hondana.org
本を探す

 


Scrapbox
書籍追加 | 本棚情報変更 | 名前変更/本棚削除 | ヘルプ

Fms

粘膜人間 (角川ホラー文庫)

飴村 行
角川グループパブリッシング
ISBN: 404391301X  紀伊國屋, Amazon, WebCat
カテゴリ
評  価
コメント
権太の既読 : 2009/10/16 Amazonより届く 2010/1/7~1/9 次作の「粘膜蜥蜴」の評判を聞いて買ってみた初飴村作品。第15回日本ホラー小説大賞長編賞受賞作。継母の連れ子である巨体の弟雷太を殺そうとした、利一と祐太の兄弟。自分たちでは殺害できないので、近くの沼にすむカッパ3兄弟に殺害を依頼する。果たしてその結末は?  のっけからもの凄い世界に連れて行かれる。内容もエロ・グロ的なものであるが(私は別に嫌ではないが、中には目を背けたくなる人も多いかも)、不思議と引きこまれる文章と展開。最後どうなったのか、結末が非常に気になるなぁ。 「粘膜蜥蜴」を読むのが楽しみになってきた。
SKZ : 選考委員の林真理子をして「作者はかなり危険なところに近づいている気がしている」と言わしめた問題作。残虐描写のオンパレードなのだが、河童の天然ぶりだとか戦前と思しき時代背景だとか、なんだかノスタルジックでファンタジーに溢れる世界観もあって、普通に引き込まれてしまった。河童三兄弟の長男であるモモ太の「(グッチャネとは)女の股ぐら泉に男のマラボウを入れてソクソクすることだっ」という発言に激しく笑った。
他の本棚 権太の既読, SKZ, hirschkalb

最終更新 : 2011-07-27 10:31:57 +0900
カテゴリ
評  価
コメント

Fms