hondana.org
本を探す

 


Scrapbox
書籍追加 | 本棚情報変更 | 名前変更/本棚削除 | ヘルプ | ランダム

(376/828)冊
Fms
美しいレース編みドイリー (レースベストセレクトBOOK)
美しいレース編みドイリー (レースベストセレクトBOOK)
著者:
出版社: 日本ヴォーグ社
評価:
カテゴリ:
コメント: 『<a href="/Leiko/4834763692">30グラム以内でできるレース編み (プチブティックシリーズ (No.369))</a>』では物足りなくなったので、少々手ごたえのありそうな(でも頑張れば確実にできそうな)この本を購入。<br> レース編みの本には「モデルハウスみたいなリビングにさりげなく置かれた作品……」というような雰囲気でごまかされた写真が載っていることが多いのだが、この本は表紙のとおり「暗くシンプルな背景にまっすぐ置かれた全体図」の写真が基本になっている。まるで雪の結晶写真のよう。完成形のかたちそのものがよく分かるので、編みたいものを選ぶとき・編むとき・仕上げをするとき、すべての段階で非常に参考になる。<br> パイナップル編みが少ないのがちょっと残念だったので、今度はパイナップル編みだけの本を買うことにしよう(という言い訳で、編む速度をはるかに超えて本を買ってしまうのだ)。
関連本棚: Leiko
Fms
ロボットだって恋をする (中公新書ラクレ)
ロボットだって恋をする (中公新書ラクレ)
著者: 築地 達郎, 京都経済新聞社取材班
出版社: 中央公論新社
評価:
カテゴリ:
コメント: ロボットの現状を織り交ぜながら、やがて来るであろう「ロボットの居る世界」に向けて、ロボットのありかたを考えていくための本。ロボットと人との関わり方について考えるきっかけになる。<br> 技術面よりも、ロボットを生み出す「ひと」に焦点があてられている。紹介されるロボットは、興味のある人なら聞いたことのあるであろうものがほとんどだが、アイボやアシモくらいしか知らない普通の人には刺激的かもしれない。<br> ロボットデザインに七彩が関わっているとは知らなかったので驚いた。<br> 一般向けの本のせいか、ちょっと薄っぺらいのがマイナス。
関連本棚: Leiko
Fms
ジュブナイル―MFジュブナイル文庫 (MF文庫)
著者: 山崎 貴
出版社: メディアファクトリー
評価:
カテゴリ:
コメント: 映画の監督自身によるノベライズ。<br> この本だけ読んではイケマセン。先に必ず映画を観ましょう。色々と突っ込みどころもある映画ですが、そういう邪心は封印して、純粋な気持ちに立ち返って観ましょう。SF少年だったあの日を思い出し、半泣きになりながらテトラを応援してしまうことうけあい。
関連本棚: Leiko kiku_hashi
Fms
ミステリオーソ―映画とジャズと小説と
ミステリオーソ―映画とジャズと小説と
著者: 原 りょう
出版社: 早川書房
評価:
カテゴリ:
コメント: 現在は、この単行本発刊後に発表されたエッセイ等も含めた上で文庫化されています。文庫版は『<a href="http://www.amazon.co.jp/o/ASIN/4150307938/">ミステリオーソ</a>』『<a href="http://www.amazon.co.jp/o/ASIN/4150307946/">ハードボイルド</a>』の2分冊。<br> ところで2005年6月現在、Amazonでその文庫版の「<b>同じテーマ</b>の商品を探す」と、ふくやまけいこと吾妻ひでおが……。<br> <br> 2005年8月4日追記。現在、小林泰三の『海を見る人』まで登場。超ハードSFでっせ……。<br> みんないったいどういう買い方をしているのだ。<br> <br> 2006年9月追記。上記の<b>すごい</b>結果は消えているようです。現在は、予測の範囲内の書籍(チャンドラーとか)が、類似商品として挙げられているようです。
関連本棚: Leiko
Fms
巨人たちの星 (創元SF文庫 (663-3))
巨人たちの星 (創元SF文庫 (663-3))
著者: ジェイムズ・P・ホーガン
出版社: 東京創元社
評価:
カテゴリ:
コメント: 話の主軸がもはやSFではないので、1作目にわくわくした人が読んで楽しめるものではなくなっている気がする。まぁ、私の目的としては、コリエルの謎を解くためだけに読んだので、SFであろうがなかろうがどうでもいいといえばどうでもよかったんだけど←コリエルの正体には正直がっくりしたが。<br> しかし、しかしだ。ハントが面食いできれいなおねえちゃんが大好きというのは前作までで充分分かってはいたのだが、なんやねんこの展開は。第1章の最初(9〜10ページ目)には、思わず読むのを中断して天を仰いでしまった。それ以外にも色々となぁ……人間模様は書かなくていいよ、センスオブワンダーを書いておくれよ、と懇願したくなる。<br> ところで余談ですが、ソビエト代表がソブロスキンでスウェーデン代表がスヴェレンセンって、このネーミングは手抜きですかそれともギャグですか。
関連本棚: shigeya Humanize Sequel hiros Leiko Gandalf m-use れれれ tyosaka DWEI めいぼうじん つけ sho matznaga takeshi kana SF必読書 ystt 大R hide-t EJ lookwest satake ameo SKZ hryk nob裁断済み3
Fms
子供部屋のアリス
著者: ルイス・キャロル, ジョン・テニエル, 高橋 康也, 高橋 迪, Lewis Carroll, John Tenniel
出版社: 新書館
評価:
カテゴリ:
コメント: すこし小さなお友達のために、キャロル自身が書き直した『ふしぎの国のアリス』絵本版。<br> オリジナルに比べて端折っている部分が多いので、あのシーンが入ってない!このシーンが短い!という不満が出てしまう人も多いでしょうね。ただ、チェシャ猫の登場シーンについては、絵と文と装丁がとてもうまく用いられていると思います。
関連本棚: 雨中 Leiko
Fms
人間だって空を飛べる―アメリカ黒人民話集 (福音館文庫 昔話)
人間だって空を飛べる―アメリカ黒人民話集 (福音館文庫 昔話)
著者: ヴァージニア ハミルトン
出版社: 福音館書店
評価:
カテゴリ:
コメント: アフリカから伝わる話もあればアメリカで生まれた話もあるが、どの話も「奴隷」という歴史の立場が深く影響している。しかし暗いわけではなく、むしろどこかあっけらかんとした展開が多いのが印象的。黒人霊歌の陽気なメロディと同じく、その明るさにやりきれなさを感じることも。物語そのものはどれも面白く、純粋に楽しめる。
関連本棚: Leiko
Fms
なぜ人はエイリアンに誘拐されたと思うのか (ハヤカワ文庫NF)
なぜ人はエイリアンに誘拐されたと思うのか (ハヤカワ文庫NF)
著者: スーザン・A. クランシー
出版社: 早川書房
評価:
カテゴリ:
コメント:
関連本棚: sumikawa ねおき Leiko yamaidare denki5150jp sizenkagakusensyo takanofumio_hatena nobuo_o
Fms
「新しい」生態学―生きられる環境づくりの基礎
「新しい」生態学―生きられる環境づくりの基礎
著者: 高橋 正征
出版社: ビオシティ
評価:
カテゴリ:
コメント:
関連本棚: Leiko
Fms
復活の日 (角川文庫 緑 308-9)
著者: 小松 左京
出版社: 角川書店
評価:
カテゴリ:
コメント: 古びていないという言葉は絶対失礼だよなと思いつつ、ついつい言ってしまう。この作品は古びていない。コンピュータの描写でようやく「あぁ、そういえば60年代の作品だった」と思えるくらい。<br> 衝撃と感動のラストという言葉は絶対使い古されてるよなと思いつつ、ついつい言ってしまう。この作品のラストは衝撃と感動で胸がいっぱいになる。<br> 序盤から中盤にかけての淡々としたタッチが良い。私はいわゆる破滅SFが好きなのだが、隕石どーんとか異星人ばーんとかいう派手な終末は苦手だ。世界の終わりというものはもっと静かにやってくるべきだ。そうして、気がつけば日常生活がひとつまたひとつ成り立たなくなり、いつか誰も知らない「その日」を迎えるのだ。という持論のストライクゾーンどんぴしゃり+それだけじゃ終わらん衝撃たっぷり。ついつい言ってしまおう。名作だ。
関連本棚: Leiko tyosaka DWEI h_endo_ykhm nob裁断済み44
Fms
パソコンで学ぶ多変量解析の考え方
パソコンで学ぶ多変量解析の考え方
著者: 井上 勝雄
出版社: 筑波出版会
評価:
カテゴリ:
コメント: ゼミで使っている本。基本的な多変量解析の手法について、それを導く手順・考え方が、丁寧に説明されています。質的・量的、外的基準の有無など、どのようなデータにもひととおり、これ1冊で対応できます。<br> 「パソコンで学ぶ」と冠されていますが、この本で手法を学ぶ段階ではコンピュータは無くてもOK(ゼミでもオール手書きで勉強しました)。ただ、実際に解析をおこなう時は人手じゃできないような計算ばかりなので(何十個・何百個も数字の並ぶ行列なんか手計算でできるかー!)当然コンピュータ必須。
関連本棚: Leiko
Fms
フリーズする脳―思考が止まる、言葉に詰まる (生活人新書)
フリーズする脳―思考が止まる、言葉に詰まる (生活人新書)
著者: 築山 節
出版社: 日本放送出版協会
評価:
カテゴリ: 本棚.orgを見て買ってしまった本
コメント: 思い当たることがちらほらあるなぁ。脳味噌は毎日ばんばん使っている自信があるんだけど、昔っから(コンピュータを使うようになる前から)フリーズ癖があるのは確か。5歳の時から軽い吃音があるのも関係してるのかもしれないけど。<br> 症例のパターンとその具体的な対処方法が書かれているのだが、フリーズの自覚のある人が自己診断で使ってしまうのは危険だと思う。本文でも注意喚起されているが、ボケ症状なのか鬱症状なのか判断が難しい例(ボケと鬱とでは原因も対処法も異なる)や、ハード的な障害でボケ症状が出ている例(脳腫瘍など)のように、専門医でなければ分からないであろう事柄もあるからだ。<br> 脳の「使い方」を意識するきっかけとしては、非常に面白い。
関連本棚: tss Leiko xcda Relax mjh たまちゃん suchi どエスパ ジェミニ 牧野 kotaro
Fms
考具 ―考えるための道具、持っていますか?
考具 ―考えるための道具、持っていますか?
著者: 加藤 昌治
出版社: 阪急コミュニケーションズ
評価:
カテゴリ:
コメント: シンプルで単純で誰でもできる考具ばかりなので、発想ハウツー本を探している人にはとりあえずこれを勧めることにしている。普段から無意識にやっていたことばかりだったので、私個人にはそれほど新鮮なものはなかったけれど。<br> シンプルで単純で誰でもできる=簡単に誰でも素敵なアイデアが思い付ける、というわけではありませんよ当然。でも、手法としてはかなり有効なものが紹介されていると思う。<br> たまたまゼミの後輩に貸したら、ゼミ内の一部で静かなブームになってる模様。
関連本棚: いっちい tomo_ya abu_kame Mics copycat hiroc Leiko miya yashihara Jane takehara pikopiko Angela ヌマシタ Sato 直記 やまモッシュ たけす axd_old dot SKZ KT てりやきさん lockcole atsushifx dottj Surf Rider こはらの本棚(all) 川崎 nyo かえさんの未来 imash まこと られれ pants03a og honjorno tssh nao Nakata lazyknight toooru masurai RyoWin WR gela eggman zokkon らき子 melito harunoriyukamu suchi Dooon dachii Belta nagataka a.p.c-t.k@ hhayakaw morimaki 増井 ハラヒロシ matsumaru non.tba mille-c kotaro Liberty
Fms
パスポート初級露和辞典
パスポート初級露和辞典
著者:
出版社: 白水社
評価:
カテゴリ:
コメント: ついにロシア語の辞書を購入。意味もなくページを繰ったり、あやしげな発音で例文を読み上げては、ひとりでニマニマしている。<br> 辞書としては薄いが、日常使いには充分な語数だし、例文も多い。和露インデックスも付いている。今のところは満足しているが、これで物足りなくなったら博友社かコンサイスのを買うつもり。<br> 本文の和文かな・カナに、ちょっと変わった書体が使われている。これは何というフォントなのだろう。やや長体で、どことなく映画の字幕の書体に似ている。可愛らしくも上品な印象の書体なので、辞書全体が柔らかい雰囲気に見えて、とても素敵。
関連本棚: Leiko messe
Fms
SF大将
SF大将
著者: とり みき, S-Fマガジン編集部
出版社: 早川書房
評価:
カテゴリ:
コメント: 元ネタを知らない作品でも面白い。元ネタを知っていても、ひねりすぎているため、元ネタなんかどうでもよくなっていたりする。そうやってさんざん爆笑したのち、「ソングマスター」の最後のコマでは、胸が熱くなった。<br> 装幀はもちろん祖父江慎。相変わらず、ちょっとヒートアップし過ぎの造本が素敵。
関連本棚: らぢゅん Leiko Laggnugg takoyakim のらねこ兵☆売っちゃった
Fms
大人の科学マガジン Vol.17 ( テルミン ) (Gakken Mook)
大人の科学マガジン Vol.17 ( テルミン ) (Gakken Mook)
著者: 大人の科学マガジン編集部
出版社: 学習研究社
評価:
カテゴリ: 雑誌やムックみたいなもの
コメント: フェンダーのアンプ買いました。
関連本棚: tst Leiko あに minek 増井 null いろきゅう
Fms
いのちの食べかた (よりみちパン!セ)
いのちの食べかた (よりみちパン!セ)
著者: 森 達也
出版社: 理論社
評価:
カテゴリ:
コメント: これが子供向けの本なのか。さすが理論社、思いきったことをするね。<br> ちょっと話を広げ過ぎているきらいはあるけれど、自分が世界をどう見ているか、その見方を再考するきっかけになると思う。<br> 児童書だけれど、大人にこそ、是非。
関連本棚: whalebone Leiko 暇人 beel sakai mine silveryblue eggman takoyakim QP11 tricot yomi_nuxx suchi 生電話 nobuo_o go.tekuteku
Fms
地球の限界とつきあう法 - 基本のキホン (日経ビジネス人文庫―基本のキホン)
地球の限界とつきあう法 - 基本のキホン (日経ビジネス人文庫―基本のキホン)
著者: 三橋 規宏
出版社: 日本経済新聞社
評価:
カテゴリ:
コメント: タイトルどおり「基本のキホン」である。広く、そこそこ深い。ここしばらくの環境問題の動向をひととおり知ることができる。個人的には「なぜアメリカは環境に無関心なのか」が非常に興味深かった。
関連本棚: Leiko
Fms
「個性」を煽られる子どもたち―親密圏の変容を考える (岩波ブックレット)
「個性」を煽られる子どもたち―親密圏の変容を考える (岩波ブックレット)
著者: 土井 隆義
出版社: 岩波書店
評価:
カテゴリ: 本棚.orgを見て買ってしまった本
コメント: 10代から20代前半というのは、それより上の世代から見れば大した違いのないように見える年代だが、そのまっただなかにいる者にとっては1年の差が非常に大きい年代だという。そんな話を思い出しました。<br> 個性を煽られる一方で、均質であることも求められているという気もします。
関連本棚: Leiko
Fms
工夫されたあきの縫い方 (合理的なテクニックを写真で学ぶ)
工夫されたあきの縫い方 (合理的なテクニックを写真で学ぶ)
著者: 佐藤 貴美枝
出版社: 文化出版局
評価:
カテゴリ:
コメント:
関連本棚: Leiko
Fms