hondana.org
本を探す

 


Scrapbox
書籍追加 | 本棚情報変更 | 名前変更/本棚削除 | ヘルプ

(1457/3494)冊
Fms
生命の跳躍――進化の10大発明
生命の跳躍――進化の10大発明
著者: ニック・レーン
出版社: みすず書房
評価: 進化
カテゴリ: 購入検討
コメント:
関連本棚: 増井 bugbug go.tekuteku
Fms
ふだんの料理がおいしくなる理由 「きれい」な味作りのレッスン (講談社のお料理BOOK)
ふだんの料理がおいしくなる理由 「きれい」な味作りのレッスン (講談社のお料理BOOK)
著者: 土井 善晴
出版社: 講談社
評価: 購入検討
カテゴリ: 料理
コメント:
関連本棚: 増井
Fms
論理設計―スイッチング回路理論
論理設計―スイッチング回路理論
著者: 笹尾 勤
出版社: 近代科学社
評価: 購入検討
カテゴリ: 論理回路
コメント: <a href="/%E5%A2%97%E4%BA%95/4320021630">室賀本</a>が絶版なのでこちらを勧めるべきなのだろうか?
関連本棚: 増井 ガジェットクリエイターズ 増井研 masuilab
Fms
チョコレート工場の秘密 (児童図書館・文学の部屋)
チョコレート工場の秘密 (児童図書館・文学の部屋)
著者: ロアルド・ダール
出版社: 評論社
評価: 評価不能
カテゴリ:
コメント: 何が面白いのか全然わからない... ポリティカリーにインコレクトすぎないか?
関連本棚: 増井 中学生はこれを読め! 井上裕太 DWEI rono
Fms
眠りを減らせ! (知的生きかた文庫)
著者: エベレット マットリン
出版社: 三笠書房
評価: hgydmsr bidxqtny
カテゴリ: hgydmsr bidxqtny
コメント: btugf pqzc vlhamszu dpcgf utsxkv duhjcqyze yxql [URL]http://www.yflr.fvxgrsp.com[/URL] glvz gxlrkce
関連本棚: 増井 honjorno
Fms
ユーザーインターフェイスデザイン―Windows95時代のソフトウェアデザインを考える (Programmer’s SELECTION)
著者: アラン クーパー
出版社: 翔泳社
評価: 5
カテゴリ: ユーザインタフェース
コメント: 著者はVisual Basicの開発者で、今はコンサルタント。 いわゆるユーザインタフェースの研究者ではないが、 正しい意見を数多く述べており、正しい実例もたくさん示している。 しょーもない「UIガイドライン」本よりはるかに役にたつと思う。 Windows95時代とか書いてあるがWindowsXP時代でも有用性にまったく変わりはない。 <br> 同じことをあちこちで言ってるようなのが気になるのと、 参考文献が無いのが惜しい。(何も参考にしていないのだろう) <br> DeMarcoとShneidermanとPARCとBrenda Laurelしか知らないようである <ul> <li> 尋問モード(アメリカのレストランモード)になるな。 <li> ユーザに色々聞かずに自分で選択させろ!Buttoconを使え <li> ファイルメニューなんて不要ではないのか <li> データをうまく捜す方法が大事である <li> "Flow"を重視せよ。思考をさまたげるようなインタラクションをさせるな <li> モードレスにフィードバックせよ。 <li> 工具を使うみたいな感じで使えるインタフェースにしろ <li> プログラムの性質によりインタフェースを変えろ。 <li>毎日使うものは少々ややこしいものを表示してもよいが たまにしか使わないものでは自明にせよ <li> アホなダイアログを出すな! 全然「OK」でないのに「OK」ボタンを押させるな <li> 履歴データの活用について = のセッティングを次回使うようにすることは 用である。選択枝が沢山ある場合でもそのうち よく使うのは何種類かだけだからそれだけ示せればよい。 に前回のを提示するようにすると、2種類交互に使う とき困る。 <li> マウスを恐がる「象みたいな奴」も助けてやれ <li> マウスにバーニヤを! <li> クレディットをちゃんと表示せよ。 「イースターの卵」式に隠しコマンドにするのも面白い <li> 絶対エラーがおこらないようにしろ </ul>
関連本棚: たるらん 増井 ○×△ し○○ インタフェース設計論課題図書
Fms
癒しのチャペル
癒しのチャペル
著者: 辛酸 なめ子
出版社: 白夜書房
評価: 5
カテゴリ:
コメント: 萎芽子さん最高ですね!
関連本棚: 増井 kawamura suchi mirei
Fms
日本の「安心」はなぜ、消えたのか 社会心理学から見た現代日本の問題点
日本の「安心」はなぜ、消えたのか 社会心理学から見た現代日本の問題点
著者: 山岸 俊男
出版社: 集英社インターナショナル
評価: 5
カテゴリ:
コメント: <li><a href="http://blog.goo.ne.jp/ikedanobuo/e/559e23abed5ee4729bdd8b404f10bf11">池田信夫</a> <li> 人間の心理や社会状況にもとづいて、 「<b>信頼社会</b>」と「<b>安心社会</b>」というふたつの安定した社会が いかに成立するのか/それらはどういう特徴を持っているのか/ を非常にわかりやすく書いてある。 現在の日本の社会問題に関してだけ書いてあるわけではない。 <li> 昔の日本は集団主義社会=<b>安心社会</b>だったが、 愛社精神とか滅私奉公とかが日本人の伝統だというわけではない。 戦国時代にはそんなものはなかったし、 日本の社会環境において、そうする方が得だからやってるだけである。 自己評価を低くする奴が多いのも、そうする方が得だから。 <li> 安心社会に安心はあるが信頼があるわけではない。 正直とか約束を守るとかいった美徳も実は必要ない。 そうしないと損するようになっているから守っているだけ。 集団主義社会は、いろいろ工夫しなくてもとにかく安心なところがメリット。 <li> 安心社会では関係性検知能力(空気読む能力)が大事 <li> 一方、近代的/都会的個人主義社会は信頼が大事な<b>信頼社会</b>である。 不信は連鎖するが、逆に信頼も連鎖して得をすることになる。 信頼をデフォルトにして行動する人は正しい観察眼を持つことが多く、 負の情報を与えるとすぐ修正する。 この連鎖によってまた観察眼が鍛えられる。 不信をデフォルトにしている人は逆に情報をうまく利用できない。 <li> 信頼社会は正直者が得する社会である。 その実現にはモラルではなく法律などの制度が重要。 最近は「ネット上のポジティブな評判」なども重要になってきている。 <li> 信頼社会では信頼性検知能力が大事 <li> 市場の倫理 = 商人道 = 信頼社会で有効なモラル体系 (<a href="/%E5%A2%97%E4%BA%95/4532191769">市場の倫理 統治の倫理 (日経ビジネス人文庫)</a>より) <ul> <li> 暴力を閉め出せ <li> 自発的に合意せよ <li> 正直たれ <li> 他人や外国人とも気やすく協力せよ <li> 競争せよ <li> 契約尊重 <li> 創意工夫の発揮 <li> 新奇・発明を取り入れよ <li> 効率を高めよ <li> 快適と便利さの向上 <li> 目的のために異説を唱えよ <li> 生産的目的に投資せよ <li> 勤勉なれ <li> 節倹たれ <li> 楽観せよ </ul> <li> 統治の倫理 = 武士道 = 安心社会で有効なモラル体系 <ul> <li> 取引を避けよ <li> 勇敢であれ <li> 規律遵守 <li> 伝統堅持 <li> 位階尊重 <li> 忠実たれ <li> 復讐せよ <li> 目的のためには欺け <li> 余暇を豊かに使え <li> 見栄を張れ <li> 気前よく施せ <li> 排他的であれ <li> 剛毅たれ <li> 運命甘受 <li> 名誉を尊べ </ul> <li> モラル教育は利己主義者の楽園になる <li> 倫理教育をいくらやっても心掛けが変わることはない。ソ連とか見てみれ。 <li> 教育でいじめはなくならない。いじめをする心は変えることができない。 いじめを許さない環境を作らなければならない <li> 武士道精神が日本のモラルを破壊する! 安心社会と信頼社会それぞれは確固とした体系だが これらを混ぜるのが最もよくない。ダブルスタンダードになる。 会社を守るために消費者を騙すというのは武士道的には正しい。 安心社会のモラルである無私の精神みたいなものは信頼社会には持ち込めない。 だいたいそれでは企業が成立しないし。
関連本棚: 増井 yana milue akita11
Fms
真説 ザ・ワールド・イズ・マイン (1)巻 (ビームコミックス)
真説 ザ・ワールド・イズ・マイン (1)巻 (ビームコミックス)
著者: 新井 英樹
出版社: エンターブレイン
評価: 5
カテゴリ: 漫画
コメント: <li>絶版になってたコミックスを復刻させたものらしい。 多少加筆があるらしいが中身はほとんど同じみたい。 <li>新井氏の解説つきらしい? <li> <a href="http://59.106.15.152/mp3/tokuden10.mp3">町山智浩氏の解説</a>で 題名の由来とか「2001年宇宙の旅」との関係とかがわかる。 <li><a href="http://mandanatsusin.cocolog-nifty.com/blog/2007/10/post_b7c0.html">加筆部分解説</a> <li>私も単行本全部持ってるのにまた買ってしまった... 1巻は全然加筆とか無かった気がする。
関連本棚: 増井 YomuYome beel 豆丸の既読漫画 増井が薦める漫画
Fms
千尋の闇〈上〉 (創元推理文庫)
千尋の闇〈上〉 (創元推理文庫)
著者: ロバート ゴダード
出版社: 東京創元社
評価: 5
カテゴリ: ミステリ
コメント: 最高に面白いです。 なのに持ってる人少ないみたいですね...
関連本棚: 増井 reservoir LED 二代目平蔵 libido 中学生に本当に薦める本 takoyakim
Fms
人類が知っていることすべての短い歴史
人類が知っていることすべての短い歴史
著者: ビル ブライソン
出版社: 日本放送出版協会
評価: 5
カテゴリ:
コメント: <li>ものすごく厚いが、軽い話題が沢山載っており、どこから読んでも大丈夫である。子供向けサイエンス読み物として良いかもしれない。 <li><a href="http://booklog.kinokuniya.co.jp/masui/archives/2007/05/post_5.html">書評空間</a> <li>Amazonに「本書の後半を占める生命科学で描かれるトピックは、現代生命科学の王道とはかなりズレている」 という評があったが、王道て何なんだろう。 確かに遺伝子操作とか幹細胞とかの話は書いてない。 <li>工学的な話は全然書いてないような。 <li>化学は周期表が大事だと思ったり生物は分類が大事だと思ったりするのは文系脳か。
関連本棚: ルイ lindenbaum Honjobei 岸リトル 増井 toshiharu minek stonechild stonechild-2 xtc1982-rmd
Fms
『坊っちゃん』の時代 (双葉文庫)
『坊っちゃん』の時代 (双葉文庫)
著者: 関川 夏央, 谷口 ジロー
出版社: 双葉社
評価: 5
カテゴリ: 漫画
コメント: 生身の漱石、鴎外、啄木などが理解できる気がする力作です。
関連本棚: 増井 スミス@長野 青月にじむ shamonabe nobuo_o
Fms
猫楠―南方熊楠の生涯 (角川文庫ソフィア)
猫楠―南方熊楠の生涯 (角川文庫ソフィア)
著者: 水木 しげる
出版社: 角川書店
評価: 5
カテゴリ: おすすめ 漫画
コメント: 描かれている人物も描いてる人物も怪人なのだから 面白くないわけがない。
関連本棚: 増井 YomuYome のん duck 21号室 ma T.Miyashima dorayakitaro 増井が薦める漫画 たかや 大学時代に読むべき一冊
Fms
全国アホ・バカ分布考―はるかなる言葉の旅路 (新潮文庫)
全国アホ・バカ分布考―はるかなる言葉の旅路 (新潮文庫)
著者: 松本 修
出版社: 新潮社
評価: 5
カテゴリ: おすすめ
コメント: 「探偵!ナイトスクープ」の番組製作に関する話をまとめたものだが、 感動的な話が満載されている。 タイトルはアホみたいだがぜひ一読をおすすめする。 「プリムン」に関する考察は特に素晴らしい。 <br> 同著者の<a href="/%E5%A2%97%E4%BA%95/4591085511">探偵!ナイトスクープ―アホの遺伝子</a>という本も出た。
関連本棚: old castle F家(その他) 増井 のだ のん pants03a Mike stonechild t_trace エリマキウサギ QP11 ogijun akita11
Fms
青春漂流 (講談社文庫)
青春漂流 (講談社文庫)
著者: 立花 隆
出版社: 講談社
評価: 5
カテゴリ:
コメント: 各界で一流となりつつある11人の若者へのインタビュー(1988年)。 凄い情熱と実力の持ち主ばかりで圧倒される。かなりおすすめ。
関連本棚: 増井の処分予定本 tkmr Gyaiiin dainichiro 増井 inuko さふぁいあ ふらりすと 6期生 yasunari stonechild suchi note103
Fms
逆風野郎 ダイソン成功物語
逆風野郎 ダイソン成功物語
著者: ジェームズ・ダイソン, 樫村 志保
出版社: 日経BP社
評価: 5
カテゴリ: おすすめ 伝記
コメント: 「サイクロン掃除機」を発明したダイソン氏の自伝。サイクロン掃除機の発明にいたるまでの数々の経験や、発明したサイクロン掃除機を実用化/商品化するまでの様々なできごとや苦労が楽しげに書かれている。何かを作って世に出して成功したいと思っている人には大変刺激的で面白く、元気が出る本である。 <br> ダイソン氏はもともとロンドンのRoyal College of Artsでデザインを専攻していたのだが、高速に水上を移動できる「水上トラック」や、前輪を球にすることによってはるかに扱いやすくなった手押し一輪車など様々なものを発明して商売を軌道に乗せた後、たまたま見かけた集塵機を掃除機に利用できることに気付いたのをきっかけに開発を行なったものらしい。英米の掃除機メーカや工具メーカなどに何年にもわたって売り込みをかけたものの、条件の問題で契約に至らなかったり、勝手に類似品を作って売られたり、あらゆる挫折を味わった後、日本の会社で製品化されたことをきっかけに爆発的に売れ始め、現在イギリスでは掃除機売上の半分以上がダイソン社のものになっているらしい。 <br> 既存の大メーカの立場から見れば、田舎の発明家の工夫などに大金を払う気にはならないだろうし、仮にそれが良いものだったとしてもなんとか特許の抜け道を捜して自社開発を行なおうと全力をあげるだろうから、ダイソン氏が苦労したのは無理もない。普通の人間ならば、何年もやっているうちに飽きたりあきらめたりしそうなものであるが、実験開始から実用的な掃除機を作り出すまで3年も家に籠って実験を続けたり、完成した後もスポンサーを求めて何年も世界を飛び回ったり、根っからの発明家であることに加えて大いなる信念と根気をもって開発や売り込みをし続けられたことが成功に結び付いたことがよくわかって感動的である。 <br> それにしてもダイソン製以外はすべてパチモンであることをはじめて知った。
関連本棚: moa Jane svslab 増井 alcus kdmsnr torus honjorno stonechild Geneve eggman siio nobsun-old ogijun rage1515 masuilab
Fms
エンデの遺言―「根源からお金を問うこと」
エンデの遺言―「根源からお金を問うこと」
著者: 河邑 厚徳, グループ現代
出版社: 日本放送出版協会
評価: 5
カテゴリ:
コメント: 衝撃的で必読!! 利子にもとづく貨幣経済が世界にいかに悪影響を与えているのかが 非常によくわかり、 それを常識だと思っていたことの間違いを痛感した。 これを放っておくと、世界が壊滅してしまうという恐れすら実感される。 地域通貨とかエコマネーとかいうと 精神論とか理想主義とかいうイメージを持っていたのだが、 技術的にこのような枠組を導入しないと 世界的規模で社会が破綻する可能性が高いということらしい。 富が偏在したり通貨危機が生じたり 国債を発行しまくって首が回らなくなったりするのは、 各人/各国の事情とか投機のモラルとか政治の巧劣の問題ではなく、 <b>利子にもとづく経済が諸問題の根源である</b> らしいことがわかる。 <br> 解決すべき社会問題は多いが、この問題が最大なのではないか? 社会問題の多くは経済問題に起因しているはずである。 あらゆる国民がみんな経済的にそこそこ満足していれば テロも戦争も犯罪も激減するだろう。 経済諸問題を解決するために 地域通貨が最善の解なのかどうかはよくわからないが、ひとつの 有効な解法である ことは確かだろう。Think globally and act locally の実践である。 <br> 引用文献「<a href="/%E5%A2%97%E4%BA%95/0964302500">Interest and Inflation Free Money: Creating an Exchange Medium That Works for Everybody and Protects the Earth</a>」も読むとよいかもしれない。 <br> エンデのインタビューはこの本の主張を補強するものであり1章だけである。 <ul> <li> この本を読んだ後で <a href="/%E5%A2%97%E4%BA%95/4334974600">稼ぐが勝ち ゼロから100億、ボクのやり方</a> のような本を読むと自分は何を感じるだろうか? <li> ドイツには融資先や利率を預金者が選べる銀行があるらしい。 素晴らしい。 <li> <a href="http://www.csij.org/doyou/doyou_money200004.pdf">感想文</a> </ul>
関連本棚: Leiko 増井 hidew ayang 2da 6期生 honjorno nao Ted michico 長谷川踏太 shinya
Fms
Made to Stick: Why Some Ideas Survive and Others Die
Made to Stick: Why Some Ideas Survive and Others Die
著者: Chip Heath, Dan Heath
出版社: Random House
評価: 5
カテゴリ:
コメント: 人の心にしみつく広告とか話とかどう作るかという話。 インパクトがある広告とか説得力がある言葉とかの作り方。 Simple, Unexpected, Concrete, Credible, Emotional, Story (SUCCES)というキーワードで示される6個のポイントがある。 <br> 曲あてゲームの話が面白い。 被験者Aはある曲を頭に思い浮かべて、そのリズムで被験者Bの肩を叩く。 Bはその曲を当てる。 Bは2.5%ぐらいしか当てることができないのだが、 Aは50%ぐらいは当てられるのではと予想するらしい。 何かを知ってる人は知らない人のことがわからないということ。 Curse of Knowledgeというらしい。 その他にも、SUCCESを駆使したとおぼしき話が満載でかなり面白い。
関連本棚: 増井 えすあいぶい whitebug
Fms
新ネットワーク思考―世界のしくみを読み解く
新ネットワーク思考―世界のしくみを読み解く
著者: アルバート・ラズロ・バラバシ
出版社: NHK出版
評価: 5
カテゴリ:
コメント: <li>ネットワークの面白い構造に関する理論と実例について詳しく解説されている。 <a href="/%E5%A2%97%E4%BA%95/4484041162">/%E5%A2%97%E4%BA%95/4484041162</a>など、この手の本は最近人気があるようである。 <li>バラバシ氏はネットワーク構造の研究をしている物理学者だが、 昔はサイエンスライターの仕事もしていたそうで、 様々な話題に精通しており楽しく読むことができる。 <li> 世の中に存在するネットワークはランダムな構造をしていることは無い。 巨大なネットワークであってもノード間距離の平均は意外と短いという事実が しばしば 「スモールワールド」と表現されるが、 ランダムなネットワークではこういう現象は起こらない。 <li>世の中の複雑な事象は「羃(べき)法則」に従うものが多い。 対数グラフを描くと直線になるような関係は羃法則に従っている。 「<a href="http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%91%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%83%88%E3%81%AE%E6%B3%95%E5%89%87">パレートの法則</a>」 が感じられる事象は羃法則に従っていることが多い。 最近流行の「ロングテール」というのもこの一例である。 <li>フラクタルな構造は羃法則に従う。 本書では、ネットワークのにおけるこのような性質のことを 「スケールフリー」と呼んでいるが、 要するにフラクタル的性質のことを言いかえてるだけに思われる。 <li> 本書では、 インターネットの構造/Webの構造/人脈の構造/細胞の構造/経済活動の構造... など様々な複雑なネットワークが「スケールフリー」になっていることを 詳しく解説している。 <li> 徐々に構築される複雑なネットワークにおいて 「スケールフリー」構造が出現するのだと述べているのだが、 本当にそうなのだろうか。 パソコンの中のファイルのサイズだろうが/ メール送信間隔だろうが/ アマゾンの売れ行きだろうが/ 世の中の複雑なものの多くは羃法則に従うことがはっきりしているのだから、 複雑なネットワーク構造が羃法則に従うのはあたりまえのようにも感じられる。 どちらかというと、 複雑なネットワーク構造はほとんど羃法則に従うということが 最近まで知られていなかったことの方が驚きといえるかもしれない。 <li>複雑なネットワークがスケールフリー構造をしていることがわかったことにより、 理論的にも実際的にも興味深い結果が得られる。 例えば、エイズが人脈関係で伝染するなら、ハブの人間から治療するのが有効だし、 経済がスケールフリーなネットワークで動いているなら 予測もたてやすくなるというものである。 <li> というわけで大変面白い内容である。 著者の主張がどこまで正しいのかはよくわからないが、 この分野をもっと調べると面白いことだけは確かなようだ。
関連本棚: sumikawa m deleted000 ishitake moa svslab ds ON 岸リトル 暇人 増井 m-use ぷー Oh!ラボ SKZ のだ muziyoshiz tnaga YomuYome KT P2P today nami ジャッキー小林 nkzw matobat_tech Psychs すぐ横 imash moriyama GRA choku Y.nabe daichi KarukuIppai honjorno inflib yasunari kengochi ksky えすあいぶい ma hajimebs lazyknight stonechild かずっち suchi たいつん ganden QP11 ktcy えぴふりゃあの本棚 てらうっち blackbird yamakei netemoNetemo smith lookwest doax Google Booksになかった本 野澤真一 Yoyou ogijun JAIST K114(MOT) eiko-a
Fms
アストロ球団 (第1巻)
アストロ球団 (第1巻)
著者: 遠崎 史朗, 中島 徳博
出版社: 太田出版
評価: 5
カテゴリ:
コメント: <li> <a href="http://www.tv-asahi.co.jp/astro/">アストロ球団公式ページ</a> <li> <a href="http://image.books.rakuten.co.jp/books/com/images/goods/87233445.jpg">書影</a> <li>人間ナイアガラ!
関連本棚: 増井 beel
Fms