hondana.org
本を探す

 


Scrapbox
書籍追加 | 本棚情報変更 | 名前変更/本棚削除 | ヘルプ | ランダム

(487/507)冊
Fms
あきない世傳 金と銀(十三) 大海篇 (ハルキ文庫 た 19-28)
あきない世傳 金と銀(十三) 大海篇 (ハルキ文庫 た 19-28)
著者: 高田 郁
出版社: 角川春樹事務所
評価:
カテゴリ:
コメント: 最終巻なのに上がり下がりしすぎ。特別巻なければ終わることに納得できないひと、私以外にもおられるでしょう。買うての幸い、売っての幸せ、は、いいけれど、賢輔はせつないな。 金と銀が示唆したものも予定調和とは違うけれどお説教臭い。 楽しんだシリーズなので惜しい気持ちはありますが、ありがとうございました。特別巻楽しみです。 2022-041
関連本棚: AkizoMickeyGo
Fms
下鴨料亭味くらべ帖 料理の神様 (PHP文芸文庫)
下鴨料亭味くらべ帖 料理の神様 (PHP文芸文庫)
著者: 柏井 壽
出版社: PHP研究所
評価:
カテゴリ:
コメント: 白黒つけなさすぎでもやもやしまくり。いかにも京都らしくて引きずりそう。 続くのかな? 2022-040
関連本棚: AkizoMickeyGo
Fms
叛鬼
叛鬼
著者: 伊東潤
出版社: 中央公論新社
評価:
カテゴリ:
コメント: なんかすぐ激怒しちゃう人ばかり、、、 2022-039
関連本棚: AkizoMickeyGo
Fms
三浦一族の中世 (歴史文化ライブラリー)
三浦一族の中世 (歴史文化ライブラリー)
著者: 高橋 秀樹
出版社: 吉川弘文館
評価:
カテゴリ:
コメント: 横須賀美術館が楽しみでしょうがない。 2022-038
関連本棚: AkizoMickeyGo
Fms
善人長屋 (新潮文庫)
善人長屋 (新潮文庫)
著者: 西條 奈加
出版社: 新潮社
評価:
カテゴリ:
コメント: 今やっているBS時代劇のラストは、原作と違う脚本にならないことを祈ります。 2022-037
関連本棚: AkizoMickeyGo
Fms
四畳半タイムマシンブルース
四畳半タイムマシンブルース
著者: 森見 登美彦, 上田 誠
出版社: KADOKAWA
評価:
カテゴリ:
コメント: 娘の単行本借りて読みました。 成就した恋ほど語るに値しないものはない。 自分用に文庫が欲しくなりました。 2022-036
関連本棚: AkizoMickeyGo
Fms
幕末単身赴任 下級武士の食日記 増補版 (ちくま文庫)
幕末単身赴任 下級武士の食日記 増補版 (ちくま文庫)
著者: 直己, 青木
出版社: 筑摩書房
評価:
カテゴリ:
コメント: NHKのドラマ「ブシメシ」の原作のようでしたが、全くの別物としてとても楽しめました。 2022-035
関連本棚: AkizoMickeyGo takoyakim
Fms
凜として弓を引く
凜として弓を引く
著者: 碧野圭
出版社: 講談社
評価:
カテゴリ:
コメント: 素晴らしかった。書店ガールを初めて読んた読後感も確かこんな感じて清々しかった気がする。友人がいつも凛として背筋もピンとしている理由がわかった。続きが楽しみ。 2022-034
関連本棚: AkizoMickeyGo 増井
Fms
神楽坂つきみ茶屋4 頂上決戦の七夕料理 (講談社文庫)
神楽坂つきみ茶屋4 頂上決戦の七夕料理 (講談社文庫)
著者: 斎藤 千輪
出版社: 講談社
評価:
カテゴリ:
コメント: なんかとても無理してるような気がするのですが、美味しそうなので良しとします。 2022-033
関連本棚: AkizoMickeyGo
Fms
美しき愚かものたちのタブロー
美しき愚かものたちのタブロー
著者: 原田マハ
出版社: 文藝春秋
評価:
カテゴリ:
コメント: かつてゴッホ展で買った思い出のアルルの寝室のブックカバーで気分たかめて楽しく読了。司馬遼太郎にマハさんを重ねた解説に深く納得。 2022-032
関連本棚: AkizoMickeyGo
Fms
異世界居酒屋「のぶ」七杯目 (宝島社文庫)
異世界居酒屋「のぶ」七杯目 (宝島社文庫)
著者: 蝉川 夏哉, 転
出版社: 宝島社
評価:
カテゴリ:
コメント: 七杯目も大変美味しゅうございました。 おかわりを早くお願いいたします。 2022-031
関連本棚: AkizoMickeyGo
Fms
鬼統べる国、大和出雲 古事記異聞
鬼統べる国、大和出雲 古事記異聞
著者: 高田崇史
出版社: 講談社
評価:
カテゴリ:
コメント: たまらん面白い。大神神社には2度参拝、三輪山は一度登拝したけど、ぜひまた行きたい。 2022-030
関連本棚: AkizoMickeyGo
Fms
学校では教えてくれない日本史の授業 3 悪人英雄論
学校では教えてくれない日本史の授業 3 悪人英雄論
著者: 井沢 元彦
出版社: PHP研究所
評価:
カテゴリ:
コメント: 図書館本連荘。悪人英雄論とはいいタイトル、逆説的でさすが。歴史というものは、勝者によってその立場で描かれるとは、当たり前のことなのに井沢さんの「逆説」を読むまで気づかなかった。同様に、歴史上悪人と言われる人は 、その理屈から本当に悪人かというとそうでないですよ、と、中身はほぼ既知のことでしたが、これも授業と謳うだけあって平易に丁寧に書かれていてとても好感が持てる。足利尊氏=優しい人=必要な時に非情な決断ができない人=時代に禍根を残す、は、なんとも考えさせる。一方、毛利元就=人当たりがいい=一致団結を説く=騙しの達人=磐石な体制を構築する、も、なんとも考えさせられる。 2014ー024
関連本棚: AkizoMickeyGo
Fms
ディズニーキャストざわざわ日記
ディズニーキャストざわざわ日記
著者: 笠原一郎
出版社: フォレスト出版
評価:
カテゴリ:
コメント: 60で定年退職し、再雇用には応募せずディズニーで働くことを夢見ていましたが、現実の厳しさを予想通りに期待を上回りも下回りもせず本書は示してくれました。やっぱ無理かな。 2022-029
関連本棚: AkizoMickeyGo
Fms
逢坂の六人
逢坂の六人
著者: 周防柳
出版社: 集英社
評価:
カテゴリ:
コメント: 周防さん3冊目だったけど、本書も素晴らしかった。正岡子規の批評を未来予測として盛り込む茶目っ気も微笑ましい。 2022-028
関連本棚: AkizoMickeyGo
Fms
木に学べ―法隆寺・薬師寺の美 (小学館文庫)
木に学べ―法隆寺・薬師寺の美 (小学館文庫)
著者: 西岡 常一
出版社: 小学館
評価:
カテゴリ:
コメント: 古代の建築物も、権力者や学者、宗教指導者が建てたものではなく、自然の摂理を伝統と感!?で理解する大工さんが、詰まるところは建てたものだということを、改めて実感させられた。石の建造物中心の世界遺産に、解体修理や再建を繰返す日本の木造建築が加えられることになった意義を含め、この伝統解体修理このあとも続いて欲しいとつくづく考える。本書を読んでいる最中に善光寺御開帳を詣でることができた因果にも感謝。ねじれ柱は木の癖? 2022-027
関連本棚: 巡回時間風景 syakaikagakuaensyo くっしー yasunari AkizoMickeyGo
Fms
街道をゆく
街道をゆく
著者: 司馬遼太郎
出版社: 朝日新聞社
評価:
カテゴリ:
コメント: 定年を迎えられた大先輩から、本書を引用してお言葉をいただき、改めて確認も含め96年の第一刷を本棚から引き釣り出して再読。とても嬉しかった。 2022-026
関連本棚: AkizoMickeyGo
Fms
八本目の槍
八本目の槍
著者: 今村翔吾
出版社: 新潮社
評価:
カテゴリ:
コメント: 直木賞受賞作に先立ち、文庫化された本書で今村さんを初読。すごくワクワクして面白い!ではないけど、新しい視点でとても上手だな、がまずは感想。 引続き読んでいきたい。 2022-025
関連本棚: AkizoMickeyGo
Fms
鴨川食堂しあわせ
鴨川食堂しあわせ
著者: 柏井壽
出版社: 小学館
評価:
カテゴリ:
コメント: 相変わらずどれも美味しそう。地元の常連さんは全く出てこなくなったけど、寿司屋の彼はどうなったんだろう。 2022-024
関連本棚: AkizoMickeyGo
Fms
鹿男あをによし (幻冬舎文庫)
鹿男あをによし (幻冬舎文庫)
著者: 万城目 学
出版社: 幻冬舎
評価:
カテゴリ:
コメント: 課題図書満載で、他にしなければならんことあるのに、たまたま手持ち切れで手にしたら止まらず何回目かの再読。わかってるのに最後は涙。2018-018 息子の学校の読書時間に読んて欲しくて探し出し、ついつい自分で再読。何度読んでも新鮮で面白い。万城目さんにはまたこういう解りやすいのをぜひ書いて欲しい。 2022-023
関連本棚: ごんごん reiko510の2011 増井 彩 2011 にしのみやねこ Mikan Akashita AkizoMickeyGo
Fms