hondana.org
本を探す

 


Scrapbox
書籍追加 | 本棚情報変更 | 名前変更/本棚削除 | ヘルプ | ランダム

(1604/4055)冊
Fms
青春漂流 (講談社文庫)
青春漂流 (講談社文庫)
著者: 立花 隆
出版社: 講談社
評価: 5
カテゴリ:
コメント: 各界で一流となりつつある11人の若者へのインタビュー(1988年)。 凄い情熱と実力の持ち主ばかりで圧倒される。かなりおすすめ。
関連本棚: tkmr Gyaiiin dainichiro 増井 inuko さふぁいあ ふらりすと 6期生 yasunari stonechild suchi note103 増井の処分予定本
Fms
ユーザーインターフェイスデザイン―Windows95時代のソフトウェアデザインを考える (Programmer’s SELECTION)
著者: アラン クーパー
出版社: 翔泳社
評価: 5
カテゴリ: ユーザインタフェース
コメント: 著者はVisual Basicの開発者で、今はコンサルタント。 いわゆるユーザインタフェースの研究者ではないが、 正しい意見を数多く述べており、正しい実例もたくさん示している。 しょーもない「UIガイドライン」本よりはるかに役にたつと思う。 Windows95時代とか書いてあるがWindowsXP時代でも有用性にまったく変わりはない。 <br> 同じことをあちこちで言ってるようなのが気になるのと、 参考文献が無いのが惜しい。(何も参考にしていないのだろう) <br> DeMarcoとShneidermanとPARCとBrenda Laurelしか知らないようである <ul> <li> 尋問モード(アメリカのレストランモード)になるな。 <li> ユーザに色々聞かずに自分で選択させろ!Buttoconを使え <li> ファイルメニューなんて不要ではないのか <li> データをうまく捜す方法が大事である <li> "Flow"を重視せよ。思考をさまたげるようなインタラクションをさせるな <li> モードレスにフィードバックせよ。 <li> 工具を使うみたいな感じで使えるインタフェースにしろ <li> プログラムの性質によりインタフェースを変えろ。 <li>毎日使うものは少々ややこしいものを表示してもよいが たまにしか使わないものでは自明にせよ <li> アホなダイアログを出すな! 全然「OK」でないのに「OK」ボタンを押させるな <li> 履歴データの活用について = のセッティングを次回使うようにすることは 用である。選択枝が沢山ある場合でもそのうち よく使うのは何種類かだけだからそれだけ示せればよい。 に前回のを提示するようにすると、2種類交互に使う とき困る。 <li> マウスを恐がる「象みたいな奴」も助けてやれ <li> マウスにバーニヤを! <li> クレディットをちゃんと表示せよ。 「イースターの卵」式に隠しコマンドにするのも面白い <li> 絶対エラーがおこらないようにしろ </ul>
関連本棚: suchi たるらん 増井 ○×△ し○○ インタフェース設計論課題図書
Fms
ヤバいぜっ! デジタル日本 ―ハイブリッド・スタイルのススメ (集英社新書)
ヤバいぜっ! デジタル日本 ―ハイブリッド・スタイルのススメ (集英社新書)
著者: 高城 剛
出版社: 集英社
評価: 4
カテゴリ:
コメント: <li><a href="http://www.honeyee.com/think/2006/takashiro/index.html">インタビュー</a> <li>ネットに載ってる情報は既にBクラス <li>情報収集能力より情報選択能力が大事 <li>どんなゲームより彼氏からのメールの方が重要なコンテンツ <li>非現実的なものに触れる時間は削られる <li>マイケルムーアですらネットでなく出版や映画を利用している <li>デザインの時代は終わった/サービスそのものが重要 <li>CDやDVDがコピーされるのは価格のバランスが悪いから <li>一番コピーしやすいメディアが生き残る <li>自分を発信できるサービスが流行る/カラオケなんかもう流行らない <li>コンテンツそのもので儲けるのは無理/周辺ビジネスで儲ける <li>戦時緊張下ではエンターテインメントが流行る <li>韓国では国家的にCT(カルチャーテクノロジー)を推進している <li>英国の国家ブランディング戦略「Britain(TM)」 <li>スローとリラックスは違う/高速なリラックスもありうる <li>地元民が中心で地域ブランディングはできない <li>安定した生活を背景に流行をとらえることはできない <li>未来の市場を切り開くクリエイティブな人間を雇うべき/過去の分析はいらない <li>テレビを見ながらケータイを使うのが放送と通信のハイブリッド融合だ <li>日本は国民総文化力(GNC)が高い <p> 知見の多くは納得できるが、彼の言うところの創造が日本を救うか どうかは疑問だなぁ。
関連本棚: otto 増井 toshiharu yoshy daisukebe stonechild kazuosij いぬ ogijun
Fms
銭ゲバ 上 (幻冬舎文庫 し 20-4)
銭ゲバ 上 (幻冬舎文庫 し 20-4)
著者: ジョージ秋山
出版社: 幻冬舎
評価: 4
カテゴリ: 漫画
コメント: <li>復刻版らしい。昔ほどは衝撃を感じなかったような... <li><a href="/%E5%A2%97%E4%BA%95/4921181020">単行本?</a>
関連本棚: 増井 たかや silverrain nobuo_o
Fms
山の音 (ちくま文庫)
著者: とり みき
出版社: 筑摩書房
評価: 4
カテゴリ: おすすめ 漫画
コメント:
関連本棚: 増井 yusasa sho
Fms
Your Wish is My Command: Programming By Example (Interactive Technologies)
Your Wish is My Command: Programming By Example (Interactive Technologies)
著者: Henry Lieberman
出版社: Morgan Kaufmann
評価: 4
カテゴリ: 増井の著書 ユーザインタフェース
コメント: <li>Programming by Exampleの本。印税を貰った気がする。 <li><a href="/%E5%A2%97%E4%BA%95/0262032139">Watch What I Do: Programming by Demonstration</a>の続編。...
関連本棚: 増井 五十嵐研究室
Fms
ロープワーク・ハンドブック      Outdoor
ロープワーク・ハンドブック Outdoor
著者: 羽根田 治
出版社: 山と溪谷社
評価: 4
カテゴリ: ロープワーク おすすめ
コメント: 「もやい結び」の基本を学習しますた
関連本棚: 増井 blackbird amaso 増井2 suchi michico 村代官
Fms
渋滞学 (新潮選書)
渋滞学 (新潮選書)
著者: 西成 活裕
出版社: 新潮社
評価: 4
カテゴリ: シミュレーション 交通 ネットワーク
コメント: <li>わかりやすく書かれている。 渋滞のシミュレーションなんて何十年も前にやりつくされてるのかと思ったら そうでもなくていまだに新発見みたいなものがあるという点に驚いた。 <li>非対称単純排除過程(ASEP)という超単純なモデル(+α)でうまく シミュレーションできるらしい。 簡単なセルオートマトン的モデルで面白い結果を観察できるというのは 興味深いのだが、 そういう貧乏な方法を使わず、 車や人をもっと精緻にモデル化した方がよさそうな気がする。 Processingあたりでちょっとシミュレーションしてみると面白そう。 <li> 残念ながら <a href="http://pitecan.com/Puzzle/escalator/applet/escalator.html">エスカレータ問題</a> については書かれてなかった。 <li> <a href="http://mixi.jp/view_community.pl?id=8703">レジ問題</a>についても書かれてなかったと思う <li> 似たテーマの「<a href="/%E5%A2%97%E4%BA%95/4121012682">砂時計の七不思議―粉粒体の動力学 (中公新書)</a>」も面白い。 <li>(2012/06/03) エスカレータ問題やらないのか聞いてみたのだが 真面目にやってみたことはないらしい。 一番身近な渋滞だというのに不思議であった。
関連本棚: yunja nikkoro 増井 alcus 岸リトル pants03a m2 daisukebe shinya_nakamura syobosyobo eggman t-ishi dateofrock kkawasaki0531 lookwest 伊原 TF未読 tasario
Fms
ワイルド・スワン(上)
ワイルド・スワン(上)
著者: ユン・チアン
出版社: 講談社
評価: 4
カテゴリ:
コメント: 文化大革命当時の様子がよくわかる大河ドラマ。
関連本棚: Angela 暇人 増井 牛若 inuko 6期生 gniibe 小説苦手のkan gela masaka 202 らき子 teltel 利絵論
Fms
シュリーマン旅行記 清国・日本 (講談社学術文庫 (1325))
シュリーマン旅行記 清国・日本 (講談社学術文庫 (1325))
著者: ハインリッヒ・シュリーマン
出版社: 講談社
評価: 4
カテゴリ:
コメント: 1865年頃(トロヤ遺跡発掘の6年前/大政奉還の直前)に 清国と日本を訪問したシュリーマンの旅行記。 外交でも商売でもないのにフラっと来る行動力が凄いし観察力も凄い。 過去の優れた遺産はあるものの何もかもボロボロになってる清国の状況とか、 一見平静に見えるものの維新前の不安定な日本の状況とかが 外国人の視点から語られてるのが大変興味深い。 古き良き日本の伝統、みたいなものはしっかり理解されている。
関連本棚: 増井 いとけん imash stonechild 中学生に本当に薦める本 軒先つばめ hirschkalb
Fms
環境リスク学―不安の海の羅針盤
Fms
「分かりやすい話し方」の技術―言いたいことを相手に確実に伝える15の方法 (ブルーバックス)
「分かりやすい話し方」の技術―言いたいことを相手に確実に伝える15の方法 (ブルーバックス)
著者: 吉田 たかよし
出版社: 講談社
評価: 4
カテゴリ:
コメント: わかりやすい具体的な例を利用して <ul> <li> 書き下すと幼稚に見えるぐらいやさしい文を使う <li> 聞き手がすでに知っている事柄を主語とする文を使う </ul> など、沢山の有用なアドバイスが書いてある。 おすすめ。
関連本棚: tkmr nnn 増井 MA えぴふりゃあの本棚 声優を目指す人のため
Fms
ドラゴン桜(1) (モーニング KC)
ドラゴン桜(1) (モーニング KC)
著者: 三田 紀房
出版社: 講談社
評価: 4
カテゴリ: 勉強 漫画
コメント: <li>DQN高校生を特訓して東大に入学させるお話。 マイフェアレディみたいなものか。 <li>実際に有効なテクニックが満載で面白い。 <li>これ読んで東大に入る奴が本当に続出したら面白いだろうな〜 <li>3巻でまだ中学レベルの練習をしてるが間に合うのカ? <li> <a href="http://www.iwate-np.co.jp/news/y2004/m03/d08/NippoNews_9.html">インタビュー記事</a> <li> <a href="http://www.cieej.or.jp/TOEFL/mm_backnumber/mm26/koudansha.html">もひとつ</a> <pre> > 三田さんが作品内で使うアイディアは、二人でする雑談から生まれてくることが多いです。 </pre> ナルホド、編集者と頭をひねってるんだ。
関連本棚: みつを HAKK 増井 ccscat proro 晒し 漫画の城 kenzi 東京だよおっ母さん パンとサーカスの本棚(2) nobuo_o
Fms
徒然草―マンガ日本の古典〈17〉 (中公文庫)
徒然草―マンガ日本の古典〈17〉 (中公文庫)
著者: バロン吉元
出版社: 中央公論新社
評価: 4
カテゴリ: おすすめ 漫画
コメント: なんと徒然草の全段が漫画になってる! とりあえず全体を把握するには最適かも。高校の教科書には出てないけど実は男女関係の話がやたら多いということがわかったりする。
関連本棚: 増井 てぷちゃん nobuo_o
Fms
変われる国・日本へ イノベート・ニッポン (アスキー新書)
変われる国・日本へ イノベート・ニッポン (アスキー新書)
著者: 坂村 健
出版社: アスキー
評価: 4
カテゴリ: 社会
コメント: イノベーションが起こりにくい日本の社会制度の指摘。 具体的目標を作ったり会議で頭をひねったりしても駄目で、 イノベーションが起こりやすい社会的制度が一番大事だと言っている。 CTOだの裁判員だの表層的な米国の真似は意味がなく、 全体としてなんとなくうまくいく制度が重要とのこと。 <li>シンガポールではすべての車をGPSで管理している <li>大使館と企業が一緒になってセールスしてる国が多い <li>複雑な話は1か0かで説明できない。 ケーススタディで説明するしかない。 <p> たぶんそのとおりなのだろうが、 社会制度や考え方を大きく変えるのは難しいし危険だろう。 そういう考え方を浸透させる地道な工夫が必要な気がする。 こういう話は売れない新書(?)に書くだけじゃなく ブログとかでガンガン主張すると良いと思うのだが... <br> 後半の「ユビキタス」の解説は余計である。 例によってRFIDの話しか言っていないし 前半の主張と全然関係無い。 内容は感心しないが 「<a href="/%E5%A2%97%E4%BA%95/4004310806">ユビキタスとは何か―情報・技術・人間 (岩波新書)</a>」を読むといいのだろう。
関連本棚: dainichiro 岸リトル 増井 mjh thirosi アスキー新書
Fms
Professional Mac OS X (SOFTBANK MOOK)
Professional Mac OS X (SOFTBANK MOOK)
著者:
出版社: ソフトバンククリエイティブ
評価: 4
カテゴリ:
コメント: 白山氏の解説が素晴らしい。
関連本棚: dainichiro 岸リトル Minerva 増井 mjh tete Tambourine ababincho ogijun
Fms
シングルモルトを愉しむ (光文社新書)
シングルモルトを愉しむ (光文社新書)
著者: 土屋 守
出版社: 光文社
評価: 4
カテゴリ:
コメント: 絶対スコットランドに行ってみたくなる。 <br> ...というわけで行ってきました。よかった! (2004/9)
関連本棚: owada らぢゅん 増井 kayakaya
Fms
13歳のハローワーク
13歳のハローワーク
著者: 村上 龍
出版社: 幻冬舎
評価: 4
カテゴリ:
コメント: たいへん有意義な本であるが、 激しくズレたことも書かれているのは残念である。 「算数/数学が好き」⇒「金融業界で働く」 なんてありえないし 「メカ・工作が好き」⇒「溶接工」「カメラマン」 なんてのも相当変だ。 ハッカーとかエンジニア系もごっそり抜けているが、 そういう人は村上氏の周囲にいないのかもしれない。
関連本棚: ryo kkawasaki0531 dkiroku@積読 増井 monokuro you-me-go 増井2 LED niha ぱぴこ つんどる KEG 絶望の中の希望 進吾 結城浩 norikom なご red コサカエミ Yoyou
Fms
RailsによるアジャイルWebアプリケーション開発
RailsによるアジャイルWebアプリケーション開発
著者:
出版社: オーム社
評価: 4
カテゴリ: プログラミング
コメント: <li>逐一丁寧に説明されてて非常にわかりやすい! <li>索引は全然駄目。自分で書き足したりしている。 <li>当然ながら、最近の版の便利な機能については書かれていない。 この本に書かれてない機能のリストが欲しいところ。
関連本棚: 13号 hector hana-da kuru shibasr Rails netemoNetemo twainy kmdtty dainichiro 岸リトル (な) 千葉 増井 shimanto Yutaka sendsage matobat_tech skky k05ke pants03a it-main null たいぞー melito takkan_m hiro_y dateofrock silverrain doax rui Google Booksになかった本 orowebsys エイム masuilab
Fms
Disappearing Cryptography, Second Edition: Information Hiding: Steganography & Watermarking (The Morgan Kaufmann Series in Software Engineering and Programming)
Disappearing Cryptography, Second Edition: Information Hiding: Steganography & Watermarking (The Morgan Kaufmann Series in Software Engineering and Programming)
著者: Peter Wayner
出版社: Morgan Kaufmann
評価: 4
カテゴリ:
コメント: ステガノグラフィ関連技術について包括的に解説された良書。 この著者は <a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4756137652/">オープンソースムーブメントの本</a>も書いているらしい。 写真の中にバージョンなどを書いておけばバージョンアップされても大丈夫 だとか、 各自が直線情報を持っているとき、ふたり集まれば交点が計算できるが ひとりだけだと情報が得られないというふうにできる とかいう例の紹介に始まり、 ステガノグラフィー系の話題を網羅している。 訳書は出てるんだろうか? <br> 各章は以下のような内容。 <pre> 6. 文字の出現頻度情報からにせ文章 7. 文法知識からにせ文章を作る 8. Reversible Turing machineを使う? 9. ノイズに混ぜる 10. 匿名リメーラ 11. 秘密放送 12. キー 13. 並びかえ 14. 拡散 15. 生成した情報への埋め込み TeXの行間とか 16. Watermark 17. 解析する方法 </pre>
関連本棚: 増井
Fms