hondana.org
本を探す

 


Scrapbox
書籍追加 | 本棚情報変更 | 名前変更/本棚削除 | ヘルプ | ランダム

(1576/3890)冊
Fms
今すぐ話せるスペイン語 自由自在編 (東進ブックス)
今すぐ話せるスペイン語 自由自在編 (東進ブックス)
著者: カルロス モリーナ, 奥田 義郎, ビクトリーノ パルマ
出版社: ナガセ
評価:
カテゴリ:
コメント:
関連本棚: 増井
Fms
ダ・ヴィンチ・コード(上) (角川文庫)
ダ・ヴィンチ・コード(上) (角川文庫)
著者: ダン・ブラウン
出版社: 角川書店
評価:
カテゴリ: 小説 ミステリ
コメント: <li>上巻読了(2007/5/13)。なんでこの本はそんなに話題になってるんだろう? 文体も展開も謎も深味が無くて... <br> 世の中にはもっと面白いミステリはいくらでもあるのに、宣伝力なんだろうか?? <li>中巻も読んだ(2007/5/16)。面白さアップせず。 登場人物どいつもこいつも間抜けすぎ。 キリストとかキリスト教の秘密とかに全く興味が無いのも一因か。
関連本棚: OG3 あっつん 北の将軍様 カノぷ〜 naru 日日紀 orimo 増井 モコ みなち lepps ぷー めがね ヨシノカナ arica Rui 権太 louklouk megabossa 月猫 あれあれ inuko Ayumi yoru soutaro S.ofj akane らふ miyano blog daemon せこ suchi sandersonia コトノハ K内 RAI kitagawa てらうっち ohchang 仮想本棚 Mi 和Station h_endo_ykhm Reputeless Dreamer 紙魚 momose りりぃ
Fms
夜中に犬に起こった奇妙な事件
夜中に犬に起こった奇妙な事件
著者: マーク ハッドン
出版社: 早川書房
評価:
カテゴリ:
コメント:
関連本棚: 増井 kiku_hashi
Fms
ALL IN ONE―The Ultimate English Guide
ALL IN ONE―The Ultimate English Guide
著者: 高山 英士
出版社: Linkage Club
評価:
カテゴリ:
コメント:
関連本棚: Len yashihara 増井 bladog らぶねこ
Fms
にっぽん蔵々紀行 (光文社文庫)
にっぽん蔵々紀行 (光文社文庫)
著者: 勝谷 誠彦
出版社: 光文社
評価:
カテゴリ:
コメント:
関連本棚: 増井 bit78 権太の既読 増井の処分予定本
Fms
常識としての軍事学 (中公新書ラクレ)
常識としての軍事学 (中公新書ラクレ)
著者: 潮 匡人
出版社: 中央公論新社
評価:
カテゴリ:
コメント: 民主主義も資本主義も軍事からはじまったみたいなことが書いてある。 スイスでは投票所には武器を携行して行かなければならないって本当? もしかしてトンデモ本?
関連本棚: 増井 たくぞー 増井1 denki5150jp 増井の処分予定本
Fms
世界音痴
世界音痴
著者: 穂村 弘
出版社: 小学館
評価:
カテゴリ: 買わなかった
コメント:
関連本棚: ゆう 増井 あずきのリアルな beel min yoru nue
Fms
中世都市鎌倉を歩く―源頼朝から上杉謙信まで (中公新書)
中世都市鎌倉を歩く―源頼朝から上杉謙信まで (中公新書)
著者: 松尾 剛次
出版社: 中央公論社
評価:
カテゴリ:
コメント:
関連本棚: 増井 新書マン
Fms
茄子 (1) (アフタヌーンKC (272))
茄子 (1) (アフタヌーンKC (272))
著者: 黒田 硫黄
出版社: 講談社
評価:
カテゴリ:
コメント: <a href="/%E5%A2%97%E4%BA%95/4063145476">新装版</a>
関連本棚: ORIENTAL-RUNRUN katta HARADAの漫画 増井 かえさん つとみー mikumo よねみち しゅうこ syobosyobo 前田 takoyakim のらねこ兵☆売っちゃった kamsin K-To subii hokorobi ザ区
Fms
コンピュータ画家アーロンの誕生―芸術創造のプログラミング
コンピュータ画家アーロンの誕生―芸術創造のプログラミング
著者: パメラ マコーダック
出版社: 紀伊國屋書店
評価:
カテゴリ: ユーザインタフェース
コメント:
関連本棚: deleted000 増井 null 増井研 masuilab がおー
Fms
サポートベクターマシン入門
サポートベクターマシン入門
著者: ネロ クリスティアニーニ, ジョン ショー‐テイラー
出版社: 共立出版
評価:
カテゴリ: 購入検討
コメント:
関連本棚: tkmr どら blackbird 日台 増井 kazama inflib Ys miwalogos minkewhale Cryolite ┏┫∵┣┛ kakuda tmiura 岸リトル
Fms
薩摩義士という軛 宝暦治水顕彰運動の虚実
薩摩義士という軛 宝暦治水顕彰運動の虚実
著者: 水谷 英志
出版社: ブイツーソリューション
評価:
カテゴリ:
コメント:
関連本棚: 増井
Fms
山月記・李陵 他九篇 (岩波文庫)
山月記・李陵 他九篇 (岩波文庫)
著者: 中島 敦
出版社: 岩波書店
評価:
カテゴリ:
コメント: 名作揃い。 あまりポピュラーとも思えないのに、 日本で最も評価されている100冊の本(だっけ?)に含まれていたのは 何故なのかと思ったのだが、 国語の教科書に載ってたことがあったからなのだろうか。
関連本棚: Muitosciok 増井 ナカムラアキ moppuneko nyo ふらりすと yamakei 稲村慎司
Fms
詳説 正規表現
詳説 正規表現
著者: ジェフリー・E.F. フリードル
出版社: オライリー・ジャパン
評価:
カテゴリ: プログラミング
コメント:
関連本棚: ichiyu みわ rui 増井 m-use carver sakai mrmt mkouhei aoki ひがき まちゅ null tsukamoto nyarl orowebsys
Fms
ツイてる! (角川oneテーマ21)
ツイてる! (角川oneテーマ21)
著者: 斎藤 一人
出版社: 角川書店
評価:
カテゴリ:
コメント: 何年も続けて日本一の高額納税者なんだそうで、心の持ち方とかを軽い口調で語っているのだが、どうやってそんなに儲けられるのかがよくわからない...?
関連本棚: ルイ ぱんげあ hiroc fragy 増井 MA achi dot こまひこ はぶあきひろ 増井の処分予定本
Fms
数学の考え方 (講談社現代新書 15)
数学の考え方 (講談社現代新書 15)
著者: 矢野 健太郎
出版社: 講談社
評価:
カテゴリ:
コメント:
関連本棚: umq 増井
Fms
英語ライティングルールブック―正しく伝えるための文法・語法・句読法
英語ライティングルールブック―正しく伝えるための文法・語法・句読法
著者: デイヴィッド セイン
出版社: ディーエイチシー
評価:
カテゴリ:
コメント: <a href="/%E5%A2%97%E4%BA%95/020530902X">The Elements of Style, Fourth Edition</a>みたいな本。 前半の前置詞の使い方とかは用例を覚えるしかないと思うのだが、 ピリオド/コンマ/コロン/セミコロンの正しい使い方について 詳しく書いてあるのが非常に参考になる。 なんとなく気分でコンマを打ったり打たなかったりしていることが多い人 (私みたいな人) が正しい知識を習得するのに有用だと思う。 (e.g. Dear 〜: とDear 〜, はどう違うか、とか) <br> (アマゾン書評でもそういう評価が多いようだ)
関連本棚: m 英作文 増井 モカ sugiuramasatoshi melito momo Burgundy Leiko
Fms
発明家たちの思考回路 奇抜なアイデアを生み出す技術 (HARVARD BUSINESS SCHOOL PRESS)
発明家たちの思考回路 奇抜なアイデアを生み出す技術 (HARVARD BUSINESS SCHOOL PRESS)
著者: エヴァン・I・シュワルツ
出版社: ランダムハウス講談社
評価:
カテゴリ: 発明
コメント: Amazonでは評判が良いようだがあまりピンと来ない... 現代の発明家たちのエピソードがいろいろ紹介されてるのは良いのだが、 「色々考えて試してみる」という以外に有効な話が見あたらないし、 どうとういことのないアイデアをもとに特許で儲けた奴の話が 長々と書いてあったりして興冷めである。 Apple創業者のWozはすぐれたエンジニアだが何かを発明したわけじゃないし。 <br> この著者は本当の発明家の頭の中に関してまるで理解しておらず、 いろんなエピソードをなんとなく分類してみただけのように見える。
関連本棚: Christopher 増井 spi ぷー louklouk know94space atsushifx
Fms
保険金殺人 死体の声を聞け (角川文庫)
保険金殺人 死体の声を聞け (角川文庫)
著者: 上野 正彦
出版社: 角川書店
評価:
カテゴリ:
コメント: 数々の保険金殺人事件の検死をてがけた人物。 死体は生きてる人より多くを語ってくれるのだそうな。 嘘をつかないしね。 <br> 保険金詐欺を行なおうとする悪人が沢山登場するのだが、 本当の巨悪は保険会社のように思えてしまう。 怪しいと認識してても巨額の保険を認めたりするのも悪だが、 そもそも人の不安につけこんだ商売だという点が納得いかない。 <p> 巻末の、<a href="/%E5%A2%97%E4%BA%95/4041979021">黒い家 (角川ホラー文庫)</a>の著者の貴志氏との対談が面白かった。 <ul> <li>「小説を読みながら赤線を引いて犯罪手口を勉強している輩がいる」 <li>「これからの犯罪の主流は保険金がらみのものになる」 <li>「保険金がらみの事故は貧しい地域に集中している」 <li>「自殺でも、保険に加入してから1年過ぎれば全額支払うようになっている」 <li>(多重契約を防ぐため)「保険加入時に、他の生保とどんな契約してるのか告知する義務を設けようという話がある」 <br> ⇒他の保険に入ってるのを忘れてた場合は払ってもらえない場合がありうる! <li>「東京は監察医制度が充実しているので保険金殺人が起こりにくい」 </ul> やっぱり保険会社のあり方が一番問題な気がするなぁ。
関連本棚: 増井
Fms
ドキュメント 戦争広告代理店〜情報操作とボスニア紛争 (講談社文庫)
Fms