hondana.org
本を探す

 


Scrapbox
書籍追加 | 本棚情報変更 | 名前変更/本棚削除 | ヘルプ | ランダム

(296/296)冊
Fms
沙門空海唐の国にて鬼と宴す 巻ノ三 (角川文庫)
沙門空海唐の国にて鬼と宴す 巻ノ三 (角川文庫)
著者: 夢枕 獏
出版社: KADOKAWA
評価:
カテゴリ:
コメント: 色即是空 空即是色 この世のありとあらゆるもの、人や馬や牛などの動物から、虫や花や草、あるいは水や空気や風、石、空、山、海、大地、それ等のものの、本質的な相は、空である。人の心の作用、男が女を愛しいと想う気持ち、女が男を愛しいと想う気持ち、喜びや哀しみすらも空である。2018-030
関連本棚: AkizoMickeyGo
Fms
カンナ 鎌倉の血陣 (講談社文庫)
カンナ 鎌倉の血陣 (講談社文庫)
著者: 高田 崇史
出版社: 講談社
評価:
カテゴリ:
コメント: 同じ作者で同じような仮説を読んだような? 関裕二さんと同じでそれでも中毒になる? 2028-029
関連本棚: AkizoMickeyGo
Fms
カンナ 戸隠の殺皆 (講談社ノベルス)
カンナ 戸隠の殺皆 (講談社ノベルス)
著者: 高田 崇史
出版社: 講談社
評価:
カテゴリ:
コメント: ストーリー自体は可もなく不可もなくですがですが、テーマが興味にどんぴしゃ。今回は天照大神の天岩戸伝説にメス。面白くやめられずアマゾンで中古を最後までポチってしまいました。 続きが楽しみです。 2018-028
関連本棚: AkizoMickeyGo
Fms
カンナ 奥州の覇者 (講談社ノベルス)
カンナ 奥州の覇者 (講談社ノベルス)
著者: 高田 崇史
出版社: 講談社
評価:
カテゴリ:
コメント: 3巻目の吉野はリサイクルもらってなかったか?役行者にまつわる話らしいし読みたいけどひとつ飛ばし。アルテイと坂上田村麻呂の友情は嘘?ツボにはまる対象が続いてやめられない。 2018-027
関連本棚: AkizoMickeyGo
Fms
カンナ 天草の神兵 (講談社ノベルス)
カンナ 天草の神兵 (講談社ノベルス)
著者: 高田 崇史
出版社: 講談社
評価:
カテゴリ:
コメント: 世界遺産登録を控えた天草、ますます行きたくなりました。天草四郎は長男なのになぜ四郎? 小説ならでは?で面白く読ませていただきました。 2018-026
関連本棚: AkizoMickeyGo
Fms
沙門空海唐の国にて鬼と宴す 巻ノ二 (角川文庫)
沙門空海唐の国にて鬼と宴す 巻ノ二 (角川文庫)
著者: 夢枕 獏
出版社: KADOKAWA
評価:
カテゴリ:
コメント: 何を思い込んでいたのか、2巻で完結すると思っていたのが歩みが遅く不思議でしたが、あっさり次に続く。何はともあれ、高野山また行きたくなります。映画も見たかったげど終わってしまったのかな。 2018-025
関連本棚: AkizoMickeyGo
Fms
沙門空海唐の国にて鬼と宴す 巻ノ一 (角川文庫)
沙門空海唐の国にて鬼と宴す 巻ノ一 (角川文庫)
著者: 夢枕 獏
出版社: KADOKAWA
評価:
カテゴリ:
コメント: 図書館本。作りは陰陽師の清明と雅博の掛け合い、役割と一緒ですね。会話の進みかたも。2018-024
関連本棚: AkizoMickeyGo bugbug
Fms
カンナ 飛鳥の光臨 (講談社ノベルス)
カンナ 飛鳥の光臨 (講談社ノベルス)
著者: 高田 崇史
出版社: 講談社
評価:
カテゴリ:
コメント: 図書館のリサイクル本でゲット。文庫を以前読んでましたが新鮮に面白かった。けど、残り僅かで紛失、、、2018-023
関連本棚: AkizoMickeyGo
Fms
太陽と乙女
太陽と乙女
著者: 森見 登美彦
出版社: 新潮社
評価:
カテゴリ:
コメント: 娘が借りた図書館本、エッセイとは知らず手に取り流し読み。 2018-022
関連本棚: AkizoMickeyGo
Fms
あきない世傳 金と銀(五) 転流篇 (時代小説文庫)
あきない世傳 金と銀(五) 転流篇 (時代小説文庫)
著者: 髙田郁
出版社: 角川春樹事務所
評価:
カテゴリ:
コメント: 前巻の終わりかたをすっかり忘れていて、馴染むのに少し苦労しましたが、あとは一気に読み終えてしまいました。しかし、途中から匂わせていたラストに想定通りたどりついて、どっと疲れます。読後の幸せ感も続きの期待感もあまり沸きません。何だかこの後も想像できますが、そもそもテーマがよくわからんようになってきた。それより、みをつくしの特別巻が楽しみ。 2018-021
関連本棚: AkizoMickeyGo
Fms
恋は愚かと  姫は、三十一 2 (角川文庫)
恋は愚かと 姫は、三十一 2 (角川文庫)
著者: 風野 真知雄
出版社: 角川書店(角川グループパブリッシング)
評価:
カテゴリ:
コメント: 忠臣蔵の謎解き(聞いたことない新説)を通じて、更なるモテモテ。あとを引きますがそろそろ休止しなくては。 2018-020
関連本棚: AkizoMickeyGo
Fms
姫は、三十一 (角川文庫)
姫は、三十一 (角川文庫)
著者: 風野 真知雄
出版社: 角川書店(角川グループパブリッシング)
評価:
カテゴリ:
コメント: ありえない設定と考えずに素直に楽しく読みました。三十八万四千年に一度のモテ年に自分も惹かれてしまった。 2018-019
関連本棚: AkizoMickeyGo
Fms
鹿男あをによし (幻冬舎文庫)
鹿男あをによし (幻冬舎文庫)
著者: 万城目 学
出版社: 幻冬舎
評価:
カテゴリ:
コメント: 課題図書満載で、他にしなければならんことあるのに、たまたま手持ち切れで手にしたら止まらず何回目かの再読。わかってるのに最後は涙。2018-018
関連本棚: ごんごん reiko510の2011 増井 彩 2011 にしのみやねこ Mikan Akashita AkizoMickeyGo
Fms
立身いたしたく候
立身いたしたく候
著者: 梶 よう子
出版社: 講談社
評価:
カテゴリ:
コメント: 図書館本。商家から婿入りした無役の御家人の就活物語だけど、なんかふんわりとしてしゃばけを思わせます。そこそこうんちくも知れて気軽に楽しい一冊でした。2018-016
関連本棚: AkizoMickeyGo
Fms
花の下にて春死なむ (講談社文庫)
花の下にて春死なむ (講談社文庫)
著者: 北森 鴻
出版社: 講談社
評価:
カテゴリ:
コメント: 「グラスに注がれたら最後、寸暇を惜しんでグラスを空にする努力が必要である」本読み仲間の会で勧められて。美味しいビールと気の利いた料理、こんな行きつけのお店が欲しくなります。以前、ビールのロックを飲んだことがあるような(売っていたような)記憶がありますが、ぜひ改めて飲んでみたい。お話はどれも手の込んだミステリー、準主人公?がこの後どういう選択をするのか気になりますが続きはないのですかね。と、調べたらあった。ブックオフで探そう。 2018-015
関連本棚: おまさ jinc UNO reiko510 Mieko うらら AkizoMickeyGo
Fms
明治維新の正体――徳川慶喜の魁、西郷隆盛のテロ
明治維新の正体――徳川慶喜の魁、西郷隆盛のテロ
著者: 鈴木 荘一
出版社: 毎日ワンズ
評価:
カテゴリ:
コメント: しばらく本断ちのつもりが、頼んだ記憶のない図書館本が来てもったいないので。敗者の視点で歴史を語るのは面白いけど、慶喜礼賛薩長否定はそれほど新鮮でもなく嫌味に感じる。でも、幕府は逆賊にされるほど当然悪者ではなく、むしろ正しい政治思想を持っていたのは真実のような気がする。水戸学として一般に理解されている尊王攘夷の思想も、語られている通りなのであればそれはそれで多少納得感がある。 2018-014
関連本棚: AkizoMickeyGo
Fms
マンガで教養 やさしい仏像
マンガで教養 やさしい仏像
著者:
出版社: 朝日新聞出版
評価:
カテゴリ:
コメント: 昨日は仁和寺展を見ましたが、本書で復習。不動明王の三つ編みお下げが気になって意味したが、お作法通りだったのですね。それから、弁天さまが既婚者だったとは知りませんでした。少しショックです。 2018-013
関連本棚: AkizoMickeyGo
Fms
武者始め
武者始め
著者: 宮本昌孝
出版社: 祥伝社
評価:
カテゴリ:
コメント: 頼んだ記憶も定かでない図書館本が来ましたが、あっさり読了。有名な7人の武将の初陣=武者始めのエピソートが淡々と語られます。どれも創作されたお話しでどれだけ史実に依っているのかわかりませんが、よく個性を表していてそこそこ楽しめました。可もなく不可もない感じ。この後しばらく本断ちの予定です。 2018-012
関連本棚: AkizoMickeyGo ヤッちゃんの部屋
Fms
濤の彼方  妻は、くノ一 10 (角川文庫)
濤の彼方 妻は、くノ一 10 (角川文庫)
著者: 風野 真知雄
出版社: 角川書店(角川グループパブリッシング)
評価:
カテゴリ:
コメント: 楽しく読んできましたし、アマゾンやブックメーターのコメントもハッピーエンドで高評価が多いのですが、全10巻でいちばんあれって感じでした。最後の戦いは?です。クライマックスで障害を乗り越え2人は再び巡り会い幸せになりましたとさ、、、。あれれのれ、でポカンとしました。 2018-011
関連本棚: AkizoMickeyGo
Fms
/AkizoMickeyGo/4043931085
著者:
出版社:
評価:
カテゴリ:
コメント: なんだか呉越同舟は出来過ぎ。けど、面白いからいいか。 2018-010
関連本棚: AkizoMickeyGo
Fms