでは中断し、読んでは中断し、内容を忘れて再び最初から読み直し、中断し、読んでは中断し(最初に戻る)……の繰り返し。何でだろう。あらすじはとても面白そうなのに。<br>\nちなみに買った時は確かジャケ買いだったと思う。いや、タイトル買いだったかな。",
  "publisher" : "早川書房",
  "score" : "",
  "title" : "時間旅行者は緑の海に漂う (ハヤカワ文庫SF)",
  "authors" : "パトリック オリアリー",
  "date" : "2005-08-04 08:32:42 UTC",
  "isbn" : "4150112061",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "マグリブが好きだからブックオフで見つけて適当に買っちゃったんですが、それ以上でもそれ以下でもない本。旅行ガイドというにはもう古いしね。",
  "publisher" : "昭文社",
  "score" : "",
  "title" : "モロッコ・アルジェリア・チュニジアの旅 (エアリアガイド)",
  "authors" : "グループ・ルパン",
  "date" : "2005-06-13 02:38:20 UTC",
  "isbn" : "4398111557",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "岩波書店",
  "score" : "",
  "title" : "忘れられた日本人 (岩波文庫)",
  "authors" : "宮本 常一",
  "date" : "2006-07-03 18:12:27 UTC",
  "isbn" : "400331641X",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "講談社",
  "score" : "",
  "title" : "かくれ家は空の上 (講談社青い鳥文庫)",
  "authors" : "柏葉 幸子, ヒロナガ シンイチ",
  "date" : "2005-10-23 22:53:13 UTC",
  "isbn" : "4061485415",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "キュイーン・キュウゥンという独特の音と、頬を撫でる風の感触と、青い青い空とに彩られた、極上の小説たち。アイルトン・セナの時代、F1の輝きに、少年は憧れ、男と女は結ばれ別れ、英霊は静かに天に昇る。<br>\n実際のレース展開が基にされているが、レース主体の物語ではない。海老沢泰久みたいな男のロマンは期待しないように(笑)。",
  "publisher" : "新潮社",
  "score" : "",
  "title" : "紺碧海岸 (新潮文庫)",
  "authors" : "松本 隆",
  "date" : "2007-05-29 17:59:46 UTC",
  "isbn" : "4101373051",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "授業「情報応用数理」の教科書だった。",
  "publisher" : "岩波書店",
  "score" : "",
  "title" : "キーポイントフーリエ解析 (理工系数学のキーポイント (9))",
  "authors" : "船越 満明",
  "date" : "2005-06-09 21:46:08 UTC",
  "isbn" : "4000078690",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "講談社",
  "score" : "",
  "title" : "推計学のすすめ―決定と計画の科学 (ブルーバックス)",
  "authors" : "佐藤 信",
  "date" : "2007-01-22 16:32:45 UTC",
  "isbn" : "4061177168",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "中学の修学旅行にこの本とメジャーを持って行って、新宿の某高級ホテルのドア幅を必死に測っていたのは私です。同室者は、私の奇行に10年付き合ってくれてる腐れ縁な友人だったので、今さら何も言われませんでしたが……。<br>\nという話は置いといて、風水についててっとりばやくマトモに知りたいならこの本をどうぞ。ラッキーカラーがどうのこうの、オサレな占いと化した風水ではありません、念のため。しかし相変わらず荒俣氏の好奇心は素晴らしいよね。<br>\nあ、ちなみに、某ホテルのドアは風水的に良い数値でした。そこまで考えて作ってるのか単なる偶然なのかは知りませんけど(笑)。",
  "publisher" : "集英社",
  "score" : "",
  "title" : "風水先生 地相占術の驚異 (荒俣宏コレクション) (集英社文庫―荒俣宏コレクション)",
  "authors" : "荒俣 宏",
  "date" : "2005-08-04 12:38:19 UTC",
  "isbn" : "408748159X",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "読み始めて途中でストップしてしまう→放置→また読み始めるけど前のシーンを忘れているので結局最初から読み直す→最初に戻る、というスパイラルを続けていて、何故かなかなか読み進められない本。面白いんだけどな。キャラも世界設定もいいんだけどな。最初から1\/4くらいまでは何度か読み直しているような気がするのだが、そこからが突破できない。でも何となく、いつか一気に読んでしまいそうな気がする。<br>\n主人公がなかなか可愛いのでお気に入り。早く読了したいもんだ。",
  "publisher" : "早川書房",
  "score" : "",
  "title" : "鳥姫伝 (ハヤカワ文庫FT)",
  "authors" : "バリー ヒューガート",
  "date" : "2005-06-11 06:51:48 UTC",
  "isbn" : "4150203083",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "久々に芝田勝茂。この人の著作は、小中学生時代に図書館でかなり読み込んだが、買って読むのはそういえば初めて。<br>\n本当は大人向けとして書かれたもののよう。これは再刊版だが、[[http:\/\/home.u01.itscom.net\/shibata\/sakuhin\/shinka.html 旧版]]の表紙はちょいと怖い……。<br>\nヒロインの言動その他は読んでいてかなりむかつくのだが、物語はしっかりしているので面白く読める。特に、SFファンなら読んで損はない。これが1997年以前に書かれたというだけでも価値がある。",
  "publisher" : "講談社",
  "score" : "",
  "title" : "進化論 (YA!ENTERTAINMENT)",
  "authors" : "芝田 勝茂",
  "date" : "2005-08-04 05:27:18 UTC",
  "isbn" : "4062124653",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "翻訳も挿画も絶品。でも、ちょいとクセのある文体だし、挿画がテニエルじゃなきゃ嫌という人もいるだろうから、万人受けというわけにはいかないだろう。テンポが良いし、言葉の流れに独特の美しさがあるので、読み聞かせにいいかも。",
  "publisher" : "新潮社",
  "score" : "",
  "title" : "不思議の国のアリス (新潮文庫)",
  "authors" : "ルイス キャロル",
  "date" : "2007-12-29 03:04:04 UTC",
  "isbn" : "4102401016",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "表紙にもなっている、昆虫と融合したかのような少女を統一した色彩で描き上げたシリーズが秀逸。比較的シンプルな画風の作品が多いだけに、もうちょっと小さい判型で凝った造本にしてほしかったかなぁと思う。<br>\nナギの字はSMAPの草なぎ剛のなぎと一緒。弓偏に剪。",
  "publisher" : "角川書店",
  "score" : "",
  "title" : "草薙画蒐―ニュータイプイラストレイテッド・コレクション",
  "authors" : "草薙 琢仁",
  "date" : "2005-06-12 17:13:55 UTC",
  "isbn" : "4048525077",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "人類のほとんどが忽然と消えてしまった中で生きねばならない状況の徹底したシミュレーションは、現代でも充分通用する内容。面白く、かつ緊迫しながら読みました。<br>\nていうかこの結末はありなのですか、ありなのですか!?(結末は読まなかったことにしよう……)",
  "publisher" : "角川書店",
  "score" : "",
  "title" : "こちらニッポン… 上 (角川文庫 緑 308-29)",
  "authors" : "小松 左京",
  "date" : "2006-10-02 10:12:20 UTC",
  "isbn" : "4041308291",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "青土社",
  "score" : "",
  "title" : "ユリイカ2007年12月号 特集=森茉莉",
  "authors" : "",
  "date" : "2007-12-28 16:35:55 UTC",
  "isbn" : "4791701712",
  "categories" : "雑誌やムックみたいなもの"
},
{
  "comment" : "授業「情報応用数理」の教科書だった。<br>\n最初の方は本当に本当の「入門」という感じ。授業でも週に数十ページ単位で進むような飛ばしっぷりだった。中盤以降は例題に沿って数値計算を学んでいく。授業で学んだ分については、3*3行列までなら手計算でできるような問題ばかりだった。<br>\nMATLABしか使ったことがないのでScilab関連の記述は私には不要だったが、Amazon等を見ているとScilabの解説目当てで買っている人が多いようだ。確かに、フリーソフトの解説書でこれくらいのボリュームがあるものは珍しい気がするので、貴重な本なのだろう。",
  "publisher" : "東京大学出版会",
  "score" : "",
  "title" : "MATLAB\/Scilabで理解する数値計算",
  "authors" : "桜井 鉄也",
  "date" : "2006-05-19 10:18:38 UTC",
  "isbn" : "4130624504",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "江戸川乱歩の少年探偵団シリーズに心踊らせた少年少女の日々を送った人は必携。雑誌「少年」連載当時に、懸賞の賞品や雑誌の付録になって人気を博した、<b>あの<\/b>少年探偵手帳の復刻版。モールス信号を必死に覚えたり、自転車にピッポちゃんという名前(←小林少年が持ち歩いてる伝書鳩の名前)をつけて乗り回したりしていた小学生時代を持つワタクシとしては、とにかく感激。あとはあれだ、BDバッジがあったら最高なのだが。",
  "publisher" : "光文社",
  "score" : "",
  "title" : "少年探偵手帳―完全復刻版 (光文社文庫)",
  "authors" : "串間 努",
  "date" : "2006-03-15 22:34:07 UTC",
  "isbn" : "4334728421",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "SUN-ADのつくる、品のある広告が大好きなのです。私にとって憧れの広告会社は、電通でも博報堂でもありません、SUN-ADです。<br>\nそういえばこれ、普通の本屋で定価で買っちゃったのですが、あとでよく考えてみると、当時は宣伝会議のスチューデントクラブに入ってたので、割引で買えたことに気が付いてしまいました。財布に痛くないわけがない金額だったのでちょっとシマッタと思ったわけですが、でも、3990円の価値は充分にある本です。後悔はしておりませぬ。",
  "publisher" : "宣伝会議",
  "score" : "",
  "title" : "SUN‐AD at work",
  "authors" : "",
  "date" : "2005-06-11 06:59:12 UTC",
  "isbn" : "4883350649",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "その他の外国語とはなにかというと、つまりその、[[http:\/\/www.hakusuisha.co.jp\/essay\/kuroda.html ここ]]に挙がっているような外国語のこと。読み物としては[[http:\/\/www.hondana.org\/Leiko\/4768467849.html こっち]]の方が読み応えがあるが、この本の方が気負わず読める感じ。<br>\nこの本の内容自体は特に目新しくもありませんが、読んでいくうちにまた語学がやりたくなってきて困ります。せっかくロシア語を続けているので、他のスラブ語族にも広げたい。ルーマニア語にも興味あり。それから東南アジアの言葉どれかにも手を付けたいところ。……というように、妄想が膨らんで困る本とも言えるかもしれません。",
  "publisher" : "現代書館",
  "score" : "",
  "title" : "その他の外国語―役に立たない語学のはなし",
  "authors" : "黒田 龍之助",
  "date" : "2007-08-20 02:55:28 UTC",
  "isbn" : "4768468926",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "この本を買ったのは収録作「ミドンさん」が読みたかったからである。でも、なぜ「ミドンさん」が読みたいと思ったのか、何故か覚えていない……。<br>\nショートショートというにはちと長い、短編が12編。ショートショートだと読みごたえがなくて、という人におすすめ。少々ブラックな話が多い。星新一の文体はライトでスマートなので、読んでいるうちはサラサラ読めるのだが、あとでじわじわ毒が来る。",
  "publisher" : "新潮社",
  "score" : "",
  "title" : "なりそこない王子 (新潮文庫)",
  "authors" : "星 新一",
  "date" : "2008-02-09 04:13:49 UTC",
  "isbn" : "4101098379",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "沢崎シリーズ、初の短編集。<br>\n長篇作品の沢崎ファンへの、ちょっとしたプレゼントといったところ。",
  "publisher" : "早川書房",
  "score" : "",
  "title" : "天使たちの探偵 (ハヤカワ文庫JA)",
  "authors" : "原 りょう",
  "date" : "2005-08-04 12:35:33 UTC",
  "isbn" : "4150305765",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "[[http:\/\/plaza.rakuten.co.jp\/conjoinedtwins\/diary\/ 訳者の方のサイト]]で知って購入。<br>\n私が小さいとき、ベトちゃんドクちゃんの分離手術が毎日テレビを賑わせていた。手術が成功(ベトさんは未だに寝たきりとは言え)したと知り、幼心にも「分離できて良かったね」と思ったことを記憶している。その時の感覚は「くっついてたら不便だし、本来は離れているべきなんだから、分離するのは当然だよね」というものだった。医者もメディアも外野の人々も、概ねそんな感じだったのではないかと思う。しかし、そんな<b>普通<\/b>の考えが、いかに「<b>正常<\/b>な体」という概念に縛られていたか、この本を通じて痛いほど考えさせられた。<br>\n結合双生児は、枯葉剤のような薬物などの要因がなくても、一定の割合で自然に生まれてくるものなのだという。彼らを分離するのは本当に必要なことなのか、医者の求める正常な体とは何なのか、そして結合双生児自身は自分たちの体について一体どう考えているのか。<br>\n導入こそ結合双生児の話だが、やがてそれ以外の「典型的ではない体」を持つ人々の話、そして人種差別など一見関係無さそうな話にまで広がる。その根底に共通して存在するものがだんだんはっきりしてくるにつれ、読者に突き付けられている事の重大さが分かる。<br>\n感情論ではない。物珍しさで人を引き付ける見世物話でもない。あくまでも医学的な事実や綿密な調査に基づいて書かれているので、読んでいて冷静に考えることができる。<br>\n人間の多様なあり方(身体に限らず)を考える上で、必読の書だと思う。",
  "publisher" : "緑風出版",
  "score" : "",
  "title" : "私たちの仲間―結合双生児と多様な身体の未来",
  "authors" : "アリス・ドムラット ドレガー",
  "date" : "2006-11-28 05:36:54 UTC",
  "isbn" : "4846104214",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "英語の「もんきりがた表現」を集めた辞典。引いて使うというより、読んで楽しい辞典だ。一つ一つのクリーシェの背景や実際の使われ方が細かく紹介されていて興味深い。小説や映画などで英語に触れる機会の多い人におすすめ。<br>\n訳もイラストも丁寧に作られていて素敵。",
  "publisher" : "研究社出版",
  "score" : "",
  "title" : "英語クリーシェ辞典―もんきりがた表現集",
  "authors" : "ベティ・カークパトリック",
  "date" : "2005-06-11 06:59:49 UTC",
  "isbn" : "4327461458",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "岩波書店",
  "score" : "",
  "title" : "日本語〈上〉 (岩波新書)",
  "authors" : "金田一 春彦",
  "date" : "2007-02-21 15:11:26 UTC",
  "isbn" : "4004300029",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "淡交社",
  "score" : "",
  "title" : "人形記―日本人の遠い夢",
  "authors" : "佐々木 幹郎",
  "date" : "2012-07-30 05:10:44 UTC",
  "isbn" : "4473035670",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "角川書店(角川グループパブリッシング)",
  "score" : "",
  "title" : "天地明察(上) (角川文庫)",
  "authors" : "冲方 丁",
  "date" : "2012-07-30 05:10:44 UTC",
  "isbn" : "4041003180",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "東京創元社",
  "score" : "",
  "title" : "渚にて【新版】 人類最後の日 (創元SF文庫)",
  "authors" : "ネヴィル・シュート",
  "date" : "2012-07-30 05:10:44 UTC",
  "isbn" : "4488616038",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "水曜社",
  "score" : "",
  "title" : "市川崑のタイポグラフィ 「犬神家の一族」の明朝体研究",
  "authors" : "小谷 充",
  "date" : "2012-07-30 05:10:45 UTC",
  "isbn" : "4880652407",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "淡交社",
  "score" : "",
  "title" : "幻のロシア絵本 1920‐30年代",
  "authors" : "",
  "date" : "2012-07-30 05:10:45 UTC",
  "isbn" : "4473031667",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "囲碁ミーハー的には、非常に満足。SF者的には、悪くないんだけどもう一声!という感じ。<br>\r\n井上隆太という登場人物は、あからさまに井山裕太(実在のプロ棋士)がモデル。ただ、井山よりも雰囲気が鋭く、どことなくダーティな魅力のある人物造形だ。賭碁で啖呵を切るシーンなんかはゾクゾクするほどかっこいいのだが、井山の顔と声で脳内再生するとなんだか笑えてしまった(井山さんごめんなさいごめんなさい)。<br>\r\n2012年3月初版の本なので、執筆時にはまさか井山が将棋の伊緒タンと結婚するなんて思ってなかっただろうなぁ(2012年2月20日婚約発表)。しかもそのあとトントンと四冠、作中と同じく本因坊になってしまうとは。作中では本因坊を獲ったものの雅号を名乗ることは固辞しているという設定だが、現実世界ではどうするのかなぁ……。",
  "publisher" : "東京創元社",
  "score" : "",
  "title" : "盤上の夜 (創元日本SF叢書)",
  "authors" : "宮内 悠介",
  "date" : "2012-07-30 07:04:39 UTC",
  "isbn" : "4488018157",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "東方出版",
  "score" : "",
  "title" : "プレイガイドジャーナルへの道 1968~1973: 大阪労音 フォークリポート プレイガイドジャーナル",
  "authors" : "村元 武",
  "date" : "2017-07-17 12:32:22 UTC",
  "isbn" : "4862492657",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "河出書房新社",
  "score" : "",
  "title" : "篦棒な人々ー戦後サブカルチャー偉人伝 (河出文庫 た 24-1)",
  "authors" : "竹熊 健太郎",
  "date" : "2017-07-17 12:32:22 UTC",
  "isbn" : "430940880X",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "南方新社",
  "score" : "",
  "title" : "熊野の廃校",
  "authors" : "中島 敦司, 湯崎 真梨子",
  "date" : "2017-07-17 13:00:38 UTC",
  "isbn" : "4861243173",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "景文館書店",
  "score" : "",
  "title" : "脳天壊了―吉田知子選集〈1〉",
  "authors" : "吉田 知子",
  "date" : "2017-07-17 12:32:19 UTC",
  "isbn" : "4907105002",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher":null,"score" : "",
  "title":null,"authors" : "",
  "date" : "2017-07-17 13:00:37 UTC",
  "isbn" : "4003750616",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "筑摩書房",
  "score" : "",
  "title" : "最終戦争\/空族館 (ちくま文庫)",
  "authors" : "今日泊 亜蘭",
  "date" : "2017-07-17 12:32:20 UTC",
  "isbn" : "4480433937",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "あんまり大きいのでどこに置いたらいいのか困っている。",
  "publisher" : "架空社",
  "score" : "",
  "title" : "ゼレファンタンケルダンス",
  "authors" : "別役 実",
  "date" : "2017-07-17 12:44:25 UTC",
  "isbn" : "4906268579",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "景文館書店",
  "score" : "",
  "title" : "吉田知子選集II 日常的隣人",
  "authors" : "吉田 知子",
  "date" : "2017-07-17 12:32:19 UTC",
  "isbn" : "4907105010",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "もう5年にもなるんだね。<br>\r\nあの前後のことは不思議なくらい鮮明に覚えていて、なんだか昨日のことのようだ。商店街の映画館まで観に行った「タカダワタル的」。訃報が流れた翌日に聴いた加川良の「下宿屋」。<br>\r\nだけどもう5年にもなる。あの映画館もつぶれ、今は駐車場になってしまった。<br>\r\n<br>\r\n放送も既に始まっているが、よく取材されていて面白い(突っ込みどころもあるけど言いっこなしね)。このテキストとはかなり内容が違うので、放送とテキスト両方をチェックする必要あり。",
  "publisher" : "NHK出版",
  "score" : "",
  "title" : "こだわり人物伝 2010年2-3月 (NHK知る楽\/水)",
  "authors" : "なぎら 健壱",
  "date" : "2010-02-04 12:57:05 UTC",
  "isbn" : "4141895385",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "研究社",
  "score" : "",
  "title" : "英語のあや",
  "authors" : "トム・ガリー",
  "date" : "2011-07-13 06:02:47 UTC",
  "isbn" : "4327490210",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher":null,"score" : "",
  "title":null,"authors" : "",
  "date" : "2017-07-17 13:00:39 UTC",
  "isbn" : "4763407309",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "中央公論新社",
  "score" : "",
  "title" : "人種は存在しない  -人種問題と遺伝学",
  "authors" : "ベルトラン・ジョルダン",
  "date" : "2017-07-17 13:02:31 UTC",
  "isbn" : "4120044815",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "平凡社",
  "score" : "",
  "title" : "澁澤龍彦 幻想美術館",
  "authors" : "巖谷 國士",
  "date" : "2008-03-01 12:01:27 UTC",
  "isbn" : "4582286119",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "河出書房新社",
  "score" : "",
  "title" : "森茉莉―総特集 (KAWADE夢ムック)",
  "authors" : "",
  "date" : "2008-03-01 12:10:36 UTC",
  "isbn" : "430997645X",
  "categories" : "雑誌やムックみたいなもの"
},
{
  "comment" : "黄門様のパパはこんなにキュートな人だったのねぇ。<br>\n昭和天皇がプリティな研究者だというのは、熊楠のキャラメルの箱のエピソードなどから窺い知ってはいたが、まさかアメフラシを食っていたとは。そういえば映画「太陽」の中でも、純真な生物学少年っぷりを発揮するシーンがありましたね。\n",
  "publisher" : "筑摩書房",
  "score" : "",
  "title" : "大東亜科学綺譚 (ちくま文庫)",
  "authors" : "荒俣 宏",
  "date" : "2008-03-01 12:12:03 UTC",
  "isbn" : "4480032061",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "まぁものすごく大雑把に言うと、大沢在昌がブレードランナーを書くとこうなるってことですね。え?違う?\n",
  "publisher" : "双葉社",
  "score" : "",
  "title" : "B・D・T―掟の街 (双葉文庫)",
  "authors" : "大沢 在昌",
  "date" : "2008-03-01 12:12:26 UTC",
  "isbn" : "4575505862",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "可もなく不可もなく。ムックなので装丁が凝られていないのが残念だなぁ。",
  "publisher" : "河出書房新社",
  "score" : "",
  "title" : "澁澤龍彦―ユートピアふたたび KAWADE夢ムック",
  "authors" : "",
  "date" : "2008-03-01 12:09:43 UTC",
  "isbn" : "430997631X",
  "categories" : "雑誌やムックみたいなもの"
},
{
  "comment" : "登場人物の設定がみんな強烈。ニューハーフの元ムエタイ選手だなんてカッコ良すぎ。",
  "publisher" : "角川書店",
  "score" : "",
  "title" : "烙印の森 (角川文庫)",
  "authors" : "大沢 在昌",
  "date" : "2008-03-01 12:09:09 UTC",
  "isbn" : "4041671108",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "硬質で、優美さもあり、少年の純粋さと鋭い批評家の視線を併せ持つ。<br>\n哀悼の意を。そういえば忌日が有島武郎忌と同じ日なのですね。\n",
  "publisher" : "思潮社",
  "score" : "",
  "title" : "現代詩手帖特集版 塚本邦雄の宇宙―詩魂玲瓏",
  "authors" : "",
  "date" : "2008-03-01 12:11:07 UTC",
  "isbn" : "478371861X",
  "categories" : "雑誌やムックみたいなもの"
},
{
  "comment" : "もはや古典。<br>\n訳が悪いという話があるようなのですが、私は化学に詳しくないのでよく分からず。",
  "publisher" : "新潮社",
  "score" : "",
  "title" : "沈黙の春 (新潮文庫)",
  "authors" : "レイチェル カーソン",
  "date" : "2008-03-01 12:06:35 UTC",
  "isbn" : "4102074015",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "婦人之友社",
  "score" : "",
  "title" : "やっぱりお昼はおべんとう―まとめづくりとフリージングで",
  "authors" : "",
  "date" : "2008-04-11 12:39:35 UTC",
  "isbn" : "4829201347",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "リトルモア",
  "score" : "",
  "title" : "A KA RI",
  "authors" : "秋山 晶, 藤井 保",
  "date" : "2008-04-21 12:46:57 UTC",
  "isbn" : "4898151507",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "いただきもの。",
  "publisher" : "リトルモア",
  "score" : "",
  "title" : "モスモスサーカス",
  "authors" : "",
  "date" : "2008-06-05 13:01:11 UTC",
  "isbn" : "4947648430",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "技術評論社",
  "score" : "",
  "title" : "3分間 ネットワーク 基礎講座",
  "authors" : "網野 衛二",
  "date" : "2008-05-26 08:47:58 UTC",
  "isbn" : "4774132799",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "早川書房",
  "score" : "",
  "title" : "今日の早川さん 2",
  "authors" : "coco",
  "date" : "2008-06-11 12:40:57 UTC",
  "isbn" : "4152089237",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "日経BP社",
  "score" : "",
  "title" : "ネットワークはなぜつながるのか 第2版 知っておきたいTCP\/IP、LAN、光ファイバの基礎知識",
  "authors" : "戸根 勤",
  "date" : "2008-06-18 08:53:29 UTC",
  "isbn" : "4822283119",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "雄山閣",
  "score" : "",
  "title" : "芸者論―神々に扮することを忘れた日本人",
  "authors" : "岩下 尚史",
  "date" : "2008-06-24 09:25:25 UTC",
  "isbn" : "4639019521",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "テルミンはだいぶ弾けるようになったので、今度はこれにチャレンジ。<br>\n#テルミンにつなごうと思って、2台もアンプ買った(ダンエレとフェンダー)にも関わらず、線とジャックを未入手のため、ほったらかしにしてるのは内緒。",
  "publisher" : "学習研究社",
  "score" : "",
  "title" : "大人の科学マガジン Vol.20(手回し鳥オルガン)",
  "authors" : "",
  "date" : "2008-07-08 13:01:45 UTC",
  "isbn" : "4056051801",
  "categories" : "雑誌やムックみたいなもの"
},
{
  "comment" : "放送では言っていたがテキストには載っていないコツが結構あった。細かいコツが分からないとやっぱりうまく作るのは無理だよね。<br>\n[[http:\/\/www.nhk-book.co.jp\/home_files\/info\/2008\/owabi_7.html 派手に誤植があるのでご注意]]。",
  "publisher" : "NHK出版",
  "score" : "",
  "title" : "お気に入りをとじる―やさしい製本入門 (NHK趣味悠々)",
  "authors" : "",
  "date" : "2008-11-10 20:10:28 UTC",
  "isbn" : "4141884677",
  "categories" : "雑誌やムックみたいなもの"
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "みすず書房",
  "score" : "",
  "title" : "芸術家とデザイナー",
  "authors" : "ブルーノ・ムナーリ",
  "date" : "2008-08-05 12:21:50 UTC",
  "isbn" : "4622073293",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "平凡社",
  "score" : "",
  "title" : "細野晴臣分福茶釜",
  "authors" : "細野 晴臣, 鈴木 惣一朗",
  "date" : "2008-08-05 12:21:59 UTC",
  "isbn" : "4582833918",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "小学館",
  "score" : "",
  "title" : "宇宙百景~MOONLIGHT MILEサブ・テキスト (ビッグコミックススペシャル)",
  "authors" : "",
  "date" : "2008-08-05 12:22:05 UTC",
  "isbn" : "4091820794",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "これは面白かった。榮久庵憲司のいう「幕の内弁当の美学」も、つまるところこのことだったんだね。\n西欧の文化と比較してああだこうだ言う日本人論はどうも面白いと思えないのだが、地理的・文化的にある程度の背景を共有している隣国との比較に基づく指摘は、納得するところ・新しく気付かされるところがとても多い。",
  "publisher" : "講談社",
  "score" : "",
  "title" : "「縮み」志向の日本人 (講談社学術文庫)",
  "authors" : "李 御寧",
  "date" : "2008-08-21 12:57:04 UTC",
  "isbn" : "4061598163",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "みすず書房",
  "score" : "",
  "title" : "雨過ぎて雲破れるところ",
  "authors" : "佐々木 幹郎",
  "date" : "2008-08-05 12:22:15 UTC",
  "isbn" : "462207320X",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "初出は1976年。ようやく復刊。<br>\n解説が佐々木幹郎、という時点でもう最高。",
  "publisher" : "講談社",
  "score" : "",
  "title" : "インド酔夢行 (講談社文芸文庫)",
  "authors" : "田村 隆一",
  "date" : "2008-08-05 12:32:45 UTC",
  "isbn" : "4062900203",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "ぬぉっ、予想以上に数式が多くて挫折しそうに。<br>\nしかし純粋によみものとして面白い。解説が丁寧なので、数式は「ふんふん」と首振りながらでも、なんとか読み進められる。でもきっと、ちゃんと数式読めたほうが、ずっと面白く美しく理解できるんだろうけど。",
  "publisher" : "シュプリンガーフェアラーク東京",
  "score" : "",
  "title" : "オイラー入門 (シュプリンガー数学リーディングス)",
  "authors" : "W. ダンハム",
  "date" : "2008-08-21 12:51:46 UTC",
  "isbn" : "4431710795",
  "categories" : "本棚.orgを見て買ってしまった本"
},
{
  "comment" : "旧版が最後に増刷された時期は、私がSFにどっぷり浸かっていた頃と一致している。いつも本屋で見かけるたびに「欲しいなぁ、でもちと高いなぁ」と思いつつ、入手しそびれたまま、いつのまにか絶版に(だから本は見つけた時に買わなきゃ駄目なのねー、でも真っ当な女子高生には500円を超える金額は大金だったわけさー)。やっと重版されました。待っててよかった。<br>\n<br>\n今となっては、仕掛けやオチに途中で気付いてしまう人の方が多いかも(フィリップ・ホセ・ファーマーの『恋人たち』なんかも然り)。それは、この仕掛けの普遍性をあらわしているとも言えるわけで、栄えあることなのかもしれないけど。<br>\n後半の展開が少々荒いのが残念だが、戦前の東京の街並みや生活の描写だけでも楽しめるので、あんまり「本格SF!」ってな惹句を鵜呑みにしない程度に読むべし。",
  "publisher" : "集英社",
  "score" : "",
  "title" : "マイナス・ゼロ (集英社文庫 141-A)",
  "authors" : "広瀬 正",
  "date" : "2008-09-12 12:40:31 UTC",
  "isbn" : "4087504913",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "平河出版社",
  "score" : "",
  "title" : "風景のない国・チャンパ王国―残された末裔を追って",
  "authors" : "樋口 英夫",
  "date" : "2008-10-15 12:20:03 UTC",
  "isbn" : "4892032646",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "序盤と終盤は触る機会も多いであろう内容なのだが、中盤にいきなり「宇宙エレベータの作り方」みたいな話が出てくる。なんというか、宇宙エレベータの乗り方は知ってるけど作り方は知らねぇなぁ、って感じ。でもきっと、作り方を知っていることによって乗り方もうまくなれるんじゃないかな、と思いたいところ。<br>\r\n全体を通じて、この本だけを通して読めば分かるというようなものではないので「世界一わかりやすい」という惹句には疑問。さっきの例えで言うなれば、宇宙エレベータに乗ったと思ったら知らないうちに作り方のレクチャーになってて気がついたら現地の建物の中でウロウロしてました、みたいな構成なので。ある程度仕組みを分かっている状態で読み物として楽しむなら、なかなか面白い本です。",
  "publisher" : "技術評論社",
  "score" : "",
  "title" : "3分間ルーティング基礎講座  (世界一わかりやすいネットワークの授業)",
  "authors" : "網野 衛二",
  "date" : "2009-04-16 20:18:10 UTC",
  "isbn" : "4774136042",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "強くなれるかどうかはともかく、とりあえず打てるようにはなる。<br>\r\nただ、打っている最中に「ななめにご用心」だの「入れてください入れません」だのブツブツ言ってしまう副作用あり。",
  "publisher" : "日本文芸社",
  "score" : "",
  "title" : "一人で強くなる囲碁入門―基本を覚えれば上達が早くなる",
  "authors" : "石倉 昇",
  "date" : "2009-04-16 20:26:00 UTC",
  "isbn" : "453701900X",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "新星出版社",
  "score" : "",
  "title" : "よくわかる囲碁 序盤の打ちかた―ツギかたヒラキかたの急所",
  "authors" : "小川 誠子",
  "date" : "2008-11-06 10:47:44 UTC",
  "isbn" : "4405065748",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "青土社",
  "score" : "",
  "title" : "広い宇宙に地球人しか見当たらない50の理由―フェルミのパラドックス",
  "authors" : "スティーヴン ウェッブ",
  "date" : "2008-11-06 10:47:48 UTC",
  "isbn" : "479176126X",
  "categories" : "本棚.orgを見て買ってしまった本"
},
{
  "comment" : "文化的な背景を共有していないのに深く共感できる、この普遍性はどこから来るのか、心地よい短編集。<br>\r\n饒舌すぎない素晴らしさ。「その後どうなったのか」を書きすぎない姿勢が良い。書きすぎていないからと言って、読者の余計な詮索を誘うような展開になっていないのも、また良い。\r\n",
  "publisher" : "新潮社",
  "score" : "",
  "title" : "停電の夜に (新潮文庫)",
  "authors" : "ジュンパ ラヒリ",
  "date" : "2008-12-18 13:24:19 UTC",
  "isbn" : "4102142118",
  "categories" : "本棚.orgを見て買ってしまった本"
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "文藝春秋",
  "score" : "",
  "title" : "無縁社会",
  "authors" : "NHK「無縁社会プロジェクト」取材班",
  "date" : "2011-04-28 18:36:09 UTC",
  "isbn" : "4163733809",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "ワークスコーポレーション",
  "score" : "",
  "title" : "テクノ手芸",
  "authors" : "テクノ手芸部",
  "date" : "2011-04-28 18:36:08 UTC",
  "isbn" : "4862670954",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "オライリージャパン",
  "score" : "",
  "title" : "Make: Technology on Your Time Volume 09",
  "authors" : "",
  "date" : "2011-04-28 18:37:26 UTC",
  "isbn" : "4873114330",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "日本ヴォーグ社",
  "score" : "",
  "title" : "毛糸だま2011年夏号 (Let's knit series)",
  "authors" : "",
  "date" : "2011-04-28 18:37:27 UTC",
  "isbn" : "4529049582",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "オライリージャパン",
  "score" : "",
  "title" : "Make: Technology on Your Time Volume 11",
  "authors" : "",
  "date" : "2011-04-28 18:37:28 UTC",
  "isbn" : "4873114918",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "日本経済新聞出版社",
  "score" : "",
  "title" : "英文Eメール文例ハンドブック―ビジネスですぐ使える!",
  "authors" : "倉骨 彰, トラビス・T. クラホネ, ポール・D. キング",
  "date" : "2011-04-28 18:38:16 UTC",
  "isbn" : "4532313929",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "白水社",
  "score" : "",
  "title" : "トルコ語のしくみ",
  "authors" : "吉村 大樹",
  "date" : "2011-04-28 18:38:58 UTC",
  "isbn" : "4560085064",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "日経BP社",
  "score" : "",
  "title" : "デザインの骨格",
  "authors" : "山中俊治",
  "date" : "2011-04-28 18:39:56 UTC",
  "isbn" : "482226470X",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "河出書房新社",
  "score" : "",
  "title" : "アメリカにいる、きみ (Modern&Classic)",
  "authors" : "C・N・アディーチェ",
  "date" : "2011-04-28 18:36:09 UTC",
  "isbn" : "4309204791",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "「InDesign(あるいはIllustrator、あるいはLaTeX)なら、こんなのとかあんなのとかできるのにぃ~」と愚痴りつつWordを弄る日々が続いていたのですが、そんなストレスが減った良書。小技の効いたテクニックがたくさん紹介されています。<br>\r\n自分の実現したいレイアウトが明確にある人が、それの実現方法を知りたいときに読むと、きっと目から鱗です。逆に、そのままテンプレートとして使えるような素材を求めている人には不向きかと。",
  "publisher" : "技術評論社",
  "score" : "",
  "title" : "Word2007 レイアウトで「こうしたい」事例事典",
  "authors" : "西上原 裕明",
  "date" : "2008-12-01 19:09:56 UTC",
  "isbn" : "4774135771",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "雄鷄社",
  "score" : "",
  "title" : "定番ニットアイテム―冬に編むマフラーと帽子",
  "authors" : "",
  "date" : "2008-12-15 12:19:01 UTC",
  "isbn" : "4277172350",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "巻頭特集のレース編みドレスにハートを撃ち抜かれ(死語)、思わずお買い上げ。ハイ、観賞用です。",
  "publisher" : "日本ヴォーグ社",
  "score" : "",
  "title" : "毛糸だま No.140(2008年冬特大号) (Let’s Knit series)",
  "authors" : "",
  "date" : "2008-12-15 12:28:33 UTC",
  "isbn" : "4529046443",
  "categories" : "雑誌やムックみたいなもの"
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "文化出版局",
  "score" : "",
  "title" : "わかりやすい 手編みの基礎とコツ",
  "authors" : "小瀬 千枝",
  "date" : "2008-12-22 20:48:13 UTC",
  "isbn" : "4579107306",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "アップルミンツ",
  "score" : "",
  "title" : "はじめての棒針編み棒針モチーフパターン100―1枚でも使える! (アサヒオリジナル 222)",
  "authors" : "",
  "date" : "2008-12-22 20:48:14 UTC",
  "isbn" : "4021904336",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "日本放送出版協会",
  "score" : "",
  "title" : "石倉流 攻めとサバキの法則 (NHK囲碁シリーズ)",
  "authors" : "石倉 昇",
  "date" : "2009-01-05 12:23:49 UTC",
  "isbn" : "4140161353",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "現在進行中。<br>\r\n三手までならなんとかなるが、五手を過ぎると脳内処理速度が極端に低下。七手以上になると実際に並べなければ無理。このあたりがぺーぺーの限界です、精進精進。<br>\r\n<br>\r\n一巡完了。直感で解けることが多くなってきた。<br>\r\nヒント無しで解けるようになりたいなぁ。ちょっとした形の違いで手筋が変わるあたり、面白いけど難しい。<br>\r\n電車乗ってる間のヒマつぶしに解いていたら、知らんオッサンに「それはオセロか? 麻雀なら分かるんやけどなぁ」とかなんとか延々話しかけられてしまった。どう答えろというのだ。",
  "publisher" : "日本棋院",
  "score" : "",
  "title" : "10級をめざす次の一手問題集 (囲碁新書)",
  "authors" : "",
  "date" : "2009-07-23 21:40:26 UTC",
  "isbn" : "4818205397",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "見た瞬間に解けるのがほとんど。<br>\r\nが、5ページに1個くらい、一瞬「??!」となってしまう。<br>\r\nこの「??!」をなくすのが当面の目標ですな。<br>\r\n<br>\r\n一巡完了。一瞬では解けなかったのが5ページに1個くらい。一瞬で解けず、なおかつ解説読んでもよく分からなかったのが、全体で3~4問くらい。<br>\r\nとりあえず別の本に取りかかることにする。しばらくたってから二巡目してみる予定。<br>\r\n<br>\r\n[[http:\/\/www.hondana.org\/Leiko\/4818205397 10級の]]を半分くらいやってから、もう一度やってみた(本当はもうちょっと間を開けようと思っていたのだが、電車乗ってる間ヒマだったからさ……)。<br>\r\nすごい。サクサク進む! 「??!」がかなり減った。分からなかった問題も、解説を読めば納得できるようにはなった。でもときどき罠に引っ掛かってしまうのが困ったもんだ。<br>\r\n忘れた頃にまたやってみるつもり。",
  "publisher" : "日本棋院",
  "score" : "",
  "title" : "15級をめざす 次の一手問題集 (囲碁新書)",
  "authors" : "",
  "date" : "2009-07-13 12:42:55 UTC",
  "isbn" : "4818205516",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "工作舎",
  "score" : "",
  "title" : "ムーン・トラックス \"MOON TRAX\" (タイガー立石のコマ割り絵画劇場)",
  "authors" : "タイガー立石, Tiger Tateishi",
  "date" : "2017-07-17 12:32:23 UTC",
  "isbn" : "4875024614",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "はやみねかおるの(個人的)最高傑作。<br>\r\n#正直、この本と『バイバイスクール』の初期2作以外の作品は大したことないと思う。商業的に成功したのはその後の作品だけどさ。<br>\r\n挿画がオリジナル版の吾妻ひでおではないことは非常に不満(『バイバイスクール』の復刊版は吾妻ひでおだったのに)。ページ数の都合なんだろうが、挿画数も少ないし(オリジナル版で絵があったシーンに絵がない)。<br>\r\n内容は、まぁ覚えていたとおりだった。オーパーツ研究家のお姉さんの登場の仕方があまりに唐突過ぎることを除けば、やっぱりこれが最高傑作だと思う。",
  "publisher" : "講談社",
  "score" : "",
  "title" : "オタカラウォーズ 迷路の町のUFO事件 (講談社青い鳥文庫)",
  "authors" : "はやみね かおる",
  "date" : "2009-01-13 12:35:39 UTC",
  "isbn" : "4061487140",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "徳間書店",
  "score" : "",
  "title" : "とりから往復書簡 (1) (リュウコミックス)",
  "authors" : "とり みき, 唐沢 なをき",
  "date" : "2009-01-13 12:15:04 UTC",
  "isbn" : "419950091X",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "[[4198330816 ここ]]とか[[4063645150 ここ]]とかで騒いでいたシリーズが単行本化。連作短編集である。<br>\r\n面白いんだけど、でも、でも、なんか「もう一声」って感じ。書店管理官シリーズ(これは長編なので単純に比べることはできないかもしれないが)の場合、舞台の奥行きを感じさせる設定があちこちに散りばめられていて、世界観の深みに圧倒された。このシリーズもそれに劣らない奥行きがあるはずなのだが、各作品の展開がワンパターンで、設定の折り込み方が甘い。『[[4198330816 犬家の一族]]』で数作を読んだ段階では、奥行きを勝手に想像して楽しむこともできたが、一冊のボリュームにまとまった以上、読者の勝手な想像を(いい意味で)裏切ってもらわないと困る。<br>\r\nとまぁ、いろいろ文句はつけたものの、やっぱり単行本化は嬉しいわけで。続刊に期待!",
  "publisher" : "講談社",
  "score" : "",
  "title" : "冷食捜査官(1) (モーニングKC)",
  "authors" : "とり・みき",
  "date" : "2009-01-13 17:21:48 UTC",
  "isbn" : "4063727564",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "Part1(90ページまで)は、マンガの読み方が試される。この手のノリに脳ミソが馴染むまで、しばしかかってしまった。<br>\r\n昔、赤木かん子が「マンガを読めない大人には『ガラスの仮面』を読ませるといい、あれはマンガが読めなくてもセリフを追えば話が分かるから(大意)」というようなことを言っていたが、そのとおり。いや、もう、これ、セリフ追うだけじゃ全然おもしろくありません。\r\n<br>\r\n無数の小人に担がれるネタは『[[http:\/\/www.hondana.org\/Leiko\/419950091X とりから]]』で語っていた実体験ですな。<br>\r\nなお、帯の惹句は<b>あの<\/b>夫婦。",
  "publisher" : "イースト・プレス",
  "score" : "",
  "title" : "ロボ道楽の逆襲 (CUE COMICS)",
  "authors" : "とり・ みき",
  "date" : "2009-02-10 14:08:32 UTC",
  "isbn" : "4781600530",
  "categories" : "本棚.orgを見て買ってしまった本"
},
{
  "comment" : "この通常版を買ったあとで、特装版があることを知ってしまった。うわぁぁぁぁぁ!!<br>\r\n#特装版もまだ買えるみたい。どうしようか……。",
  "publisher" : "Akio Nagasawa Publishing",
  "score" : "",
  "title" : "昭和40年会の東京案内",
  "authors" : "昭和40年会",
  "date" : "2009-02-09 12:25:53 UTC",
  "isbn" : "490354530X",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "光文社",
  "score" : "",
  "title" : "第1感 「最初の2秒」の「なんとなく」が正しい",
  "authors" : "マルコム・グラッドウェル",
  "date" : "2009-02-09 12:13:27 UTC",
  "isbn" : "4334961886",
  "categories" : "本棚.orgを見て買ってしまった本"
},
{
  "comment" : "買った直後に文庫版(書き下ろし付き)が出ました。……めげないぞ。",
  "publisher" : "文藝春秋",
  "score" : "",
  "title" : "時事ネタ",
  "authors" : "とり・みき",
  "date" : "2009-02-09 13:02:21 UTC",
  "isbn" : "4163689001",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "斎藤茂吉による万葉集ベストチョイス。<br>\r\n茂吉自身が歌人のため、歌そのもののみに焦点を当てている。技巧を称えるのではなく、深読みをするのでもなく(むしろ深読みしすぎることを諌めるような記述あり)、純粋に歌を楽しむ助けとなるよう解題されている。天皇など、出自がはっきりしている人の歌が中心のため、人間関係など史実を踏まえた記述もあるが、あくまでも歌を読む補助資料としての役割にとどめられている。<br>\r\n[[http:\/\/www.aozora.gr.jp\/cards\/001059\/card5082.html 青空文庫にも収録されている]]が、やはり新書を鞄の片隅に忍ばせ、折に触れてめくるという読み方をしたい。",
  "publisher" : "岩波書店",
  "score" : "",
  "title" : "万葉秀歌〈上巻〉 (岩波新書)",
  "authors" : "斎藤 茂吉",
  "date" : "2009-05-25 17:42:19 UTC",
  "isbn" : "4004000025",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "朝日新聞出版",
  "score" : "",
  "title" : "語前語後",
  "authors" : "安野 光雅",
  "date" : "2009-02-23 12:23:08 UTC",
  "isbn" : "4022505133",
  "categories" : "本棚.orgを見て買ってしまった本"
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "日本放送出版協会",
  "score" : "",
  "title" : "セックスと科学のイケない関係",
  "authors" : "メアリー ローチ",
  "date" : "2009-02-23 12:22:22 UTC",
  "isbn" : "414081327X",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "NHKスペシャル「男と女」の取材班による単行本。番組が面白かった(筧利夫のドラマもベタながら良かった)ので購入したのだが、番組では語られなかった話もたくさん書かれている。<br>\r\n深みはないが、ネタの幅は広く、ポピュラーサイエンス本として充実している。離婚のピーク時期が全世界で共通というのは興味深かったし、男性が男性らしさにこだわるせいで失業者の増加につながるという指摘はなかなか面白いストーリーだと思う。<br>\r\nインターセックスの人はどうすんだとか、性自認の不一致がある場合はどうなるんだとか、いろいろ気になることはあるが、まぁそれはこの書籍単体の守備範囲ではないかな。",
  "publisher" : "ダイヤモンド社",
  "score" : "",
  "title" : "だから、男と女はすれ違う―最新科学が解き明かす「性」の謎",
  "authors" : "NHKスペシャル取材班, 奥村 康一, 水野 重理, 高間 大介",
  "date" : "2009-04-16 13:01:57 UTC",
  "isbn" : "4478008043",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "早川書房",
  "score" : "",
  "title" : "SFが読みたい! 2009年版―発表!ベストSF2008国内篇・海外篇 (2009)",
  "authors" : "SFマガジン編集部",
  "date" : "2009-08-12 13:56:04 UTC",
  "isbn" : "4152090014",
  "categories" : "雑誌やムックみたいなもの"
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "朝日新聞出版",
  "score" : "",
  "title" : "〈使い勝手〉のデザイン学 (朝日選書)",
  "authors" : "ヘンリー・ペトロスキー",
  "date" : "2009-02-28 18:20:51 UTC",
  "isbn" : "4022599448",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "ちょっと書き方が偉そうなのが鼻につくが、内容自体は面白かったので我慢しましょう。<br>\r\nテーマ的に当然、図版はオールカラーなのですが、せめてもう一声大きなサイズにしてほしかった(あるいは図版のみのページを作ってほしかった)というのは贅沢でしょうか(予算的な問題かな……)。<br>\r\nなお、著者はこばやしたいぞう氏。玩具を修理したり海を見たりアルファでオメガでウルトラマンな方とは別人ですのでご注意。いわゆる「宮本浩次-ひろじ\/こうじ問題」ですな。",
  "publisher" : "光文社",
  "score" : "",
  "title" : "日本の国宝、最初はこんな色だった (光文社新書)",
  "authors" : "小林泰三",
  "date" : "2009-04-03 13:09:05 UTC",
  "isbn" : "4334034780",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "番組が面白かったので購入。番組ディレクターのコラムも挿入されているのだが、とても楽しい現場だった様子がうかがえる。<br>\r\n出社が楽しくなるかどうかはともかく、実生活と経済用語が無理なくリンクできる。解説は結構ざっくりしているが、経済学の本というわけではないので、これくらい軽めなのが逆にいい感じ。<br>\r\n実生活の例え話が秀逸なので、サラリーマンでなくても楽しめる。経済活動ってのは、何も仕事のあれこれのことだけじゃなくて、人間の思惑がうずまくところすべてに関わってるわけですから。",
  "publisher" : "日本放送出版協会",
  "score" : "",
  "title" : "出社が楽しい経済学",
  "authors" : "",
  "date" : "2009-04-21 13:30:30 UTC",
  "isbn" : "4140813288",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "雄鷄社",
  "score" : "",
  "title" : "ふろしき包み (きっかけ本)",
  "authors" : "",
  "date" : "2009-03-13 09:52:48 UTC",
  "isbn" : "4277490603",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "編物病に罹患中。年に何度か罹患するのだが、今回はわりと重症かも。<br>\r\nとりあえず、鞄を編みました。",
  "publisher" : "ブティック社",
  "score" : "",
  "title" : "かぎ針で編む夏こもの―かぎ針1本でさくさく編みたい爽やかでかわいいこもの (レディブティックシリーズ no. 2823)",
  "authors" : "",
  "date" : "2009-04-16 20:02:10 UTC",
  "isbn" : "4834728234",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "創元社",
  "score" : "",
  "title" : "大大阪イメージ―増殖するマンモス\/モダン都市の幻像",
  "authors" : "橋爪 節也",
  "date" : "2009-03-19 14:00:10 UTC",
  "isbn" : "4422250507",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "筑摩書房",
  "score" : "",
  "title" : "猿蟹合戦とは何か―清水義範パスティーシュ100〈1の巻〉 (ちくま文庫)",
  "authors" : "清水 義範",
  "date" : "2009-03-19 14:00:11 UTC",
  "isbn" : "4480425519",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "広く浅い。<br>\r\nギョーカイのことに多少なりとも興味のある女性なら、既に知っている話が多いと思う。男の人には新鮮なのかな。<br>\r\n<br>\r\n#それにしても最近の資生堂には魅力を感じられない。<br>\r\n#メガブランド戦略のもと多くの商品(=財産)を切り捨て、ザ・ギンザすら閉店するという。<br>\r\n#中島信也のコーポレートCM(熊木杏里の歌が流れているやつ)が素晴らしかったのが、今のところ唯一の救い。",
  "publisher" : "新潮社",
  "score" : "",
  "title" : "夢と欲望のコスメ戦争 (新潮新書)",
  "authors" : "三田村 蕗子",
  "date" : "2009-03-26 18:06:43 UTC",
  "isbn" : "4106101092",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "国書刊行会",
  "score" : "",
  "title" : "モダン心斎橋コレクション―メトロポリスの時代と記憶",
  "authors" : "橋爪 節也",
  "date" : "2009-03-19 14:00:13 UTC",
  "isbn" : "433604726X",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "創元社",
  "score" : "",
  "title" : "モダン道頓堀探検",
  "authors" : "",
  "date" : "2009-03-19 14:00:14 UTC",
  "isbn" : "442225040X",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "ひさしぶりのカジシン。<br>\r\n良くも悪くもあいかわらず。<br>\r\n<br>\r\n専業作家になったためか、近年とみに刊行量が増えている気がする(新作だけでなく、旧作の再編集版も多いが)。[[http:\/\/www.hakutake.co.jp\/hitoyoshi\/kajishin\/ ブログ]]もあるようだ。",
  "publisher" : "光文社",
  "score" : "",
  "title" : "時の“風”に吹かれて (光文社文庫)",
  "authors" : "梶尾 真治",
  "date" : "2009-07-24 20:08:59 UTC",
  "isbn" : "4334745164",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "公募作品集。<br>\r\nとりあえず鞄を編みました(適当にアレンジを加えつつ)。",
  "publisher" : "日本ヴォーグ社",
  "score" : "",
  "title" : "かぎ針編みのかんたんこもの (Heart Warming Life Series)",
  "authors" : "",
  "date" : "2009-04-21 12:52:28 UTC",
  "isbn" : "4529043479",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "夏はやっぱりアンダリヤ。<br>\r\n私の場合、書籍で指定されている糸で編むことはあまりないのですが、アンダリヤだけは別格。かごバッグや帽子などは本当に既製品のような仕上がりになるので。ただ、アンダリヤから「エコアンダリヤ」にリニューアルした時に実質値上げしちゃったのが痛い。<br>\r\n<br>\r\nとりあえず帽子を編んだのだが、編図どおり編んだらどうもサイズがおかしい。私の編み癖がおかしいのかもしれないけど。適当に増し目したり段を増やしたりして対応。",
  "publisher" : "ブティック社",
  "score" : "",
  "title" : "エコアンダリヤで編むかぎ針編みのバッグと帽子―夏中使いたいデザインがいっぱい (レディブティックシリーズ no. 2822)",
  "authors" : "",
  "date" : "2009-04-20 19:31:20 UTC",
  "isbn" : "4834728226",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "雄鶏社",
  "score" : "",
  "title" : "ナチュラルなバッグと小もの―麻ひも・コードを結んで作る",
  "authors" : "",
  "date" : "2009-04-15 12:57:00 UTC",
  "isbn" : "4277431569",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "雄鶏社がつぶれてしまったので慌ててサルベージ。 ",
  "publisher" : "雄鶏社",
  "score" : "",
  "title" : "美しいレース パイナップル編み",
  "authors" : "",
  "date" : "2009-04-28 12:38:12 UTC",
  "isbn" : "4277261353",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "『[[http:\/\/www.hondana.org\/Leiko\/4087504913 マイナス・ゼロ]]』に引き続き、広瀬正の復刊。都市がパニックに陥る様子のシミュレーション小説である。<br>\r\n都市が混乱に陥る様子が、マスメディアの動向を交えて丁寧に描写されており、淡々としていながら迫力がある。現代ならばインターネットが加わるわけで、きっとこれ以上のパニックが発生するだろうと想像。登場人物の配置に無駄がなく、特に聾者の役回りが巧い。オイネちゃんがあまりにもキュートなのも収穫だった。<br>\r\n書き出しから2ページくらいの文章がとても素敵だ。無駄がなく、伏線もあり、奇を衒ってはいないが決してありきたりな表現ではない修辞。こんなに惚れ惚れする文章は、久々に読んだ気がする。",
  "publisher" : "集英社",
  "score" : "",
  "title" : "ツィス 広瀬正・小説全集・2 (広瀬正・小説全集) (集英社文庫)",
  "authors" : "広瀬 正",
  "date" : "2009-07-31 12:45:38 UTC",
  "isbn" : "408746346X",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "雄鶏社がつぶれてしまったので慌ててサルベージ。<br>\r\n<br>\r\n鞄を2つ、帽子を2つ編みあげた。本当は表紙のテンガロンハットを編みたいのだが、編み図が難解すぎる!",
  "publisher" : "雄鶏社",
  "score" : "",
  "title" : "かぎ針で編む夏のおでかけ小もの",
  "authors" : "",
  "date" : "2009-07-06 13:01:38 UTC",
  "isbn" : "427717244X",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "現代書館",
  "score" : "",
  "title" : "笑撃! これが小人プロレスだ",
  "authors" : "高部 雨市",
  "date" : "2009-04-24 10:00:20 UTC",
  "isbn" : "4768469906",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "雄鶏社がつぶれてしまったので慌ててサルベージ。",
  "publisher" : "雄鷄社",
  "score" : "",
  "title" : "かぎ針で編む夏のバッグと帽子",
  "authors" : "",
  "date" : "2009-04-25 16:45:50 UTC",
  "isbn" : "4277172261",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "ハイ、買っちゃいました。<br>\r\n発売は昨年12月ですが、既に3刷。(1刷あたりの数はそんなに多くないかもしれませんが)順調に売れているようで何よりです。<br>\r\nプラモデルの歴史を丁寧に追っていて(ガンプラが登場するのは全12章中9章)、資料として非常に読みごたえがありますね。ガンプラも勿論なのですが、ガレキ・ワンフェスを経て、模型のあり方が変わってきた様子がよく分かって面白いです。そういった、組合側から見ればアウトサイドであるはずの話もしっかりフォローされているあたりに、編集側の気概を感じます。<br>\r\n付録のCD-ROMは、インタフェースの使い勝手があまり良くなく、画像情報も含まれていませんが、模型の歴史のデータベースとして非常に貴重なものだと思います。<br>\r\n索引が付いていないことだけが残念ですね……。<br>\r\n<br>\r\nあー、模型作りたくなってきた。",
  "publisher" : "文藝春秋企画出版部",
  "score" : "",
  "title" : "日本プラモデル50年史 1958-2008",
  "authors" : "日本プラモデル工業協同組合編",
  "date" : "2009-04-25 17:20:45 UTC",
  "isbn" : "4160080634",
  "categories" : "本棚.orgを見て買ってしまった本"
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "日経BP社",
  "score" : "",
  "title" : "DNAのワトソン先生、大いに語る",
  "authors" : "ジェームス・D・ワトソン",
  "date" : "2009-05-08 13:01:34 UTC",
  "isbn" : "4822283879",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "雄鶏社がつぶれてしまったので慌ててサルベージ。<br>\r\n<br>\r\nコテを使わずに作れるコサージュ。ファー素材など秋冬物が中心。<br>\r\n特定の技法や材料に偏っておらず、様々なタイプのものが掲載されているのが良い。作り方の解説は荒いが、こういうものは忠実に作り方どおりに作るものでもないので、材料表と型紙があるだけで充分。本全体のトーンが暗めなので、少々見づらい写真が多いのが残念。<br>\r\nコサージュ自体はどれも素敵なのだが、時折挿入されている謎の散文のセンスが実にひどい。「女心プンプン」って、NIKITAじゃないんだから……。",
  "publisher" : "雄鷄社",
  "score" : "",
  "title" : "野木陽子のハンドメイドコサージュ―かんたんだけどおしゃれができる",
  "authors" : "野木 陽子",
  "date" : "2009-05-12 09:38:06 UTC",
  "isbn" : "4277430945",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "雄鶏社がつぶれてしまったので慌ててサルベージ。<br>\r\nでもまぁ、こういう事態になってなかったら買ってなかったかな。形や技法のバリエーションはほとんどなく、大作も無し。ただ、ビーズ刺繍を施したルームシューズがめちゃんこカワユイ。",
  "publisher" : "雄鷄社",
  "score" : "",
  "title" : "モールヤーンで編むバッグと小もの",
  "authors" : "",
  "date" : "2009-05-27 12:12:04 UTC",
  "isbn" : "4277430732",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "雄鷄社",
  "score" : "",
  "title" : "紙でつくる動物たち",
  "authors" : "飯島 武",
  "date" : "2009-05-08 13:02:15 UTC",
  "isbn" : "4277753426",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "雄鶏社がつぶれてしまったので慌てていろいろサルベージするために手芸本を漁っているうちについつい購入してしまった(雄鶏社の本ではない……)。<br>\r\nモチーフつなぎのものはいわゆるオカンアート的なものが多く、正直何とも言えない。それ以外のものはまぁまぁのデザインで、アレンジも加えやすそうな形が多い。異なる色のアンダリヤを引き合わせて編んだサンプルが見られたのは良かった。色合わせを工夫して楽しめそう。",
  "publisher" : "ブティック社",
  "score" : "",
  "title" : "かぎ針あみのバッグ―シンプルなこまあみや、モチーフつなぎ、コサージュつきなど、かわいいバッグがいっぱい (レディブティックシリーズ no. 2521)",
  "authors" : "",
  "date" : "2009-05-20 12:33:07 UTC",
  "isbn" : "4834725219",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "[[http:\/\/www.hondana.org\/Leiko\/4106101149 ろくでもねぇおっさん(褒め言葉)]]の奥さまのお話。<br>\r\nこれを壮絶と呼ぶ人もいるのだろうが、当人にとってはそれが日常だったわけで。淡々というか飄々というか、わりとしれっとしている感じが伝わってくるところに、逆にリアリティを感じる。<br>\r\n愛人の中にも、それなりに付き合える愛人と、どうも好かん愛人がいるあたり、女心が垣間見えて面白い。自分の日常とかけ離れたシチュエーションにもかかわらず、けっこう共感できてしまったりする。",
  "publisher" : "角川書店",
  "score" : "",
  "title" : "勝負師の妻―囲碁棋士・藤沢秀行との五十年 (角川oneテーマ21)",
  "authors" : "藤沢 モト",
  "date" : "2009-07-07 13:02:31 UTC",
  "isbn" : "4047041238",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "日本ヴォーグ社",
  "score" : "",
  "title" : "ちいさな手あみ  かわいいニット (Heart Warming Life Series)",
  "authors" : "",
  "date" : "2009-05-12 12:37:04 UTC",
  "isbn" : "4529045323",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "ほんと、ろくでもねぇおっさんだな←褒め言葉。<br>\r\n奥様より先に野垂れ死ぬのが本望だったらしい(夢が叶って良かったのう)。なんとなく、この人は浮気はしても不倫はしなかったんじゃないかなと思う。でなきゃこういうことは言えない気がする。",
  "publisher" : "新潮社",
  "score" : "",
  "title" : "野垂れ死に (新潮新書)",
  "authors" : "藤沢 秀行",
  "date" : "2009-05-27 12:12:36 UTC",
  "isbn" : "4106101149",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "青土社",
  "score" : "",
  "title" : "時のかけらたち",
  "authors" : "須賀 敦子",
  "date" : "2009-09-28 12:19:47 UTC",
  "isbn" : "4791756460",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "河出書房新社",
  "score" : "",
  "title" : "尾崎翠 (KAWADE道の手帖)",
  "authors" : "",
  "date" : "2009-09-28 12:21:11 UTC",
  "isbn" : "4309740286",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "文化出版局",
  "score" : "",
  "title" : "きれいに縫うための基礎の基礎",
  "authors" : "水野 佳子",
  "date" : "2009-05-21 12:58:48 UTC",
  "isbn" : "4579112253",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "早川書房",
  "score" : "",
  "title" : "ミサキラヂオ (想像力の文学)",
  "authors" : "瀬川 深",
  "date" : "2009-05-21 12:58:52 UTC",
  "isbn" : "415209012X",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "『[[http:\/\/www.hondana.org\/Leiko\/4255003637 仏像のひみつ]]』の続編。<br>\r\n今回のひみつは「仏像ソシキのまわりにも誰かいる!」「仏像の着物にはソデがない!」「仏像の眼は光る!」「仏像の色はイロイロ!」の4つ。仏像の本なのに神様の話から始まるというユルさが、もう最高。<br>\r\nイラストも素敵なのだが、貴重な写真もたくさん掲載されている。仏像の写真というと、変に深遠な雰囲気で撮影されていることが多い中、この本に掲載されている写真はカタログ写真のようで、フラットな気分で被写体に接することができるのが良い。",
  "publisher" : "朝日出版社",
  "score" : "",
  "title" : "続仏像のひみつ",
  "authors" : "山本勉",
  "date" : "2009-07-24 12:40:12 UTC",
  "isbn" : "4255004234",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "岩波書店",
  "score" : "",
  "title" : "零の発見―数学の生い立ち (岩波新書)",
  "authors" : "吉田 洋一",
  "date" : "2009-05-25 12:38:22 UTC",
  "isbn" : "4004000130",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "[[http:\/\/www.hondana.org\/Leiko\/4004000025 上巻]]と比べ、防人歌や東歌など作者不詳の歌が多いためか、解説は荒めかつ短い。<br>\r\n茂吉は古今以降の歌が余程嫌いと見えて、誹謗中傷とさえ思える論調が目立つ。古今以降の歌は技巧が重ねられすぎててわけ分からんというのは私も同意なのだが、悪口はいかんよ。",
  "publisher" : "岩波書店",
  "score" : "",
  "title" : "万葉秀歌〈下巻〉 (岩波新書)",
  "authors" : "斎藤 茂吉",
  "date" : "2009-05-25 17:42:54 UTC",
  "isbn" : "4004000033",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "なにかとなにかの「あわい」を感じさせる物語の数々。無理にジャンル分けするならば「ファンタジー」になるのかもしれないが、どうもこれを「ファンタジー」と呼ぶのは何か違う気がする。<br>\r\nところどころに性的な描写(最中というより前後が主)があるのだが、その手触りが非常に独特。<br>\r\n<br>\r\n透けることを想定して設計された装丁がまた美しいのです。",
  "publisher" : "青林工藝舎",
  "score" : "",
  "title" : "一角散",
  "authors" : "津野 裕子",
  "date" : "2009-06-24 12:47:55 UTC",
  "isbn" : "4883792609",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "アスキー・メディアワークス",
  "score" : "",
  "title" : "マインド・ウォーズ 操作される脳",
  "authors" : "ジョナサン・D・モレノ",
  "date" : "2009-06-17 11:45:16 UTC",
  "isbn" : "4048673629",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "未完だった「水海」の完結編である第三部が描き下ろされているというのが売りのようですが、それ以外の短編の方が個人的には好き。<br>\r\nいきなり杉浦茂。ちょっとびっくり。<br>\r\n装丁は『[[http:\/\/www.hondana.org\/Leiko\/4883792609 一角散]]』と同じ方。さすがです。",
  "publisher" : "創英社",
  "score" : "",
  "title" : "鱗粉薬 増補改訂版",
  "authors" : "津野 裕子",
  "date" : "2009-07-24 12:57:51 UTC",
  "isbn" : "4434130943",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "脱サラして農業に就いた人々へのインタビュー集。「東京カワイイ★TV」で、モデル(名前は失念)が読んでいた。<br>\r\n想像以上に重い内容だった。単行本の文庫化のため、あとがきで単行本発刊後のエピソードが語られているのだが、それがまた非常に重くて、何ともやりきれない。<br>\r\nただ、希望に満ちた話も多い。定年後の趣味と割り切るのであればそれでもよいが、職業として農業を選ぶのであれば、ある程度早い段階からノウハウをつかんでおいた方が良さそうだ。最近は[[http:\/\/re-farm.jp\/ 農家のこせがれネットワーク]]なども盛り上がっているようだし、もうちょっとどうにかうまくいったらいいなぁと思う。",
  "publisher" : "文藝春秋",
  "score" : "",
  "title" : "脱サラ帰農者たち―わが田園オデッセイ (文春文庫)",
  "authors" : "田沢 拓也",
  "date" : "2009-06-30 12:35:07 UTC",
  "isbn" : "4167678012",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "早川書房",
  "score" : "",
  "title" : "黒死館殺人事件 (ハヤカワ・ミステリ 240)",
  "authors" : "小栗 虫太郎",
  "date" : "2009-07-02 12:45:33 UTC",
  "isbn" : "4150002401",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "筑摩書房",
  "score" : "",
  "title" : "おぼえたての碁―はじめたばかりの碁がたちまち強くなる",
  "authors" : "趙 治勲",
  "date" : "2009-07-02 12:45:33 UTC",
  "isbn" : "448087271X",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "乱歩の文体にある独特の手触り(ざらついた夕焼けの色を思い起こさせる)は感じられず、あくまでも「丸尾末広の作品」になっているように思う。それは決して悪い意味ではなく、原作を昇華していると捉えるべきだろう。エロもグロも控えめなので(あくまでも丸尾比)、そういうのが苦手な方にも是非手に取ってもらいたい(くどいようだが、あくまでも丸尾比)。<br>\r\n人見の肉塊が花火として飛び散るラストシーン、指のちぎれた手首が転がっている。これは、菰田の死体を掘り返した時に、指輪を外そうとして指ごともげたくだりを思い起こさせるものであるが、菰田は左手・ラストシーンは右手なので、深読みのしすぎかもしれない。<br>\r\n現在、乱歩の漫画化第二弾として「芋虫」連載中とのこと。文章で読むのもきつい描写の作品だけに、丸尾末広の絵になったらどうなることやら。怖いもの見たさで期待。",
  "publisher" : "エンターブレイン",
  "score" : "",
  "title" : "パノラマ島綺譚 (BEAM COMIX)",
  "authors" : "江戸川 乱歩, 丸尾 末広",
  "date" : "2009-07-03 14:43:09 UTC",
  "isbn" : "4757739699",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "平凡社",
  "score" : "",
  "title" : "細野晴臣インタビューTHE ENDLESS TALKING (平凡社ライブラリー)",
  "authors" : "細野 晴臣",
  "date" : "2009-10-19 10:54:33 UTC",
  "isbn" : "4582765505",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "毎日コミュニケーションズ",
  "score" : "",
  "title" : "ひと目の手筋 問題集600 (マイコミ囲碁文庫シリーズ)",
  "authors" : "趙 治勲",
  "date" : "2009-07-24 12:43:05 UTC",
  "isbn" : "4839929416",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "現在進行中。<br>\r\nなんかいきなり難しくなった気がする。<br>\r\nあと、ひとつ気付いたのだが、ヒントに「攻め合いです」と書いている問題が解けない。攻められると弱い以上に、攻めるのが苦手なんだな。",
  "publisher" : "日本棋院",
  "score" : "",
  "title" : "5級をめざす次の一手問題集 (囲碁新書)",
  "authors" : "",
  "date" : "2009-08-18 13:01:01 UTC",
  "isbn" : "4818205478",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "あれこれ育ててみたくなる。勘所を押さえた解説は、さすがベターホーム。<br>\r\nキャベツとユリ根は、まさに衝撃映像。これを見るだけでも300円出す価値ありかも。",
  "publisher" : "ベターホーム出版局",
  "score" : "",
  "title" : "今日から育てるキッチン菜園読本",
  "authors" : "ベターホーム協会 編",
  "date" : "2009-07-28 12:27:34 UTC",
  "isbn" : "490454403X",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "青林工藝舎",
  "score" : "",
  "title" : "ダゲレオタイピスト―銀板写真師",
  "authors" : "鳩山 郁子",
  "date" : "2009-07-27 13:10:40 UTC",
  "isbn" : "4883792803",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "池田書店",
  "score" : "",
  "title" : "手づくりのヘアアクセサリー―シュシュ・ヘアバンド・カチューシャ…ヘアアレンジが楽しくなるかわいい髪飾り",
  "authors" : "内田 瑞恵",
  "date" : "2009-08-02 18:32:47 UTC",
  "isbn" : "426215274X",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "タイトルどおりの素敵な本。夏休み中の全国の女学生諸君、この夏はこれで決まりですよ。<br>\r\nどれもキュートな問題だけれど「ここが地球か月かを知る方法」「お化け煙突のスゴイ解法」あたりが面白かった。あと、正四面体と正四角錐をくっつける話は、答えを知っていてもやっぱりすごいなぁと思ってしまう。<br>\r\nただ、ヤードポンド法が出てくるあたりは、日本の中学生にはイメージしづらいと思われる。もうちょっと何とかならんかったものか(まぁメートル法がキュートかと言われればキュートではないのだが)。<br>\r\n数学といっても微積分だの複素数だのではないので、公式などすべて忘れ飛んだオトナでも楽しめる(ピタゴラスの定理くらいは覚えてるっしょ)。算数で解ける問題もあるので、小学生に勧めても大丈夫かも。<br>\r\n<br>\r\n↑以上[Wed Aug 12 13:54:00 +0900 2009]の更新。<br>\r\nうわわ。申し訳ありません、勘違いしていました。<br>\r\nポンドが出てくるのは貨幣単位で、距離や重さの単位系はメートル法に統一されていますね。ポンドという単語だけで心が折れて、そのあたりを斜め読みしちゃってました。",
  "publisher" : "筑摩書房",
  "score" : "",
  "title" : "キュートな数学名作問題集 (ちくまプリマー新書)",
  "authors" : "小島 寛之",
  "date" : "2009-08-20 20:40:48 UTC",
  "isbn" : "448068817X",
  "categories" : "本棚.orgを見て買ってしまった本"
},
{
  "comment" : "タイトルがキャッチー。タイトル勝ちかと思いきや、内容も面白かった。<br>\r\n昆虫と人間の文化・文明の関わりを書いた本は他にもあると思うが、本書は昆虫の視点に立つということが徹底されている。著者は昆虫マニアなので、昆虫に興味のない人からすれば、一部の論調に理解しがたいところがあるかもしれない。しかし昆虫の視点から見ればどれもきっちり正論が貫かれているところに好感が持てる(若干、昆虫マニアバイアスがかかってるけど)。\r\n",
  "publisher" : "朝日新聞社",
  "score" : "",
  "title" : "昆虫にとってコンビニとは何か? (朝日選書)",
  "authors" : "高橋 敬一",
  "date" : "2009-08-12 13:20:54 UTC",
  "isbn" : "402259912X",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "光文社",
  "score" : "",
  "title" : "辞書と日本語 国語辞典を解剖する (光文社新書)",
  "authors" : "倉島 節尚",
  "date" : "2009-08-21 19:31:44 UTC",
  "isbn" : "4334031765",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "講談社",
  "score" : "",
  "title" : "オタクで女の子な国のモノづくり (講談社BIZ)",
  "authors" : "川口 盛之助",
  "date" : "2009-08-21 19:31:44 UTC",
  "isbn" : "4062820633",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "終局間近の九路盤で、相手の傷を探してとがめる問題集。『[[http:\/\/www.hondana.org\/Leiko\/4818205516 15級をめざす次の一手問題集]]』の最終章にあったのと同タイプの問題である。巻頭に基本的な考え方が書かれているのだが、よくまとめられていて、今更ながらとても参考になった。<br>\r\n簡単な問題が多くサクサク解ける。オイオトシとウッテガエシが多い。こういう問題ばかり解いていると、実戦でもなんだかホウリコミしなければいけないような気がしてきてしまって、日本棋院じゃない方の中野九段みたいなことをときどきやらかしてしまう。私のバカバカバカ。<br>\r\n各問にヒントが付いているのだが、あまりに簡単すぎて、ヒントというより最早解答と化しているので、見ない方が良いと思う。<br>\r\nこういう問題集で十三路盤のがあったらいいなぁ。九路盤だとやっぱり狭すぎる。かと言って十九路盤だと問題集としてはちょっと重たいし。",
  "publisher" : "日本棋院",
  "score" : "",
  "title" : "置き去りの傷を探せ―進級シリーズ〈2〉 (囲碁文庫)",
  "authors" : "",
  "date" : "2009-08-27 13:57:13 UTC",
  "isbn" : "4818205117",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "このシリーズまだ続いてたのか~。懐かしくなって思わず購入。<br>\r\nストーリーは相変わらず大したことないのだが(タイムトラベルできるおっさんが江戸時代でも現代でも若い女性に慕われてうほうほな話)、江戸の風俗の描写は相変わらず素晴らしい。<br>\r\nいな吉姐さんは相変わらずキュートだし、空が綺麗で広かったころの江戸の町並みの描写も非常に丁寧。「宝引の辰捕者帳」なんかをまた観たくなる感じ。",
  "publisher" : "講談社",
  "score" : "",
  "title" : "大江戸妖美伝 (講談社文庫)",
  "authors" : "石川 英輔",
  "date" : "2009-09-14 18:54:30 UTC",
  "isbn" : "4062762684",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "日本ヴォーグ社",
  "score" : "",
  "title" : "大人のステキ・ニット―さっと羽織れて、着こなしが楽しめる (Let’s Knit series)",
  "authors" : "",
  "date" : "2009-08-25 12:20:11 UTC",
  "isbn" : "4529047326",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "中央公論新社",
  "score" : "",
  "title" : "暮しの眼鏡 (中公文庫)",
  "authors" : "花森 安治",
  "date" : "2009-09-02 12:31:58 UTC",
  "isbn" : "4122049776",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "暮しの手帖社",
  "score" : "",
  "title" : "一戔五厘の旗",
  "authors" : "花森 安治",
  "date" : "2009-09-02 12:31:57 UTC",
  "isbn" : "4766000269",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "発売されていたことを新聞広告で知ったのが8月末。[[http:\/\/www.webdoku.jp\/column\/sugie\/2009\/08\/13\/111308.html 当社比最速の重版がかかった]]という話を聞き、出遅れたぁぁぁと慌てて取り寄せたら、運良く初版をゲットできた。ありがとうトーハン。<br>\r\n<br>\r\n偏りまくったオールタイムベストは、あまり参考にしない方が吉。『万物理論』が首位な時点で一般ピープル完全置き去りにしてるし、十二国記の位置は明らかにおかしいだろ! [[http:\/\/www.webdoku.jp\/kanko\/pdf\/sf_gougai.pdf 号外]]の方がむしろ偏っていないように見える罠。<br>\r\nしかしホントにSF者というのは心が狭いなぁ(笑)。私自身、いわゆる「クズ論争」や「冬の時代」にSFに目覚めたせいか、てれぽーと欄で梅原克文が暴れていた頃にSFマガジンを読み始めたせいか、かなり保守的というか原理主義者的なところがあるんですけどね(今だから明かすけど、当時てれぽーと欄に梅原氏への反論を投稿しようとまでしたんだよ。下書きを書き殴った時点でなんだかすっげぇ空しくなってやめたけど)。<br>\r\n過去記事の再録は素直に面白かった(最近の現代詩手帖なんかでもそうだが、再録記事ってなんで胸がきゅんきゅんするんだろう)。へんないきものや老人が登場するSF選は、着眼点が良くなかなか興味深い。また、北上次郎のスタンスは、あまりにも真っ当なSF者だと思う。<br>\r\n<br>\r\nで、結局何の話をしたいかというと、<br>\r\n<b>早川さん、キンタグリオシリーズの続巻はまだですかー。<\/b><br>\r\nついでに創元さん、移動都市シリーズの続巻もよろしくね。<br>\r\n……おあとがよろしいようで。\r\n",
  "publisher" : "本の雑誌社",
  "score" : "",
  "title" : "SF本の雑誌 (別冊本の雑誌 15)",
  "authors" : "本の雑誌編集部",
  "date" : "2009-09-04 14:03:02 UTC",
  "isbn" : "4860110978",
  "categories" : "雑誌やムックみたいなもの"
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "新曜社",
  "score" : "",
  "title" : "未来のモノのデザイン",
  "authors" : "ドナルド・A・ノーマン",
  "date" : "2009-09-02 12:31:56 UTC",
  "isbn" : "4788511347",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "小学館",
  "score" : "",
  "title" : "続・お父さんは急がない (プチフラワービッグコミックス)",
  "authors" : "倉多 江美",
  "date" : "2009-09-02 12:31:56 UTC",
  "isbn" : "4091720943",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "雄鶏社",
  "score" : "",
  "title" : "素敵なレース編みベストセレクション40",
  "authors" : "",
  "date" : "2009-09-14 10:09:18 UTC",
  "isbn" : "427726123X",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "なんでこれが表紙なんだろう。若い子なら可愛く使えるかもしれないが、この色遣いと編み方は、間違いなくオカンアートまっしぐらじゃないか。<br>\r\nしかし、中の作品は良い。掲載点数は多くないが、どれも使いやすそうだ。<br>\r\n「シックな色が素敵なモヘアのショール」は、かぎ針と棒針を組み合わせた編み地で、ちょっと変な形をしているのだが、たぶん実際に羽織った方が素敵に見えるはず。「モチーフで遊べるやわらかストール」は、パッと見はただのゴム編みっぽいのだが、実は全然違う編み方で、ゆるゆるした雰囲気がたまらなく可愛い。この雰囲気は指定糸で編んだ方が良さそうだなぁ。<br>\r\n現在、うっかりコーンで買ってしまったキッドモヘアで「ふわふわモヘアのストール&ショール」を編み編み中。モチーフ繋ぎだけどオカンくささがなくて良い感じ。しかしまだ先の話だけど、ブロッキングが面倒そうだなぁ……。",
  "publisher" : "河出書房新社",
  "score" : "",
  "title" : "はおって巻いて。毎日使えるショール&ストール",
  "authors" : "",
  "date" : "2009-09-17 19:12:40 UTC",
  "isbn" : "4309280684",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "[[http:\/\/www.saketsuma.com\/ 酒つま]]編集長・大竹氏のエッセイ集。<br>\r\nうん、そうだ。お酒ってのは、こういうふうに楽しく飲むもんだよね。ちょっと呆れてしまうエピソードも多いが、そこはそれ、安酒かっくらえばアタシも同類ってやつで。<br>\r\nただ、γ-GTPの値自慢で盛り上がれる人種にはなりたくないなぁ(苦笑)。",
  "publisher" : "本の雑誌社",
  "score" : "",
  "title" : "今夜もイエーイ",
  "authors" : "大竹聡",
  "date" : "2009-09-14 19:19:22 UTC",
  "isbn" : "486011096X",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "素敵なエッセイ集。<br>\r\n巻頭の「狭いわが家は楽しいか」から、いきなりめちゃくちゃ面白い。翻訳ってすごいなぁ。「狭いながらも」のニュアンスが好きだなぁと感じる私は、つまり日本人なんだな。<br>\r\n目次の中に「ロシヤのパン」というのがあって、もしやと思ったらやはり「たま」だった。このエッセイが書かれた頃は、まだソ連だったんだなぁ、懐かしい(とある理由でゴルバチョフにめちゃめちゃ親近感を持っていた私、当時小学生)。",
  "publisher" : "白水社",
  "score" : "",
  "title" : "生半可な学者―エッセイの小径 (白水Uブックス)",
  "authors" : "柴田 元幸",
  "date" : "2009-09-17 20:02:38 UTC",
  "isbn" : "4560073333",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "文藝春秋",
  "score" : "",
  "title" : "アフロ・ディズニー エイゼンシュテインから「オタク=黒人」まで",
  "authors" : "菊地 成孔, 大谷 能生",
  "date" : "2009-09-14 10:09:24 UTC",
  "isbn" : "4163716300",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "日本ヴォーグ社",
  "score" : "",
  "title" : "手編みのニットで冬支度 (Let’s Knit series)",
  "authors" : "",
  "date" : "2009-09-25 12:20:24 UTC",
  "isbn" : "4529047601",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "雄鶏社",
  "score" : "",
  "title" : "はじめてのボビンレース―切って使える実物大パターンつき",
  "authors" : "飯野 美智子",
  "date" : "2009-09-26 17:05:21 UTC",
  "isbn" : "4277261302",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "世の中には靴下ばっかり編んでいる人(ソックニッターというらしい)がいると聞いてから、いっぺん編んでみたかったのだ。<br>\r\n2種類の編み方がプロセス付きで紹介されている。説明も丁寧で、このとおりやればなんとかうまくいきそう。それ以外は基本的に写真と編み図のみなのだが、写真がとても大きく掲載されているので非常に見やすく、編地に惚れ惚れ。美麗な編み込み模様も本当に素敵なのだが、シンプルな編み地のものも多い。<br>\r\n私は、かなり手がキツく、いつもゲージを合わせるのに苦労する(だから基本的に、着るものなどサイズが重要なアイテムは滅多に編まない)のだが、ソックスはキツめな方が良いらしいので、なんとかなるかなと思っている(大物と違って、いざサイズが合わなかった時のダメージも小さいし)。<br>\r\nバスケット編みのピエロみたいな靴下がかわゆい。鞄やヘアアクセとお揃いにしたい。",
  "publisher" : "文化出版局",
  "score" : "",
  "title" : "手編みのソックス",
  "authors" : "嶋田 俊之",
  "date" : "2009-10-02 12:49:16 UTC",
  "isbn" : "4579112636",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "文化出版局",
  "score" : "",
  "title" : "みんなの、まきもの50―マフラー・ストール・ショール…",
  "authors" : "",
  "date" : "2009-10-02 12:28:26 UTC",
  "isbn" : "4579112644",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "偕成社",
  "score" : "",
  "title" : "安房直子コレクション 全7巻セット",
  "authors" : "安房 直子",
  "date" : "2009-10-08 12:33:08 UTC",
  "isbn" : "4035409715",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "河出書房新社",
  "score" : "",
  "title" : "差別語とはなにか (河出文庫 し 13-5)",
  "authors" : "塩見 鮮一郎",
  "date" : "2009-10-08 12:36:37 UTC",
  "isbn" : "4309409849",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "筑摩書房",
  "score" : "",
  "title" : "倚りかからず (ちくま文庫)",
  "authors" : "茨木 のり子",
  "date" : "2009-10-08 12:36:37 UTC",
  "isbn" : "4480423230",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "平凡社",
  "score" : "",
  "title" : "千里眼事件―科学とオカルトの明治日本 (平凡社新書)",
  "authors" : "長山 靖生",
  "date" : "2009-10-08 12:36:37 UTC",
  "isbn" : "4582852998",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "インターシフト",
  "score" : "",
  "title" : "つぎはぎだらけの脳と心―脳の進化は、いかに愛、記憶、夢、神をもたらしたのか?",
  "authors" : "デイビッド・J. リンデン",
  "date" : "2009-10-08 12:36:39 UTC",
  "isbn" : "4772695168",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "日本ヴォーグ社",
  "score" : "",
  "title" : "麗しのレース  復刻版",
  "authors" : "風工房",
  "date" : "2009-10-08 12:36:41 UTC",
  "isbn" : "4529045757",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "文化出版局",
  "score" : "",
  "title" : "こぎん刺しの本―津軽の民芸刺繍",
  "authors" : "布芸展 (福田里香、束松陽子)",
  "date" : "2009-10-09 12:09:38 UTC",
  "isbn" : "4579112652",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "平凡社",
  "score" : "",
  "title" : "フローラ逍遙 (平凡社ライブラリー)",
  "authors" : "澁澤 龍彦",
  "date" : "2009-10-19 10:54:33 UTC",
  "isbn" : "4582761666",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "誠文堂新光社",
  "score" : "",
  "title" : "粘菌―驚くべき生命力の謎",
  "authors" : "松本 淳, 伊沢 正名",
  "date" : "2009-10-19 12:34:48 UTC",
  "isbn" : "4416207115",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "筑摩書房",
  "score" : "",
  "title" : "エレンディラ (ちくま文庫)",
  "authors" : "ガブリエル ガルシア=マルケス",
  "date" : "2009-10-19 12:34:48 UTC",
  "isbn" : "4480022775",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "日本放送出版協会",
  "score" : "",
  "title" : "お料理しましょう (3)",
  "authors" : "土井 勝",
  "date" : "2009-10-19 14:01:29 UTC",
  "isbn" : "4140330171",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "筑摩書房",
  "score" : "",
  "title" : "1回作れば3度おいしい作りおきレシピ",
  "authors" : "有元 葉子",
  "date" : "2009-10-26 11:10:46 UTC",
  "isbn" : "4480877983",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "うーん。期待しすぎたか、というのが正直な感想。<br>\r\nもうちょっと突き抜けた描き方はできなかったものか。バナナのエピソードや古井戸のシーンなどは、なんか漫画チック(まぁ漫画なんだけどさ)なのが鼻についてしまった。導入の「ユルス」のシーンが素晴らしかったことと、妻の「愛」が意外にストレートに描かれていたのが救い。<br>\r\nなお、『[[http:\/\/www.hondana.org\/Leiko\/4757739699 パノラマ島綺譚]]』よりは確実にエロいしグロいので、そーゆーのがダメな人は注意。<br>\r\nタイトルの赤い箔押しは雰囲気にマッチしている。ただ、ハードカバーなのがいただけない。『パノラマ島綺譚』と同じ装幀ではいけなかったのか。短編なので本が薄いということが理由なのであれば、もう一篇収録してほしかった(個人的には『人間椅子』あたりを希望!)。<br>\r\nまた乱歩の漫画化を手掛ける機会があるようなら、エロい熟女もよろしいのですが、丸尾末広の描く紅顔の美少年の美麗さも捨てがたいため、是非とも「少年探偵団」シリーズが見たいなぁ……とこっそり期待。",
  "publisher" : "エンターブレイン",
  "score" : "",
  "title" : "芋虫 (BEAM COMIX)",
  "authors" : "江戸川 乱歩, 丸尾 末広",
  "date" : "2009-11-15 17:13:23 UTC",
  "isbn" : "4047260851",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "講談社",
  "score" : "",
  "title" : "幻影城の時代 完全版 (講談社BOX)",
  "authors" : "",
  "date" : "2009-11-11 19:54:02 UTC",
  "isbn" : "4062151448",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "東洋館出版社",
  "score" : "",
  "title" : "ニッポンの算數―幻の尋常小学校教科書の問題",
  "authors" : "入子 祐三, 津村 靖, 柳瀬 修",
  "date" : "2009-11-11 19:54:03 UTC",
  "isbn" : "4491021988",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "朝日新聞出版",
  "score" : "",
  "title" : "流行り唄五十年 唖蝉坊は歌う 小沢昭一 解説・唄 (朝日新書 105)",
  "authors" : "添田 知道",
  "date" : "2009-11-11 19:54:04 UTC",
  "isbn" : "4022732059",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "晶文社",
  "score" : "",
  "title" : "彷書月刊編集長",
  "authors" : "田村 治芳",
  "date" : "2009-11-11 19:54:04 UTC",
  "isbn" : "4794965524",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "メディアファクトリー",
  "score" : "",
  "title" : "時間をかけない本格ごはん、ひとりぶん",
  "authors" : "有元 葉子",
  "date" : "2009-11-19 19:22:03 UTC",
  "isbn" : "4889916830",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "文藝春秋",
  "score" : "",
  "title" : "うらなり (文春文庫)",
  "authors" : "小林 信彦",
  "date" : "2009-11-19 19:22:05 UTC",
  "isbn" : "416725624X",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "筑摩書房",
  "score" : "",
  "title" : "雨の日はソファで散歩",
  "authors" : "種村 季弘",
  "date" : "2009-11-19 19:22:05 UTC",
  "isbn" : "4480814744",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "日本ヴォーグ社",
  "score" : "",
  "title" : "下田直子のビーズ編み―きらきら光るビーズは私のスペシャル",
  "authors" : "下田 直子",
  "date" : "2009-11-19 19:22:07 UTC",
  "isbn" : "4529045005",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "幻冬舎",
  "score" : "",
  "title" : "有元葉子の料理の基本",
  "authors" : "有元 葉子",
  "date" : "2009-11-19 19:22:07 UTC",
  "isbn" : "4877283595",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "河出書房新社",
  "score" : "",
  "title" : "霧のむこうに住みたい",
  "authors" : "須賀 敦子",
  "date" : "2009-11-19 19:22:07 UTC",
  "isbn" : "4309015298",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "創元社",
  "score" : "",
  "title" : "依田の碁〈1〉ドリルで上達する定石・布石の基礎 (依田の碁 (1))",
  "authors" : "依田 紀基",
  "date" : "2010-01-04 12:23:20 UTC",
  "isbn" : "4422752014",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "新潮社",
  "score" : "",
  "title" : "社交ダンスが終った夜に (新潮文庫)",
  "authors" : "レイ ブラッドベリ",
  "date" : "2010-01-06 12:54:34 UTC",
  "isbn" : "4102211063",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "ジャイブ",
  "score" : "",
  "title" : "みじかい眠りにつく前に 3 (ピュアフル文庫 ん 1-13)",
  "authors" : "有島 武郎, 池上永一, 小川洋子, 川西蘭, 桜庭一樹, 萩原朔太郎, 東直子, 三浦しをん, 皆川博子, よしもとばなな",
  "date" : "2010-01-06 12:54:34 UTC",
  "isbn" : "4861766826",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "文化出版局",
  "score" : "",
  "title" : "モチーフがいっぱい―18のポットホルダーとビーズや刺繍をプラスしたバッグ",
  "authors" : "村林 和子",
  "date" : "2010-01-06 16:07:33 UTC",
  "isbn" : "4579108957",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "日経BP社",
  "score" : "",
  "title" : "絶対わかる!ネットワークエンジニア超入門―ネットワークのしくみを知る!基礎を学ぶ! (日経BPムック ネットワーク基盤技術選書)",
  "authors" : "",
  "date" : "2010-01-07 12:48:16 UTC",
  "isbn" : "4822267555",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "日本経済新聞社",
  "score" : "",
  "title" : "働くお父さんの昔話入門―生きることの真実を語る",
  "authors" : "小沢 俊夫",
  "date" : "2010-01-12 19:34:10 UTC",
  "isbn" : "453216429X",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "デザイン性が高く、ファッションのメインとして使えそうなものが中心。ニットのバッグはくたくたした形になってしまいがちなのだが、この本で紹介されているものは裏地や底鋲がつけられているので、比較的しっかりした作りになっている。<br>\r\nただ、作品数が少ない。ページ数自体が少ない上に、色違いで紹介されているものや、編み図がなくてもいいだろうと思える小物もあり、正直物足りないのが残念。",
  "publisher" : "文化出版局",
  "score" : "",
  "title" : "ニットのバッグと小物―色と素材でバリエーション自在",
  "authors" : "伊吹 広子",
  "date" : "2010-02-02 12:40:41 UTC",
  "isbn" : "4579112148",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "西日本新聞社",
  "score" : "",
  "title" : "ここ―食卓から始まる生教育",
  "authors" : "内田 美智子, 佐藤 剛史",
  "date" : "2010-01-12 19:34:12 UTC",
  "isbn" : "4816707360",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "晶文社",
  "score" : "",
  "title" : "沖縄の神さまから贈られた言葉",
  "authors" : "照屋 林助, 藤田 正",
  "date" : "2010-01-12 19:34:14 UTC",
  "isbn" : "4794965737",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "工作舎",
  "score" : "",
  "title" : "大泥棒紳士館",
  "authors" : "野尻抱影, 高橋秀元",
  "date" : "2010-01-12 19:34:15 UTC",
  "isbn" : "4875021437",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "ビッグコミックオリジナルは、毎号必ずというわけではないものの、見かければついつい買ってしまう漫画雑誌。もちろん「深夜食堂」も大好きでよく読んでいるのだけれど、単行本は持っていない。有山じゅんじはCDじゃなくてライブで聴きたい、みたいな感じといえば分かるか(余計に分からんか)。<br>\r\nそういう作品がドラマ化されると知って、実はちょっぴり心配していたのだが、小林薫はなかなかよかった。鈴木常吉の挿入歌もよかった。で、ドラマに乗じて発売されたこの本も実によかった。<br>\r\nエッセイもレシピもおまけ漫画も素晴らしい。唯一気になったのは田畑智子のチョイスである。いや、タコライスが悪いとは言わない。問題はその理由である。野菜たっぷりとかヘルシーとか、そんな惹句は深夜食堂には要らんのだよ。その点、ハムカツを挙げている須藤理彩は、よく分かってらっしゃる。<br>\r\n<br>\r\nそういえば私も、深夜食堂のような店を知っている。<br>\r\n日付をまわってから開店し、夜明けまで開いている飯屋。当時よく行っていた飲み屋のお姉さんに、店が終わってからたまに連れていってもらった。小林薫のようなマスターはいなかったけど、陽気なおばちゃんが切り盛りしていた。おかずの味付けはおそろしく濃かったけど、注文ごとに作ってくれるきつねうどんはおいしかった。<br>\r\nあの店、今でもあるんだろうか。醤油臭い魚の煮付けの味が、妙に懐かしい。",
  "publisher" : "小学館",
  "score" : "",
  "title" : "深夜食堂の勝手口 (ビッグコミックススペシャル)",
  "authors" : "堀井 憲一郎",
  "date" : "2010-01-29 13:41:55 UTC",
  "isbn" : "4091827969",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "日本ヴォーグ社",
  "score" : "",
  "title" : "はじめての手あみ手袋とくつ下―今年の冬こそチャレンジ ミトン・5本指の手袋・くつ下が必ず編める (Let’s knit series―Start series)",
  "authors" : "",
  "date" : "2010-01-22 13:11:33 UTC",
  "isbn" : "4529038440",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "毎日コミュニケーションズ",
  "score" : "",
  "title" : "一生懸命 ふまじめ ~囲碁トッププロの生き方~",
  "authors" : "武宮 正樹",
  "date" : "2010-01-22 13:11:34 UTC",
  "isbn" : "4839933014",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "青弓社",
  "score" : "",
  "title" : "紙芝居と「不気味なもの」たちの近代 (越境する近代)",
  "authors" : "",
  "date" : "2010-01-22 13:11:37 UTC",
  "isbn" : "4787220233",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "河出書房新社",
  "score" : "",
  "title" : "NOVA 2---書き下ろし日本SFコレクション (河出文庫)",
  "authors" : "東 浩紀, 恩田 陸, 法月 綸太郎, 宮部 みゆき, 神林 長平, 倉田 タカシ, 小路 幸也, 新城 カズマ, 曽根 圭介, 田辺 青蛙, 津原 泰水, 西崎 憲",
  "date" : "2010-09-02 18:07:15 UTC",
  "isbn" : "4309410278",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "日本ヴォーグ社",
  "score" : "",
  "title" : "かぎ針で編むバッグと帽子 (Heart Warming Life Series)",
  "authors" : "",
  "date" : "2010-02-08 12:50:57 UTC",
  "isbn" : "452904808X",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "社会評論社",
  "score" : "",
  "title" : "高田渡と父・豊の「生活の柄」",
  "authors" : "本間 健彦",
  "date" : "2010-02-08 12:50:58 UTC",
  "isbn" : "4784509526",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "徳間書店",
  "score" : "",
  "title" : "大人のための児童文学講座",
  "authors" : "ひこ・田中",
  "date" : "2010-02-08 12:50:59 UTC",
  "isbn" : "4198620067",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "筑摩書房",
  "score" : "",
  "title" : "バーボン・ストリート・ブルース (ちくま文庫)",
  "authors" : "高田 渡",
  "date" : "2010-02-08 12:51:01 UTC",
  "isbn" : "448042430X",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "筑摩書房",
  "score" : "",
  "title" : "日本フォーク私的大全 (ちくま文庫)",
  "authors" : "なぎら 健壱",
  "date" : "2010-02-08 12:51:02 UTC",
  "isbn" : "4480034463",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "三省堂",
  "score" : "",
  "title" : "子どもの本ハンドブック",
  "authors" : "",
  "date" : "2010-02-08 12:51:04 UTC",
  "isbn" : "4385410615",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "[[http:\/\/www.kousakusha.co.jp\/KEC\/skip028.html 予告]]から5年待ちました。もう泣きそうです。やっと会えたねと言いたい。会わせてくれてありがとうと言いたい。<br>\r\n思えば、アナログとデジタルの違いが理解できたのはタイガー立石の作品のおかげでした。アルチンボルドの絵を初めて見たのもタイガー立石の作品を通じてでした。ペンローズの三角形を意識したのもタイガー立石がサインに用いていたからでした。たまたま購入した美術手帖で訃報を知ったときのショックは今でも忘れられません。<br>\r\n前の寅年に逝ったタイガー立石の作品集が、この寅年に発刊される。それだけでも素敵だというのに、造本が祖父江慎! これはもう泣く以外にないでしょう。発刊に携わったすべての人にありがとうと言いたい。<br>\r\n<br>\r\n……あぁ、少し興奮しすぎてしまいました。ちゃんとした感想はまた後日書きます。とりあえず「タイガー立石」「祖父江慎」という名前に思うところのある人は、すぐに購入するべきです。5000円は高くありません、安すぎです。",
  "publisher" : "工作舎",
  "score" : "",
  "title" : "TRA(トラ)",
  "authors" : "タイガー立石",
  "date" : "2010-02-23 20:18:15 UTC",
  "isbn" : "4875024258",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "MOCプロジェクト",
  "score" : "",
  "title" : "モメントまたはクロニクル",
  "authors" : "MOCプロジェクト",
  "date" : "2010-02-24 12:05:35 UTC",
  "isbn" : "489492157X",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "ビレッジプレス",
  "score" : "",
  "title" : "りつ つくる あるく うたう",
  "authors" : "田川 律",
  "date" : "2010-02-24 12:05:36 UTC",
  "isbn" : "4894921413",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "ビレッジプレス",
  "score" : "",
  "title" : "雲遊天下 101",
  "authors" : "",
  "date" : "2010-02-24 12:05:38 UTC",
  "isbn" : "4894921588",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "まだ発売前だけど。<br>\r\n[[http:\/\/www.hondana.org\/Leiko\/4488723020 予感]]どおり×××が登場するらしい!<br>\r\n以上、勢い余って発売前に登録したコメント(Tue Mar 09 12:08:46 +0900 2010)。<br>\r\n<br>\r\n取り急ぎコメント(ちゃんとした感想はまた後日)。<br>\r\n・ヘスター、あんたすげぇよ!(娘が主人公かと思ったんだけど、真の主人公はどう考えてもヘスター)<br>\r\n・またしてもアナ・ファン姐さんがぁぁぁぁぁ。<br>\r\n・“移動都市”の描写が少ないのが残念。もっとがっしょんがっしょんぶほーぶほーと動いてほしい。<br>\r\n・何なんだこの終わり方は! 4巻目を早く出してくれなきゃ困るじゃないかバカバカ!",
  "publisher" : "東京創元社",
  "score" : "",
  "title" : "氷上都市の秘宝 (創元SF文庫)",
  "authors" : "フィリップ・リーヴ",
  "date" : "2010-03-24 22:04:31 UTC",
  "isbn" : "4488723039",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "国書刊行会",
  "score" : "",
  "title" : "ぼくがカンガルーに出会ったころ",
  "authors" : "浅倉 久志",
  "date" : "2010-03-08 12:42:22 UTC",
  "isbn" : "4336047766",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "河出書房新社",
  "score" : "",
  "title" : "コンドームの歴史",
  "authors" : "アーニェ・コリア",
  "date" : "2010-03-08 12:42:23 UTC",
  "isbn" : "4309225241",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "新潮社",
  "score" : "",
  "title" : "ラブシーンの言葉 (新潮文庫)",
  "authors" : "荒川 洋治",
  "date" : "2010-03-08 12:42:26 UTC",
  "isbn" : "4101431027",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "文藝春秋",
  "score" : "",
  "title" : "ぼくのしょうらいのゆめ (文春文庫)",
  "authors" : "市川 準, 吉本 隆明, 大竹 伸朗, 谷川 俊太郎, 野口 聡一, 関野 吉晴, 高橋 悠治, 和田 誠, 舟越 桂, 祖父江 慎, 内田 裕也, 田中 泯",
  "date" : "2010-03-11 13:05:29 UTC",
  "isbn" : "4167753790",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "工作舎",
  "score" : "",
  "title" : "キルヒャーの世界図鑑―よみがえる普遍の夢",
  "authors" : "ジョスリン・ゴドウィン",
  "date" : "2010-03-11 13:05:29 UTC",
  "isbn" : "4875021151",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "イースト・プレス",
  "score" : "",
  "title" : "ユングのサウンドトラック 菊地成孔の映画と映画音楽の本",
  "authors" : "菊地成孔",
  "date" : "2010-03-11 13:05:30 UTC",
  "isbn" : "4781602886",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "青土社",
  "score" : "",
  "title" : "ユリイカ2010年3月号 特集=森村泰昌 鎮魂という批評芸術",
  "authors" : "森村 泰昌, 福岡 伸一, 横尾 忠則, 松岡 正剛, 日比野 克彦",
  "date" : "2010-03-11 13:05:32 UTC",
  "isbn" : "4791702069",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "なんじゃこのスイカは。と思ったら、重版時に表紙デザインが変更されたようだ。<br>\r\n私が持っているものは、[[http:\/\/www.amazon.co.jp\/gp\/customer-media\/permalink\/mo1HO4WUJASYMWH\/4101149011\/ 古い表紙]]のものである。",
  "publisher" : "新潮社",
  "score" : "",
  "title" : "江戸川乱歩傑作選 (新潮文庫)",
  "authors" : "江戸川 乱歩",
  "date" : "2013-08-07 16:13:46 UTC",
  "isbn" : "4101149011",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "新潮社",
  "score" : "",
  "title" : "ん―日本語最後の謎に挑む (新潮新書)",
  "authors" : "山口 謠司",
  "date" : "2010-03-17 11:34:21 UTC",
  "isbn" : "4106103494",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "ACクリエイト",
  "score" : "",
  "title" : "映画館(ミニシアター)のつくり方",
  "authors" : "映画芸術編集部",
  "date" : "2010-03-30 13:04:37 UTC",
  "isbn" : "4904249127",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "集英社",
  "score" : "",
  "title" : "女三人のシベリア鉄道",
  "authors" : "森 まゆみ",
  "date" : "2010-03-30 13:04:38 UTC",
  "isbn" : "4087712885",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "角川書店(角川グループパブリッシング)",
  "score" : "",
  "title" : "文士料理入門",
  "authors" : "狩野 かおり, 狩野 俊, コクテイル書房",
  "date" : "2010-03-30 13:04:39 UTC",
  "isbn" : "4048740245",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "晶文社",
  "score" : "",
  "title" : "高円寺 古本酒場ものがたり",
  "authors" : "狩野 俊",
  "date" : "2010-03-30 13:04:41 UTC",
  "isbn" : "4794967306",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "中央公論新社",
  "score" : "",
  "title" : "ぼくもいくさに征くのだけれど―竹内浩三の詩と死 (中公文庫)",
  "authors" : "稲泉 連",
  "date" : "2010-04-07 14:40:54 UTC",
  "isbn" : "4122048869",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "文藝春秋",
  "score" : "",
  "title" : "僕らが働く理由、働かない理由、働けない理由 (文春文庫)",
  "authors" : "稲泉 連",
  "date" : "2010-04-07 14:40:55 UTC",
  "isbn" : "4167717255",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "理論社",
  "score" : "",
  "title" : "世界のシェー (よりみちパン!セ)",
  "authors" : "平沼 正弘",
  "date" : "2010-04-07 14:40:56 UTC",
  "isbn" : "4652078544",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "旧版ももちろん持ってるんですけど、この新版は入手しなきゃいかんってなわけですよ。だって発売前から[[http:\/\/togetter.com\/li\/7527 祖父江慎の熱い語り]]を聞いちゃったからさー。<br>\r\n愛でたくなる絵本に仕上がってます。子供がいる人もいない人も、旧版を持ってる人も持っていない人も、是非実物を手にしてほしい本。",
  "publisher" : "福音館書店",
  "score" : "",
  "title" : "1才からのうさこちゃんの絵本セット 1 (全4冊)",
  "authors" : "デック・ブルーナ",
  "date" : "2010-08-10 21:11:33 UTC",
  "isbn" : "483403996X",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "マガジンファイブ",
  "score" : "",
  "title" : "「嫌ダッと言っても愛してやるさ!」―遠藤ミチロウエッセイ集",
  "authors" : "遠藤 ミチロウ",
  "date" : "2010-04-15 12:56:29 UTC",
  "isbn" : "4434107828",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "講談社",
  "score" : "",
  "title" : "総員玉砕せよ! (講談社文庫)",
  "authors" : "水木 しげる",
  "date" : "2010-04-15 12:56:29 UTC",
  "isbn" : "4061859935",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "早川書房",
  "score" : "",
  "title" : "未踏の時代 (日本SFを築いた男の回想録) (ハヤカワ文庫JA)",
  "authors" : "福島 正実",
  "date" : "2010-04-15 12:56:30 UTC",
  "isbn" : "4150309760",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "早川書房",
  "score" : "",
  "title" : "西城秀樹のおかげです (ハヤカワ文庫 JA)",
  "authors" : "森 奈津子",
  "date" : "2010-04-19 08:59:16 UTC",
  "isbn" : "4150307725",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "英治出版",
  "score" : "",
  "title" : "世界を変えるデザイン――ものづくりには夢がある",
  "authors" : "シンシア スミス",
  "date" : "2010-04-27 14:30:32 UTC",
  "isbn" : "4862760589",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "INAX出版",
  "score" : "",
  "title" : "植物化石――5億年の記憶 (INAX BOOKLET)",
  "authors" : "西田治文, 塚腰実",
  "date" : "2010-04-27 14:30:33 UTC",
  "isbn" : "487275851X",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "小学館",
  "score" : "",
  "title" : "海自レシピ お艦(かん)の味 元気が出る! 安くて美味しい力めし",
  "authors" : "小学館出版局, 海上自衛隊, 防衛省海上幕僚監部=",
  "date" : "2010-04-27 14:30:35 UTC",
  "isbn" : "4093878927",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "講談社",
  "score" : "",
  "title" : "蜜のあわれ・われはうたえどもやぶれかぶれ (講談社文芸文庫)",
  "authors" : "室生 犀星",
  "date" : "2010-04-27 14:30:35 UTC",
  "isbn" : "4061962248",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "西田書店",
  "score" : "",
  "title" : "菅原克己全詩集",
  "authors" : "菅原 克己",
  "date" : "2010-05-31 12:28:15 UTC",
  "isbn" : "488866367X",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "筑摩書房",
  "score" : "",
  "title" : "川端康成集 片腕―文豪怪談傑作選 (ちくま文庫)",
  "authors" : "川端 康成",
  "date" : "2010-05-31 12:28:17 UTC",
  "isbn" : "4480422412",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "ここらへんの音楽はすっぽり聴き逃してる自覚はあったんだけど、実際、知っている名前の方が少なかった。つまみ食いしかしてないもんな。<br>\r\n遠藤ミチロウ(昔から好きなんだけど、ここ最近私の中で再ブーム到来中)のインタビュー目当てで購入したので、その点では満足。ミチロウさんの口からビル・ラズウェルの名前が出るとは!と興奮してしまったのだが、ザ・スターリンのアルバムのリミックスやってたんだね。",
  "publisher" : "音楽出版社",
  "score" : "",
  "title" : "ジャパニーズ・オルタナティヴ・ロック特選ガイド (CDジャーナルムック)",
  "authors" : "中込 智子",
  "date" : "2010-06-01 13:07:23 UTC",
  "isbn" : "4861710588",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "あんまり気持ち悪かったので、誰かとこのキモチを共有しようと人に貸したら、あとで「なんでオレにこれを貸したの」と冷静に聞かれてしまいました。<br>\r\n<br>\r\nわー、なんかごめんなさい>増井さん。<br>\r\n何人かに読ませた結果「気持ち悪がらせようとして書いているのが分かるので冷めた」という意見が出ました。そういうところを感じ取ってあざといと思ってしまった場合は、全く気持ち悪くないみたいです。<br>\r\nちなみに私も表題作については、再読時はそれほど気持ち悪くありませんでした。",
  "publisher" : "光文社",
  "score" : "",
  "title" : "カンタン刑   式貴士 怪奇小説コレクション (光文社文庫)",
  "authors" : "式 貴士",
  "date" : "2010-10-26 00:08:45 UTC",
  "isbn" : "433474379X",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "講談社",
  "score" : "",
  "title" : "ハヅキさんのこと (講談社文庫)",
  "authors" : "川上 弘美",
  "date" : "2010-06-03 12:57:27 UTC",
  "isbn" : "4062765063",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "河出書房新社",
  "score" : "",
  "title" : "恋と退屈  (河出文庫)",
  "authors" : "峯田 和伸",
  "date" : "2010-06-03 12:57:28 UTC",
  "isbn" : "4309410014",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "河出書房新社",
  "score" : "",
  "title" : "NOVA 1---書き下ろし日本SFコレクション (河出文庫 お 20-1 書き下ろし日本SFコレクション)",
  "authors" : "伊藤 計劃, 円城 塔, 北野 勇作, 小林 泰三, 斉藤 直子, 田中 哲弥, 田中 啓文, 飛 浩隆, 藤田 雅矢, 牧野 修, 山本 弘",
  "date" : "2010-06-03 12:57:29 UTC",
  "isbn" : "4309409946",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "集英社",
  "score" : "",
  "title" : "空からきた魚 (集英社文庫 ひ 27-2)",
  "authors" : "アーサー・ビナード",
  "date" : "2010-06-03 12:57:30 UTC",
  "isbn" : "4087462706",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "暮しの手帖社",
  "score" : "",
  "title" : "「暮しの手帖」とわたし",
  "authors" : "大橋 鎭子",
  "date" : "2010-06-03 12:57:32 UTC",
  "isbn" : "4766001656",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "早川書房",
  "score" : "",
  "title" : "カオスの紡ぐ夢の中で (〈数理を愉しむ〉シリーズ) (ハヤカワ文庫NF―数理を愉しむシリーズ)",
  "authors" : "金子 邦彦",
  "date" : "2010-06-08 09:08:14 UTC",
  "isbn" : "4150503648",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "ビレッジプレス",
  "score" : "",
  "title" : "別冊雲遊天下〈1〉春一番通算25回記念号",
  "authors" : "ビレッジプレス",
  "date" : "2010-06-09 10:43:55 UTC",
  "isbn" : "4894921596",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "日本放送出版協会",
  "score" : "",
  "title" : "石倉流 必ず勝てる12の心得 (NHK囲碁シリーズ)",
  "authors" : "石倉 昇",
  "date" : "2010-06-15 12:38:58 UTC",
  "isbn" : "4140161760",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "講談社",
  "score" : "",
  "title" : "ミノタウロス (講談社文庫)",
  "authors" : "佐藤 亜紀",
  "date" : "2010-06-15 12:39:00 UTC",
  "isbn" : "4062766515",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "誠文堂新光社",
  "score" : "",
  "title" : "文字をつくる―9人の書体デザイナー",
  "authors" : "雪 朱里",
  "date" : "2010-06-22 14:57:14 UTC",
  "isbn" : "4416810385",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "中央公論新社",
  "score" : "",
  "title" : "おばあちゃんの台所修業 (中公文庫)",
  "authors" : "阿部 なを",
  "date" : "2010-06-22 14:57:15 UTC",
  "isbn" : "4122053218",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "新潮社",
  "score" : "",
  "title" : "散歩のとき何か食べたくなって (新潮文庫)",
  "authors" : "池波 正太郎",
  "date" : "2010-06-22 14:57:15 UTC",
  "isbn" : "4101156107",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "徳間書店",
  "score" : "",
  "title" : "空色勾玉 (徳間文庫)",
  "authors" : "荻原 規子",
  "date" : "2010-06-22 14:57:17 UTC",
  "isbn" : "4198931666",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "筑摩書房",
  "score" : "",
  "title" : "世界はもっと豊かだし、人はもっと優しい (ちくま文庫)",
  "authors" : "森 達也",
  "date" : "2010-06-22 14:57:17 UTC",
  "isbn" : "4480424202",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "晶文社",
  "score" : "",
  "title" : "無 FOR SALE",
  "authors" : "小田島 等",
  "date" : "2010-06-22 14:57:19 UTC",
  "isbn" : "4794920229",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "ブルース・インターアクションズ",
  "score" : "",
  "title" : "2027 ボヤボヤしてたら、すぐやってくる。2027年のお話。",
  "authors" : "古屋 蔵人, 小田 島等, 乙一, 森本 晃司, 仲俣 暁生",
  "date" : "2010-06-22 14:57:20 UTC",
  "isbn" : "4860202155",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "うーん。若干期待外れ。どこかで見たような形のものが多いし、全体的にもっさりしている。アンダリヤというより、麻系の太糸で編んだ方がよさそう。クッションや敷物がいくつか載っているが、アンダリヤの肌触りはクッション向きではないと思うし、見た目に反して水濡れに弱い糸なので、敷物に使うのは不安。<br>\r\nただ「ハードな編込みのカムフラージュバッグ」はかっこよかったので、編むつもり。",
  "publisher" : "文化出版局",
  "score" : "",
  "title" : "下田直子のアンダリヤワールド",
  "authors" : "下田 直子",
  "date" : "2010-07-01 12:42:06 UTC",
  "isbn" : "4579113063",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "文化出版局",
  "score" : "",
  "title" : "革のスイートアクセサリー",
  "authors" : "川端 さよこ",
  "date" : "2010-06-29 13:00:33 UTC",
  "isbn" : "4579113071",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "これは面白い企画。全局の総譜付きなので、棋譜並べにも使える。<br>\r\n結城の解説は丁寧で納得できるが、もっと紙幅があればよかった。この人は早見えすぎて、NHK杯で解説を受け持つときも、頭の回転に口と手が付いていけていない感じがする。書籍では紙幅が狭すぎて、あのテンションが感じられないのが残念。<br>\r\n棋書にしては装丁がオサレというのもポイント高し。<br>\r\n[[http:\/\/www.amazon.co.jp\/dp\/4140161817\/ 将棋バージョン]]もあるらしい。",
  "publisher" : "日本放送出版協会",
  "score" : "",
  "title" : "NHK囲碁シリーズ_第57回NHK杯テレビ囲碁トーナメント 勝敗を分けた次の一手",
  "authors" : "【監修】結城 聡【編】NHK出版",
  "date" : "2010-07-02 09:04:47 UTC",
  "isbn" : "4140161809",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "国土社",
  "score" : "",
  "title" : "「にほんご」の授業 (国土社の教育選書)",
  "authors" : "谷川 俊太郎, 竹内 敏晴, 稲垣 忠彦, 佐藤 学, 国語教育を学ぶ会",
  "date" : "2010-07-20 18:52:30 UTC",
  "isbn" : "4337661212",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "工作舎",
  "score" : "",
  "title" : "夢先案内猫",
  "authors" : "レオノール・フィニ",
  "date" : "2010-07-20 18:52:30 UTC",
  "isbn" : "4875021267",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "福音館書店",
  "score" : "",
  "title" : "にほんご",
  "authors" : "",
  "date" : "2010-07-20 18:52:31 UTC",
  "isbn" : "4834007626",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "講談社",
  "score" : "",
  "title" : "仕掛け花火 綾辻・有栖川 復刊セレクション (講談社ノベルス)",
  "authors" : "江坂 遊",
  "date" : "2010-07-20 18:52:31 UTC",
  "isbn" : "406182564X",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "河出書房新社",
  "score" : "",
  "title" : "久生十蘭ジュラネスク---珠玉傑作集 (河出文庫)",
  "authors" : "久生 十蘭",
  "date" : "2010-07-22 09:04:57 UTC",
  "isbn" : "4309410251",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "ヴィレッジブックス",
  "score" : "",
  "title" : "短篇集",
  "authors" : "クラフトエヴィング商會, 石川美南, 戌井昭人, 円城塔, 小川洋子, Comes in a Box, 栗田有起, 小池昌代, 柴崎友香",
  "date" : "2010-07-22 09:04:59 UTC",
  "isbn" : "4863322402",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "マーブルトロン",
  "score" : "",
  "title" : "たった5つのスパイスで!インド家庭料理「カレーとサブジ」―「キッチンスタジオ ペイズリー」の本格レシピ (MARBLE BOOKS daily made)",
  "authors" : "香取 薫",
  "date" : "2010-07-22 09:05:00 UTC",
  "isbn" : "4123901980",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "草思社",
  "score" : "",
  "title" : "エデンの彼方",
  "authors" : "ヒュー ブロディ",
  "date" : "2010-07-22 09:05:00 UTC",
  "isbn" : "4794212682",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "青土社",
  "score" : "",
  "title" : "ユリイカ2010年7月号 特集=田辺聖子",
  "authors" : "田辺 聖子, 宮本 輝, 瀬戸内 寂聴, 池内 紀, 角田 光代",
  "date" : "2010-07-27 10:26:26 UTC",
  "isbn" : "4791702107",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "実業之日本社",
  "score" : "",
  "title" : "この冬あみたい 毛糸の小もの (実用百科)",
  "authors" : "",
  "date" : "2010-09-02 18:07:14 UTC",
  "isbn" : "4408631736",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "法蔵館",
  "score" : "",
  "title" : "エロスの国・熊野",
  "authors" : "町田 宗鳳",
  "date" : "2010-08-10 12:48:44 UTC",
  "isbn" : "4831871397",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "光文社",
  "score" : "",
  "title" : "漢文の素養   誰が日本文化をつくったのか? (光文社新書)",
  "authors" : "加藤 徹",
  "date" : "2010-08-10 12:48:45 UTC",
  "isbn" : "4334033423",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "102ページと103ページの間に、A6ほどの大きさの白い上質紙(一辺が手で千切られたようになっている)がはさまっていた。",
  "publisher" : "書肆山田",
  "score" : "",
  "title" : "みどり、その日々を過ぎて。",
  "authors" : "岩成 達也",
  "date" : "2010-08-10 12:53:15 UTC",
  "isbn" : "4879957712",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "エンターブレイン",
  "score" : "",
  "title" : "乱歩パノラマ 丸尾末広画集 (ビームコミックス)",
  "authors" : "丸尾 末広",
  "date" : "2010-08-10 12:48:47 UTC",
  "isbn" : "4047264164",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "川島小鳥[[http:\/\/www.utrecht.jp\/book\/detail.php?4222 『未来ちゃん』]]のスピンオフ「パリん子ちゃん」だけが目当てで購入。他に特筆すべきことは無し。",
  "publisher" : "リトル・モア",
  "score" : "",
  "title" : "季刊 真夜中 No.10 2010 Early Autumn 特集:トラベリング",
  "authors" : "",
  "date" : "2010-11-04 12:15:15 UTC",
  "isbn" : "489815297X",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "文藝春秋",
  "score" : "",
  "title" : "池波正太郎・鬼平料理帳 (文春文庫 (142‐34))",
  "authors" : "池波 正太郎, 佐藤隆介",
  "date" : "2010-09-02 18:07:16 UTC",
  "isbn" : "4167142341",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "平凡社",
  "score" : "",
  "title" : "開かずの間の冒険―日本全国お宝蔵めぐり (平凡社ライブラリー)",
  "authors" : "荒俣 宏",
  "date" : "2010-09-02 18:07:18 UTC",
  "isbn" : "458276276X",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "文藝春秋",
  "score" : "",
  "title" : "ぼくらは海へ (文春文庫)",
  "authors" : "那須 正幹",
  "date" : "2010-09-08 12:14:39 UTC",
  "isbn" : "4167773694",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "日本ヴォーグ社",
  "score" : "",
  "title" : "毛糸のこものノート (Let's knit series)",
  "authors" : "",
  "date" : "2010-09-09 21:16:53 UTC",
  "isbn" : "452904873X",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "マルジュ社",
  "score" : "",
  "title" : "古本探偵追跡簿",
  "authors" : "青木 正美",
  "date" : "2010-09-14 13:12:11 UTC",
  "isbn" : "4896160924",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "左右社",
  "score" : "",
  "title" : "デザインを構想する (神戸芸術工科大学レクチャーブックス 3)",
  "authors" : "山口 信博, 木村 タカヒロ, 祖父江 慎, 小野 明",
  "date" : "2010-09-14 13:12:13 UTC",
  "isbn" : "4903500160",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "ポプラ社",
  "score" : "",
  "title" : "百合と腹巻―Tanabe Seiko Collection〈1〉 (ポプラ文庫)",
  "authors" : "田辺 聖子",
  "date" : "2010-09-14 13:12:14 UTC",
  "isbn" : "4591104338",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "ポプラ社",
  "score" : "",
  "title" : "ゆれる (ポプラ文庫)",
  "authors" : "西川 美和",
  "date" : "2010-09-14 13:12:16 UTC",
  "isbn" : "4591104346",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "岩波書店",
  "score" : "",
  "title" : "カバに会う―日本全国河馬めぐり",
  "authors" : "坪内 稔典",
  "date" : "2010-09-24 12:16:25 UTC",
  "isbn" : "4000224891",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "文藝春秋",
  "score" : "",
  "title" : "忌中 (文春文庫)",
  "authors" : "車谷 長吉",
  "date" : "2010-09-24 12:16:27 UTC",
  "isbn" : "4167654032",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "平凡社",
  "score" : "",
  "title" : "スズキコージズキンの大魔法画集",
  "authors" : "スズキ コージ",
  "date" : "2010-09-24 12:16:28 UTC",
  "isbn" : "4582295037",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "文藝春秋",
  "score" : "",
  "title" : "赤目四十八瀧心中未遂",
  "authors" : "車谷 長吉",
  "date" : "2010-09-24 12:16:29 UTC",
  "isbn" : "4167654016",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "筑摩書房",
  "score" : "",
  "title" : "趣味は読書。 (ちくま文庫)",
  "authors" : "斎藤 美奈子",
  "date" : "2010-09-24 12:16:29 UTC",
  "isbn" : "4480423133",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "彰国社",
  "score" : "",
  "title" : "手塚貴晴の手で描くパース (建築文化シナジー)",
  "authors" : "手塚 貴晴",
  "date" : "2010-09-27 10:20:34 UTC",
  "isbn" : "4395240097",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "新潮社",
  "score" : "",
  "title" : "予定日はジミー・ペイジ (新潮文庫)",
  "authors" : "角田 光代",
  "date" : "2010-10-25 09:15:43 UTC",
  "isbn" : "410105827X",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "中央公論新社",
  "score" : "",
  "title" : "料理の四面体 (中公文庫)",
  "authors" : "玉村 豊男",
  "date" : "2010-10-25 09:15:46 UTC",
  "isbn" : "4122052831",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "スイッチパブリッシング",
  "score" : "",
  "title" : "喋る馬(柴田元幸翻訳叢書—バーナード・マラマッド)",
  "authors" : "バーナード・マラマッド",
  "date" : "2010-10-25 09:15:46 UTC",
  "isbn" : "4884182898",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "筑摩書房",
  "score" : "",
  "title" : "妊娠小説 (ちくま文庫)",
  "authors" : "斎藤 美奈子",
  "date" : "2010-10-25 09:15:46 UTC",
  "isbn" : "4480032819",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "新潮社",
  "score" : "",
  "title" : "旅のラゴス (新潮文庫)",
  "authors" : "筒井 康隆",
  "date" : "2010-10-25 09:15:47 UTC",
  "isbn" : "4101171319",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "早川書房",
  "score" : "",
  "title" : "ここがウィネトカなら、きみはジュディ 時間SF傑作選 (SFマガジン創刊50周年記念アンソロジー)",
  "authors" : "テッド・チャン, クリストファー・プリースト, リチャード・A・ルポフ, ソムトウ・スチャリトクル, F・M・バズビイ, イアン・ワトスン, ロベルト・クアリア, ボブ・ショウ, ジョージ・アレック・エフィンジャー, ロバート・シルヴァーバーグ, シオドア・スタージョン, デイヴィッド・I・マッスン, H・ビーム・パイパー",
  "date" : "2010-10-25 09:15:47 UTC",
  "isbn" : "4150117764",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "架空社",
  "score" : "",
  "title" : "Black card White card[ポストカード]",
  "authors" : "スズキ コージ",
  "date" : "2010-10-30 15:12:40 UTC",
  "isbn" : "4877521259",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "講談社",
  "score" : "",
  "title" : "ひねくれアイテム (講談社ノベルス)",
  "authors" : "江坂 遊",
  "date" : "2010-11-19 12:21:44 UTC",
  "isbn" : "4061825879",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "宝島社",
  "score" : "",
  "title" : "眠れなくなる宇宙のはなし",
  "authors" : "佐藤勝彦",
  "date" : "2010-11-19 12:21:45 UTC",
  "isbn" : "4796664238",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "講談社",
  "score" : "",
  "title" : "鍵穴ラビリンス (講談社ノベルス)",
  "authors" : "江坂 遊",
  "date" : "2010-11-19 12:21:46 UTC",
  "isbn" : "4061826174",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "ブルースインターアクションズ",
  "score" : "",
  "title" : "ロック画報 (13)",
  "authors" : "",
  "date" : "2010-11-19 12:21:48 UTC",
  "isbn" : "4860200764",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "筑摩書房",
  "score" : "",
  "title" : "対談 数学大明神 (ちくま学芸文庫)",
  "authors" : "森 毅, 安野 光雅",
  "date" : "2010-11-26 13:15:15 UTC",
  "isbn" : "4480093346",
  "categories" : "本棚.orgを見て買ってしまった本"
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "みすず書房",
  "score" : "",
  "title" : "最後の授業――心をみる人たちへ",
  "authors" : "北山 修",
  "date" : "2010-11-24 11:37:58 UTC",
  "isbn" : "4622075431",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "文藝春秋",
  "score" : "",
  "title" : "文壇アイドル論 (文春文庫)",
  "authors" : "斎藤 美奈子",
  "date" : "2010-11-24 11:37:59 UTC",
  "isbn" : "4167717085",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "晶文社",
  "score" : "",
  "title" : "クラゲの正体",
  "authors" : "坂田 明",
  "date" : "2010-11-24 11:37:59 UTC",
  "isbn" : "4794961855",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "東京新聞出版局",
  "score" : "",
  "title" : "珍問難問 宇宙100の謎",
  "authors" : "",
  "date" : "2010-11-24 11:37:59 UTC",
  "isbn" : "4808309017",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "工作舎",
  "score" : "",
  "title" : "ワンダーレシピ 「うまい!」が見える、47皿のスケッチブック",
  "authors" : "添田 浩",
  "date" : "2010-12-18 12:47:42 UTC",
  "isbn" : "4875024312",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "石風社のサイトをぼんやりネットサーフィンしていたとき、それはいきなり私の目の前に現れた。<br>\r\nネットサーフィンしていたのは[[http:\/\/hondana.org\/Leiko\/4883440982 浅川マキのエッセイ集]]が石風社から出ていたためで、何か他に面白い本は出ていやしないかと、ごくごく戯れに眺めていただけだった。それなのに、それはいきなり私の目の前に現れた。<br>\r\n見た瞬間、叫びが漏れた。「私、これ、知ってる!」<br>\r\nどこで見たんだっけ、どうして知ってるんだっけ。古い古い記憶を辿って、たくさんのふしぎ「[[http:\/\/www.amazon.co.jp\/dp\/4834002322 かぼちゃ人類学入門]]」のことを思い出した。どうして忘れていたんだろう。大好きだったはずなのに。あんなに熱中して読んでたのに。<br>\r\nかぼちゃ人たちとの二度目の邂逅を、私は何故か少しほろ苦く、それでいて幸福な幸福な気持ちで迎えている。",
  "publisher" : "石風社",
  "score" : "",
  "title" : "空想観光 カボチャドキヤ",
  "authors" : "トーナスカボチャラダムス",
  "date" : "2010-12-21 22:10:40 UTC",
  "isbn" : "4883441113",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "小学館",
  "score" : "",
  "title" : "サンタクロース公式ブック ~クリスマスの正しい過ごし方~",
  "authors" : "パラダイス山元",
  "date" : "2010-12-18 12:47:44 UTC",
  "isbn" : "4093877483",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "石風社",
  "score" : "",
  "title" : "かぼちゃ大王",
  "authors" : "トーナス・カボチャラダムス",
  "date" : "2010-12-18 12:47:48 UTC",
  "isbn" : "488344144X",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "研究社",
  "score" : "",
  "title" : "英文ビジネスレター&Eメールの正しい書き方",
  "authors" : "松崎 久純",
  "date" : "2010-12-23 22:29:05 UTC",
  "isbn" : "4327430536",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "早川書房",
  "score" : "",
  "title" : "スティーヴ・フィーヴァー ポストヒューマンSF傑作選 (SFマガジン創刊50周年記念アンソロジー)",
  "authors" : "グレッグ・イーガン, ジェフリー・A・ランディス, メアリ・スーン・リー, ロバート・J・ソウヤー, キャスリン・アン・グーナン, デイヴィッド・マルセク, デイヴィッド・ブリン, ブライアン・W・オールディス, ロバート・チャールズ・ウィルスン, マイクル・G・コーニイ, イアン・マクドナルド, チャールズ・ストロス",
  "date" : "2011-01-18 21:40:16 UTC",
  "isbn" : "415011787X",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "これはホントに素敵な絵本。なんてったって遠藤賢司と荒井良二。<br>\r\nボイジャーくんというのはもちろんVoyager計画のボイジャーくんなわけだが、全くもって科学絵本ではない。もっとふわふわしててきゅんきゅんしてて、あったかくてしずかな絵本です。<br>\r\n<br>\r\nんで、どうでもいいことだが私もボイジャーくんフィギュア欲しい。作りたいw<br>\r\nhttp:\/\/twitter.com\/fremen1138\/status\/25607563675",
  "publisher" : "白泉社",
  "score" : "",
  "title" : "ボイジャーくん",
  "authors" : "遠藤 賢司",
  "date" : "2011-02-10 19:39:54 UTC",
  "isbn" : "4592761286",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "早川書房",
  "score" : "",
  "title" : "ソドムの林檎",
  "authors" : "野阿 梓",
  "date" : "2011-01-23 08:07:30 UTC",
  "isbn" : "4152083670",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "ナナロク社",
  "score" : "",
  "title" : "未来ちゃん",
  "authors" : "川島小鳥",
  "date" : "2011-03-27 23:02:13 UTC",
  "isbn" : "490429209X",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "ジャパンタイムズ",
  "score" : "",
  "title" : "敬語の英語 実践編",
  "authors" : "デイヴィッド・セイン, 佐藤 淳子",
  "date" : "2011-03-27 23:03:01 UTC",
  "isbn" : "4789012654",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "白水社",
  "score" : "",
  "title" : "ベトナム語のしくみ",
  "authors" : "田原 洋樹",
  "date" : "2011-04-05 23:58:53 UTC",
  "isbn" : "4560067562",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "筑摩書房",
  "score" : "",
  "title" : "ロッパの悲食記 (ちくま文庫)",
  "authors" : "古川 緑波",
  "date" : "2011-05-06 00:12:52 UTC",
  "isbn" : "4480030697",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "オライリージャパン",
  "score" : "",
  "title" : "Make: Electronics ―作ってわかる電気と電子回路の基礎 ((Make:PROJECTS))",
  "authors" : "Charles Platt",
  "date" : "2011-05-06 00:14:05 UTC",
  "isbn" : "4873114772",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "講談社",
  "score" : "",
  "title" : "アンダーカレント  アフタヌーンKCDX",
  "authors" : "豊田 徹也",
  "date" : "2011-06-26 12:00:11 UTC",
  "isbn" : "4063720926",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "語法編では、思い当たる節がありすぎて穴に入りたくなってしまう。ぎゃー、「certainly」とか「for example」とか「basically」とか、ここに書いてあるとおりのことをやっちまったことがあるあるあるorz……。この章の内容をマスターすれば、簡潔でシュッとした英語が書けそう。<br>\r\n句読法では、句読点・記号の使い方や、大文字を使用するルールなどが、豊富な実例付きで挙げられており、非常に有用である。こういうことは、ちょっとしたことのように見えて、実は悩みどころになりがちなので、これだけきっちりまとめられていると助かる。<br>\r\n<br>\r\nところで、本書195ページによると、疑問符と感嘆符を同時に使うときは、疑問感嘆符(?!)が正しく、感嘆疑問符(!?)は誤りらしい。和文の約物としては感嘆疑問符が標準だったはずだが(二つを使い分ける人もいる)、英文では事情が異なるのかな。しかし実際には英文でも感嘆疑問符をよく見かける気がする……。まぁそもそもオフィシャルな場では用いられない記号なので、どちらが正しいのかを気にする必要なんてないのかもしれませんが。",
  "publisher" : "ディーエイチシー",
  "score" : "",
  "title" : "英語ライティングルールブック―正しく伝えるための文法・語法・句読法",
  "authors" : "デイヴィッド セイン",
  "date" : "2011-06-28 12:59:15 UTC",
  "isbn" : "4887243634",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "雷鳥社",
  "score" : "",
  "title" : "foreigner’s table―日本在住32ヵ国63人の外国人が贈るHAPPYレシピ",
  "authors" : "Beretta P‐10",
  "date" : "2011-06-26 12:00:12 UTC",
  "isbn" : "4844135406",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "草思社",
  "score" : "",
  "title" : "文庫 大人の女が美しい (草思社文庫)",
  "authors" : "長沢節",
  "date" : "2011-06-28 02:38:50 UTC",
  "isbn" : "4794218192",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "講談社",
  "score" : "",
  "title" : "女子高生チヨ (64) (ワイドKC キス)",
  "authors" : "ひうら さとる",
  "date" : "2011-06-28 02:38:52 UTC",
  "isbn" : "4063376737",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "小学館",
  "score" : "",
  "title" : "物語の海、揺れる島",
  "authors" : "与那原 恵",
  "date" : "2011-06-28 02:38:52 UTC",
  "isbn" : "4093872058",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "岩波書店",
  "score" : "",
  "title" : "進化生物学への道―ドリトル先生から利己的遺伝子へ (グーテンベルクの森)",
  "authors" : "長谷川 眞理子",
  "date" : "2011-06-28 02:38:52 UTC",
  "isbn" : "4000269895",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "思潮社",
  "score" : "",
  "title" : "詩論+続詩論+想像力 (思潮ライブラリー・名著名詩選)",
  "authors" : "小野 十三郎",
  "date" : "2011-07-31 15:24:02 UTC",
  "isbn" : "4783716463",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "講談社インターナショナル",
  "score" : "",
  "title" : "カメレオン英単語 ネイティブがふつうに使う「ほどほど」の表現",
  "authors" : "大堀勝弘",
  "date" : "2011-07-31 15:24:03 UTC",
  "isbn" : "4770041268",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "クリエイツかもがわ",
  "score" : "",
  "title" : "風 エル・ヴィエント―内戦の傷跡を深く残すマヤ人の集落を訪ねて",
  "authors" : "宮西 照夫",
  "date" : "2011-08-09 01:25:02 UTC",
  "isbn" : "4902244381",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "集英社",
  "score" : "",
  "title" : "ラテンアメリカ五人集 (ラテンアメリカの文学) (集英社文庫)",
  "authors" : "マリオ・バルガス=リョサ, ホセ・エミリオ・パチェーコ, オクタビオ・パス, M・A・アストゥリアス, カルロス・フェンテス, J・E・パチェーコ, マリオ・バルカス リョサ, カルロス・フエンテス, ミゲル・アンヘル・アストゥリアス",
  "date" : "2011-08-09 01:25:04 UTC",
  "isbn" : "4087606252",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "メイドには特に興味がないので『エマ』はスルーしていたのですが、中央アジアとくればこれは読むしかありません。期待どおりの素敵な漫画。ストーリーそのものは若干いまいちですが、こういう漫画はそういうものを求めて読むものではないと思うので、まぁ良しとする。作者オリジナルと思われる用語(「布支度」や「竈の日」など)がぴっちりハマっているのが二重丸。狂言回しとしてのスミスさんの配置もナイスです。<br>\r\nただ、人名がどうもテキトーなのが気になります。「アミル」は男性の名前、しかもあのティムールさんの称号。日本を舞台にした物語のヒロインの名前が「イエヤス」だったらコケるよね。「カルルク」は民族の名前なので、ヨーロッパを舞台にした物語のヒーローの名前が「アングロサクソン」みたいなもんだし……。他の部分はとてもよく調べて(なおかつそれを咀嚼して)描かれているようなので、このネーミングセンスは非常に残念。",
  "publisher" : "エンターブレイン",
  "score" : "",
  "title" : "乙嫁語り 1巻 (BEAM COMIX)",
  "authors" : "森 薫",
  "date" : "2011-09-15 10:15:04 UTC",
  "isbn" : "4047260762",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "草思社",
  "score" : "",
  "title" : "嫌われものほど美しい―ゴキブリから寄生虫まで",
  "authors" : "ナタリー アンジェ",
  "date" : "2011-08-09 01:25:05 UTC",
  "isbn" : "4794208197",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "<b>【これから読む人への忠告】<\/b><br>\r\nこの小説を楽しく読むためには、読む前から忘れなくてはいけないことがたくさんある。ハヤカワさんも罪なことをしてくれたものだ。<br>\r\n繰り返す。この小説を楽しく読みたいなら、ページをめくる前に、以下のことを忘れてほしい。<br>\r\n・「ヒューゴー賞/ネビュラ賞/ローカス賞/キャンベル記念賞」という受賞歴<br>\r\n・「グレッグ・イーガン、テッド・チャンを超える」という惹句<br>\r\n・「エコSF」というジャンル<br>\r\n・「ねじまき少女」というタイトル<br>\r\n<br>\r\nさぁ、忘れ終わっただろうか。まだ最初のページをめくってはいけない。<br>\r\nめくるのは下巻の最後だ。そこに訳者のあとがきがある。それを一字一句漏らさず読んで、頭に叩き込むのだ。過度なネタバレはないので安心してほしい。ここで叩き込んでほしいのは世界設定である。上巻読み終わってから下巻買うつもりだったから上巻しか持ってないよ、という方は、今すぐ下巻も買ってください(しかしこの上下巻の表紙のデザインはバランス的に何とかならんかったのかねぇ)。<br>\r\nところで、SFマガジンは読んでいるだろうか。買ったけど積んでいる、というなら、今すぐその山の中にバチガルピの既訳作品掲載号がないか探すのだ。これは先に読んでもいいし、お守り代わりに横に置いておいてもいい。<br>\r\n<br>\r\nよし、ようやく読み始めてOK。分からない言葉や設定があれば、まるまる飛ばしても大丈夫。あとは一気に読むだけだ。上巻の前半でつらいと思っても、何とかして耐えてください。そこさえ耐えればあとは一気だから。<br>\r\n<br>\r\n<b>【ここからは純粋な感想】<\/b><br>\r\n「SFは絵だ」という野田大元帥の言葉が、頭の中でリフレインする。それくらいこの作品は視覚に訴えてくる。視覚だけではない、感覚器のすべてを襲う圧倒的な広がり。<br>\r\n猥雑でほんのりトンデモな世界観。そこを駆け抜ける利己的かつ魅力的なキャラクターたち。とにかく、何もかもがタフなのだ。それでいて暑苦しくはない。SFというよりは、ある種のハードボイルドの手触りによく似ている。<br>\r\n荒削りなあれこれは、新人の初長編ゆえと割り切って、あとは作品の持つ勢いに身を任せるが吉。<br>\r\n<br>\r\nジェイディーは下巻(つまり●になってから)の方がカッコいい。<br>\r\nカニヤ姐さん最高。秘めた葛藤を抱えている様子が堪らん。ラストには驚かされたが、しかし何故かとても嬉しく思えた。<br>\r\nいちばん可愛いのはエミコじゃなくてマイ。<br>\r\nホク・センのその後がちゃんと語られていないのだが、彼にはきっと幸運があったと信じたい。<br>\r\n<br>\r\nなお、この小説の本質的なラストは、水没した都市でエミコがあの人に出会う最終章ではなく、その前のカニヤ姐さんのシーンである。っつーか、エミコとあの人の会話は想定の範囲内で、全く面白くないしねぇ。<br>\r\n<br>\r\n来年の星雲賞は堅いと思っているのだが、はてさてどうなることやら。",
  "publisher" : "早川書房",
  "score" : "",
  "title" : "ねじまき少女 上 (ハヤカワ文庫SF)",
  "authors" : "パオロ・バチガルピ",
  "date" : "2011-09-07 11:48:42 UTC",
  "isbn" : "4150118094",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "ピアソン桐原",
  "score" : "",
  "title" : "コロケーションで覚える英単語―大学入試 (LONGMAN Vocabulary Series)",
  "authors" : "LSC研究会",
  "date" : "2011-08-16 15:46:01 UTC",
  "isbn" : "4342011107",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "白夜書房",
  "score" : "",
  "title" : "幻の男たち+(プラス)",
  "authors" : "浅川 マキ",
  "date" : "2011-08-18 02:19:10 UTC",
  "isbn" : "4861917611",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "日本棋院",
  "score" : "",
  "title" : "囲碁史探偵が行く―昔と今 碁打ちの物語",
  "authors" : "福井 正明",
  "date" : "2011-08-18 02:19:12 UTC",
  "isbn" : "4818206008",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "港の人",
  "score" : "",
  "title" : "きのこ文学名作選",
  "authors" : "飯沢耕太郎, 萩原朔太郎, 夢野久作, 加賀乙彦, 村田喜代子, 八木重吉, 泉鏡花, 北杜夫, 中井英夫, 正岡子規, 高樹のぶ子, 宮澤賢治, 南木佳士, 長谷川龍生, いしいしんじ",
  "date" : "2011-08-18 02:19:14 UTC",
  "isbn" : "4896292308",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "徳間書店",
  "score" : "",
  "title" : "十二の嘘と十二の真実 (徳間文庫)",
  "authors" : "あさの あつこ",
  "date" : "2011-08-21 03:50:21 UTC",
  "isbn" : "4198933022",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "日本ヴォーグ社",
  "score" : "",
  "title" : "かぎ針あみのワードローブ",
  "authors" : "河合真弓",
  "date" : "2011-08-21 23:51:44 UTC",
  "isbn" : "4529049752",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "角川書店",
  "score" : "",
  "title" : "佇むひと―リリカル短篇集 (角川文庫)",
  "authors" : "筒井 康隆",
  "date" : "2011-08-21 23:51:44 UTC",
  "isbn" : "4041305268",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "講談社",
  "score" : "",
  "title" : "日本語という外国語 (講談社現代新書)",
  "authors" : "荒川 洋平",
  "date" : "2011-08-21 23:51:45 UTC",
  "isbn" : "406288013X",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "講談社",
  "score" : "",
  "title" : "10歳の放浪記 (講談社文庫)",
  "authors" : "上條 さなえ",
  "date" : "2011-08-22 14:31:52 UTC",
  "isbn" : "4062768755",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "光村図書出版",
  "score" : "",
  "title" : "飛ぶ教室 第26号(2011年夏)―児童文学の冒険 創作特集2011物語の悦び",
  "authors" : "",
  "date" : "2011-08-24 16:20:20 UTC",
  "isbn" : "4895286053",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "誠文堂新光社",
  "score" : "",
  "title" : "Design X―グラフィックデザインの新たな地平",
  "authors" : "アイデア編集部",
  "date" : "2011-08-24 16:20:22 UTC",
  "isbn" : "4416695071",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "ベストセラーズ",
  "score" : "",
  "title" : "極うま!!お茶漬け帖",
  "authors" : "志賀 靖子",
  "date" : "2011-08-24 16:20:24 UTC",
  "isbn" : "4584131805",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "パイインターナショナル",
  "score" : "",
  "title" : "無名の頃 (誰にでも「無名の頃」はある。)",
  "authors" : "小宮山さくら, 晴山香織",
  "date" : "2011-08-24 16:20:26 UTC",
  "isbn" : "4756240380",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "東京創元社",
  "score" : "",
  "title" : "異星人の郷 上 (創元SF文庫)",
  "authors" : "マイクル・フリン",
  "date" : "2011-09-07 05:18:52 UTC",
  "isbn" : "4488699014",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "筑摩書房",
  "score" : "",
  "title" : "遠い朝の本たち (ちくま文庫)",
  "authors" : "須賀 敦子",
  "date" : "2011-09-19 18:53:40 UTC",
  "isbn" : "4480036288",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "池田書店",
  "score" : "",
  "title" : "マンガでわかる 宇宙のしくみと謎",
  "authors" : "",
  "date" : "2011-09-19 18:54:29 UTC",
  "isbn" : "4262154025",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "朝日新聞出版",
  "score" : "",
  "title" : "怪男児 麿赤兒がゆく 憂き世  戯れて候ふ",
  "authors" : "麿 赤兒",
  "date" : "2011-12-01 18:04:27 UTC",
  "isbn" : "4023309818",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "三修社",
  "score" : "",
  "title" : "ぼくたちの英語",
  "authors" : "黒田 龍之助",
  "date" : "2011-12-01 18:04:30 UTC",
  "isbn" : "4384096453",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "岩波書店",
  "score" : "",
  "title" : "対談集 なにものかへのレクイエム――二〇世紀を思考する",
  "authors" : "森村 泰昌",
  "date" : "2011-12-01 18:04:31 UTC",
  "isbn" : "4000241672",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "光文社",
  "score" : "",
  "title" : "魚舟・獣舟 (光文社文庫)",
  "authors" : "上田 早夕里",
  "date" : "2011-12-01 18:04:31 UTC",
  "isbn" : "433474530X",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "音楽出版社",
  "score" : "",
  "title" : "CDジャーナルムック 音が聞こえる ミュージシャンが愛したもうひとつの楽器",
  "authors" : "天辰 保文",
  "date" : "2011-12-06 01:04:08 UTC",
  "isbn" : "4861710731",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "若干期待外れかな。美食探訪記事の多い「dancyu」とのコラボは、やはり少々“ノリが違う”感が否めない。<br>\r\n深夜食堂の関連本としては『[[http:\/\/hondana.org\/Leiko\/4091827969 勝手口]]』の方がおすすめ。",
  "publisher" : "小学館",
  "score" : "",
  "title" : "深夜食堂×dancyu 真夜中のいけないレシピ (ビッグ コミックス〔スペシャル〕)",
  "authors" : "",
  "date" : "2014-03-05 09:38:37 UTC",
  "isbn" : "4091842208",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "IBCパブリッシング",
  "score" : "",
  "title" : "日本の料理―LEVEL 5 (ラダーシリーズ) (洋販ラダーシリーズ)",
  "authors" : "黒田 基子",
  "date" : "2011-12-12 04:39:53 UTC",
  "isbn" : "4896846737",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "早川書房",
  "score" : "",
  "title" : "21世紀SF1000 (ハヤカワ文庫JA)",
  "authors" : "大森 望",
  "date" : "2011-12-12 04:39:54 UTC",
  "isbn" : "4150310521",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "中央公論新社",
  "score" : "",
  "title" : "斑猫の宿 (中公文庫)",
  "authors" : "奥本 大三郎",
  "date" : "2011-12-22 08:36:10 UTC",
  "isbn" : "4122055652",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "東京創元社",
  "score" : "",
  "title" : "鳥はいまどこを飛ぶか (山野浩一傑作選Ⅰ) (創元SF文庫)",
  "authors" : "山野 浩一",
  "date" : "2011-12-22 08:36:10 UTC",
  "isbn" : "4488740014",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "早川書房",
  "score" : "",
  "title" : "リリエンタールの末裔 (ハヤカワ文庫JA)",
  "authors" : "上田 早夕里",
  "date" : "2011-12-22 08:36:11 UTC",
  "isbn" : "415031053X",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "MdN",
  "score" : "",
  "title" : "Photoshopプロフェッショナルの教科書 現場で役立つ写真加工と補正の技術",
  "authors" : "小澤貴也",
  "date" : "2012-01-09 12:44:08 UTC",
  "isbn" : "4844361635",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "タイトルのとおり「マンガ 量子力学」である。「マンガでわかる」とか「マンガで解説」とか「マンガで納得」ではない。わかるとか解説とか納得とかを求めている人は、もっと別の本がたくさん出ているので本屋さんに行きましょう。<br>\r\nある程度の素養がないとギャグ漫画で笑えないのと同じで、量子力学や古典力学に関する多少の理解がなければ、魔法少女たちがしょっぱいバトルを繰り広げているだけにしか見えない。理解して楽しむための解説はマンガの中で、そこから一歩進むための解説は補足の文章で、それぞれ分かりやすく語られているので安心。<br>\r\n理系の友人に見せたら結構ウケた。んでもって、読後3日間くらい「そんなこと言ってたら古典ちゃんに襲われるよ~」みたいなネタが流行った。ただ、古典ちゃんにくっついているのが「エルヴィン」という名の猫であるということについては総ツッコミが入ったが。<br>\r\n何はともあれ、D論を書きながらこのマンガを描いたということに感涙を禁じ得ない。",
  "publisher" : "講談社",
  "score" : "",
  "title" : "マンガ 量子力学―この世を支配する奇妙な法則 (ブルーバックス)",
  "authors" : "",
  "date" : "2012-05-14 03:32:37 UTC",
  "isbn" : "406257747X",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "グラフ社",
  "score" : "",
  "title" : "世界43か国のサラダレシピ114 (マイライフシリーズ)",
  "authors" : "宮内好江",
  "date" : "2012-01-09 12:46:11 UTC",
  "isbn" : "4766213564",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "集英社",
  "score" : "",
  "title" : "ヒカルの碁 1 (集英社文庫 お 55-8)",
  "authors" : "小畑 健",
  "date" : "2012-03-09 00:18:33 UTC",
  "isbn" : "4086193280",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "河出書房新社",
  "score" : "",
  "title" : "「あの日」からぼくが考えている「正しさ」について",
  "authors" : "高橋 源一郎",
  "date" : "2012-03-11 15:46:20 UTC",
  "isbn" : "4309020925",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "河出書房新社",
  "score" : "",
  "title" : "マンガのあなた SFのわたし 萩尾望都・対談集 1970年代編",
  "authors" : "萩尾 望都",
  "date" : "2012-03-11 15:46:21 UTC",
  "isbn" : "4309273076",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "エンターブレイン",
  "score" : "",
  "title" : "あの日からのマンガ (ビームコミックス)",
  "authors" : "しりあがり寿",
  "date" : "2012-03-11 15:46:21 UTC",
  "isbn" : "4047274747",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "少年画報社",
  "score" : "",
  "title" : "水惑星年代記 (ヤングキングコミックス)",
  "authors" : "大石 まさる",
  "date" : "2012-03-11 15:46:21 UTC",
  "isbn" : "4785926627",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "講談社",
  "score" : "",
  "title" : "冒険エレキテ島(1) (KCデラックス)",
  "authors" : "鶴田 謙二",
  "date" : "2012-03-11 15:47:05 UTC",
  "isbn" : "4063761460",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "新潮社",
  "score" : "",
  "title" : "戦場でメシを食う (新潮新書)",
  "authors" : "佐藤 和孝",
  "date" : "2012-03-25 11:22:15 UTC",
  "isbn" : "4106101874",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "福音館書店",
  "score" : "",
  "title" : "好奇心の部屋デロール (たくさんのふしぎ傑作集)",
  "authors" : "今森 光彦",
  "date" : "2012-03-25 11:22:16 UTC",
  "isbn" : "4834023745",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "新潮社",
  "score" : "",
  "title" : "神の棄てた裸体―イスラームの夜を歩く (新潮文庫)",
  "authors" : "石井 光太",
  "date" : "2012-03-25 11:22:16 UTC",
  "isbn" : "4101325316",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "宝島社",
  "score" : "",
  "title" : "ますます眠れなくなる宇宙のはなし〜「地球外生命」は存在するのか",
  "authors" : "佐藤 勝彦",
  "date" : "2012-03-28 09:00:41 UTC",
  "isbn" : "479667795X",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "あえて言おう、つまらなかったと。<br>\r\nあと、「イタイ話」は痛すぎて読めなかった。ええ、どうせ「アンダルシアの犬」の冒頭を直視できないチキンですからね……。",
  "publisher" : "徳間書店",
  "score" : "",
  "title" : "とりったー (リュウコミックス)",
  "authors" : "とり・みき",
  "date" : "2013-08-07 16:20:31 UTC",
  "isbn" : "4199502556",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "星湖舎",
  "score" : "",
  "title" : "空とぶマネキン人形",
  "authors" : "加茂 昭",
  "date" : "2012-03-28 09:00:42 UTC",
  "isbn" : "4863720270",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "筑摩書房",
  "score" : "",
  "title" : "日本数奇 (ちくま学芸文庫)",
  "authors" : "松岡 正剛",
  "date" : "2012-06-05 02:08:24 UTC",
  "isbn" : "4480090436",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "晶文社",
  "score" : "",
  "title" : "ボマルツォのどんぐり",
  "authors" : "扉野 良人",
  "date" : "2012-04-24 03:35:52 UTC",
  "isbn" : "4794967241",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "青心社",
  "score" : "",
  "title" : "イバラード物語―ラピュタのある風景",
  "authors" : "井上 直久",
  "date" : "2012-04-24 03:35:53 UTC",
  "isbn" : "4878923733",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "合格しました!<br>\r\n--<br>\r\n2012年8月、3級の試験を受けることになりました。がんばらにゃ~。",
  "publisher" : "誠文堂新光社",
  "score" : "",
  "title" : "初級アマチュア無線予想問題集 2012年版: 完全丸暗記",
  "authors" : "",
  "date" : "2012-08-30 17:50:55 UTC",
  "isbn" : "4416111096",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "ふらんす堂",
  "score" : "",
  "title" : "恐竜よ―片桐英彦詩集",
  "authors" : "片桐 英彦",
  "date" : "2012-04-24 03:35:54 UTC",
  "isbn" : "478140104X",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "岩波書店",
  "score" : "",
  "title" : "正しいパンツのたたみ方――新しい家庭科勉強法 (岩波ジュニア新書)",
  "authors" : "南野 忠晴",
  "date" : "2012-04-24 03:35:55 UTC",
  "isbn" : "4005006744",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "青弓社",
  "score" : "",
  "title" : "ひとはなぜ乳房を求めるのか: 危機の時代のジェンダー表象 (青弓社ライブラリー)",
  "authors" : "山崎 明子, 池川 玲子, 新保 淳乃, 千葉 慶, 黒田 加奈子",
  "date" : "2012-04-24 03:35:56 UTC",
  "isbn" : "4787233289",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "講談社",
  "score" : "",
  "title" : "ムーミンママのお料理の本",
  "authors" : "サミ マリラ",
  "date" : "2012-04-24 03:35:56 UTC",
  "isbn" : "4062078538",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "オプトロニクス社",
  "score" : "",
  "title" : "技能五輪メダリストの群像 -ものつくりを支える若者たちの挑戦-",
  "authors" : "西澤 紘一",
  "date" : "2012-04-24 03:37:57 UTC",
  "isbn" : "490231228X",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "京阪神Lマガジン",
  "score" : "",
  "title" : "大阪観考―大阪資産×5名の美術家",
  "authors" : "森村泰昌 ヤノベケンジ 束芋 伊藤存 松井智恵",
  "date" : "2012-04-24 03:37:58 UTC",
  "isbn" : "4874353487",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "ソフトバンククリエイティブ",
  "score" : "",
  "title" : "ぞわぞわした生きものたち 古生代の巨大節足動物 (サイエンス・アイ新書)",
  "authors" : "金子 隆一",
  "date" : "2012-04-24 03:37:59 UTC",
  "isbn" : "4797344113",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "岩波書店",
  "score" : "",
  "title" : "日本語と時間――〈時の文法〉をたどる (岩波新書)",
  "authors" : "藤井 貞和",
  "date" : "2012-04-24 03:37:59 UTC",
  "isbn" : "4004312841",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "左右社",
  "score" : "",
  "title" : "文字のデザイン・書体のフシギ (神戸芸術工科大学レクチャーブックス…2)",
  "authors" : "祖父江 慎, 藤田 重信, 加島 卓, 鈴木 広光",
  "date" : "2012-04-24 03:39:35 UTC",
  "isbn" : "4903500071",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "角川書店",
  "score" : "",
  "title" : "お家相続―大名家の苦闘 (角川選書)",
  "authors" : "大森 映子",
  "date" : "2012-04-24 03:39:36 UTC",
  "isbn" : "4047033685",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "文藝春秋",
  "score" : "",
  "title" : "ゲゲゲの娘、レレレの娘、らららの娘",
  "authors" : "水木 悦子, 手塚 るみ子, 赤塚 りえ子",
  "date" : "2012-04-24 03:39:36 UTC",
  "isbn" : "4163720502",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "美術出版社",
  "score" : "",
  "title" : "フォントのふしぎ  ブランドのロゴはなぜ高そうに見えるのか?",
  "authors" : "小林章",
  "date" : "2012-04-24 03:39:37 UTC",
  "isbn" : "4568504287",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "オーム社",
  "score" : "",
  "title" : "宇宙と物理をめぐる十二の授業",
  "authors" : "牟田 淳",
  "date" : "2012-04-24 03:39:38 UTC",
  "isbn" : "4274068021",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "CQ出版",
  "score" : "",
  "title" : "コミック版 最新ハム問題集 (CQ comics)",
  "authors" : "くまの 歩, すがや みつる",
  "date" : "2012-04-24 03:40:02 UTC",
  "isbn" : "4789812715",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "培風館",
  "score" : "",
  "title" : "スーパーサイエンスハイスクール講義",
  "authors" : "堀越 正美",
  "date" : "2012-04-24 03:40:03 UTC",
  "isbn" : "4563019283",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "ぶんか社",
  "score" : "",
  "title" : "衛生博覧会を求めて",
  "authors" : "荒俣 宏",
  "date" : "2012-04-24 03:40:04 UTC",
  "isbn" : "4821105500",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "ビレッジプレス",
  "score" : "",
  "title" : "ぐるり (2004\/8-9)",
  "authors" : "ビレッジプレス",
  "date" : "2012-04-24 03:40:05 UTC",
  "isbn" : "4894920654",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "光文社",
  "score" : "",
  "title" : "図像探偵―眼で解く推理博覧会 (光文社文庫)",
  "authors" : "荒俣 宏",
  "date" : "2012-04-24 03:40:05 UTC",
  "isbn" : "4334714641",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "徳間書店",
  "score" : "",
  "title" : "さすらいエマノン(リュウコミックス)",
  "authors" : "梶尾 真治, 鶴田 謙二",
  "date" : "2012-04-24 03:44:35 UTC",
  "isbn" : "4199502920",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "学習研究社",
  "score" : "",
  "title" : "まるごといつもの食材 (学研もちあるき図鑑)",
  "authors" : "",
  "date" : "2012-04-24 03:40:22 UTC",
  "isbn" : "4052033787",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "小学館",
  "score" : "",
  "title" : "バルバラ異界 1 (小学館文庫)",
  "authors" : "萩尾 望都",
  "date" : "2012-04-24 03:47:53 UTC",
  "isbn" : "4091913377",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "小学館",
  "score" : "",
  "title" : "THE SEA OF FALLEN BEASTS 滅びし獣たちの海 (ビッグ コミックス〔スペシャル〕)",
  "authors" : "星野 之宣",
  "date" : "2012-05-14 01:28:08 UTC",
  "isbn" : "4091841066",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "美術出版社",
  "score" : "",
  "title" : "新装版 デッサン・ド・モード 美しい人を描く",
  "authors" : "長沢 節",
  "date" : "2012-05-14 01:28:09 UTC",
  "isbn" : "4568504880",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "講談社",
  "score" : "",
  "title" : "発展コラム式 中学理科の教科書 第1分野(物理・化学) (ブルーバックス)",
  "authors" : "",
  "date" : "2012-05-14 01:28:09 UTC",
  "isbn" : "4062575914",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "河出書房新社",
  "score" : "",
  "title" : "私の少年時代 (河出文庫)",
  "authors" : "澁澤 龍彦",
  "date" : "2012-05-14 01:28:10 UTC",
  "isbn" : "4309411495",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "河出書房新社",
  "score" : "",
  "title" : "完本 酔郷譚 (河出文庫)",
  "authors" : "倉橋 由美子",
  "date" : "2012-05-14 01:28:11 UTC",
  "isbn" : "4309411487",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "文藝春秋",
  "score" : "",
  "title" : "魔女の盟約 (文春文庫)",
  "authors" : "大沢 在昌",
  "date" : "2012-05-14 01:28:11 UTC",
  "isbn" : "4167676087",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "河出書房新社",
  "score" : "",
  "title" : "賤民の異神と芸能",
  "authors" : "谷川 健一",
  "date" : "2012-05-16 01:28:30 UTC",
  "isbn" : "4309225128",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "作品社",
  "score" : "",
  "title" : "ターミナルライフ 終末期の風景",
  "authors" : "西 成彦",
  "date" : "2012-05-16 01:28:31 UTC",
  "isbn" : "4861823528",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "彩流社",
  "score" : "",
  "title" : "月刊キュリオマガジン 153号: 特集 ソヴィエト・ノスタルジー",
  "authors" : "フジインターナショナルミント(株)",
  "date" : "2012-05-16 01:28:32 UTC",
  "isbn" : "477919153X",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "NHK出版",
  "score" : "",
  "title" : "NHK出版CDブック 基礎徹底マスター! ロシア語練習ドリル (CDブック)",
  "authors" : "源 貴志",
  "date" : "2012-05-18 16:26:41 UTC",
  "isbn" : "4140395486",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "学事出版",
  "score" : "",
  "title" : "「夢実現学習」で中学校改革―学校評価・校内研修・学力向上・カリキュラム開発の実践",
  "authors" : "加治佐 哲也, 田辺市立東陽中学校",
  "date" : "2012-05-22 13:08:49 UTC",
  "isbn" : "4761917377",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "港の人",
  "score" : "",
  "title" : "えびな書店店主の記 (四月と十月文庫1) (四月と十月文庫 1)",
  "authors" : "蝦名則",
  "date" : "2012-05-22 13:19:22 UTC",
  "isbn" : "4896292332",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "岩波書店",
  "score" : "",
  "title" : "外国語学習の科学―第二言語習得論とは何か (岩波新書)",
  "authors" : "白井 恭弘",
  "date" : "2012-05-22 13:19:22 UTC",
  "isbn" : "4004311500",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "集英社",
  "score" : "",
  "title" : "絵はがきにされた少年 (集英社文庫)",
  "authors" : "藤原 章生",
  "date" : "2012-05-22 13:19:24 UTC",
  "isbn" : "4087466078",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "冨山房インターナショナル",
  "score" : "",
  "title" : "父を語る 柳田国男と南方熊楠",
  "authors" : "",
  "date" : "2012-05-22 13:19:25 UTC",
  "isbn" : "4902385902",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "講談社",
  "score" : "",
  "title" : "海を渡ったモンゴロイド (講談社選書メチエ)",
  "authors" : "後藤 明",
  "date" : "2012-05-29 04:52:02 UTC",
  "isbn" : "4062582643",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "PARCO出版",
  "score" : "",
  "title" : "デルフォニックス 文房具の本",
  "authors" : "デルフォニックス",
  "date" : "2012-05-29 04:52:03 UTC",
  "isbn" : "489194773X",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "アニカ",
  "score" : "",
  "title" : "映画が私を変えた: 『追悼のざわめき』&小人症の妹",
  "authors" : "河添 まみこ, 安岡 卓治, 河添 晋一",
  "date" : "2012-05-29 04:52:04 UTC",
  "isbn" : "4901964216",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "農山漁村文化協会",
  "score" : "",
  "title" : "熊楠の森―神島(かしま)",
  "authors" : "後藤 伸, 中瀬 喜陽, 玉井 済夫",
  "date" : "2012-05-29 04:52:05 UTC",
  "isbn" : "4540101641",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "筑摩書房",
  "score" : "",
  "title" : "ご家庭にあった本: 古本で見る昭和の生活",
  "authors" : "岡崎 武志",
  "date" : "2012-06-05 02:08:27 UTC",
  "isbn" : "4480878505",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "[[http:\/\/www.publicbrain.net\/dazaiosamuseries\/talkshow1126\/ 林誠一と会田誠の対談]]で、会田誠がこの作品のタイトルを挙げている。<br>\r\nさもありなんだなぁ、と、なんだか安心した。",
  "publisher" : "青林工芸舎",
  "score" : "",
  "title" : "ph4.5グッピーは死なない",
  "authors" : "林 静一",
  "date" : "2012-07-27 04:23:30 UTC",
  "isbn" : "4883790223",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "架空社",
  "score" : "",
  "title" : "夢の絵本―全世界子供大会への招待状",
  "authors" : "茂田井 武",
  "date" : "2012-06-05 02:08:30 UTC",
  "isbn" : "4906268307",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "張栩監修の囲碁パズル。りんごの碁石は木製、碁盤は丈夫な厚紙。つくりはなかなかいい感じ。付属の問題集は簡単すぎるし問題数も少ないので、併せて『[[Leiko:4344976045]]』を入手した方がよい。<br>\r\n対局ではなくパズル。ということは承知しているものの、九路盤すら打つ気力ないけどちょっと手慰みにパチパチやりたいよねってときには対局してみることもある。まぁ当然ながら先手必勝なので、そんなに面白いものではないが、頭が回ってない者どうしで手慰みするには悪くない。や、そういう目的には「[[http:\/\/www.nihonkiin.or.jp\/news\/2013\/03\/post_468.html ななろのご]]」を使うべきなんだろうが(面倒くさがらずに普通の碁盤を出せという話もある)。",
  "publisher" : "幻冬舎エデュケーション",
  "score" : "",
  "title" : "よんろのご ([バラエティ])",
  "authors" : "",
  "date" : "2014-03-04 15:36:53 UTC",
  "isbn" : "4344975871",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "岩波書店",
  "score" : "",
  "title" : "飼い喰い――三匹の豚とわたし",
  "authors" : "内澤 旬子",
  "date" : "2012-06-19 07:23:00 UTC",
  "isbn" : "4000258362",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "全国コミュニティライフサポートセンター",
  "score" : "",
  "title" : "息子介護―40息子のぐうたら介護録",
  "authors" : "鈴木 宏康",
  "date" : "2012-06-19 07:23:01 UTC",
  "isbn" : "4901947915",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "幻冬舎",
  "score" : "",
  "title" : "職業としてのAV女優 (幻冬舎新書)",
  "authors" : "中村 淳彦",
  "date" : "2012-06-19 07:23:03 UTC",
  "isbn" : "4344982649",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "アールズ出版",
  "score" : "",
  "title" : "カレー粉クッキング",
  "authors" : "ナイル 善己",
  "date" : "2012-06-19 07:23:04 UTC",
  "isbn" : "4862042260",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "正誤表その1:[[http:\/\/www.cqpub.co.jp\/hanbai\/books\/12\/12481\/12481.htm http:\/\/www.cqpub.co.jp\/hanbai\/books\/12\/12481\/12481.htm]]<br>\r\n正誤表その2:[[http:\/\/suzukidenshiken.web.fc2.com\/ http:\/\/suzukidenshiken.web.fc2.com\/]]<br>\r\n部品セット:[[http:\/\/suzukidenshiken.cart.fc2.com\/ca0\/9\/p-r-s\/ http:\/\/suzukidenshiken.cart.fc2.com\/ca0\/9\/p-r-s\/]]",
  "publisher" : "CQ出版",
  "score" : "",
  "title" : "気象衛星NOAAレシーバの製作: 気象衛星の電波を自宅でキャッチ (プリント基板付き電子工作解説書SERIES)",
  "authors" : "鈴木 憲次",
  "date" : "2012-06-29 05:26:19 UTC",
  "isbn" : "4789812480",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "阪神淡路大震災のときの武勇伝を話してくれる友人が何人かいる。彼らの話してくれるネタはどれも純粋に面白い(笑えるネタだけ選りすぐっているからだろうが)。で、この本にはそういうネタだけが詰め込まれている。東日本大震災のときだって、きっとたくさんの笑いとネタが生まれたことだろう。ただ、それを表に出せるかどうかは、また別の話なんだけど。願わくは、いつか起こるであろう新たな震災において、この本にあるネタのうち“笑えるけど笑えないもの”が再現されることのありませんように。<br>\r\n本そのものは面白いんだけど、版元が変わった理由がくだくだ書かれているのにはちょっと違和感。作者にとっては重大事件だったというのは分かるんだけどね。",
  "publisher" : "明月堂書店",
  "score" : "",
  "title" : "大震災名言録―次の災害を乗り越えるための知恵",
  "authors" : "藤尾 潔",
  "date" : "2012-07-13 07:57:47 UTC",
  "isbn" : "4903145158",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "朝日新聞出版",
  "score" : "",
  "title" : "宇宙で過ごした137日 僕の「きぼう」滞在記",
  "authors" : "若田 光一, 朝日新聞取材班",
  "date" : "2012-06-28 08:12:24 UTC",
  "isbn" : "4022506652",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "河出書房新社",
  "score" : "",
  "title" : "怪獣博士!  大伴昌司 ---「大図解」画報 (らんぷの本)",
  "authors" : "堀江 あき子",
  "date" : "2012-07-04 10:24:26 UTC",
  "isbn" : "4309727964",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "新潮社",
  "score" : "",
  "title" : "レジェンド: 伝説の闘士ジューン&デイ (新潮文庫)",
  "authors" : "マリー ルー",
  "date" : "2012-07-04 10:24:27 UTC",
  "isbn" : "4102180613",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "河出書房新社",
  "score" : "",
  "title" : "十蘭錬金術 (河出文庫)",
  "authors" : "久生 十蘭",
  "date" : "2012-07-06 01:18:50 UTC",
  "isbn" : "4309411568",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "誠文堂新光社",
  "score" : "",
  "title" : "ひみつのウミウシ―分類のコツから撮影方法、楽しみ方まで",
  "authors" : "水谷 知世",
  "date" : "2012-07-06 01:17:29 UTC",
  "isbn" : "4416811276",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "バチガルピの作品は基本的にディストピアで、ラストで「ものがたりは終わったけど背景の問題はむしろこれから大変になるよねぇ」と心配になることも多いのだが、読後感には不思議なくらい悲愴感がないところが好き。芯の強い登場人物が多いからかな。<br>\r\n『ねじまき少女』と同じ世界の作品もいくつか収録されているので、ねじまきをこれから読むという方は、こちらを先に読んだ方が楽だと思う。<br>\r\n<br>\r\n思いのほか早く文庫版が出たが、収録作品は変更ない模様。",
  "publisher" : "早川書房",
  "score" : "",
  "title" : "第六ポンプ (新☆ハヤカワ・SF・シリーズ)",
  "authors" : "パオロ・バチガルピ",
  "date" : "2014-01-30 04:58:29 UTC",
  "isbn" : "4153350028",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "パイインターナショナル",
  "score" : "",
  "title" : "何度も読みたい広告コピー",
  "authors" : "",
  "date" : "2012-07-08 09:48:14 UTC",
  "isbn" : "4756241522",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "徳間書店",
  "score" : "",
  "title" : "小松左京に捧ぐ トリビュート日本沈没 (リュウコミックス)",
  "authors" : "小松左京, 鶴田 謙二, とり・みき",
  "date" : "2012-07-10 04:18:53 UTC",
  "isbn" : "4199502769",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "メディアファクトリー",
  "score" : "",
  "title" : "ゴーストハント1 旧校舎怪談 (幽BOOKS)",
  "authors" : "小野 不由美",
  "date" : "2012-07-10 04:18:54 UTC",
  "isbn" : "4840135940",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "小学館",
  "score" : "",
  "title" : "ミノタウロスの皿 (小学館文庫―藤子・F・不二雄〈異色短編集〉)",
  "authors" : "藤子・F・不二雄",
  "date" : "2012-07-10 04:18:54 UTC",
  "isbn" : "4091920616",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "飛鳥新社",
  "score" : "",
  "title" : "オイシャサンゴッコ",
  "authors" : "七戸 優",
  "date" : "2012-07-10 04:18:54 UTC",
  "isbn" : "4870316773",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "パロル舎",
  "score" : "",
  "title" : "夢童子―転生奇譚集",
  "authors" : "天沼 春樹",
  "date" : "2012-07-17 09:27:15 UTC",
  "isbn" : "4894192144",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "第三書館",
  "score" : "",
  "title" : "いつかモイカ河の橋の上で―会社を休んで59日間地球一周",
  "authors" : "中野 吉宏",
  "date" : "2012-07-17 09:27:16 UTC",
  "isbn" : "4807404121",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "パロル舎",
  "score" : "",
  "title" : "水に棲む猫",
  "authors" : "天沼 春樹",
  "date" : "2012-07-17 09:27:17 UTC",
  "isbn" : "4894191393",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "PHP研究所",
  "score" : "",
  "title" : "堀アンナの事件簿 (PHP文芸文庫)",
  "authors" : "鯨 統一郎",
  "date" : "2012-07-21 13:51:36 UTC",
  "isbn" : "4569678386",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "美術出版社",
  "score" : "",
  "title" : "日本語のデザイン (新デザインガイド)",
  "authors" : "永原 康史",
  "date" : "2012-07-24 13:31:34 UTC",
  "isbn" : "4568502438",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "17出版",
  "score" : "",
  "title" : "高校生に考えてもらいたい性・生・政―女子編",
  "authors" : "中野 吉宏",
  "date" : "2012-07-24 13:31:35 UTC",
  "isbn" : "4990064518",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "講談社",
  "score" : "",
  "title" : "美術という見世物 油絵茶屋の時代 (講談社学術文庫)",
  "authors" : "木下 直之",
  "date" : "2012-07-24 13:31:36 UTC",
  "isbn" : "4062920212",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "筑摩書房",
  "score" : "",
  "title" : "カスハガの世界 (ちくま文庫)",
  "authors" : "みうら じゅん",
  "date" : "2012-07-24 13:31:36 UTC",
  "isbn" : "4480421785",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "日本経済新聞出版社",
  "score" : "",
  "title" : "古代学への招待(日経ビジネス人文庫)",
  "authors" : "谷川 健一",
  "date" : "2012-07-24 13:31:38 UTC",
  "isbn" : "4532195284",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "彷徨舎",
  "score" : "",
  "title" : "彷書月刊 290号(2009年12月号)",
  "authors" : "",
  "date" : "2012-07-24 13:31:39 UTC",
  "isbn" : "4903919307",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "幻冬舎",
  "score" : "",
  "title" : "よんろのごのほん―張栩からのもんだい100",
  "authors" : "張 栩",
  "date" : "2012-07-27 04:24:15 UTC",
  "isbn" : "4344976045",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "早川書房",
  "score" : "",
  "title" : "ノパルガース (ハヤカワ文庫SF)",
  "authors" : "ジャック・ヴァンス",
  "date" : "2012-09-21 01:52:55 UTC",
  "isbn" : "4150117225",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "講談社",
  "score" : "",
  "title" : "新装版 続・君について行こう 女房が宇宙を飛んだ (講談社プラスアルファ文庫)",
  "authors" : "向井 万起男",
  "date" : "2012-08-23 10:45:22 UTC",
  "isbn" : "4062814064",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "講談社",
  "score" : "",
  "title" : "新装版 君について行こう (上) -女房は宇宙をめざす (講談社プラスアルファ文庫)",
  "authors" : "向井 万起男",
  "date" : "2012-08-23 10:45:23 UTC",
  "isbn" : "4062813882",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "NHKサービスセンター",
  "score" : "",
  "title" : "ステラMOOK ラジオ深夜便 隠居大学 第二集",
  "authors" : "",
  "date" : "2012-08-23 10:46:09 UTC",
  "isbn" : "4871081125",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "河出書房新社",
  "score" : "",
  "title" : "家庭で作れるスリランカのカレーとスパイス料理",
  "authors" : "香取 薫",
  "date" : "2012-09-01 02:06:10 UTC",
  "isbn" : "4309283209",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "筑摩書房",
  "score" : "",
  "title" : "新版 幼い子のいる暮らし (ちくま文庫)",
  "authors" : "毛利 子来",
  "date" : "2012-10-28 09:55:26 UTC",
  "isbn" : "4480429638",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "正統派ヤングアダルト、良くも悪くもそれだけ。この世界を舞台にした大人向け作品が読みたいな。<br>\r\n主役2人はまぁお約束のキャラクター(まぁヤングアダルトだからね)だが、脇役には光る登場人物が多い。その中でもとりわけ格好いいのは半人トゥールなのであるが、続編『The Drowned Cities』(未邦訳)では、彼が活躍するようだ。\r\n",
  "publisher" : "早川書房",
  "score" : "",
  "title" : "シップブレイカー (ハヤカワ文庫SF)",
  "authors" : "パオロ・バチガルピ",
  "date" : "2013-03-18 02:46:27 UTC",
  "isbn" : "4150118671",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "講談社",
  "score" : "",
  "title" : "ぼくの歌、みんなの歌 (講談社文庫)",
  "authors" : "森 達也",
  "date" : "2012-10-28 09:55:28 UTC",
  "isbn" : "4062773465",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "筑摩書房",
  "score" : "",
  "title" : "新版 赤ちゃんのいる暮らし (ちくま文庫)",
  "authors" : "毛利 子来",
  "date" : "2012-10-28 09:55:29 UTC",
  "isbn" : "4480429166",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "筑摩書房",
  "score" : "",
  "title" : "百合子さんは何色―武田百合子への旅 (ちくま文庫)",
  "authors" : "村松 友視",
  "date" : "2012-10-28 09:55:29 UTC",
  "isbn" : "4480033394",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "筑摩書房",
  "score" : "",
  "title" : "貧乏サヴァラン (ちくま文庫)",
  "authors" : "森 茉莉",
  "date" : "2012-10-28 09:55:29 UTC",
  "isbn" : "4480033653",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "筑摩書房",
  "score" : "",
  "title" : "数学に魅せられた明治人の生涯 (ちくま文庫)",
  "authors" : "保阪 正康",
  "date" : "2012-11-11 08:53:54 UTC",
  "isbn" : "4480429077",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "[[http:\/\/www.gunzosha.com\/20151021message.html いろいろあって]]群像社版は今流通していないのだが、某所のバザールで運良く新品を入手。",
  "publisher" : "群像社",
  "score" : "",
  "title" : "ボタン穴から見た戦争―白ロシアの子供たちの証言",
  "authors" : "スヴェトラーナ アレクシエーヴィチ",
  "date" : "2017-07-17 12:42:05 UTC",
  "isbn" : "4905821797",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "近所の本屋のポップに釣られて購入。<br>\r\n6作品から成る短編集だが、最初の2作品のクオリティが飛び抜けて高く、それ以外はちとイマイチ。<br>\r\n少女漫画というカテゴリで発表されたということでは出色の一冊だと思ったが、青年誌に掲載されていたのであれば特に何とも思わなかったかもしれない。",
  "publisher" : "小学館",
  "score" : "",
  "title" : "式の前日 (フラワーコミックス)",
  "authors" : "穂積",
  "date" : "2012-12-25 07:30:18 UTC",
  "isbn" : "4091345859",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "単行本初収録の「斑猫」以外、すべて既読の作品。<br>\r\nそれでもなんで(3000円近く出して)購入したかというと、付録に収録された松本隆との対談が読みたかったから。対談は古いもので、録り下ろしではないものの、どーしても読みたかったのである。あと、坂本龍一からの質問状も。そういう「どーしても」がなかったら買ってなかったなぁ……。",
  "publisher" : "小学館",
  "score" : "",
  "title" : "吉田秋生-夜明け- (フラワーコミックス)",
  "authors" : "吉田 秋生",
  "date" : "2012-12-25 07:25:45 UTC",
  "isbn" : "4091791395",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher":null,"score" : "",
  "title":null,"authors" : "",
  "date" : "2013-01-07 14:14:23 UTC",
  "isbn" : "4873115094",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "求龍堂",
  "score" : "",
  "title" : "君は歩いて行くらん―中川幸夫狂伝 (「美」の人物伝)",
  "authors" : "早坂 暁",
  "date" : "2013-01-07 14:14:25 UTC",
  "isbn" : "4763010263",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "河出書房新社",
  "score" : "",
  "title" : "直線縫いでざくざくできるスカート 「ゆったり」なのに「ほっそり」見える",
  "authors" : "渡部サト",
  "date" : "2013-02-18 14:09:08 UTC",
  "isbn" : "4309267246",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "早川書房",
  "score" : "",
  "title" : "アンドロイドの夢の羊 (ハヤカワ文庫SF)",
  "authors" : "ジョン・スコルジー",
  "date" : "2013-02-18 14:09:09 UTC",
  "isbn" : "4150118752",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "日東書院本社",
  "score" : "",
  "title" : "大人の服",
  "authors" : "高橋 恵美子",
  "date" : "2013-02-18 14:09:10 UTC",
  "isbn" : "4528018489",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher":null,"score" : "",
  "title":null,"authors" : "",
  "date" : "2017-07-17 12:32:21 UTC",
  "isbn" : "4480434410",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "講談社",
  "score" : "",
  "title" : "花競べ  向嶋なずな屋繁盛記 (講談社文庫)",
  "authors" : "朝井 まかて",
  "date" : "2013-03-01 07:01:49 UTC",
  "isbn" : "4062770962",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "夏目書房",
  "score" : "",
  "title" : "X51.ORG THE ODYSSEY",
  "authors" : "佐藤 健寿",
  "date" : "2013-03-30 12:51:06 UTC",
  "isbn" : "4860620593",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "東京創元社",
  "score" : "",
  "title" : "てのひらの宇宙 (星雲賞短編SF傑作選) (創元SF文庫)",
  "authors" : "",
  "date" : "2013-04-18 06:25:13 UTC",
  "isbn" : "4488738036",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "新潮社",
  "score" : "",
  "title" : "東京番外地 (新潮文庫)",
  "authors" : "森 達也",
  "date" : "2013-04-18 06:25:14 UTC",
  "isbn" : "4101300720",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "幻冬舎",
  "score" : "",
  "title" : "女がそれを食べるとき (幻冬舎文庫)",
  "authors" : "",
  "date" : "2013-04-18 06:25:15 UTC",
  "isbn" : "4344420128",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "新潮社",
  "score" : "",
  "title" : "ひと目で見分ける287種 野鳥ポケット図鑑 (新潮文庫)",
  "authors" : "久保田 修",
  "date" : "2013-04-18 06:25:16 UTC",
  "isbn" : "4101307911",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "三五館",
  "score" : "",
  "title" : "私のエプロン図鑑",
  "authors" : "森 南海子",
  "date" : "2013-05-10 15:15:53 UTC",
  "isbn" : "4883205819",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "文化出版局",
  "score" : "",
  "title" : "クロッシェマニアの手編みバッグ エコアンダリア・ニッティング",
  "authors" : "文化出版局編",
  "date" : "2013-06-24 13:12:08 UTC",
  "isbn" : "4579114302",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "土曜美術社",
  "score" : "",
  "title" : "赤線従業婦の手記",
  "authors" : "新吉原女子保健組合",
  "date" : "2013-08-01 01:48:19 UTC",
  "isbn" : "4886252540",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "柳田國男は民俗学を実学として位置づけようと考えていたというが、それとはまた別のアプローチで民俗学を「実学」として息づかせることに成功していると思う。介護の現場からは反発もありそうな内容だが、著者自身がその“介護の現場”の人間なので、受けた批判に対する考えも記されている。<br>\r\n戦後育ちでロックンロールに熱狂した世代もぼちぼち介護施設に足を踏み入れるお年頃になりつつあるわけなので、本書にあるようなベタな“伝承文化”を礎としたエピソードは今後どんどん減っていくのだろうが、当然民俗学の方もいろいろと変化し続けてきているのだし、本書が提示するアプローチそのものは、これからも変わらず有効なものだろう。",
  "publisher" : "医学書院",
  "score" : "",
  "title" : "驚きの介護民俗学 (シリーズ ケアをひらく)",
  "authors" : "六車 由実",
  "date" : "2014-04-10 05:10:20 UTC",
  "isbn" : "4260015494",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "NHK出版",
  "score" : "",
  "title" : "命のビザを繋いだ男―小辻節三とユダヤ難民",
  "authors" : "山田 純大",
  "date" : "2013-08-03 14:28:11 UTC",
  "isbn" : "414081599X",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "地方・小出版流通センター",
  "score" : "",
  "title" : "彷書月刊 188",
  "authors" : "畑中 純",
  "date" : "2013-08-03 14:28:13 UTC",
  "isbn" : "4906287360",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "新曜社",
  "score" : "",
  "title" : "神、人を喰う―人身御供の民俗学",
  "authors" : "六車 由実",
  "date" : "2013-08-03 14:28:13 UTC",
  "isbn" : "4788508427",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "有馬敲と中野武志の二人誌。",
  "publisher" : "澪標",
  "score" : "",
  "title" : "二人 3",
  "authors" : "京都文学研究所",
  "date" : "2014-01-30 06:25:52 UTC",
  "isbn" : "4944164939",
  "categories" : "雑誌やムックみたいなもの"
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "日本ヴォーグ社",
  "score" : "",
  "title" : "美しいかぎ針編―春夏 9 (Let’s knit series)",
  "authors" : "",
  "date" : "2013-09-16 11:46:52 UTC",
  "isbn" : "4529035271",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "土曜美術社出版販売",
  "score" : "",
  "title" : "武西良和詩集 (新・日本現代詩文庫105)",
  "authors" : "武西良和",
  "date" : "2013-09-17 00:56:47 UTC",
  "isbn" : "4812020298",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "青土社",
  "score" : "",
  "title" : "現代思想 2013年8月臨時号 総特集=フォン・ノイマン ゲーム理論・量子力学・コンピュータ科学",
  "authors" : "J・フォン・ノイマン, K・ゲーデル, 西川アサキ, 野崎昭弘, 佐藤文隆, 今野浩, 高橋昌一郎, 小島寛之, 小澤正直, 池上高志",
  "date" : "2013-10-27 08:07:54 UTC",
  "isbn" : "479171265X",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "ステュディオパラボリカ",
  "score" : "",
  "title" : "yaso夜想―特集『少女』Filles",
  "authors" : "",
  "date" : "2013-10-27 08:07:57 UTC",
  "isbn" : "4902916282",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "青土社",
  "score" : "",
  "title" : "ユリイカ 2013年10月臨時増刊号 総特集◎高橋幸宏",
  "authors" : "高橋幸宏, リリー・フランキー, 祐真朋樹, 鈴木慶一, しりあがり寿",
  "date" : "2013-10-27 08:07:58 UTC",
  "isbn" : "4791702611",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "オークラ出版",
  "score" : "",
  "title" : "ちびっこ広告図案帳70’s―AD for KIDS:1970‐1974",
  "authors" : "",
  "date" : "2013-12-09 11:58:30 UTC",
  "isbn" : "4775501194",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "オークラ出版",
  "score" : "",
  "title" : "ちびっこ広告図案帳―ad for KIDS:1965‐1969",
  "authors" : "",
  "date" : "2013-12-09 11:58:31 UTC",
  "isbn" : "4872784928",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "幻冬舎",
  "score" : "",
  "title" : "宇宙人の探し方 地球外知的生命探査の科学とロマン (幻冬舎新書)",
  "authors" : "鳴沢 真也",
  "date" : "2013-12-13 11:33:12 UTC",
  "isbn" : "4344983289",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "東洋書店",
  "score" : "",
  "title" : "ロシア語ことわざ60選",
  "authors" : "船木 裕",
  "date" : "2013-12-24 13:59:05 UTC",
  "isbn" : "4885959411",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "東京創元社",
  "score" : "",
  "title" : "時を生きる種族 (ファンタスティック時間SF傑作選) (創元SF文庫)",
  "authors" : "R・F・ヤング, フリッツ・ライバー他",
  "date" : "2013-12-24 13:59:06 UTC",
  "isbn" : "4488715044",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "小学館",
  "score" : "",
  "title" : "運命の子 トリソミー: 短命という定めの男の子を授かった家族の物語",
  "authors" : "松永 正訓",
  "date" : "2013-12-24 13:59:07 UTC",
  "isbn" : "4093965277",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "講談社",
  "score" : "",
  "title" : "子守り唄の誕生 (講談社学術文庫)",
  "authors" : "赤坂 憲雄",
  "date" : "2013-12-24 13:59:07 UTC",
  "isbn" : "4061597426",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "文化出版局",
  "score" : "",
  "title" : "夏糸で編む伝統柄のあみこみこもの エコアンダリア・リネン・コットンetc.",
  "authors" : "ほし みつき+今村 曜子",
  "date" : "2013-12-24 13:59:09 UTC",
  "isbn" : "4579113845",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "日本棋院",
  "score" : "",
  "title" : "お悩み天国―治勲の爆笑人生相談室",
  "authors" : "趙 治勲",
  "date" : "2013-12-28 03:38:55 UTC",
  "isbn" : "4818206245",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "集英社",
  "score" : "",
  "title" : "成長から成熟へ さよなら経済大国 (集英社新書)",
  "authors" : "天野 祐吉",
  "date" : "2014-01-05 15:33:31 UTC",
  "isbn" : "4087207137",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "勁草書房",
  "score" : "",
  "title" : "アジアのポピュラー音楽―グローバルとローカルの相克 (双書音楽文化の現在 4)",
  "authors" : "",
  "date" : "2014-01-05 15:33:32 UTC",
  "isbn" : "4326698640",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "特集1:追悼 吉田秀和<br>\r\n特集2:レコード・録音・記録",
  "publisher" : "アルテスパブリッシング",
  "score" : "",
  "title" : "アルテス Vol.03",
  "authors" : "岡田 暁生, 片山 杜秀, おおしま ゆたか, 吉田 純子, 鈴木 慶一, 礒山 雅, ト田 隆嗣, 小野 幸恵, オヤマダ アツシ, 金子 智太郎, 山崎 春美, 畑野 小百合, 川崎 弘二, 光嶋 裕介, 波多野 睦美, 湯浅 学, 田口 史人, 大和田 俊之, 輪島 裕介, 三輪 眞弘, 毛利 嘉孝, 西島 千尋, 藍川 由美, 大石 始, 石田 昌隆, 濱田 芳通, 鈴木 治行",
  "date" : "2014-03-04 08:08:39 UTC",
  "isbn" : "490395157X",
  "categories" : "雑誌やムックみたいなもの"
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "講談社",
  "score" : "",
  "title" : "ton paris",
  "authors" : "茂田井 武",
  "date" : "2014-01-05 15:33:35 UTC",
  "isbn" : "406216356X",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "白夜書房",
  "score" : "",
  "title" : "ロング・グッドバイ-浅川マキの世界",
  "authors" : "浅川 マキ",
  "date" : "2014-01-05 15:33:36 UTC",
  "isbn" : "4861916984",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "パルコ",
  "score" : "",
  "title" : "アンソロジー カレーライス!!",
  "authors" : "阿川佐和子, 阿川弘之, 獅子文六, 東海林さだお, 安西水丸, 滝田ゆう, 寺山修司, 中島らも, 林真理子, 藤原新也, 古山高麗雄, 町田康, 色川武大, 向田邦子, 村松友視, 山口瞳, 池波正太郎, 吉本隆明, よしもとばなな, 吉行淳之介, 伊集院静, 泉麻人, 伊丹十三, 五木寛之, 井上ひさし, 井上靖, 内田百閒, 内館牧子, 小津安二郎, 尾辻克彦, 神吉拓郎, 北杜夫, 久住昌之",
  "date" : "2014-01-05 15:33:39 UTC",
  "isbn" : "4865060065",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "「瓶詰の地獄」は原作に忠実でいながら、絵の中のすみずみに丸尾末広の解釈が埋め込まれていて、非常に完成度の高い作品。でも最後の1ページはいらない。なんでこんなページを書いてしまったのだ。<br>\r\n「黄金餅」は同名の落語の漫画化だが、翻案がよく効いていて、落語とはまた違った印象に仕上がっている。<br>\r\n他にオリジナル2編収録。こちらはいつもの丸尾末広節。「かわいそうな姉」に登場する、スカートの中に首を突っ込んで女性器に念仏を唱えるじーさんがチョーイカス。",
  "publisher" : "エンターブレイン",
  "score" : "",
  "title" : "瓶詰の地獄 (ビームコミックス)",
  "authors" : "丸尾末広",
  "date" : "2014-01-30 05:51:25 UTC",
  "isbn" : "4047281425",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "文化出版局",
  "score" : "",
  "title" : "イーラーショシュ トランシルヴァニアの伝統刺繍",
  "authors" : "谷崎 聖子",
  "date" : "2014-01-30 04:33:34 UTC",
  "isbn" : "4579114442",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "誠文堂新光社",
  "score" : "",
  "title" : "カロタセグのきらめく伝統刺繍: 受け継がれる、ハンガリー民族のきらびやかな手仕事",
  "authors" : "谷崎 聖子",
  "date" : "2014-02-04 01:06:20 UTC",
  "isbn" : "441631308X",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "池田書店",
  "score" : "",
  "title" : "気軽で便利!  半幅帯結び 楽しみ帖",
  "authors" : "君野倫子",
  "date" : "2014-02-13 16:14:52 UTC",
  "isbn" : "4262152855",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "河出書房新社",
  "score" : "",
  "title" : "巴里の空の下オムレツのにおいは流れる (河出文庫)",
  "authors" : "石井 好子",
  "date" : "2014-02-26 04:31:17 UTC",
  "isbn" : "4309410936",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "河出書房新社",
  "score" : "",
  "title" : "山に生きる人びと (河出文庫)",
  "authors" : "宮本 常一",
  "date" : "2014-02-26 04:31:17 UTC",
  "isbn" : "4309411150",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "あらためて、最近SFを読んでないなぁと実感。<br>\r\nとりあえず海外1位の『夢幻諸島から』は面白そうなので注文しました。<br>\r\n<br>\r\nところでね、もう3年ほど昔の話になるかなぁ、この「SFが読みたい!」の刊行予定情報にあった『[[http:\/\/www.amazon.co.jp\/dp\/4488732011 海王星市から来た男 縹渺譚]]』(←書籍情報はあるけど、結局発刊されてない)は、一体どうなってしまったんでしょうねェ……単行本初収録の連作「浮間の桜」、山田正紀の巻末エッセイ、みんなみんなどこに消えてしまったんでしょうねェ……。",
  "publisher" : "早川書房",
  "score" : "",
  "title" : "SFが読みたい! 2014年版",
  "authors" : "",
  "date" : "2014-03-04 13:57:41 UTC",
  "isbn" : "4152094389",
  "categories" : "雑誌やムックみたいなもの"
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "日本棋院",
  "score" : "",
  "title" : "実践囲碁総合演習―入門その後に完全対応",
  "authors" : "",
  "date" : "2014-03-04 07:47:13 UTC",
  "isbn" : "4818206253",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "岩波書店",
  "score" : "",
  "title" : "グローバリゼーションの中の江戸 (岩波ジュニア新書 〈知の航海〉シリーズ)",
  "authors" : "田中 優子",
  "date" : "2014-04-10 09:30:54 UTC",
  "isbn" : "4005007171",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "スタジオタッククリエイティブ",
  "score" : "",
  "title" : "4つのパターンから学ぶ ワンランク上のバッグ教室",
  "authors" : "スタジオタッククリエイティブ",
  "date" : "2014-04-10 09:30:56 UTC",
  "isbn" : "4883936325",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "早川書房",
  "score" : "",
  "title" : "夢幻諸島から (新☆ハヤカワ・SF・シリーズ)",
  "authors" : "クリストファー・プリースト",
  "date" : "2014-04-10 09:30:58 UTC",
  "isbn" : "4153350117",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "新潮社",
  "score" : "",
  "title" : "無限の網 草間彌生自伝 (新潮文庫)",
  "authors" : "草間 彌生",
  "date" : "2014-08-10 06:04:04 UTC",
  "isbn" : "4101365415",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "筑摩書房",
  "score" : "",
  "title" : "郵便局と蛇: A・E・コッパード短篇集 (ちくま文庫)",
  "authors" : "A.E. コッパード",
  "date" : "2014-11-09 16:56:15 UTC",
  "isbn" : "4480432078",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "早川書房",
  "score" : "",
  "title" : "悪童日記 (ハヤカワepi文庫)",
  "authors" : "アゴタ クリストフ",
  "date" : "2014-11-09 16:56:17 UTC",
  "isbn" : "4151200029",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "扶桑社",
  "score" : "",
  "title" : "30分で2品完成! 発酵いらずのパンとすぐできるスープ",
  "authors" : "ヤミー",
  "date" : "2014-12-14 16:05:53 UTC",
  "isbn" : "4594071473",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "未知谷",
  "score" : "",
  "title" : "亡命ロシア料理",
  "authors" : "",
  "date" : "2014-12-14 16:05:54 UTC",
  "isbn" : "4896424581",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher":null,"score" : "",
  "title":null,"authors" : "",
  "date" : "2017-07-17 13:02:29 UTC",
  "isbn" : "4006022484",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "講談社",
  "score" : "",
  "title" : "戦後短篇小説再発見10 表現の冒険 (講談社文芸文庫)",
  "authors" : "",
  "date" : "2015-03-12 03:02:19 UTC",
  "isbn" : "4061982702",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "万葉舎",
  "score" : "",
  "title" : "アジアの星物語―東アジア・太平洋地域の星と宇宙の神話・伝説",
  "authors" : "",
  "date" : "2015-03-12 03:02:21 UTC",
  "isbn" : "4860500725",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "早川書房",
  "score" : "",
  "title" : "怨讐星域Ⅲ 約束の地 (ハヤカワ文庫 JA カ 2-16)",
  "authors" : "梶尾 真治",
  "date" : "2015-06-01 08:58:36 UTC",
  "isbn" : "4150311943",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher":null,"score" : "",
  "title":null,"authors" : "",
  "date" : "2015-07-01 08:28:55 UTC",
  "isbn" : "4150311935",
  "categories" : ""
},
{
  "comment" : "",
  "publisher" : "青土社",
  "score" : "",
  "title" : "ユリイカ 2015年6月号 特集=桂 米朝",
  "authors" : "月亭可朝, 上岡龍太郎, 桂ざこば, 桂米團治",
  "date" : "2015-06-01 08:58:35 UTC",
  "isbn" : "4791702891",
  "categories" : ""
}
]
      
Fms