hondana.org
本を探す


本棚Wiki
書籍追加 | 本棚情報変更 | 名前変更/本棚削除 | 類似本棚 | ヘルプ

Fms

算法少女 (ちくま学芸文庫)

遠藤 寛子
筑摩書房
ISBN: 4480090134  bookweb, Amazon, WebCat, 新書マップ, SafariBooks
カテゴリ 本棚.orgを見て買ってしまった本
評  価
コメント
Leiko : 『算法少女』というのはそもそも江戸時代の数学書で、町医者の父と娘の共著によるものらしい。この本は、その数学書からインスピレーションを得たフィクションである(一部に実在の人物が登場するが、物語自体は完全な創作)。実際には本名すら分からないらしい『算法少女』著者の父娘に、名前や設定を与えて、このような物語に仕立てたという着想が面白い。
話の中にいくつか出てくる幾何の問題については、数学的な解説が欲しかった。
しかしまぁ、ちくま学芸文庫だから仕方ないとは思うが、こんな薄い文庫本が900円ってのはどうもねぇ……。
二代目平蔵 : 江戸時代、数学書をしたためた少女がいたというのに、まず驚く。しかも、このジュニア向け小説が刊行されたのは1973年。江戸時代の数学レベルの高さは今や「常識」であるが、刊行当時、関孝和の名を知っていた小中学生はかなりの通だったのではなかろうか。物語自体は良くも悪くもジュニア小説であるが、江戸時代の文化的一面を紹介した本ということを評価したい。
T.Miyashima : 日本の数学がなぜ世界に 遅れていったかよくわかる 流派の争いか?
reiko510の2016 : 江戸時代に女の子が出版した和算の本を着想にした、YA向け時代小説。 天地明察の登場人物である和算の大家、関孝和の関流と他流の確執などやも描かれてますが、江戸の町娘らしい暮しがほっとします。 文庫再販の苦労話も面白い。
他の本棚 his, 二代目平蔵, T.Miyashima, nyan, QP11, qw, isihara, reiko510の2016, rui, 0014, takoyakim

最終更新 : 2007-09-21 06:34:27 UTC

Fms