hondana.org
本を探す

 


Scrapbox
書籍追加 | 本棚情報変更 | 名前変更/本棚削除 | ヘルプ

(128/550)冊
Fms
「願望実現の法則」リアリティ・トランサーフィン〈2〉魂の快/不快の選択
「願望実現の法則」リアリティ・トランサーフィン〈2〉魂の快/不快の選択
著者: ヴァジム・ゼランド
出版社: 徳間書店
評価:
カテゴリ: soulhacks
コメント: <a href="/harunoriyukamu/419862268X">「振り子の法則」リアリティ・トランサーフィン―幸運の波/不運の波の選択</a>の続編
関連本棚: harunoriyukamu
Fms
カネと暴力の系譜学 (シリーズ・道徳の系譜)
カネと暴力の系譜学 (シリーズ・道徳の系譜)
著者: 萱野 稔人
出版社: 河出書房新社
評価:
カテゴリ:
コメント:
関連本棚: harunoriyukamu
Fms
Web標準XHTML+CSSデザイン  クリエイターが身につけておくべき新・100の法則。
Web標準XHTML+CSSデザイン クリエイターが身につけておくべき新・100の法則。
著者: 加藤 善規, 平澤 隆, 両見 英世
出版社: インプレスジャパン
評価:
カテゴリ:
コメント:
関連本棚: harunoriyukamu axd_old els
Fms
意識の10の階梯―意識進化の羅針盤「エニアグラム」と「十牛図」
意識の10の階梯―意識進化の羅針盤「エニアグラム」と「十牛図」
著者: 松村 潔
出版社: ヴォイス
評価:
カテゴリ: soulhacks
コメント: アマゾンのマーケットプレイスでプレミア価格がついてますが、よほどのマニアでもないかぎりは、新書の書き下ろし <a href="/harunoriyukamu/4061498290">日本人はなぜ狐を信仰するのか (講談社現代新書)</a> を読むだけでも十分な知識が得られると思います。もっと細かいところを知りたかったら『数の原理で読むタロットカード』あたりが狙い目かもしれませんが、わたしは読んでないです。 <p>2007年6月追記:十牛図をテーマにした新刊が出ました。<a href="/harunoriyukamu/4877585109">たましいのこと―十牛図で考える人生</a>
関連本棚: harunoriyukamu
Fms
音楽家ならだれでも知っておきたい「呼吸」のこと―美しく豊かな歌声のために
音楽家ならだれでも知っておきたい「呼吸」のこと―美しく豊かな歌声のために
著者: バーバラ コナブル
出版社: 誠信書房
評価:
カテゴリ: soulhacks
コメント: <a href="/harunoriyukamu/4414402808">音楽家ならだれでも知っておきたい「からだ」のこと―アレクサンダー・テクニークとボディ・マッピング</a>の姉妹本。「こんな役に立つ本を音楽家だけに独占させてはいけない」と鴻上尚史が推薦のことばを寄せているとおり、図解も豊富でよくできた本だと思います。原題は The Structures and Movement of Breathing: A Primer for Choirs and Choruses
関連本棚: m-use harunoriyukamu
Fms
音楽家ならだれでも知っておきたい「からだ」のこと―アレクサンダー・テクニークとボディ・マッピング
音楽家ならだれでも知っておきたい「からだ」のこと―アレクサンダー・テクニークとボディ・マッピング
著者: バーバラ・コナブル, ベンジャミン・コナブル
出版社: 誠信書房
評価:
カテゴリ: soulhacks
コメント: 音楽家のみならず、スポーツ選手やダンサーが読んでも役に立ちます。図解も豊富で、とてもいい本ですよ。さらに「呼吸」という運動に特化した姉妹本<a href="/harunoriyukamu/4414414121">音楽家ならだれでも知っておきたい「呼吸」のこと―美しく豊かな歌声のために</a>も刊行されました。
関連本棚: m-use ざぶ猫 harunoriyukamu kitashi
Fms
[京大人気講義] 運動科学 実践編―二軸動作がスポーツを変える (京大人気講義シリーズ)
[京大人気講義] 運動科学 実践編―二軸動作がスポーツを変える (京大人気講義シリーズ)
著者: 小田 伸午
出版社: 丸善
評価:
カテゴリ:
コメント:
関連本棚: harunoriyukamu
Fms
動く骨トレ基本トレーニングを全公開―動く骨をつかむ体幹内操法2 パフォーマンスは進化する! (DVD) (<DVD>)
動く骨トレ基本トレーニングを全公開―動く骨をつかむ体幹内操法2 パフォーマンスは進化する! (DVD) (<DVD>)
著者:
出版社: スキージャーナル
評価:
カテゴリ: soulhacks
コメント: 著書は元トヨタのエンジニアだそうだ。氏の提示する「体幹内操法」の精緻なモデリングは、類書をはるかに凌ぐ出来の良さであると感じた。同シリーズDVD第一弾 <a href="/harunoriyukamu/478995515X">DVD&gt;動く骨(コツ)をつかむ体幹内操法 (&lt;DVD&gt;)</a> ならびに単行本 <a href="/harunoriyukamu/4789920941">動く骨(コツ)―動きが劇的に変わる体幹内操法</a> と併せて観るのがよいが、このDVDだけでもおおよその理解は得られる。たまに説明の拙いところも散見されるが、セミナー全般で提示される情報の水準は高いといえる。なんといっても著者みずからによる動きの数々を確認できる意義は大きい。<p>このDVDでは単行本では触れられていないトレーニングも公開されており、氏の提示するトレーニング体系の全容を観ることができるという意味でも価値の高い内容である。
関連本棚: harunoriyukamu
Fms
速く、長く、泳ぐためにやってきたこと。 (MC mook MCスポーツシリーズ「水泳」)
速く、長く、泳ぐためにやってきたこと。 (MC mook MCスポーツシリーズ「水泳」)
著者:
出版社: MCプレス
評価:
カテゴリ:
コメント: 日体大水泳部ヘッドコーチで「二軸クロール」を確立した藤森義弘氏や、京大教授で長年「二軸動作」を宣教してきた小田伸午氏などのノウハウをぎゅっとまとめて読めるのがいいですね。
関連本棚: harunoriyukamu
Fms
デジタル・ワークスタイル―小さなことから革命を起こす仕事術
デジタル・ワークスタイル―小さなことから革命を起こす仕事術
著者: 徳力 基彦
出版社: 二見書房
評価:
カテゴリ:
コメント:
関連本棚: nnn 増井 mitsuo a-tsuzuki harunoriyukamu dorayakitaro RyoWin 増井研 masuilab
Fms
Cambridge International Dictionary of English
Cambridge International Dictionary of English
著者:
出版社: Cambridge University Press
評価:
カテゴリ:
コメント: <a href="http://harunoriyukamu.tumblr.com/post/4825758">http://harunoriyukamu.tumblr.com/post/4825758</a> 参照。これ買った当時はまだ CD-ROM が付いてなかったんだよなあ。さいきんは紙の辞典使わなくなったけど、ケンブリッジの GuideWord 機能はけっこう良いなあと思っていたので、ちかぢか新版の購入も検討しようっと。
関連本棚: harunoriyukamu
Fms
動く骨(コツ) 野球編 (SJセレクトムック No. 56 SJ sports/よくわかるDVD)
動く骨(コツ) 野球編 (SJセレクトムック No. 56 SJ sports/よくわかるDVD)
著者: 栢野忠夫
出版社: スキージャーナル
評価:
カテゴリ: soulhacks
コメント: 野球に焦点をあてた内容だが、他の種目にもひろく応用が効く。CGをもちいた骨格操作の描像がこなれてきたというか、総じてプレゼンのレベルが数段あがっている。全体の3/4ほどがカラー頁であり、従来の単行本よりもはるかに理解しやすい構成になっていると感じた。<p>実演DVDは予想以上のすばらしさで、特にバット&投球操作の高度な合理性にもとづく動きの美しさに見惚れることしばし。これほど充実した内容でありながら1850円という信じられないようなコストパフォーマンスには頭がさがる。<p><a href="/harunoriyukamu/4789920941">動く骨(コツ)―動きが劇的に変わる体幹内操法</a>のコメントを併せて参照のこと。
関連本棚: harunoriyukamu
Fms
Coma, a Healing Journey: A Guide for Family, Friends and Helpers
Coma, a Healing Journey: A Guide for Family, Friends and Helpers
著者: Amy Mindell
出版社: Lao Tse Pr
評価:
カテゴリ: soulhacks
コメント: 著者エイミー・ミンデルの夫でもある、アーノルド・ミンデルの<a href="/harunoriyukamu/4140019425">昏睡状態の人と対話する―プロセス指向心理学の新たな試み (NHKブックス)</a>と併せて読むのが吉。
関連本棚: harunoriyukamu
Fms
若者を喰い物にし続ける社会 (新書y)
若者を喰い物にし続ける社会 (新書y)
著者: 立木 信
出版社: 洋泉社
評価:
カテゴリ:
コメント: <a href="/harunoriyukamu/4492394672">世代間最終戦争</a>の著者がさらにパワーアップして洋泉社の新書yで吼える!<br>余談めくが、著者はこの本のなかで、2007年公開の映画『バブルへGO!!』を「世代間の格差を考える上で、よくできた日本経済のドキュメンタリー映画」と評価している。てっきり軽薄なホイチョイ作品だと思ってハナにもかけずにいたので意外だった。cf. <a href="http://harunoriyukamu.tumblr.com/post/4616159">http://harunoriyukamu.tumblr.com/post/4616159</a>
関連本棚: tonny harunoriyukamu kw+hg
Fms
「黄金の羽根」を手に入れる自由と奴隷の人生設計 (講談社プラスアルファ文庫)
「黄金の羽根」を手に入れる自由と奴隷の人生設計 (講談社プラスアルファ文庫)
著者: 橘 玲, 海外投資を楽しむ会
出版社: 講談社
評価:
カテゴリ:
コメント: 金融=ファイナンスが、誰も避けて通れないほど身近で必須の社会条件/知識となった今、いちど読んでおいて損のない内容だと思いました。
関連本棚: yamaidare reservoir tadahiro dice dkiroku@積読 smarttrade こんなかんじ harunoriyukamu
Fms
私たちはどうつながっているのか―ネットワークの科学を応用する (中公新書)
私たちはどうつながっているのか―ネットワークの科学を応用する (中公新書)
著者: 増田 直紀
出版社: 中央公論新社
評価:
カテゴリ:
コメント: さいきん話題のネットワーク科学の成果をかみくだいた入門書かな。いかちーハードカバーに手を出すのを億劫がっていた、わたしのような読者にはありがたいです。この著者はブルーバックスからも複雑ネットワーク科学の本を出しているんですね。
関連本棚: AtoZ えすあいぶい T.Miyashima harunoriyukamu nakanaka ogijun
Fms
「骨盤」でやせる! (宝島社新書)
「骨盤」でやせる! (宝島社新書)
著者: 松岡 博子
出版社: 宝島社
評価:
カテゴリ: soulhacks
コメント: べつに痩せたくて買ったわけではない。骨盤の可動性って大事なんですよ。本屋でパラパラめくってみて、何か新しいヒントが得られるかなと思って買いました。
関連本棚: harunoriyukamu
Fms
ダンディズム覚え書
著者: 堀 洋一
出版社: 近代文芸社
評価:
カテゴリ:
コメント:
関連本棚: harunoriyukamu
Fms
内臓が生みだす心 (NHKブックス)
内臓が生みだす心 (NHKブックス)
著者: 西原 克成
出版社: 日本放送出版協会
評価:
カテゴリ: heart light soulhacks
コメント: 著者の西原氏は一部でトンデモの烙印を押されているようですが、評価すべき点はたくさんあると思うし、臨床的に有用な研究結果を出し続けているはず。本を読むと筆が走りすぎるきらいはあると感じますが、それを差し引いても貴重な医学者と言っていいでしょう。 <a href="http://www.ringolab.com/note/daiya/archives/002293.html">Passion for the Future</a> | <a href="http://finalvent.cocolog-nifty.com/fareastblog/2005/10/post_85cd.html">極東ブログ</a> | <a href="http://www.aynrand2001japan.com/akira/akira20051031.html">日本アイン・ランド研究会</a> | <a href="http://www.exa5.jp/c11/log/0016.html">もりげレビュー</a>
関連本棚: 増井 山のじ harunoriyukamu NHKブックス
Fms
これだけで病気にならない―「顔と口の医学」 (祥伝社新書)
これだけで病気にならない―「顔と口の医学」 (祥伝社新書)
著者: 西原 克成
出版社: 祥伝社
評価:
カテゴリ: light soulhacks
コメント: <a href="http://twitter.com/masui/statuses/71499422">「また西原氏か」</a>とまで愛される、この西原せんせいの、<a href="http://www.hondana.org/harunoriyukamu/4198620962.html">無限の可能性って、いったい何?</a><br>(まともな書評はそのうち追加します)
関連本棚: 増井 harunoriyukamu
Fms