hondana.org
本を探す

 


Scrapbox
書籍追加 | 本棚情報変更 | 名前変更/本棚削除 | ヘルプ

Fms
ピアレビュー―高品質ソフトウェア開発のために
ピアレビュー―高品質ソフトウェア開発のために
著者: Karl E.Wiegers, 大久保 雅一
出版社: 日経BPソフトプレス
評価:
カテゴリ: ソフトウェア開発 積読
コメント: ぱっと見た感じ、インスペクション(所謂レビュー)について書いてある。 インスペクションの薦めから、インスペクションの手順、準備、詳細、反省方法とかそんな感じでしょうか?<BR> <a href="http://d.hatena.ne.jp/yaneurao/20051102#p1">http://d.hatena.ne.jp/yaneurao/20051102#p1</a>
関連本棚: Jane kjee dainichiro 八木の野郎 mitu LED syobosyobo yupo5656 suchi goo えぴふりゃあの本棚 dachii hhayakaw bgnori zecl
Fms
リーンソフトウエア開発~アジャイル開発を実践する22の方法~
Fms
プログラムはなぜ動くのか ― 知っておきたいプログラミングの基礎知識
Fms
思考系UMLモデリング即効エクササイズ―モデ力を鍛える13の自主トレメニュー
Fms
Rubyを256倍使うための本 極道編
Fms
データモデリング基礎講座―データベース設計を楽しもう! (DB Magazine SELECTION)
Fms
「Subversion」解説書 <バージョン管理システム> Linux world favorite series
Fms
業務システムのための上流工程入門―要件定義から分析・設計まで
Fms
ゆとりの法則 - 誰も書かなかったプロジェクト管理の誤解
ゆとりの法則 - 誰も書かなかったプロジェクト管理の誤解
著者: トム・デマルコ
出版社: 日経BP社
評価: ★★★★★
カテゴリ: ソフトウェア開発
コメント: 組織の学習は中間管理職で起きるという話を聞いて、組織を変えるには一番上まで行かなくても中間管理職まで行けば良いんだとちょっと勇気付けられた。 あと、「信頼の貯金」てメタファーは分かりやすくて良い。
関連本棚: hiroK hiroc honda みわ multilayer Uramocha 松方さんシルクの肌触りが大好き asato takubon hironobu koic sanpei たる KT yast 偏食子ヤギ mjh zorac_tech 3cr money matobat_tech kunitz こはらの本棚(all) sasaking すぐ横 kdmsnr LED hoso-kawa とあるSE KZh michoco musina ogawaso makotan shinya タカヒロ1 Joel Spolsky suchi ak2 JUNDU QP11 ikep bleis-tift 中谷よしふみ 岸リトル zecl ogijun 借りてぇ
Fms
プロジェクトはなぜ失敗するのか―知っておきたいITプロジェクト成功の鍵
プロジェクトはなぜ失敗するのか―知っておきたいITプロジェクト成功の鍵
著者: 伊藤 健太郎
出版社: 日経BP社
評価:
カテゴリ: ソフトウェア開発
コメント: 一回読んだけど覚えていない。 モチベーションを上げる本で、後半は会社ぐるみの取り組みの話で自分に関係ないな〜と思った気がする。 目次だけ読み直すと、やり方は違うけどデマルコと通じるものがある予感。
関連本棚: N_A kimpon たる nyo yoshy LED エラシコ ogijun
Fms
オブジェクト指向でなぜつくるのか―知っておきたいプログラミング、UML、設計の基礎知識―
オブジェクト指向でなぜつくるのか―知っておきたいプログラミング、UML、設計の基礎知識―
著者: 平澤 章
出版社: 日経BP社
評価:
カテゴリ: ソフトウェア開発 積読
コメント: ざっと見た感じ。オブジェクト指向て最近聞くしすごいらしいけど何なんだろう?って人向き。オブジェクト指向にまつわる周辺情報を網羅していて、参考文献も充実。
関連本棚: worit N_A Breathe hirozi hiroK multilayer cozya112233 humangas 岸リトル けめ kimpon takubon kiyo mitu yoshiishi swat lockcole matobat_tech sasaking LED hoso-kawa moris roku syobosyobo masaka melito はぶあきひろ nyarl onk goo えぴふりゃあの本棚 nsega hr yamaken 増井
Fms
ソフトウエア開発 55の真実と10のウソ
Fms
Code Reading―オープンソースから学ぶソフトウェア開発技法
Fms
失敗のないファンクションポイント法
失敗のないファンクションポイント法
著者: アレア
出版社: 日経BP社
評価:
カテゴリ: ソフトウェア開発 積読
コメント: 定量的見積もり手法を覚えたかった。でもCOCOMOの方が良い気がしてきた。
関連本棚: kakuda kiyo たる matobat_tech LED k05ke makotan goo dachii
Fms
アジャイルソフトウェア開発の奥義
アジャイルソフトウェア開発の奥義
著者: ロバート・C・マーチン
出版社: ソフトバンククリエイティブ
評価:
カテゴリ: ソフトウェア開発 積読
コメント: JAVA読書会に出るつもりで買ってきたのに、読書会には出てないし本も読んでないし・・・。
関連本棚: tomo_ya hirozi alala ejrc1980 netaro jharai 松方さんシルクの肌触りが大好き dainichiro 千葉 FlowerLounge KNM hironobu koic kiyo たる すがるの money ☆1 matobat_tech LED yujiorama eitoku アプリの星 roku wildcats suchi uru goo subii yamaken 岸リトル YokoKen zecl ogijun
Fms
プログラミングRuby―達人プログラマーガイド
Fms
ピープルウエア 第2版 - ヤル気こそプロジェクト成功の鍵
Fms
ステップアップのためのソフトウエアテスト実践ガイド (日経システム構築)
ステップアップのためのソフトウエアテスト実践ガイド (日経システム構築)
著者: 大西 建児
出版社: 日経BP社
評価:
カテゴリ: ソフトウェア開発 積読
コメント: プログラマにとって分かりやすいのではないかと期待
関連本棚: LED たいつん かなびず
Fms
ソフトウェアテスト293の鉄則
Fms
デッドライン―ソフト開発を成功に導く101の法則
デッドライン―ソフト開発を成功に導く101の法則
著者: トム デマルコ
出版社: 日経BP社
評価: ★★★★
カテゴリ: ソフトウェア開発
コメント: デマルコってこんなに読みやすいとは思いませんでした。 小説仕立てでとても読みやすかったです。 大雑把に言うと超優秀なプロジェクトマネージャが、 突然とんでもない環境のとんでもない規模のプロジェクトに投げ込まれて これまた超優秀な人と出会ったり超厄介な上司に出会ったりしつつ プロジェクト管理に役立つエッセンスを小出しにしていく感じです。 小説としてはご都合主義過ぎてちょっとアレですが 前半の状況説明が終わってプロジェクト管理に関する知見が出てくるとすごい熱いです。 さすがはデマルコですね。 読みやす過ぎて重要なポイントを読み逃してるような気がしてならない本でした。 気になるのは大臣に挑戦状を叩きつけた後、どういう理由でどうなったのかです。 自分的にタイムリーなので、どうなるのかすごく知りたかったので残念。
関連本棚: たいち 13号 ちう hiroK blackbird hiroc らぢゅん みわ reservoir Uramocha book list by sayoko m-use やんま hironobu mona.lisa.overdrive tnaga すがるの 3cr matobat_tech あれあれ こはらの本棚(all) sasaking 風晶 LED hoso-kawa pants03a Felio KZh michoco musina makotan WR shinya wildcats syunduel melito suchi nyarl bakock ak2 tk09poi zaud uru えぴふりゃあの本棚 あめ玉 dachii cozya112233 bleis-tift hhayakaw Kousuke bgnori Google Booksになかった本 岸リトル zecl ヌマシタ ogijun
Fms
えー、全部テストするんですか?―いまさら聞けないソフトウェア・テストのやり方
えー、全部テストするんですか?―いまさら聞けないソフトウェア・テストのやり方
著者: 山村 吉信
出版社: 三元社
評価: ★★★★
カテゴリ: ソフトウェア開発
コメント: タイトルが軽い調子で、ページ数が168なので、ソフトウェアテスト初心者向けの本かと思って読むとやられます。 中身はかなり硬派で、テストのテクニックやらTipsが載っているわけではなく、サンプルプログラムを対象として、テストカバレッジの計測方法からはじまり、潜在バグ数を統計的に推測する方法、テスト工程で使われる文書一覧の概要がずらーっと紹介されています。 このテスト工程全体を俯瞰した本なので、ソフウェアテストを体系的に学びたい場合の最初の一歩としては悪くないと思います。
関連本棚: Minerva 積ん読分jojo LED dachii かなびずもと かなびず hhayakaw いぬ
Fms