hondana.org
本を探す

 


Scrapbox
書籍追加 | 本棚情報変更 | 名前変更/本棚削除 | ヘルプ

(1458/3497)冊
Fms
つっこみ力 (ちくま新書 645)
つっこみ力 (ちくま新書 645)
著者: パオロ・マッツァリーノ
出版社: 筑摩書房
評価: 4
カテゴリ:
コメント: まっとうな主張。批判力を弱める努力が必要か。 <br> (第一部) 秀才というものは批判はできても創造力はないものだ。 創造力が有るのは才能のある奇人だけ。 自分に創造力が無いならせめて「つっこみ力」を発揮して 物事を面白くすることによって 他人の創造力を持ち上げる努力をしよう。 <br> (第二部) データが正しくても恣意的な解釈は自由にできるものだ。 データの解釈にいつでもつっこめる力を身につけよ。
関連本棚: 高 儁學 tkmr 暇人 増井 ugokada サハコ Shunch james shuzen KZh atyks eggman てぷちゃん suchi ak2 GuPo hryk ラダガスト tomiken_2009
Fms
徒然草―マンガ日本の古典〈17〉 (中公文庫)
徒然草―マンガ日本の古典〈17〉 (中公文庫)
著者: バロン吉元
出版社: 中央公論新社
評価: 4
カテゴリ: おすすめ 漫画
コメント: なんと徒然草の全段が漫画になってる! とりあえず全体を把握するには最適かも。高校の教科書には出てないけど実は男女関係の話がやたら多いということがわかったりする。
関連本棚: 増井 てぷちゃん nobuo_o
Fms
知的生産の技術 (岩波新書)
知的生産の技術 (岩波新書)
著者: 梅棹 忠夫
出版社: 岩波書店
評価: 4
カテゴリ:
コメント: いわゆる「京大式カード」が提唱されている。 (この方式は梅棹氏が考案したものであるが、誰かが勝手に「京大式」と 名付けて普及させてしまったものらしい。) <br> 計算機が普及するよりかなり前に書かれた本ではあるが、 現在でも通用するテクニックもかなり多く有用である。 <br> 日本語カナタイプの話とかは全く現在は役にたたない。 <br> カードで情報整理とか、マニラフォルダみたいなもので資料整理とか、計算機を使えばもっとうまくできるので、<b>21世紀の知的生産手法</b>の本が必要であろう。
関連本棚: findup Hacker Dude-san shigeya hiroc Ecco 暇人 増井 thinkeroid blitz eji Psychs 五十嵐研究室 pochitto duck 6期生 さく 整理術 kw よこ anne カツマー すがる 岸リトル 野澤真一 hogehoge2010052301 ogijun jscripter smtk kotaro drobune nobuo_o hirune
Fms
「分かりやすい話し方」の技術―言いたいことを相手に確実に伝える15の方法 (ブルーバックス)
「分かりやすい話し方」の技術―言いたいことを相手に確実に伝える15の方法 (ブルーバックス)
著者: 吉田 たかよし
出版社: 講談社
評価: 4
カテゴリ:
コメント: わかりやすい具体的な例を利用して <ul> <li> 書き下すと幼稚に見えるぐらいやさしい文を使う <li> 聞き手がすでに知っている事柄を主語とする文を使う </ul> など、沢山の有用なアドバイスが書いてある。 おすすめ。
関連本棚: tkmr nnn 増井 MA えぴふりゃあの本棚 声優を目指す人のため
Fms
シュリーマン旅行記 清国・日本 (講談社学術文庫 (1325))
シュリーマン旅行記 清国・日本 (講談社学術文庫 (1325))
著者: ハインリッヒ・シュリーマン
出版社: 講談社
評価: 4
カテゴリ:
コメント: 1865年頃(トロヤ遺跡発掘の6年前/大政奉還の直前)に 清国と日本を訪問したシュリーマンの旅行記。 外交でも商売でもないのにフラっと来る行動力が凄いし観察力も凄い。 過去の優れた遺産はあるものの何もかもボロボロになってる清国の状況とか、 一見平静に見えるものの維新前の不安定な日本の状況とかが 外国人の視点から語られてるのが大変興味深い。 古き良き日本の伝統、みたいなものはしっかり理解されている。
関連本棚: 増井 いとけん imash stonechild 中学生に本当に薦める本 軒先つばめ hirschkalb
Fms
Your Wish is My Command: Programming By Example (Interactive Technologies)
Your Wish is My Command: Programming By Example (Interactive Technologies)
著者: Henry Lieberman
出版社: Morgan Kaufmann
評価: 4
カテゴリ: 増井の著書 ユーザインタフェース
コメント: <li>Programming by Exampleの本。印税を貰った気がする。 <li><a href="/%E5%A2%97%E4%BA%95/0262032139">Watch What I Do: Programming by Demonstration</a>の続編。...
関連本棚: 増井 五十嵐研究室
Fms
夕凪の街桜の国 (アクションコミックス)
夕凪の街桜の国 (アクションコミックス)
著者: こうの 史代
出版社: 双葉社
評価: 4
カテゴリ: おすすめ
コメント: <li><a href="http://kashino.exblog.jp/8244560/">柏野氏</a> <li><a href="http://mandanatsusin.cocolog-nifty.com/blog/2004/10/post_8.html">漫棚通信</a> <li><a href="http://sho.tdiary.net/20041109.html">ただ氏</a> <li><a href="http://www.yhlee.org/diary/?date=20050127">好ましい被害者</a>
関連本棚: Len nikkoro neanias hotaruika shiro Leiko 蒜コ ヌマシタ kitou (な) 増井 aya takuji matoken アラヲ kayakaya DAM-T KT blitz koshiro あくあ tamago_girai 963 つとみー mikumo よねみち aoki duck daichi woods egoisu sho ばちょう dec20 大海原 湊 syobosyobo eggman takoyakim ak2 xtc1982-rmd さとほ msn hiro_y piyotori hokorobi matsumaru ヴィヴァアチェ 豆丸の既読漫画 mikachan lanternfish bugbug kiku_hashi としろ
Fms
ロープワーク・ハンドブック      Outdoor
ロープワーク・ハンドブック Outdoor
著者: 羽根田 治
出版社: 山と溪谷社
評価: 4
カテゴリ: ロープワーク おすすめ
コメント: 「もやい結び」の基本を学習しますた
関連本棚: 増井 blackbird amaso 増井2 suchi michico 村代官
Fms
Blue Note: The Album Cover Art
Blue Note: The Album Cover Art
著者: Graham Marsh
出版社: Chronicle Books
評価: 4
カテゴリ:
コメント: ブルーノートのジャケット集はぜひ欲しいのだが、これがいいのかな? <li> (<a href="/wesson">wesson</a>)勝手に書き込みます。ブルーノート限定ならばこのシリーズしか無いと思います。第2集があるらしいんですが、買っていないのでどちらが良いかはわかりません。 <li> <a href="/%E5%A2%97%E4%BA%95/0811836886">これ</a>を買ってしまいました。何か違うのかな? <li> (<a href="/wesson">wesson</a>)第2集との統合版?ですかね。LPジャケットサイズですか? <li> いや、小さなサイズでした。いずれにせよ満足です。
関連本棚: 増井 wesson
Fms
RailsによるアジャイルWebアプリケーション開発
RailsによるアジャイルWebアプリケーション開発
著者:
出版社: オーム社
評価: 4
カテゴリ: プログラミング
コメント: <li>逐一丁寧に説明されてて非常にわかりやすい! <li>索引は全然駄目。自分で書き足したりしている。 <li>当然ながら、最近の版の便利な機能については書かれていない。 この本に書かれてない機能のリストが欲しいところ。
関連本棚: 13号 hector hana-da kuru shibasr Rails netemoNetemo twainy kmdtty dainichiro 岸リトル (な) 千葉 増井 shimanto Yutaka sendsage matobat_tech skky k05ke pants03a it-main null たいぞー melito takkan_m hiro_y dateofrock silverrain doax rui Google Booksになかった本 orowebsys エイム masuilab
Fms
日本の地理 (朝日ジュニアブック)
日本の地理 (朝日ジュニアブック)
著者: 高橋 伸夫, 船津 政裕, 鳥海 公, 田代 博
出版社: 朝日新聞社
評価: 4
カテゴリ:
コメント: 図版が豊富。セロハン眼鏡を使って見る立体日本地図がよくできている。
関連本棚: 増井 takoyakim
Fms
13歳のハローワーク
13歳のハローワーク
著者: 村上 龍
出版社: 幻冬舎
評価: 4
カテゴリ:
コメント: たいへん有意義な本であるが、 激しくズレたことも書かれているのは残念である。 「算数/数学が好き」⇒「金融業界で働く」 なんてありえないし 「メカ・工作が好き」⇒「溶接工」「カメラマン」 なんてのも相当変だ。 ハッカーとかエンジニア系もごっそり抜けているが、 そういう人は村上氏の周囲にいないのかもしれない。
関連本棚: ryo kkawasaki0531 dkiroku@積読 増井 monokuro you-me-go 増井2 LED niha ぱぴこ つんどる KEG 絶望の中の希望 進吾 結城浩 norikom なご red コサカエミ Yoyou
Fms
脳を活かす!必勝の時間攻略法 (講談社現代新書)
脳を活かす!必勝の時間攻略法 (講談社現代新書)
著者: 吉田 たかよし
出版社: 講談社
評価: 4
カテゴリ: おすすめ
コメント: 時間を有効に使って勉強する方法が沢山書いてある。 方法はそれほど目新しいものばかりではないのだろうが、 自分がその方法を試したときの効果のほどや、 医学的知見などが書いてあるので説得力がある。 うまくいかなかった方法の経験についてもいろいろ書いてあるのも面白い。 受験とか資格とかのための効果的勉強法として一読の価値はあるだろう。 <br> 著者はいったい何を目標に勉強してるのかさっぱりわからないのが不思議ではある。効果的に勉強して灘中に入り、効果的に勉強して東大に入り、効果的に勉強して医者や国家公務員試験その他もろもろの資格をとり、 ... といった生活を送ってきた結果、効果的に勉強することおよびその啓蒙活動が最終目標になってしまったのだろう。そのノウハウ伝授が人の役にたっているのだから良いのかもしれないが空しい気分は残ってしまう。 <ul> <li> 時々「伸び」をすると頭がサエる <li> 効果的にカフェインを使うとよい。使いすぎると効き目がなくなる。 <li> ガムをかむと集中力が出る <li> 意思を生み出す中枢の前頭連合野は「おしゃべり」で活発化する <li> 脳は疲れるが、疲れても気付かない。30分に一度は休憩が必要。 <li> 昼前が思考力のゴールデンタイム <li> 寝る前が記憶力のゴールデンタイム。寝ると記憶が長期記憶化する。 <li> カンヅメは効果がある <li> 細切れ時間でできることとできないことがある <li> (簡単なことを覚えるのは1分でよい / 何かを理解するのは10分いる / 何かを想像するには30分いる) <li> すきま時間に系統の異なることをするとよい (e.g. 理系の人なら文系の本を読む) <li> システム手帳勉強法 - 学習したいことをシステム手帳にはさんでいつも持ち歩く <li> オーディション効果 - 候補は多いほど良い <li> 歩きながら発想するとよい <li> 時給より高い本は少ない。必要なところだけ読め。 <li> 見るべきTV番組かどうかは最初の1分でわかる <li> 官僚は自分に都合のよいとこだけまとめて政治家に渡すことがある。 <li> 10分昼寝は効果的。それ以上は駄目 <li> やらなければならないことはポストイットにはり、とりあえず忘れるのがよい。 <li> 後で何かをやる必要がある場合は、アラームをセットし、とりあえずそのことを忘れるのがよい。 <li> 効率良い「ながら作業」をやれ <li> アルコールの力で寝るのは逆効果。かえって眠りが浅くなる。 <li> 熱い風呂はよくない。眠れなくなる。 <li> 真っ暗だとかえって眠れない。 <li> 低体温は体によくない。 </ul>
関連本棚: 増井の処分予定本 みわ reservoir dainichiro 増井 asian_lib takoyakim
Fms
Professional Mac OS X (SOFTBANK MOOK)
Professional Mac OS X (SOFTBANK MOOK)
著者:
出版社: ソフトバンククリエイティブ
評価: 4
カテゴリ:
コメント: 白山氏の解説が素晴らしい。
関連本棚: dainichiro 岸リトル Minerva 増井 mjh tete Tambourine ababincho ogijun
Fms
Disappearing Cryptography, Second Edition: Information Hiding: Steganography & Watermarking (The Morgan Kaufmann Series in Software Engineering and Programming)
Disappearing Cryptography, Second Edition: Information Hiding: Steganography & Watermarking (The Morgan Kaufmann Series in Software Engineering and Programming)
著者: Peter Wayner
出版社: Morgan Kaufmann
評価: 4
カテゴリ:
コメント: ステガノグラフィ関連技術について包括的に解説された良書。 この著者は <a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4756137652/">オープンソースムーブメントの本</a>も書いているらしい。 写真の中にバージョンなどを書いておけばバージョンアップされても大丈夫 だとか、 各自が直線情報を持っているとき、ふたり集まれば交点が計算できるが ひとりだけだと情報が得られないというふうにできる とかいう例の紹介に始まり、 ステガノグラフィー系の話題を網羅している。 訳書は出てるんだろうか? <br> 各章は以下のような内容。 <pre> 6. 文字の出現頻度情報からにせ文章 7. 文法知識からにせ文章を作る 8. Reversible Turing machineを使う? 9. ノイズに混ぜる 10. 匿名リメーラ 11. 秘密放送 12. キー 13. 並びかえ 14. 拡散 15. 生成した情報への埋め込み TeXの行間とか 16. Watermark 17. 解析する方法 </pre>
関連本棚: 増井
Fms
環境リスク学―不安の海の羅針盤
Fms
子どもに教えたくなる算数 (講談社現代新書)
子どもに教えたくなる算数 (講談社現代新書)
著者: 栗田 哲也
出版社: 講談社
評価: 4
カテゴリ:
コメント: 著者は「大学への数学」「中学への算数」などのライターで、 最近の中学入試算数の傾向を熟知しており、 中学受験の算数問題やその勉強法を考えるのに非常に役立つ本である。 (「中数オリンピック」という連載でやたら難しい問題を毎月出題している。 大学への数学の方の連載は知らない) <br> 難関校である開成中学クラスの合格者であっても、 算数問題は11問中4問ぐらい解ければいいほうなのだそうである。 つまり難しい問題は全然解けなくても 過去問に似た簡単な問題がある程度解ければそれで合格してしまうらしい。 小学校のカリキュラムの範囲で難しい問題を作るのは至難の技だから、 どうしても過去問に似た問題を出すことになってしまうのだが、 学習塾ではそこを狙って過去問を解く練習ばかりさせているように思われる。 かなり馬鹿馬鹿しい。 <br> この本では中学受験問題に類似した問題を多数参照しつつも、 過去問さえ解ければいいという安易な道に走るのではなく、 それらを通じて算数の面白さに目覚めることによって 本当に算数が好きな子供を育てたいという志が感じられ好感がもてる。
関連本棚: 増井の処分予定本 Jane 増井 ma stonechild stonechild-2 its car
Fms
ドラゴン桜(1) (モーニング KC)
ドラゴン桜(1) (モーニング KC)
著者: 三田 紀房
出版社: 講談社
評価: 4
カテゴリ: 勉強 漫画
コメント: <li>DQN高校生を特訓して東大に入学させるお話。 マイフェアレディみたいなものか。 <li>実際に有効なテクニックが満載で面白い。 <li>これ読んで東大に入る奴が本当に続出したら面白いだろうな〜 <li>3巻でまだ中学レベルの練習をしてるが間に合うのカ? <li> <a href="http://www.iwate-np.co.jp/news/y2004/m03/d08/NippoNews_9.html">インタビュー記事</a> <li> <a href="http://www.cieej.or.jp/TOEFL/mm_backnumber/mm26/koudansha.html">もひとつ</a> <pre> > 三田さんが作品内で使うアイディアは、二人でする雑談から生まれてくることが多いです。 </pre> ナルホド、編集者と頭をひねってるんだ。
関連本棚: みつを HAKK 増井 ccscat proro 晒し 漫画の城 kenzi 東京だよおっ母さん パンとサーカスの本棚(2) nobuo_o
Fms
The Complete Book of Knots
The Complete Book of Knots
著者: Geoffrey Budworth
出版社: Lyons Pr
評価: 4
カテゴリ: ロープワーク
コメント: 各種の結び方のわかりやすい説明があるのに加え、 結びの歴史や強度などについても書かれている点が素晴らしい。 <br> ボーラインは太古から使われていて便利だが強度が60%になってしまう、など。
関連本棚: 増井 増井2
Fms
創価学会 (新潮新書)
創価学会 (新潮新書)
著者: 島田 裕巳
出版社: 新潮社
評価: 4
カテゴリ:
コメント: 創価学会について客観的に解説した良著。 創価学会の実態を知らないので内容がすべて正しいのかどうか 私にはわからないが、称賛も批判もせずに歴史や事実を書いてあると いうように思われ、勉強になった。
関連本棚: 増井の処分予定本 rui dkiroku@積読 増井 米示 KT 無教養人 stonechild-2 toshiharu
Fms