hondana.org
本を探す


本棚Wiki
書籍追加 | 本棚情報変更 | 名前変更/本棚削除 | 類似本棚 | ヘルプ

Fms

砂の女 (新潮文庫)

安部 公房
新潮社
ISBN: 410112115X  bookweb, Amazon, WebCat, 新書マップ, SafariBooks
カテゴリ 09_娯楽
評  価 ★★★★
コメント
owada : この本を読んで驚いて鳥取砂丘に行った。 本の風景はなかった。流石すごいなぁ。 と感心する。 しかし、驚いたことに、 この「映画」がまたすごいのだが、映画のロケ地があることを知った。 山形県酒田市浜中 ここに冒頭の描写のままの風景があった。 実は、安部公房本人もこの風景を見てこの作品を思いついたらしい。 ということをつい最近知った。 「謎」が解けるのにかれこれ20年もかかった。
Camel : 砂漠に思いを馳せる 日常と非日常 ——— ただの虫好きの内向的な中年が、砂漠で珍虫を追っていくうちに砂漠に暮らす村へと迷い込んでしまう。日も暮れて帰れなくなった主人公は一晩だけの宿泊を求める。村人に案内された宿には女がいた。砂を深く掘り、梯子を降りてその中に住んでいる女。非現実的状況のはずなのに、妙に現実的で生々しい女の描写と、砂穴の描写。砂穴に閉じ込められてしまった主人公だが、日が経つにつれて次第にすべてが日常化してゆく。それは馴化なのか、それとも特化された環境の中で悟る人生への諦観なのか。。。 本を開けてただの文字列を読んでいるだけなのに、なぜか息苦しくなり、口の中に砂を感じてしまう --- それほどの表現力に満ちた作品。この作品は安部公房の作品の中でもストーリーが分かりやすく、頭の中にイメージを創りやすいのではないでしょうか。安部ワールドを覗くには最適の一冊。
息子 :  中3かそこらだった時に読んだ。読書嫌いの呪縛を一気に解いてくれた本だと思う。  新潮文庫の文庫紹介の小冊子に載っていたあらすじを読んでサイコサスペンスチックで興味をそそられて買った。読むにやめれず一気に読んだ。性描写があるため祖母に僕が読んでいることを悟られまいとこっそり読んだことが印象に残っている。  おもしろさはピカ一。映画もぜひ見てみたい。
mocha : 読んでいる間、ずっと体中が砂っぽかった・・。
SKZ : 2011.3 BOOKOFFにて
安部公房に初めて触れたのがこの作品で良かった。面白い。読んでいる最中、口の中で砂がザラザラした感じが抜けなかった。すごい。
bleuprint : 高校生の頃に読んだ。初めて読んだ安部公房。数日不思議な気分が抜けなかった。
他の本棚 Azmin, migo, tkmr, owada, しぃー, ゆげ, totu, Angela, rui, 5年生, Kazz, 増井, saba, Camel, gotoshi, Fuyu, じま, あめい人, utatane, さをり, tanaka, anojisan, tomuyankun15, shaolin, Mystery-Light Novel, messe, 増井1, ヒロジ, moppuneko, tyosaka, tomo, ponsai, 息子, Pe, nyo, とかげ, 養老孟司, yoru, take3, ゆきぐも, kazunosuke, 凹の小説, daichi, くまいぬ, いい感じ, mdl, ちょし, gm333, nue, サンド, S.ofj, mocha, cafe souterrain, 日々, アレ, gela, 人造人間A, syn, stonechild-2, 偽物, し○○, ブースカ, のらねこ兵☆売っちゃった, さとほ, Baghdad Cafe, 705, nozsuz, smith, かまどうま, Dreamer, hryk, leer, keimai, 野村航史, koshiro, NUANCE, あみ, bleuprint, nobuo_o

最終更新 : 2012-05-08 10:14:56 UTC

Fms