hondana.org
本を探す

 


Scrapbox
書籍追加 | 本棚情報変更 | 名前変更/本棚削除 | ヘルプ | ランダム

Fms

ゲーデル 不完全性定理 (岩波文庫)

ゲーデル
岩波書店
ISBN: 4003394410  紀伊國屋, Amazon, WebCat
カテゴリ 論理学
評  価 ★★
コメント
K内 : 全300頁くらいですが、うち『不完全性定理』の論文自体の部分ははじめの60頁。 論文は読んでません。数学の論文とかいって意味わかんね。

残りの大半は訳者による解説。 こちらを読みました。 不完全性定理が提出されるにいたった背景など。
19世紀大半:科学万能の時代
1872年:生理学者デュボア・レーモン『自然認識の限界』とか言い出す。
1890年:ヒルベルト、数学における『可解性』を着想。
※本書121〜122頁「可解性とは『人類は勝利できないと運命づけられてはいない』という主張であり,『努力をしないでも必ず自動的に勝つということになっている』という主張ではなかった」←泣ける!
〜1920年:ヒルベルトの公理論に関わって、クロネカー、デーデキント、カントール、ラッセルとかの数学者・論理学者がけんけんがくがくやる。
1931年:ゲーデル『不完全性定理』で「可解性、ムリポ」宣言。ジ・エンド。

まあ、全体としては、よくわかんなかったです。小3から算数は苦手ですので。
ただ、養老なんとかがよく使う「不完全性定理」の現代的(?)な使い方 (自然なんてのは結局よくわかんねーもんなんです、の一本槍みたいな)は、 それはそれでキケンなかほりがするので、読んでみた、という感じでした。
他の本棚 佐藤優, K内, musao3

最終更新 : 2006-10-21 19:39:16 +0900
カテゴリ
評  価
コメント

Fms