hondana.org
本を探す

 


Scrapbox
書籍追加 | 本棚情報変更 | 名前変更/本棚削除 | ヘルプ

(605/673)冊
Fms
ふがいない僕は空を見た (新潮文庫)
ふがいない僕は空を見た (新潮文庫)
著者: 窪 美澄
出版社: 新潮社
評価: ★★★★☆
カテゴリ: 09_娯楽
コメント:
関連本棚: SKZ fulmine
Fms
元素周期表で世界はすべて読み解ける 宇宙、地球、人体の成り立ち (光文社新書)
元素周期表で世界はすべて読み解ける 宇宙、地球、人体の成り立ち (光文社新書)
著者: 吉田 たかよし
出版社: 光文社
評価: ★★★★☆
カテゴリ: 50_サイエンス
コメント:
関連本棚: SKZ T.Miyashima
Fms
ゴールデンスランバー
ゴールデンスランバー
著者: 伊坂 幸太郎
出版社: 新潮社
評価: ★★★★☆
カテゴリ: 09_娯楽
コメント: 最新刊を読了。<br> 伊坂氏の久しぶりの長編ミステリー、純粋に面白かったです。<br> 「ラッシュライフ」あたりを書いていたときのような、肩に力の入った感じもなかったし、小気味良いトークも冴えわたっていたし。<br> 念願の直木賞を、とまでは行かない内容とは思いましたが、氏のサービス精神に溢れた作品に仕上がっていました。<br> どうでもよいことですが、伊坂氏の作品、小見出しに影絵(?)が描いてあるのがとてもお気に入り&分かりやすくて良い(^^
関連本棚: akagera SKZ kawaikyo amo ヌマシタ yasudall キノベス!2008 ラ・マスカラJr. wkt 依倉アサ みかげ I垣 kimbook Lorelei ピロコ 桂の人2 umeppshot
Fms
天国までの百マイル
天国までの百マイル
著者: 浅田 次郎
出版社: 朝日新聞社
評価: ★★★★☆
カテゴリ: 09_娯楽
コメント: 本当に良い作品というのは、えてしてそれを賞賛する言葉がうまいこと見つからないものだ。本作もそんな作品の一つ。破産で全てを失った現状にもめげず、別れた妻への毎月の送金も怠らず、薄情な兄姉たちの力も借りずに、デブでブスのホステス「マリちゃん」に慰めてもらいながら、必死になって「おかあちゃん」を助けようとする四十男の奔走劇。<br> そんな主人公、安男の台詞「俺はろくでなしだけど、人でなしじゃない」、それが胸に響いた。必読。
関連本棚: SKZ hokorobi
Fms
レヴォリューション No.3
レヴォリューション No.3
著者: 金城 一紀
出版社: 角川書店
評価: ★★★★☆
カテゴリ: 09_娯楽
コメント: ゾンビーズシリーズの出発点となる作品。実は順番的に、「フライ、ダディ、フライ」→「SPEED」と先に読んでしまっていたのだが、それはそれで〝ゾンビーズ〟のルーツを辿っていくといった趣きもあって楽しめました。<br> でもって本作品自体の出来ですが、もう10年近く前に書かれた物語とは思えないほどの新鮮さと、さすが〝ページターナー金城〟だけあって、テンポ良く小気味良い笑いとペーソスが織りこめられていて、ついつい次を読み進めたくなってしまう。図書館では「ティーンズ」向けというラベルが貼られていたけれど、そんなことは気にせずに三十路後半の私でも十分に楽しめたのでした。<br> 収録:「レヴォリューションNo.3」「ラン、ボーイズ、ラン」「異教徒たちの踊り」
関連本棚: kiki SKZ GAKI しんじの本棚(2002年9月〜2003年) perfect.orange しのぴー 准エコノミスト・今福
Fms
/SKZ/4778315472
著者:
出版社:
評価: ★★★★☆
カテゴリ: 09_娯楽
コメント: 何も残らないエッセイ(最大級の褒め言葉)。あ、いや、そんな表現方法やらメタファーがあったか!という語彙力が豊かになるという効用も。カレー沢薫、大好きになった
関連本棚: SKZ
Fms
ビタミンF (新潮文庫)
ビタミンF (新潮文庫)
著者: 重松 清
出版社: 新潮社
評価: ★★★★☆
カテゴリ: 09_娯楽
コメント: これで直木賞をとったんだよねー<br> 重松さんの本は他にもたくさん良い作品がありますが。<br> 収録:「ゲンコツ」「はずれくじ」「パンドラ」「セッちゃん」「なぎさホテルにて」「かさぶたまぶた」「母帰る」
関連本棚: hashimoto tkmr にゃかもと Shadow-mountain リッキー叔父さん takuji ににんがし SKZ mmatsu kanapon messe くろまる うさ 有栖川 木目調 桂の人 さとほ 本日のコーヒー gudaguda
Fms
リレキショ
リレキショ
著者: 中村 航
出版社: 河出書房新社
評価: ★★★★☆
カテゴリ: 09_娯楽
コメント: このテの小説をファンタジーと呼ぶのか恋愛小説と呼ぶのかは分からないものの、僕にはハマった。そもそも「僕」なんて一人称を使ってしまっている時点で、中村航ワールドにハマってしまっている証拠だろう。<br> ストーリーがどうこういう以前に、適度な軽薄さを持った文体が、非常に心地よかった。<br> ゴッゴーウルシバラー♪
関連本棚: SKZ 2002年9月〜2003年・しんじ だいすきな小説・詩集・エッセイなど takao
Fms
動機 (文春文庫)
動機 (文春文庫)
著者: 横山 秀夫
出版社: 文藝春秋
評価: ★★★★☆
カテゴリ: 09_娯楽
コメント: 「逆転の夏」が秀逸。氏の短編集では好きなほう。<br> 他の収録作:「動機」「ネタ元」「密室の人」
関連本棚: 番長のリアル文庫 みかん(た行〜アンソロジー) らいさん みなち 他稀有氏 SKZ KZh 平蔵 月二海 Lorelei 洵子 Mikan Akashita
Fms
影踏み
影踏み
著者: 横山 秀夫
出版社: 祥伝社
評価: ★★★★☆
カテゴリ: 09_娯楽
コメント: 横山秀夫得意の短編集。忍び込み泥棒〝ノビ師〟の真壁と「中耳の中の弟」を中心とした連作となっており、7編の世界観が陰鬱な、それでいて何となく主人公の肩を持ちたくなるような設定で統一されているのがいい。何とも痺れる作品。<br> 収録:「消息」「刻印」「抱擁」「業火」「使徒」「遺言」「行方」
関連本棚: あかり みかん(た行〜アンソロジー) としあき SKZ min 可楽まんだら草紙 Lorelei
Fms
真夜中のマーチ (集英社文庫)
真夜中のマーチ (集英社文庫)
著者: 奥田 英朗
出版社: 集英社
評価: ★★★★☆
カテゴリ: 09_娯楽
コメント: さらっと読めますね。肩の力を抜いてどうぞ、てか。
関連本棚: tkmr SKZ 左に傾いた木 しの家 びっち UNO ラ・マスカラJr. 黒須
Fms
そして殺人者は野に放たれる
そして殺人者は野に放たれる
著者: 日垣 隆
出版社: 新潮社
評価: ★★★★☆
カテゴリ: 99_その他
コメント: ジャーナリスト日垣隆氏が、10年の歳月をかけて書き上げた本書。<br> 刑法三十九条「心神喪失者の行為は、罰しない。心神耗弱者の行為は、その刑を軽減する」<br> 100年も前に制定されて、ほとんど改定されずに放置されてきたこの条項の暴走ぶりが、数多の事例を取り上げて記されている。<br> 何人もの罪の無い人間を殺傷したにも関わらず、「覚醒剤を打っていたから」「過度のアルコールを摂取して酩酊状態にあったから」そんな理由で、加害者を心神耗弱もしくは心神喪失状態であると「鑑定」してきた結果、何人もの殺人者を無罪、または数年の服役で世に送り出してきてしまっているという事実を、法曹界、特に裁判官の方々や、唯一の立法機関である国会議員の先生方はどのように捉えているのであろうか。<br> 憲法九条がどうのと言う前に、この〝悪法〟である刑法三十九条を何とかしてほしい。<br> 著者の日垣氏は「日本は世界一、犯罪者に優しい国であり、量刑が最も軽い国なのである」と嘆く。私も全く同感だ。ハムラビ法典を紐解くまでもなく、目には目を、殺人者には極刑を、というのが至極真っ当な考え方である、というのは過激な思想なのだろうか?<br> ちなみにあとがきを読んで初めて分かったことであるが、著者の日垣氏には、精神分裂病の兄と、「理不尽な殺され方」をした弟がいるとのことである。加害者になりうる兄と、被害者である弟の存在。氏の主張はそれだけに重い。<br> 繰り返すが、法曹界の人間は、この本を真摯な姿勢で読むべきである。被害者感情を一切無視した、一世紀も前の悪法に沿いさえすれば判決文が書けると誤解をしている裁判官が、一人でも改心してくれたら、と切に願う。
関連本棚: SKZ sakai ogijun
Fms
地頭力を鍛える 問題解決に活かす「フェルミ推定」
地頭力を鍛える 問題解決に活かす「フェルミ推定」
著者: 細谷 功
出版社: 東洋経済新報社
評価: ★★★★☆
カテゴリ: 01_自己啓発
コメント: 良書です。「日本全国に電柱は何本あるか?」「シカゴにピアノ調律師は何人いるか?」などという、コンサルファームの新卒採用面接などでよく問われる(らしい)問題を解くための、〝フェルミ推定〟なるツール(考え方)の紹介を皮切りに、「地頭力」の重要さだとか鍛える術について書かれている。<br> 要は問題を解決するときの姿勢として、「結論から」「全体から」「単純に」この3つを大事にしなさい、と。いつも気をつけているつもりでもナカナカできていないので、耳が痛い話ではありました。<br><br> ※特に刺さったセンテンスを以下に※ <li>「検索エンジン中毒」「情報コレクター」「完璧主義」「猪突猛進」「経験至上主義」に陥ってはいないか<br> <li>コミュニケーションにおける最大の問題は、それが達成されたという幻想である(ジョージ・バーナード・ショー)<br> <li>仮説思考:どんなに少ない情報からでも仮説を構築する姿勢/前提条件を設定して先に進む力/時間を決めてとにかく結論を出す力<br> <li>90分の内容をいかに30秒で説明するかという訓練を積み重ねる<br> <li>知的好奇心にも二種類ある。1.知識への好奇心(What型)、2.問題解決への好奇心(Why型)。特に後者を鍛えるべきだ<br> <li>智に働けば角が立つ。情に棹させば流される。意地を通せば窮屈だ。兎角に人の世は住みにくい。(「草枕」夏目漱石)<br>
関連本棚: SKZ ugokada lazyknight ARATA k05ke pikopiko shunzi RyoWin ばんぐ kazuosij maejie うめ kzk2009 いぬ おれおれ
Fms
我が家のヒミツ
我が家のヒミツ
著者: 奥田 英朗
出版社: 集英社
評価: ★★★★☆
カテゴリ: 09_娯楽
コメント:
関連本棚: SKZ nm090 go.tekuteku
Fms
陽気なギャングが地球を回す (ノン・ノベル)
Fms
ラッシュライフ (新潮文庫)
Fms
フライ,ダディ,フライ
フライ,ダディ,フライ
著者: 金城 一紀
出版社: 講談社
評価: ★★★★☆
カテゴリ: 09_娯楽
コメント: 金城作品に着手した2作品め。<br> オヤジ、カッコ良すぎ。
関連本棚: kiki 織田 abu_kame みあ あくび こきぞう moa 89 SKZ 井上裕太 gloomy sky tomoryoo 2002年9月〜2003年・しんじ しんじの本棚(2002年9月〜2003年) sona えりぃ 農工大農獣医 yoosee
Fms
人を動かす 新装版
Fms
脳が冴える15の習慣―記憶・集中・思考力を高める (生活人新書)
脳が冴える15の習慣―記憶・集中・思考力を高める (生活人新書)
著者: 築山 節
出版社: 日本放送出版協会
評価: ★★★★☆
カテゴリ: 01_自己啓発
コメント: さすが医学博士が書いた本だけあって、リアルな説得力がある。<br> 個人的に特に刺さったのは以下のもの。<br> 習慣1 生活の原点をつくる===<br> ・少し早めに起きて二つのことを実行すべし<br>  −散歩などの軽い運動 ※散歩をした後は脳が働きやすい<br>  −部屋の片付け<br> 習慣2 集中力を高める===<br> ・仕事をする時間は何時までと決めて、それ以降はない、と考える習慣を持つ<br> 習慣3 睡眠の意義===<br> ・夜の勉強は中途半端にやっておいて、睡眠時間を十分に取り、起きてから整理する<br>  →睡眠中の脳の「整理力」を利用する<br> 習慣8 記憶力を高める===<br> ・話が上手い人、話題の引き出しが多い人=常に「情報を誰かに伝えよう」と意識している<br> 習慣10 「たとえ話」を混ぜながら相手の身になって話そう===<br> ・相手の身になって話そうとしていなければ、適切なたとえ話はできない<br> 習慣11 脳を健康に保つ食事===<br> ・「腹八分目」が大切、満腹感は少し遅れて発生する<br>
関連本棚: 増井の処分予定本 ヒロキング ヌマシタ 増井 Haimu SKZ atsushifx baxa denki5150jp asian_lib tetsu102 tam どエスパ たまちゃん 葛西 pikopiko nagataka karasu ogijun kotaro
Fms
/SKZ/4870141264
著者:
出版社:
評価: ★★★★☆
カテゴリ:
コメント: タイトルが入らないのはなぜだろうか
関連本棚: SKZ
Fms