hondana.org
本を探す

 


Scrapbox
書籍追加 | 本棚情報変更 | 名前変更/本棚削除 | ヘルプ

Fms

悲しみのイレーヌ (文春文庫 ル 6-3)


文藝春秋
ISBN: 4167904802  紀伊國屋, Amazon, WebCat
カテゴリ 海外ミステリー
評  価
コメント
reiko510の2016 : 色々評価は分かれるようですが、「アレックス」(自分的には今に一つ)をちょうど良く忘れていたので順番は気になりませんでした。ネタ後の展開は確かにどうかとは思うけど、全体には売れるだけの ことはある作品。 「見立て」原作の最初のノワール2作は有名で手元にもあります。どちらもグロだけでなく 時代感のある小説。
hama : 201807 『その女アレックス』のヴェルーヴェン警部のデビュー作。 奇怪な連続殺人をめぐる物語がたどりつく驚愕の真相。 若い女性の惨殺死体が発見された。パリ警視庁のヴェルーヴェン警部は、裕福な着道楽の部下ルイらとともに捜査を担当することになった。殺人の手口はきわめて凄惨で、現場には犯人のものと思われる「おれは帰ってきた」という血文字が残されていた。 やがて過去の未解決事件とのつながりが浮かび上がる。手口は異なるものの、残虐な殺人であることは一致していた。これは連続殺人なのだ。そして捜査が進むにつれ、犯人は有名なミステリ作品に登場する惨殺死体を模して殺人を繰り返しているらしいことが判明した。ジェイムズ・エルロイの『ブラック・ダリア』、ブレット・イーストン・エリスの『アメリカン・サイコ』……ほかにも未解決の事件があるのではないか? ヴェルーヴェン警部らは過去の事件のファイルを渉猟し、犯人の痕跡を探る。 しかし警部は知らなかった――犯人の魔の手が、自身の身重の妻イレーヌへと伸びていることを。 強烈なサスペンスとともに語られてゆくサイコ・キラーとの対決。だがそれは第二部に入るや、まったく違った相貌を読者にみせつけることになる! 『その女アレックス』の殺人芸術家ルメートルの衝撃的デビュー作。
他の本棚 hama

最終更新 : 2016-01-16 12:13:10 +0900
カテゴリ
評  価
コメント

Fms