hondana.org
本を探す


本棚Wiki
書籍追加 | 本棚情報変更 | 名前変更/本棚削除 | 類似本棚 | ヘルプ

Fms

歌うクジラ 上

村上 龍
講談社
ISBN: 4062165953  bookweb, Amazon, WebCat, 新書マップ, SafariBooks
カテゴリ 09_娯楽
評  価
コメント
野澤真一 : 僕は村上龍ファンです。iPad版が出てそちらを読みました。暴騰の島をでてデパートを装甲車でつっこむあたりまでは、それなりに長いにもかかわらず圧巻でした。村上龍らしく残酷な描写もたくさんあるが、ディテールがしっかりしていてムダがなく、適切に想像力が喚起され、まるで現場に居合わせているような臨場感と興奮があった。途中、やや退屈したところもあったが、ラストはまた強い興奮のなかで読むことができた。村上龍がこれまで作品を書いてきた中で培った知識が総動員されていて、それがファンとしては楽しかった。(経済、ウィルス、分子生物学など)そして、そこにあたらしい要素として脳科学が加わった。やっぱりなという感じがしたり、脳科学をやっている自分からするとやや稚拙な印象がしたが、そこまでひどくはなかった。タイトルにもなっている鯨の歌の話は、もともとは米軍の潜水艦が偶然にもイルカが超音波で会話をしているということを発見したところからきているのであろう。登場人物のなかで、ネギダールがすきだ。彼女の協力に押しつけるようでしかしまったく粘着質でない話し方や、自分のしたいこととすることと能力を十分知っていて、まわりにまったく流されないところ。誤字がいくつかあった。また、アンの性格が前半と中盤でずいぶん変わってしまったような気がした。そういうどこか不自然な点はあったが、読書体験としては良質な物であった。
ひなじ本棚 : 題名と表紙に惹かれて買うことに。設定が日本であるのが逆にリアルに感じたし、壮大で、読んでいて興奮した。
SKZ : 2011.10
他の本棚 野澤真一, ひなじ本棚, Reputeless

最終更新 : 2011-10-08 14:12:41 UTC

Fms