hondana.org
本を探す

 


Scrapbox
書籍追加 | 本棚情報変更 | 名前変更/本棚削除 | ヘルプ | ランダム

(378/830)冊
Fms
彼らが夢見た2000年
彼らが夢見た2000年
著者: アンドリュー ワット, 長山 靖生
出版社: 新潮社
評価:
カテゴリ:
コメント: 100年前の人たちが想像した「2000年」の姿。<br> その懐かしい「未来」の世界に、今我々がいないということが、ちょっぴり淋しい。私の予定ではそろそろ車が空を飛んでいるはずだったのに、と感傷に浸りつつ、100年後の人たちに向けて我々はどのような夢を見るのだろうと、ふと思う。
関連本棚: Leiko Yasu.
Fms
鈴木いづみプレミアム・コレクション
鈴木いづみプレミアム・コレクション
著者: 鈴木 いづみ
出版社: 文遊社
評価:
カテゴリ:
コメント: ランダムウォークでこの本を見つけたのはほんの偶然で、購入したのも気紛れだった。鈴木いづみの名前くらいは知っていたが、それ以上の興味があったわけではない。<br> 書かれた当初はSFだったんだろうが、今これが発表されるなら文芸誌だろうなという気がする。私にとってはひどく同時代性を感じさせられる小説群だが、私の時代感覚が狂っているせいか、鈴木いづみが帯のアオリどおり「現代を先取り」していたせいか、それは分からない。<br> この世界、男性読者はどう読んでいるのか気になる。たぶん、女性とはとらえ方が違うのではないかなという気がする。勘だけど。
関連本棚: Leiko
Fms
いないいないばあ (松谷みよ子あかちゃんの本)
いないいないばあ (松谷みよ子あかちゃんの本)
著者: 松谷 みよ子
出版社: 童心社
評価:
カテゴリ:
コメント: いつか子供ができたなら、いちばん最初に触れさせてあげたいと思える絵本の一つ。
関連本棚: みやぽん Leiko メエメエ あ〜ちゃん ママン suchi はるか ありさ hirschkalb 第一の部屋
Fms
死ぬのは、こわい? (よりみちパン!セ)
死ぬのは、こわい? (よりみちパン!セ)
著者: 徳永 進
出版社: 理論社
評価:
カテゴリ:
コメント: ホスピス「野の花診療所」で生きて死んだ人々のエピソードを積み重ねながら、死について考えていく本。<br> ストーリー仕立てになっているのだが、特に物語調にしなくても良かったのではないかなぁ。著者のエッセイなどはもともととても読みやすいので、あらためて子供向けを意識した書き方でなくても良いと思う。
関連本棚: Leiko
Fms
カメレオンは大海を渡る―サイエンス・コラム110 (ハヤカワ文庫NF)
カメレオンは大海を渡る―サイエンス・コラム110 (ハヤカワ文庫NF)
著者: 橋元 淳一郎
出版社: 早川書房
評価:
カテゴリ:
コメント:
関連本棚: Leiko
Fms
天象儀の星 (ソノラマ文庫)
著者: 秋山 完
出版社: 朝日ソノラマ
評価:
カテゴリ:
コメント: 秋山氏の著作は全て同じ時間軸上で繰り広げられているが、単品でも楽しめる。この短編集には、ペリペティアのようなドタバタ風味とは作風の異なる、読後感の良い佳品が並ぶ。
関連本棚: Leiko 鍛鉄 YOROKOBI bookbug 【ひろ】 ひろ
Fms
ロルカ詩集 (世界現代詩文庫)
ロルカ詩集 (世界現代詩文庫)
著者: ガルシーア ロルカ
出版社: 土曜美術社出版販売
評価:
カテゴリ:
コメント: ロルカを知ったのは、星新一ショートショートコンテストの最優秀賞だった「海」という作品から。この詩集を買ったら「海」で引用されているのと同じ翻訳だったので嬉しかった。<br> 作品中に出てくる色の扱いがとても印象的。真紅の塔、緑の鏡、黒い子馬……スペインならではの感性だと思う。情熱的な詩が多いが、その合間に見え隠れする感傷めいた描写の雰囲気も良い。<br> そういえば『<a href="http://www.hondana.org/Leiko/488625263X.html">アンリ・ミショー詩集</a>』と同じ訳者。本来は仏文畑の方のようです。
関連本棚: Leiko kayak
Fms
今日はこの米!―コシヒカリの子孫たち (生活人新書)
今日はこの米!―コシヒカリの子孫たち (生活人新書)
著者: 西島 豊造
出版社: 日本放送出版協会
評価:
カテゴリ:
コメント:
関連本棚: Leiko ogijun
Fms
日本SF・幼年期の終り―「世界SF全集」月報より
日本SF・幼年期の終り―「世界SF全集」月報より
著者: 早川書房編集部
出版社: 早川書房
評価:
カテゴリ:
コメント: 『世界SF全集』の月報に掲載されたエッセイから抜粋編集されたもの(全105篇中、34篇を収録)。執筆者の半数近くが鬼籍に入っているという事実に、時代の流れを感じる。<br> 世界SF全集は、高校生の時に県立図書館の片隅で読んだ。薄暗い書架、ほのかに黴くさいページ。月報は表紙の裏のところに留めてあった。<br> 全集自体は古書店で見つかっても、月報まで揃えるのはやや難しいと思われる。このような企画本が実現したこと自体は素晴らしいが、どうせなら全部収録して欲しかった。また、当時の世相などを絡めた注釈なり解説なりがあれば、SF史の文献としても貴重なものになったのでは。
関連本棚: Leiko sanpei 秘密
Fms
星虫 (ソノラマ文庫)
星虫 (ソノラマ文庫)
著者: 岩本 隆雄
出版社: 朝日ソノラマ
評価:
カテゴリ:
コメント: この本を読み終わったのは、シドニー五輪の開幕のちょっと前だった。たまたま家族がNHKを見ている横でこの本を読んでおり、感動のクライマックスに心が盛り上がっていたその時。NHKの五輪テーマソングが発表され、テレビから流れてきた……ZARDの「Get U're Dream」という曲。歌の概要は「君の瞳に星が輝いて、希望を抱いて遠くに行き、夢を叶える」というもの。驚いた。そのまんま『星虫』のテーマソングと言ってもおかしくなかったから。<br> というシンクロニティを体験して以来、この本を再読するたびに「Get U're Dream」が頭に流れるようになってしまった。
関連本棚: sumikawa suguruguruguru Leiko 鍛鉄 YOROKOBI bookbug njin かいちゃん sunao 【ひろ】 ひろ mnpk takchabo
Fms
時間はどこで生まれるのか (集英社新書)
時間はどこで生まれるのか (集英社新書)
著者: 橋元 淳一郎
出版社: 集英社
評価:
カテゴリ:
コメント:
関連本棚: 13号 Leiko 6期生 sizenkagakusensyo ミルキー ogijun tasario
Fms
YASHA (1) (小学館文庫)
YASHA (1) (小学館文庫)
著者: 吉田 秋生
出版社: 小学館
評価:
カテゴリ:
コメント: また美少年か!また天才か!<br> 他にも「またか!」「またか!」という展開ばかり。でもやっぱり巧いなぁ、しっかり読ませる構成はさすが。ただ、全巻読み終えて思ったのだが、もうちょっと長くても良かったかもしれない。話を引っ張るということではなくて、密度という点で。<br> 『イヴの眠り』というのが続編らしいのだが、評判を聞く限りではいまいちそそられないので、読んでいない。
関連本棚: hotaruika Leiko 【ひろ】過去 ともとも
Fms
yaso―特集+ドール
yaso―特集+ドール
著者:
出版社: ステュディオ・パラボリカ
評価:
カテゴリ:
コメント: やなぎみわのインタビュー目当てで購入。心斎橋ランダムウォークにて。
関連本棚: Leiko yutayuta null
Fms
占星師アフサンの遠見鏡 (ハヤカワ文庫SF)
占星師アフサンの遠見鏡 (ハヤカワ文庫SF)
著者: ロバート・J. ソウヤー
出版社: 早川書房
評価:
カテゴリ:
コメント: 恐竜ガリレオ少年の物語。大好きな大好きな作品。<br> 手に汗握ります。興奮します。わくわくします。途中で「アフサン〜〜〜〜(涙)」と叫びたくなるシーンがいくつかあります(実際叫んでしまった)。ラストは泣きます。そして、読み終えて数日間は「ハハット・ダン」なんて口走ってしまうくらい洗脳されます。<br> あまりに気に入ったので布教しようと人に貸したら、コーヒーこぼされて返ってきました。嗚呼かわいそうなアフサン。ちなみにコーヒーこぼされた本は、別の人に貸しました。そしたら戻ってきませんでした。嗚呼かわいがってもらえていれば良いのだが。そういうわけで、我が家にあるのは2冊目なのです。<br> しかし、このシリーズの続編はいつ邦訳されるんだぁ〜〜。邦訳刊行を待つより、原書を読む根性を身に付けた方が早いかも……とさえ思えてしまうぞ。他のソウヤーの作品は次々に邦訳されているのに。アフサンも、評判がいいから再版されたはずなのに。ハッ、もしかして、マニア受けはするが一般に売れてないから続編が出せないとか?(そうでないことを祈る)
関連本棚: Leiko Gandalf njin mie コンマ 読む時間欲しい kana km wsbfrkk 秘密
Fms
夢みる宝石 (ハヤカワ文庫 SF 365)
著者: シオドア・スタージョン
出版社: 早川書房
評価:
カテゴリ:
コメント: カーニバルの空気に包まれた幻想。一気読みしてしまった。好き嫌いの分かれる作品だろうが、私にとっては忘れられない小説の一つ。
関連本棚: Leiko Gandalf 一歩 まひろ SugarFree aki hide-t
Fms
土曜ワイド殺人事件 (少年キャプテンコミックススペシャル)
著者: とり みき, ゆうき まさみ
出版社: 徳間書店
評価:
カテゴリ:
コメント: 何度読んでも面白い。ただでさえ普段からギャグのテンションが高いとり氏とゆうき氏、二人揃ってパワーアップしすぎ(笑)。細かいネタも山のように仕込まれているので、コマの隅まで舐めるように読むと、毎回必ず新たな発見がある。
関連本棚: m Leiko Y.nabe ひがき sho K-To Tarosa ザ区
Fms
CD付 コードから始めるジャズピアノ入門 菊地雅臣編著
CD付 コードから始めるジャズピアノ入門 菊地雅臣編著
著者:
出版社: 自由現代社
評価:
カテゴリ:
コメント: 『<a href="/Leiko/4845610140">ムック なんちゃってジャズピアノ CD付 (リットーミュージック・ムック―キーボード・マガジン)</a>』の方が知られているようだが、私にはこちらの方が良かった。それっぽいコード進行のやり方が、ちょっとだけ分かるようになった。<br> コードの押さえ方を延々練習するようなものは少なく、4小節程度でも曲っぽく仕上がっているものが多い。いくつか組み合わせるだけでアドリブ曲が仕上がりそうなほどなので、CDのサンプル音源を聴くだけでも楽しい。また、ピアノの音だけではなくドラムが入っているため、リズムが取りやすいのも良い。
関連本棚: Leiko
Fms
ラヴ・フリーク (広済堂文庫―異形コレクション)
著者: 井上 雅彦
出版社: 廣済堂出版
評価:
カテゴリ:
コメント: 異形コレクションシリーズ。1冊1テーマで、毎回2,30人の作家が競作する、ホラー短編コレクション。<br> 収録作家に惹かれて1冊、古本屋で見かけて何となくまた1冊、なんてことを繰り返し、全部ではないけれど結構な冊数を持っている気が。読んだことのある中で一番好きな巻は、9巻目の『グランドホテル』です。
関連本棚: Leiko SMS
Fms
雪蛍 (講談社ノベルス)
雪蛍 (講談社ノベルス)
著者: 大沢 在昌
出版社: 講談社
評価:
カテゴリ:
コメント: 佐久間公復活!とか言って騒ぐのがセオリーらしいが、若い頃の佐久間公を知らないので何とも言えない。私の場合、外身も中身も若い男より、いい感じに年を食っている男の方がポイントが高いので、若い頃を冷静に振り返る佐久間公というあたりがなかなかツボ。<br> 家出少女かセイルオフか、どちらかに焦点を絞った方が良かったのではないかという気もするが、全体的にはまぁまとまっている。本の厚さのわりにサラッと読めるのではないだろうか。
関連本棚: Leiko 自己満足
Fms
工夫されたあきの縫い方 (合理的なテクニックを写真で学ぶ)
工夫されたあきの縫い方 (合理的なテクニックを写真で学ぶ)
著者: 佐藤 貴美枝
出版社: 文化出版局
評価:
カテゴリ:
コメント:
関連本棚: Leiko
Fms