hondana.org
本を探す


本棚Wiki
書籍追加 | 本棚情報変更 | 名前変更/本棚削除 | 類似本棚 | ヘルプ

(3180/1442)冊
Fms
恋愛のアーキテクチャ
恋愛のアーキテクチャ
著者: 櫻井 圭記, 小川 克彦, 濱野 智史
出版社: 青弓社
評価:
カテゴリ:
コメント:
関連本棚: 増井
Fms
商店街はなぜ滅びるのか 社会・政治・経済史から探る再生の道 (光文社新書)
商店街はなぜ滅びるのか 社会・政治・経済史から探る再生の道 (光文社新書)
著者: 新 雅史
出版社: 光文社
評価:
カテゴリ: 購入検討
コメント:
関連本棚: 増井 suchi bugbug nobuo_o
Fms
グローバル恐慌の真相 (集英社新書)
グローバル恐慌の真相 (集英社新書)
著者: 中野 剛志, 柴山 桂太
出版社: 集英社
評価:
カテゴリ: 購入検討
コメント:
関連本棚: 増井
Fms
下流社会 第2章  なぜ男は女に“負けた"のか (光文社新書)
下流社会 第2章 なぜ男は女に“負けた"のか (光文社新書)
著者: 三浦 展
出版社: 光文社
評価:
カテゴリ:
コメント: Amazon書評がボロカスでワラタ。 ボロカス言ってる人は著者の分析に怒っているようである。 確かに著者の分析は滅茶苦茶だが 大量のデータ自体は面白いのでデータだけ読めばいいと思うのだが。 身長が高いほど出世したり結婚できたりするというデータなど興味深い。
ちゃんとした分析をすれば ヤバい経済学 ─悪ガキ教授が世の裏側を探検する みたいな面白い本にできたかもしれないのにね。
関連本棚: tomo_ya ヒロキング k05ke タナカヒロト 増井 kotaro nobuo_o
Fms
出版大崩壊 (文春新書)
出版大崩壊 (文春新書)
著者: 山田 順
出版社: 文藝春秋
評価:
カテゴリ:
コメント:
  • 書籍の著作権の話をしている箇所で、 自分はソフトは中国の海賊版しか買わないとか 自分の娘は中国の海賊版DVDしか買わないとか 犯罪行為を平気で暴露している。 ソフトなどというものは低級なものだから 海賊版が出ても仕方が無いと思っているのだろうか。
  • ソフトとか動画とかは誰でも作ってすぐ公開できるものだが 書籍は編集という崇高な作業が必要だから 出版者や編集者が必要なのだと考えているようだ。 だから電子出版でも印税が15%ぐらいになるのは仕方がないらしい。
  • 漫画家の佐藤秀峯氏の電子出版への取り組みを紹介しているが、 「過去に何度も出版社とトラブルを起こしている」とか 「業界の慣行を破って勝手に原稿料の交渉を行なった」とか 傲慢なことを書いている。 佐藤氏は、 出版社が佐藤氏に無断で別媒体と契約してたり 原稿料が安いことを隠したりしたことに怒って正当な権利を主張しただけなのに ただのトラブルメーカーのような書き方をするのは卑怯である。
  • LAのIT技術と組んでやろうとした電子書籍事業に失敗したらしいが、 日本の大学に入れなかったから米国の大学に行った馬鹿だとか 翻訳なんかしたことないクセに翻訳家と名乗るなとか 言いたい放題を言っている。 仮にそれが本当だとしても、 自分の見る目が無かったかビジネスがまずかっただけの話であって、 電子書籍事業とか出版大崩壊とかとは何の関係も無いだろう。
  • 一方、自分の娘が米国の大学に行っていたことを何度も自慢している。 日本の大学に入れなかったから米国の大学に行った馬鹿だとは思わないのだろうか。
  • 出版者や編集者は大変偉い存在だが、 本を買わない多数の人間や ケータイ小説を書いたり読んだりする人間は馬鹿だと思っているらしい。
  • IT技術者を見下しているようである一方、 電子書籍関連技術は何も知らないようである。 PDFとかXMDFとかいうものが存在するということしか知らないようだ。
  • ...といった具合で、 全く出版社とか編集者とかがどういう存在なのかを客観的に見られていない一方で IT技術者や動画作者のような自分が知らない分野の人間は馬鹿だという意識が充満している。 こういった問題だらけの文章を平気で世に出すような人間なのに 自分が優秀な編集者だと思っているのは笑止千万である。
  • 出版業界の中では意識が高いほうであろう著者がこの調子であれば、 その類の人間の言うことなど何も聞かずに電子書籍の将来を考えるのが 正しいのかもしれない。
  • 内容について: 出版社や編集者がこれから大崩壊しそうだという主張は正しいと思ったが 電子出版そのものに問題があるとは感じられなかった。
  • 関連本棚: 増井 suchi go.tekuteku shancun
    Fms
    FabLife ―デジタルファブリケーションから生まれる「つくりかたの未来」 (Make: Japan Books)
    Fms
    Adapt: Why Success Always Starts With Failure
    Adapt: Why Success Always Starts With Failure
    著者: Tim Harford
    出版社: Highbridge Co
    評価:
    カテゴリ:
    コメント:
  • 柏野氏書評
  • アダプト思考 予測不能社会で成功に導くアプローチ
  • 関連本棚: 増井
    Fms
    日本語入力を支える技術 ~変わり続けるコンピュータと言葉の世界 (WEB+DB PRESS plus)
    日本語入力を支える技術 ~変わり続けるコンピュータと言葉の世界 (WEB+DB PRESS plus)
    著者: 徳永 拓之
    出版社: 技術評論社
    評価:
    カテゴリ: 購入検討
    コメント:
  • 著者ブログ
  • 著者ページ
  • 推薦
  • すごく勉強になる本らしい
  • でもこういう技術全然なくても日本語入力はできるんだけどね
  • 関連本棚: blackbird 増井 岸リトル ogijun momose
    Fms
    IDの秘密 (丸善ライブラリー―情報研シリーズ)
    IDの秘密 (丸善ライブラリー―情報研シリーズ)
    著者: 佐藤 一郎
    出版社: 丸善出版
    評価:
    カテゴリ:
    コメント:
    関連本棚: 増井 岸リトル masuilab かもしか
    Fms
    石頭なコンピュータの眼を鍛える (丸善ライブラリー)
    石頭なコンピュータの眼を鍛える (丸善ライブラリー)
    著者: 佐藤 真一, 齋藤 淳
    出版社: 丸善
    評価:
    カテゴリ:
    コメント:
    関連本棚: 増井 増井研 masuilab
    Fms
    入門git
    入門git
    著者: Travis Swicegood
    出版社: オーム社
    評価:
    カテゴリ:
    コメント: 評判良いようだ
    関連本棚: 増井 melito fistfvck toshiharu MadBoo 岸リトル Git jkoba0512 増井研 kuwa @golden_lucky
    Fms
    僕は君たちに武器を配りたい
    僕は君たちに武器を配りたい
    著者: 瀧本 哲史
    出版社: 講談社
    評価:
    カテゴリ:
    コメント: 投資マインド/リスク評価マインドを持ちつつコモディティにならない領域で勝負しろという主張は正しいと思うが、 IT業界に対する認識が嘘ばかりである。 ソフト開発なんかコモディティだから起業しちゃ駄目だとか、 大学で学ぶことは役にたたないとか、 英語できるSEはみんなアメリカ行って稼いでるとか、 Appleの最初の目標はIBM打倒だったとか、 ゲイツはコンピュータの理想を追求してバルマーが馬力で売ったとか、 全部嘘であって本当のことはひとつも書いてないんじゃなかろうか? 知らないことは書かなきゃいいのに。
    この著者のように投資で生きるのも結構だけど、 きちんと学んだり努力したりして実力をつけた技術者の イノベーションによって社会が成り立っていることを認識していただきたい。 そういう人がいないといくら投資家がいても仕方ないのである。 投資家なんかいなくても 税金で社会インフラは整備されるだろうし それなりに技術革新は起こるだろうし 面白い小説や漫画を描く奴はいるだろうし それほど困ることはないと思うけど、 技術者や芸術家や農家や流通が無ければ生きていくことはできないわけで。
    関連本棚: 増井 asiataku hirschkalb
    Fms
    疑う力 (PHPビジネス新書)
    疑う力 (PHPビジネス新書)
    著者: 西成 活裕
    出版社: PHP研究所
    評価:
    カテゴリ:
    コメント:
    関連本棚: 増井
    Fms
    渋滞学 (新潮選書)
    渋滞学 (新潮選書)
    著者: 西成 活裕
    出版社: 新潮社
    評価: 4
    カテゴリ: シミュレーション 交通 ネットワーク
    コメント:
  • わかりやすく書かれている。 渋滞のシミュレーションなんて何十年も前にやりつくされてるのかと思ったら そうでもなくていまだに新発見みたいなものがあるという点に驚いた。
  • 非対称単純排除過程(ASEP)という超単純なモデル(+α)でうまく シミュレーションできるらしい。 簡単なセルオートマトン的モデルで面白い結果を観察できるというのは 興味深いのだが、 そういう貧乏な方法を使わず、 車や人をもっと精緻にモデル化した方がよさそうな気がする。 Processingあたりでちょっとシミュレーションしてみると面白そう。
  • 残念ながら エスカレータ問題 については書かれてなかった。
  • レジ問題についても書かれてなかったと思う
  • 似たテーマの「砂時計の七不思議―粉粒体の動力学 (中公新書)」も面白い。
  • (2012/06/03) エスカレータ問題やらないのか聞いてみたのだが 真面目にやってみたことはないらしい。 一番身近な渋滞だというのに不思議であった。
  • 関連本棚: yunja nikkoro 増井 alcus 岸リトル pants03a m2 daisukebe shinya_nakamura syobosyobo eggman t-ishi dateofrock kkawasaki0531 lookwest 伊原 TF未読 tasario
    Fms
    力学・場の理論―ランダウ=リフシッツ物理学小教程 (ちくま学芸文庫)
    力学・場の理論―ランダウ=リフシッツ物理学小教程 (ちくま学芸文庫)
    著者: L.D. ランダウ, E.M. リフシッツ
    出版社: 筑摩書房
    評価:
    カテゴリ: 購入検討
    コメント: > 本格的な古典力学・電磁気学・相対性理論の教科書である。
    関連本棚: 増井 権太 mac ミルキー
    Fms
    キュレーション 収集し、選別し、編集し、共有する技術
    キュレーション 収集し、選別し、編集し、共有する技術
    著者: スティーブン・ローゼンバウム
    出版社: プレジデント社
    評価:
    カテゴリ:
    コメント:
    関連本棚: 岸リトル 増井
    Fms
    ふらり。 (KCデラックス)
    ふらり。 (KCデラックス)
    著者: 谷口 ジロー
    出版社: 講談社
    評価:
    カテゴリ: 漫画
    コメント:
    関連本棚: ヴィヴァアチェ としろ 増井
    Fms
    アダプト思考 予測不能社会で成功に導くアプローチ
    アダプト思考 予測不能社会で成功に導くアプローチ
    著者: ティム ハーフォード
    出版社: 武田ランダムハウスジャパン
    評価:
    カテゴリ:
    コメント: Adapt: Why Success Always Starts With Failureの邦訳
    関連本棚: 増井 suchi 221b 増井研
    Fms
    ビジネスモデル・ジェネレーション ビジネスモデル設計書
    ビジネスモデル・ジェネレーション ビジネスモデル設計書
    著者: アレックス・オスターワルダー, イヴ・ピニュール
    出版社: 翔泳社
    評価:
    カテゴリ:
    コメント:
    関連本棚: suchi melito yoko_net mufuf 増井 m-use
    Fms
    数学の秘密の本棚
    数学の秘密の本棚
    著者: イアン・スチュアート
    出版社: ソフトバンククリエイティブ
    評価:
    カテゴリ:
    コメント: パズルの面白い話をひたすら沢山まとめてある
    関連本棚: t-ishi 岸リトル tambourine 増井 増井研 ks masuilab
    Fms
    Fms